マフラーの不用品回収

マフラーの捨て方・処分方法!処分料金や捨てる際のポイントを詳しく紹介!
ゴミ出し・不用品整理について

こんなお悩みありませんか?

マフラーの処分について・目次

マフラー
処分する方法について

マフラーを処分する方法にはどのような方法があるのでしょう。
主な処分方法を以下にまとめました。

マフラーを処分する方法は、主に以下のようなものがございます。

自治体で処分する

マフラーを捨てようと思った時、まず思い付くのが自治体で処分する方法ではないでしょうか。自治体では燃えるごみや燃えないごみ、粗大ごみなど様々なごみの回収を行っております。マフラーの回収を行っている自治体にお住まいの方であれば、燃えないごみや粗大ごみとして処分することができます。自治体によってルールは変わりますが、一辺の長さが30cm以上のものは粗大ごみ扱いになるケースが多いです。

粗大ごみを捨てる場合は、基本的に申し込みが必要になります。各自治体の専用窓口に電話などで申し込み、予約を行ってください。粗大ごみの処分には手数料がかかります。粗大ごみ処理券を購入し、マフラーに貼り付けた上で指定された場所に出すようにしましょう。自治体によって手数料の有無、支払い方法、回収日などのルールが変わりますので、事前にしっかり確認しておくことが大切です。また、マフラーは処理困難物として扱われることが多く、回収を行っていない自治体もございます。そういった場合は、他の処分方法をご検討ください。

パーツ買取業者に依頼する

車やバイクのパーツを買取している業者に売却するという方法もございます。マフラーは中古でも一定の需要がございますので、状態が良くまだまだ使えるものや、人気メーカーのマフラーであれば高値で買取してもらえるかもしれません。ただし、必ず買取してもらえるわけではないという点にはご注意ください。パーツの買取業者は、買い取ったパーツを再販することで利益を得ております。そのため、再販が難しいと判断されたものは、買取を断られる可能性が高いです。

買取不可と判断された場合、無料で引き取りしてもらえる場合もございますが、再度自宅まで持ち帰らなければならない可能性もございます。苦労してマフラーを店舗まで持ち込んだにも関わらず、処分できないということもございますので、買取に出すかどうかは慎重に検討するようにしてください。マフラーの買取価格というのは、依頼する業者によって大きく変わります。素人の方が、適正な買取価格かどうか判断するのは難しいことです。ある程度の知識がないと、損してしまう可能性があるというのはデメリットになるでしょう。

ネットオークションに出品して売却する

ネットオークションにマフラーを出品して、買い手を探すというのも1つの方法です。ネットオークションを利用するためには、サービスへの登録が必要になります。登録手続きを済ませた後は、商品情報の入力や写真の掲載といった出品手続きも必要です。高値が付けば処分費用をかけずにお得に処分できますが、手間がかかるというのがデメリットになるでしょう。また、苦労して出品しても買い手が見つからないという可能性も考えられます。

需要が高いマフラーであればすぐ買い手が見つかるかもしれませんが、処分を検討しているような状態が悪いマフラーを落札してもらうのは簡単なことではありません。また、個人売買となるため落札者とのトラブルに注意する必要がございます。慣れている人ならよいですが、ネットオークションを利用したことがない人にとっては、少し敷居が高い方法かもしれません。楽に素早くマフラーを処分したい時は、他の処分方法をおすすめいたします。

不用品回収業者に引き取ってもらう

手軽にマフラーを処分したい時におすすめなのは、不用品回収業者に引き取ってもらう方法です。不用品回収業者は、家にある様々な不用品を自宅まで回収しに来てくれます。粗大ごみとして捨てる場合は指定場所までの運搬が必要になりますし、買取業者に依頼する場合は店舗まで持ち込まなければなりません。しかし、不用品回収業者は部屋からの運び出しやトラックへ積み込みなど、すべてスタッフが対応してくれます。手間をかけずに、色々な不用品を処分できるというのが大きなメリットです。マフラー以外にも様々な品目の回収を行っておりますので、他にも処分したいものがある方は、まとめて依頼するとよいでしょう。

マフラーの処分方法を迷っているあなたに

処分方法を選ぶポイント

POINT

粗大ごみとして捨てる時の注意点

粗大ごみとして捨てる方法は、主に戸別収集を依頼する方法と処理施設へ持ち込む方法がございます。戸別収集は自宅の近くまで粗大ごみを回収しに来てくれるサービスですが、ある程度の時間がかかります。回収日を予約することになりますが、事前申し込みが必要になりますので、当日中に処分することは難しいです。急いでいる場合には、他の処分方法を検討したほうがよいでしょう。処理施設への持ち込みであれば素早く処分できる可能性がございますが、粗大ごみの持ち込みを受け付けていない自治体もございますので、ご注意ください。

不用品回収業者を利用する時の注意点

手軽にマフラーを処分できる便利な不用品回収サービスですが、依頼する業者は慎重に選ぶ必要がございます。業者選びで特に注意していただきたいのが悪徳業者です。不用品回収業者の中には、国から許可を得ずに営業を行っている業者も存在します。そういった業者は回収した不用品を不法投棄する、通常では考えられない高額な請求をするなど、違法な営業を行っている可能性がございます。 「無料で何でも回収します」といった宣伝をしている業者には注意したほうがよいでしょう。悪徳業者を利用すると、トラブルに巻き込まれる可能性がございますので、ご注意ください。依頼する前に、ホームページなどで正規の業者かチェックしておくことをおすすめいたします。悪い評判がないか、ネットの口コミをチェックしておくことも大切です。
お得な料金プランをご用意

料金紹介

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費、出張費、梱包作業費、分別作業費、スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況に合った最適なプランをご提案させていただきます。
当サービスは、11,000円(税込)~が最安金額となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買取りが可能な不用品は
高価買取 いたします!!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、
買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

マフラー処分で出張回収センターが

選ばれる3つの理由

REASON
これまでマフラーの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここではマフラーを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。

最短30分の即日回収

「引っ越し前にマフラーを処分したい」「マフラーを交換するので、古いものをすぐに処分したい」など、お急ぎの場合も当社にお任せください。当社は最短30分の即日回収を強みとしております。名古屋市周辺の対応エリアであれば、お電話いただいてから最短30分で、ご自宅まで不用品の回収に伺うことが可能です。GPSを搭載したトラックを巡回させておりますので、最寄りのトラックをすぐに向かわせます。

年中無休で土日祝日も対応

当社は年中無休で不用品の回収を行っております。自治体のごみ回収は収集日が決まっているため、捨てたいと思った時にすぐ処分できないことも多いです。出張回収センターにご依頼いただければ、土日でも祝日でも回収に伺います。当日依頼にも対応しておりますので、お急ぎの方も安心してご依頼ください。

分かりやすい料金設定

不用品回収の料金は複雑で分かりにくいと感じている方もいらっしゃるかもしれません。当社はそういうお客様のために、分かりやすいプランを多数ご用意しております。不用品回収サービスでありがちな、出張料金や作業費などの手数料は一切発生いたしません。手数料がすべてコミコミの分かりやすいプランが多く、お客様からご好評いただいております。

よくいただくお問い合わせをご紹介

よくある質問

A. はい、回収させていただきます。出張回収センターでは、マフラー以外にもタイヤやホイールなど、様々なパーツの回収に対応しております。まとめて回収をご依頼いただければ料金もお得になりますので、他にも処分したいパーツがございましたら合わせてご依頼ください。もちろん、家具や家電、生活用品などの回収依頼も大歓迎です。
A. 当社は即日回収に対応しておりますので、お申し込み当日に不用品を処分することができます。名古屋市内、もしくは周辺エリアからのご依頼であれば、最短30分でご自宅まで不用品の回収に伺います。ただし、他のお客様のご予約状況によっては、多少お時間をいただく場合もございます。お急ぎの方は、なるべくお早めにお申し込みください。
A. トラックに積み込める量であれば、対応することも可能です。当社は1回に複数のご自宅を訪問して、不用品の回収を行っております。そのため、トラックに空きがない場合にはお断りさせていただくこともございます。可能な限り柔軟に対応させていただきますので、追加したい不用品がある場合はスタッフにご相談ください。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例