愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

オフィスチェアを大量に処分したい!使用していた場所で方法が変わる?廃棄の正しい方法とは!

  • 2022年4月1日

いよいよ4月ですね。今日から新しく働き始める方、学校が始まる方など新生活のスタートでそわそわと落ち着かない方も多いのではないでしょうか。我々の業界でも、春はお引越しや年度末で大掃除をされる方からの依頼が増え、とても忙しくなるシーズンです。

4月の頭が忙しくなる理由の一つとして挙げられるのが、オフィスチェアを始めとしたオフィス家具の回収依頼が増えることです。年度末の決算を超えられず、残念ながら倒産してしまう会社も少なくなく、そういった企業様からのオフィス家具の回収依頼が増えるのです。

オフィス家具はもちろん家具ですのでご自身でも処分することができますが、使用していた「場所」によっては普通の処分方法で廃棄してはいけない場合もあります。

今回は、オフィスチェアの正しい廃棄方法について解説したいと思います。
一般の方はもちろん、オフィスの移転や買い替えなどで大量に廃棄しなければいけない企業様にも安心して読んでいただける内容になっておりますので、ぜひご一読ください。

オフィスチェアを廃棄するときは何ごみにあたるの?

そもそもオフィスチェアとはどんな椅子のことを指すのでしょうか。
その名の通り、会社の「オフィス」で使用する、一般的な一人がけの椅子を想像していただければと思います。

事務作業やパソコン仕事の際に使うのはもちろん、会社では周囲の人と話したり、少し離れたところの電話を取ったりする際に座ったまま身体の向きを変えて動けるよう、キャスターが付いているものも多いですね。

いかにも業務用、といったオフィスチェアですが、近年テレワークや在宅勤務になった方も増えたので、ご自宅でもオフィスチェアを使われている方も多いかも知れませんね。
オフィスチェアは高機能なものは骨盤をサポートしてくれたり前傾姿勢に対応していたりと、長時間のデスクワークでも疲れにくくしてくれるものも多いため、ソファや座椅子でテレワークをしていて肩や腰を傷めてしまった方が自宅で購入されるケースも多いです。

そんなオフィスチェアが不用になった場合は、どのように廃棄すればよいのでしょうか?

家庭での使用なら粗大ごみとして廃棄できる!

家で使用していたオフィスチェアが不用になった場合は、普通の家具を処分するときと同じように自治体の回収を利用して廃棄することができます。

木でできたスツールなどであれば可燃ごみの袋に入るサイズにまで細かくすれば、燃えるごみとして廃棄することもできますが、オフィスチェアは見たところ金属やプラスチック、布地はレザーやメッシュ素材など、様々な素材が使われていて分解は難しそうですよね。

ですので費用は少しかかりますが、家庭で使用していたオフィスチェアは自治体に依頼して粗大ごみとして廃棄したほうが手間が少ないかもしれません。

自治体により処分ルールやかかる費用は異なりますが、名古屋市の場合ですと月に1回回収があり、費用は1脚につき250円で処分ができます。まずはお住まいの自治体のホームページや電話で確認してみると良いでしょう。

一般的な粗大ごみ回収の流れ

  1. 電話やホームページから回収を予約し、かかる金額を確認
  2. 金額分の粗大ごみ手数料納付券をコンビニやスーパーなどで購入し、廃棄するオフィスチェアに貼り付けておく
  3. 収集日当日の朝、指定された回収場所にオフィスチェアを出す

粗大ごみ回収で不用品を処分する際には自分で指定の回収場所まで不用品を運ばなくてはいけません。大きなタンスやベッドなどの家具はご自分で運ぶのは少し大変になってしまいますが、オフィスチェアであれば一人でもなんとか運べそうですよね。

回収日は月1~2回ほどと決まっているので、その日までは不用になったオフィスチェアを保管しておかなくてはならず、すぐに処分したい場合や引越しなどで期日が迫っている場合には向かない方法となります。

会社や事業所で使っていたオフィスチェアは普通に廃棄できないの?

会社で使用していたオフィスチェアは、地域の粗大ごみ回収で処分することはできません。
これはオフィスチェアに限った話ではなく、デスクやワゴン、ロッカーなどオフィスで使用していたものはすべて産業廃棄物の扱いになります。このことは、廃棄物処理法で事業者が自らの責任で適切に廃棄しなくてはならないと定められており、「事業ごみ」という扱いになり、処分の方法が変わります。

事業ごみとしてオフィスチェアを廃棄するには、

  • 廃棄物を廃棄物処理施設へ持っていく
  • 自治体からの許可を得ている一般廃棄物処理業者などに廃棄を依頼する

このいずれかの方法を取ることになります。
処理施設への持ち込みには手数料がかかる場合がありますので、事前に問い合わせておくと良いでしょう。

  • 家庭で使用していたオフィスチェアは粗大ごみとして出せる
  • 事業所・会社で使用していた粗大ごみではなく産業廃棄物となる

この2点を頭に入れて、「どこで」使用していたオフィスチェアかによって適切な処分方法を選んでくださいね。

オフィスチェア以外のオフィス用品の処分にお悩みの方にはこちらの記事もおすすめです!

その他のオフィスチェアの廃棄方法

オフィスチェアには他にも処分方法があり、それぞれ手間や費用が違います。処分したいオフィスチェアの状態や、ご自身の状況によっては粗大ごみや廃棄物処理施設への持ち込みより、こちらの方法から試してみてもいいかもしれませんね。

使用年数の浅いオフィスチェアならリサイクルショップで買い取ってもらえるかも!

デスクワークをする際に一番お金をかけたほうがいいのは「椅子」と言われています。
そのため、人間工学に基づいて腰痛や肩こり、疲労感を軽減してくれるようなオカムラやハーマンミラー、エルゴヒューマンなどオフィスチェアの名門ブランドのものは、定価が10万円以上するものもざらにあり、耐久性も高く長く使えるため中古市場でも需要が十分にあります。

たとえノーブランドのオフィスチェアでも、使用感があまりなく年数が3~5年と新しいものであればいくらかの金額はつくはずです。
もし古かったり傷みが多く買取までには至らなくとも、無料で回収してもらえることもあるので大量にある場合などはひとつひとつにお金をかけて処分するよりはずっとお得でしょう。

ハイクラスの高級オフィスチェアは中古買取でお得に処分!

中古でも高く売れる!オフィス家具の人気ブランド

不用品回収業者に回収を依頼する

引越しなどの期日が迫っている場合や、移転や廃業などでオフィスチェアが大量にある、またはオフィスチェア以外にも処分したい不用品があるという方は不用品回収業者に依頼する方法がオススメです。

早ければ即日や土日・夜間でも対応ができますし、分解や運び出しなども回収業者の方で全てしてくれますので、手間をなるべく省きたいという方にはいい方法だと思います。

メルカリやヤフオクなど、ネットで売買する

現在は個人でも手軽にネットを通じて不用品の売買ができますので、ネットオークションやフリマサイトに慣れている方ならこちらに出品してオフィスチェアをお金に変えることもできるかもしれません。

買取業者とは違って出品する側が販売価格を決められるので、買い手がつけば収入になりますね。
ただしよっぽどの人気商品出ない限り出品してすぐに購入希望社が現れることは少なく、その間はオフィスチェアを保管しておかなくてはいけないため、気長に手放したいという方に向いています。

ひとつ見落としがちなのが、送料です。ネットオークションやフリマアプリでは梱包や発送も出品者が自分で行わなくてはいけませんが、大きなオフィスチェアは送料も高くなりがちです。その際に送料をどちらが負担するかが明記されていないと、思わぬトラブルになってしまうこともあるので、双方で話し合っておきましょう。

友人や知人でオフィスチェアがほしい人がいれば譲る

最近テレワークになったなどで、オフィスチェアを買おうかな~と検討されている方は身近にいませんか?もし友人や親戚にそうした人がいれば、オフィスチェアを譲ってあげてはどうでしょう。

身近な方にオフィスチェアを譲ってあげれば費用もかかりませんし、相手も無償でオフィスチェアが手に入り喜んでくれるので、お互いメリットがある方法ですよね。

気心の知れている相手であれば、顔の分からない相手とのやり取りと比べるとトラブルも起こりにくいのも良い点ですね。

オフィスチェア廃棄にかかる費用の目安

オフィスチェアの廃棄方法をいくつか紹介してきましたが、費用がどれくらいかかるのかによってどの方法にしようか決めたいという方もいらっしゃるかもしれません。

主だった方法の、費用相場をまとめてみましたのでご参考になさってください。

  • 自治体(粗大ごみ)での回収・・・・・・数百円程度(自治体による、名古屋は250円)
  • リサイクルショップでの無料引き取り・・・・・・0円 処分費用はかからず、買取価格はオフィスチェアの状態やブランドによって変動
  • 不用品回収業者での回収・・・・・・2,500円程度 オフィスチェア一つの廃棄では割高。

オフィスの引っ越しで出たごみ・不用品はどうやって処分すればよいの?

まとめ

デスクワークに欠かせないオフィスチェアですが、家で使用していた場合と会社で使用していた場合では処分方法が変わることをご紹介しました。
どちらで使用していた場合でも、使用年数が浅かったり有名ブランドのものであれば廃棄の前に周りに欲しがっている人がいないか聞いてみたり、リサイクルショップなどに持ち込んでみてはいかがでしょうか。

会社で使っていたオフィスチェアを処分するときには、会社の規模によっては大量に廃棄する可能性もありますので、不用品回収業者にまとめてお願いすると良いでしょう。

出張回収センターでは、ご家庭、企業様どちらのオフィスチェアも喜んで回収いたします。
オフィスチェアの廃棄でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください!

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。