MENU

エレクトーンの処分・不用品回収なら出張回収センター!こんなお悩みありませんか?

エレクトーンの処分で悩んでいませんか?

出張回収センターならご自宅まで取りに伺うので、ご自身で動かしたり運んだりする必要はございません。問い合わせや見積もりで料金をあらかじめ確認できるのも安心です。エレクトーンの処分でお困りの方は、ぜひ一度出張回収センターにご相談ください。

エレクトーンの処分方法を選ぶポイント

POINT 1

信頼できる業者を選ぶ

買い取ってもらうか不用品として処分するか、どちらの場合でもどんな業者に依頼するのかよく確認する必要がございます。回収業者の中には悪徳業者もいるため高額請求や不法投棄などのトラブルに巻き込まれないよう注意が必要です。インターネットなどで回収業者の評判やクチコミを事前に調べておきましょう。
POINT 2

数社の見積もりを取り寄せて検討する

複数の業者から見積もりを取り寄せ比較検討してから業者を決定しましょう。見積もり金額があまりにも安すぎるのは信用できない業者であることが多いので要注意です。高層マンションなど2階以上から運搬する場合は、配送や実際に行う作業料金が記載されているかご確認ください。よく調べずに依頼して後から高額な請求をされたということにならないよう、いつくかの業者の見積もりを比較検討するのがおすすめです。
POINT 3

エレクトーンの状態を整えておく

不用品として処分する場合はともかく売却や譲渡する場合は、汚れやほこりを取り除いて見た目を良くしておくことが大切です。付属品、取扱説明書などがあれば揃えておきましょう。買取を依頼する場合は見た目にきれいであること、付属品の有無なども金額に影響します。型番や製造年、使用状況、傷や汚れは事前に確認しておけばスムーズに査定作業が進みます。
POINT 4

移動時に壊れないように注意が必要

エレクトーンは精密な機械で作られた電子楽器です。ご自身で行うにしても、業者に依頼するにしても移動するときは慎重に取り扱う必要がございます。ご自身で運搬する場合、エレクトーン自体に傷がつかないように梱包なども大切ですが、搬送先までの経路やドア・廊下の幅などを事前にご確認ください。いざ持ってきて部屋に入らなかったとなっては大変です。業者に依頼する際は、繊細な電子楽器であるエレクトーンをきちんと扱ってくれる楽器を専門とする業者に依頼するとよいでしょう。

エレクトーンの処分で出張回収センターが選ばれる理由

エレクトーンを処分する方法について

エレクトーンはどのように処分すればよいのでしょうか。その方法について解説いたします。

自治体の粗大ごみとして処分する

エレクトーンをお住まいの自治体で処理することができれば、比較的処分費用を安くすることが可能です。しかし大型家電の一種となるエレクトーンは自治体の処理能力を超えていることがあり、多くの自治体は受け付けをしていません。収集場所までご自身で運ぶ必要や解体する必要があり、これらをご自身でできない場合は自治体での処分は向いていないでしょう。

買取業者やリサイクル業者に依頼する

買取業者やリサイクル業者を利用するのもエレクトーンを処分する方法のひとつです。ご自宅まで取りに来てくれるのでご自身で運ぶ必要はございません。不具合がなく演奏できるもの、再販できるものの場合にはおすすめです。型式年数が比較的新しい、USB対応、高機能なものは比較的高額での買取が見込めます。ヘッドホン・イスなどの付属品や保証書もできるだけ揃えておくと金額が下がらずに済みます。

10年以上前の古い型番のものや破損・故障しているものは引き取ってもらえないことや、有料での引き取りとなることがあるので注意が必要です。トラブルを避けるためにもWebなどで買取金額を調べたり、一括査定サービスを使って複数の業者の見積もり金額を比較したりするなどしてよく検討しましょう。

不用品回収業者などに依頼して廃棄処分する

エレクトーンの音が出ない、大きな破損があるなど見た目の状態が悪いと売ったり譲ったりすることが難しいため処分業者に依頼して廃棄することになります。費用はかかりますが手軽に処分できる方法です。

業者を自治体に紹介してもらうこともできますが、ご自身でインターネットなどを利用して探すことも可能です。ご自宅まで回収に来てくれるので運搬の心配はありませんが、マンションの高層階や戸建て住宅の2階など別途費用が発生する場合がございます。業者によっては軽トラックに詰め放題というサービスもあるので、他の不用品もまとめて処分できて便利です。

知人などに譲る

子どもの頃から大切に使ってきた、お子さまの思い出があるなど処分するのは忍びないので知っている人に使ってもらいたいという思いもあるでしょう。キレイで故障もなく演奏できる状態のものなら、欲しいという人に譲ることで、処分費用をかけずお得に処分することができます。

エレクトーンを運搬する人手があり自家用トラックがあれば、配送費用もほとんどかかりません。事前に置き場所や運ぶときに通るドアや廊下などのサイズを確認しておくと、スムーズに運搬できます。ご自身で運搬できない場合は業者への依頼が必要です。この場合は配送料が必要になり、高層階のマンションなどは追加料金がかかって高額になることもあります。エレクトーンは精密な電子機器なので楽器専門の運送業者へ依頼した方が安心です。

ネットオークションやフリマアプリを利用する

年式が古すぎて買取業者での引き取りができない場合、故障しておらず演奏できるものであればネットオークションやフリマアプリを利用するという方法がございます。年式が古くても必要としている人がいれば引き取ってもらうことができますが、いつ売れるかわからないなど時間を要するので急ぐ人には向いていない方法です。買ってもらう人にわかりやすいようメーカーや型番、製造年、色、傷や汚れは明確にしておきましょう。さらにどれくらいの期間、どんな頻度で使用していたかを加えておくのもおすすめです。

配送について後々問題になる心配があるので、出品する前に業者や料金を調べておくことが大切です。エレクトーンはサイトやアプリ内での大型配送に対応しておらず、楽器の配送は別となっていることが多いので注意しましょう。

購入した小売店などに引き取ってもらう

不要になったエレクトーンはエレクトーンや電子オルガンを販売している電器店、家電量販店などに引き取ってもらうことができます。購入した店でも買取や引き取りサービスを行っていない店があるので事前に調べましょう。比較的新しい機種は対応してもらいやすいですが、古い機種には対応していないこともございます。対応可能な範囲が全国対応という店もあれば、店が所在している関東エリアのみ、店の場所から50キロメートル圏内など限定されている場合があるので注意が必要です。電子ピアノは対応しているけれどエレクトーンには対応していないという店も多いので、対応可能な店を探すのに手間がかかる恐れがございます。

必要としている施設や団体に寄付をする

エレクトーンの機種が古くてもきちんと演奏できる状態のものであれば寄付できる場合がございます。児童センターや認定こども園、幼稚園、保育園などの子ども関係施設や音楽団体や福祉施設などで要望があれば寄付が可能です。リユースのマッチング媒体や自治体の広報誌、ネット掲示板などで調べたり、市役所に問い合わせたりして見つけることができます。寄付の場合は配送の手配や料金は自己負担するのが一般的なので、寄付する先の施設などと事前の打ち合わせや確認が必要です。

海外支援活動として発展途上国の学校などへの寄贈もできます。音が出ない鍵盤が少しあったとしても、ほかに故障がなく状態が良ければ対応している場合もございます。輸送費用や手数料などが自己負担となることがあるのでご注意ください。

エレクトーンの処分料金について

エレクトーンを処分したときにかかる処分費用と配送料金についてご紹介します。

回収を依頼した場合の料金

自治体での回収は1台2,000~7,000円、回収業者であれば1台につき12,000〜20,000円が相場です。

売却する場合の料金

売却する場合にはエレクトーンの状態や機種の新旧などによって金額が変わります。現行機種のステージアは比較的高い金額がつき、生産終了していても場合によっては買取が可能です。

発売から10年以上経過している元祖ステージアのスタンダードモデルELS-01は廃盤になっていますが、オプション品を購入すればアップグレードして使用できるため10,000~30,000円で買取されています。元祖ステージアの上級モデルの ELS-01Cは50,000~70,000円、プロ向けモデルといわれるELS-01Xは10,000~30,000円、ELS-01CHは150,000~200,000円です。

オプションでのグレードアップができないELBシリーズのELB-01は5,000~30,000円、ELB-02は20,000~60,000円。生産が終了しているELS-01のグレードアップモデルELB-02は50,000~150,000円、ELB-02Cは100,000~200,000円、ELS-02Xは問い合わせで決定されます。2016年発売のコンパクトで持ち運びできるELC-02は100,000~200,000円です。

本体だけでなく機能をアップグレードさせるバイタライズユニット、メインユニット、キーボードユニット、ベダルユニットなどオプションの有無によっても金額は変わります。

ネットオークション、譲渡・寄付の場合

ネットオークションなどを利用した場合、エレクトーンの状態や欲しい人がどれくらいいるかなどによって金額は変動しますが、10,000~20,000円程度が多いようです。配送料金でマイナスになってしまうことも考えられます。知人に譲った場合は相手との関係性にもよりますが、処分費用はなく配送料金をご自身が負担することが多いといえます。寄付する場合にも配送料金は自己負担するのが一般的です。

エレクトーンの配送料金

処分方法はいくつかにわかれますが、そのどれにも別途配送料金かかり運搬場所によっては追加料金が発生します。配送料金は業者によってさまざまで8,000~30,000円と幅があります。追加料金として考えられるものに2階以上の作業代3,000~5,000円、1名作業員を追加すると5,000円、エレベーター作業が2,000円~、クレーン作業は20,000円~というものがございます。

エレクトーンの処分に関するよくある質問

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。