愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

土の正しい処分方法は?家庭ごみとして処分できないって本当?費用や適切な処分方法を紹介!

土の処分で悩んでいませんか?

庭づくりやガーデニング、観葉植物など家庭では必要不可欠な土。

土を使ってると、ガーデニングで土が余ったり、お庭の整備で出た古い土など、土が不要になることも多くあると思います。
その不要な土の処分にお困りの方はいませんか?
土は放置してしまうと虫が湧く原因になったり、雑草の温床になる場合も。
命をはぐくむ大切な土ですが、不要なトラブルを避けるためにもなるべく早い段階で適切に処分しましょう。

実は、土は家庭ごみとして処分することはできません。
ではどのように処分するのが正しいのでしょうか。

ここでは、土の適切な処分方法や費用について紹介します。
土といっても、土の量が多かったり、まだ使えそうな土だったり、状態は様々だと思います。
このような状態別にも処分方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ご自身の悩みや、土の状態に合わせた処分方法を選ぶことで、余分な手間や費用を抑えることができます。

目次

土を処分する方法について

下記では土を処分する方法を詳しくご紹介していきます。

土は家庭ごみとしてだすことができない

土を処分する際に、家庭ごみとして処分することはほとんどできません。
なぜなら、土はあくまで自然物であり、廃棄物・ごみとされないということ、土は不燃性で焼却処分できないので、一般ゴミに出しても回収してもらえないことが多いのです。
しかし、処分する地域によっては処分ができる場合があるので、自治体に確認をすると良いでしょう。

自治体が回収できる場合

処分したい地域の自治体が回収できる場合は、指定のゴミ袋に入れ、指定の場所に持ち込むという手順がほとんどです。
費用が掛からないというメリットがありますが、大量に処分したい場合は運ぶ手間がかかります。

ここからは、土の処分方法について紹介していきます。

庭や畑にまく

土を処分するための、一番簡単な方法は自宅の庭や所有する畑にまくことです。
自分の好きなときに処分でき、誰にも迷惑がかかりません。
手が空いたときなどに、こまめに処分することをおすすめします。ただし、畑に撒く場合には注意が必要です。

土には寿命があることをご存知でしょうか。
植物を育て終わったあとの土は、もともと土が持っている団粒構造という、植物を育てるのに適した構造が失われ、根腐れしたり病気にかかって生育不全を起こす可能性があります。
畑に撒いたり、プランターに入れる場合には土の再生を行う必要があります。また、この方法は自宅に庭や畑があることが前提です。マンションやアパートなどにお住いの方は他の方法を選ぶ必要があります。

土の再生方法

植物を育て終わった後の土や、古い土を再生方法を紹介します。

①乾燥させた土をふるいにかけ、外注や鉢底石などの不純物を取り除く
②容器に広げた土を水で湿らせ、黒いビニール袋に包んで直射日光に当て消毒します。
③壌改良材(土のリサイクル材)を混ぜ合わせる、または堆肥や腐葉土などの有機物を混合して土のバランスを整えます。

以上が土の再生方法です。再生が終わった土は再び植物を育てることができます。

知り合いや、近くの農家に相談する

知り合いの農家や近くの農家に問い合わせて不用になった土を譲るというのもよい方法です。
農家は土に関する専門家であり、不用になった土を有効活用してもらえる可能性があるからです。譲ることができれば土がムダになりませんし、リサイクル活動にも貢献できます。
農家にとっても、土をただでもらえるというのは嬉しいのではないでしょうか。
この方法の注意点は、農家まで土を運ぶのには手間と時間がかかるという点が挙げられます。

園芸用品店に引き取ってもらう

園芸用品店の中には、不用になった土を引き取ってくれるところがあります。
ただし、引き取り条件は園芸用品店によって違うため、事前の確認や問い合わせが必要です。
また、そのお店で購入した土に限る場合や、引き取りにはレシートが必要になる場合もあります。自宅まで回収には来てくれないので、園芸用品店まで土を運ばなければなりません。
自家用車などで運ぶ際、車内が汚れる可能性や、土に交じっている石などを分別する必要があるため、手間と時間がかかるという要注意ポイントがあります。

ホームセンターに持ち込んで処分してもらう

近隣に土の引き取りを行っているホームセンターがあるのなら、持ち込んで処分してもらいましょう。
自治体に家庭ごみとして出せなかったり、園芸用品店では引き取ってくれなかったりする場合、役に立つのがこの方法です。
新しい商品との買い替えが条件となることが多いので、家電や工具などを買いに行く際に、一緒に土を持ち込むことをおすすめします。
ただ、土の引き取りを行っているホームセンターは少ないため、持ち込む前に引き取り可能かどうか確認しておく必要があり、同時に土を運ぶ手間がかかってしまいます。

自治体で処分できる土を利用する

自治体のゴミで土が捨てられなくて悩んでいる方が多いことから、「捨てられる土」が発売されています。
植物由来の原料からできていて、燃えるゴミとして出せるため、土の処分に悩まずに済むようになります。ただし、捨てる際に外見は普通の土に見えるため、回収業者が回収してくれない恐れがあります。そのようなことを防ぐため、ゴミ袋に「捨てられる土」であることを書いておきましょう。
このような商品は、普通の商品よりも多少は値が張りますが、結果的に処分に費用を掛けなくても捨てられるためメリットといえるでしょう。

土の回収業者に処分を依頼する

土専門の回収業者に、不用になった土の処分を依頼するという方法です。
土に特化した回収業者なので、基本的にどんな土でも回収してもらえます。自宅まで回収に来てくれますし、土の積み込みはスタッフが行うので、土を運ぶ手間や手を汚さずに処分をすることができます。
この方法の要注意ポイントは、土に特化しているが故に、土以外の園芸用品は回収してくれないことが多い点です。シャベルや一輪車、プランターや植木鉢などが不用になった場合は、また別の方法で処分するしかありません。また、料金がかかるため注意が必要です。

不用品回収業者に回収を依頼する

不用品回収業者に依頼するという方法です。
不用品回収業者に依頼すれば、手間もかけずに電話一本で土の処分をすることが可能です。
土を回収するための条件も行政の回収に比べ対応範囲が広いため、がれきや石が混じっている土など、どんな状態の土も回収することができます。
また、プランターに入ったまま回収することや大量な土にも対応することが可能です。
園芸自体をやめる場合、土以外の園芸用品も不用になるものです。そのような粗大ごみも一緒にまとめて、素早く回収可能なのでとにかく早く処分したい、ご自身で処分が難しい、どのように処分していいかわからない、という方はお気軽に出張回収センターにご連絡ください。

土の処分方法を選ぶポイント

下記では土の処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

不法投棄は絶対に行ってはならない

けっして行ってはならないのが、土の不法投棄です。 土を自宅の外に捨てるのは、不法投棄にあたります。個人が不法投棄をした場合、法律違反として5年以下の懲役か1,000万円以下の罰金、もしくはその両方が課せられることがあります。 それ以前に、園芸用の土を勝手に捨てるのは環境にとってもよくありません。土だからと軽く考えることはよしましょう。
POINT 2

植木鉢やプランターから土を取り出す

植木鉢やプランターの中に土がある場合、外に取り出す必要があります。 植木鉢やプランターに入ったままの状態では家庭ごみとして出せませんし、園芸用品店やホームセンターなどでも引き取り不可なのがほとんどです。取り出さないと庭や畑にもまけません。
POINT 3

土から鉢底石やごみなどを取り除く必要がある

鉢底石やごみなどが混入している土も、園芸用品店やホームセンターでは引き取ってくれません。 土専門の回収業者の場合は、土以外のものが混ざっていると処分料金が高くなります。 余計なものが混ざった土は畑にまけませんし、農家に譲ることもできません。 植木鉢などから土を取り出すのが面倒だったり、鉢底石などを取り除くのが困難だったりするときにも、私たち不用品回収業者にご連絡ください。その状態のままで回収いたします。
POINT 4

各地域の自治体によって、処分方法が変わる

土は各地域によって処分方法が変わります。 ほとんどの地域は家庭ごみとして処分できませんが、まれに家庭ごみとして処分できる場合もあります。これらをしっかりと確認したうえで処分をしないと、費用や手間の部分で損してしまう可能性があるので、十分に注意しましょう。

土の処分料金について

下記では土を処分料金について詳しくご紹介していきます。

土を処分する際、処分料金が気になるという方も多いのではないでしょうか。
土の処分にかかる費用は各地域の自治体や各店舗によって異なります。
そのため多少変動はありますが処分方法ごとの料金相場は、次のようになっています。
しっかりと相場を把握し、損をしないよう注意しましょう。

庭や畑にまく場合

無料です。自宅の庭や畑に土をまくのにお金はかかりません。
ただし畑にまく土を自分で再生する場合には、それ相応の費用がかかります。
土の再生用ピートモスの相場は10リットルあたり1,000円ほどですし、動物性堆肥の相場は、20リットルあたり1,500円ほどです。

知り合いや近くの農家に相談する場合

基本的には無料ですが、感謝の意を込めて菓子折りなど持参するのもよいでしょう。

園芸用品店に引き取ってもらう場合

0円~です。園芸用品店に引き取ってもらう場合の費用は、店により違います。
有償なところもあるので、あらかじめ料金を確認してから持ち込むのが肝心です。

ホームセンターに持ち込んで処分してもらう場合

0円~です。ただし処分料金が0円になるのは、ほとんどの場合新たな商品の購入時に限ります。完全に無料で処分できるというわけではありません。

自治体で処分できる土を利用する場合

1リットル550円~販売しています。
捨てる際は家庭ごみとして処分するため、費用は掛かりません。

土の回収業者に処分を依頼する場合

相場としては3,000円~です。
土の回収業者の料金は、エリアごとに設定されている基本料金と土の状態に大きく左右されます。
園芸用の土、1キログラムの相場は110円ほどです。基本料金の相場は2,000円ほどなので、園芸用の土が10キロの場合、2,000円+1,100円で3,100円ほどが相場となります。

不用品回収業者に回収してもらう場合

相場は2,500円~です。
土を単品で回収するのに要する費用は、土の量や回収業者によって異なります。
土の状態や搬出ルートなどでも費用が変わってまいりますのでまずは無料見積もりを利用して金額を確認してみましょう。

土の処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまで土の処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは土を処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

最短30分でお伺い!すぐに土の処分が可能

スピーディな対応が、当社がお客様にお選びいただく理由のひとつです。
当社は、年中無休で営業しております。
名古屋周辺のお客様の場合、ご依頼から最短30分ほどで指定の場所までお伺いし、土を回収することが可能です。混雑状況によりもう少しかかることもございますが、できる限り早急にお伺いするよう心がけております。

選ばれる理由 2

業界最安値の価格設定!

当社は長年、名古屋にて不用品回収を行ってまいりました。
その経験とノウハウを回収に活かすことで、リーズナブルな料金体系を実現いたしております。
土自体の処分費以外の、養生費なども込みの料金で土の処分を承っております。
このようなシンプルな料金システムがお客様にお選びいただいているポイントです。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

1点からでも回収OK!何点でも回収します。

当社の場合、1点から回収にお伺いしております。当社は回収する数量に下限を設けておりません。1点でもお気軽にご利用ください。また、数量には上限もございません。
このように、いかなるニーズにも対応することを心がけております。
ぜひお気軽にご相談ください。

選ばれる理由 4

実績豊富!信頼の高い良質なサービスをご提供

当社では、愛知・名古屋エリアで最大級の不用品回収実績を誇っております。
一般廃棄物収集運搬業の許可や家電リサイクル券の取扱の指定を受けており、どなたからも安心してご利用いただくことができると評判です。
また、スタッフの教育に力を入れていて、お客様への誠実なご対応とサービス品質の向上に努めております。

reason05

土の処分に関するよくある質問

A. はい、可能です。 植木鉢やプランターに入ったままでも回収いたします。また、土の中に石や木くず、根やごみなどが混入していても問題ございません。そのままの状態で回収をお申し付けください。
A. 当社の料金体系はリーズナブルであると自負しておりますが、他社の方が土の回収料金が安い場合は、遠慮なくご相談ください。 できる限り他社の金額以下になるよう、見積もりを見直しいたします。
A. はい、大量の土であっても対応可能です。 当社は土の回収量に上限を設けておりません。土の量に応じたプランをご提案いたします。
A. はい、当社は年中無休でございます。 土日はもちろん、年末年始でも回収可能です。土の処分に限らず、粗大ごみの回収が必要になった際にはいつでもご連絡ください。
A. はい、土と一緒に他の不用品をまとめて回収することも、もちろん可能です。 当社は家庭から出る不用品なら、基本的にどんなものでも回収いたします。ただし危険物や動物、医療器具など、回収できかねる品目もございます。回収可能な品目かどうか不明な場合は、遠慮なくご質問ください。
A. はい。可能です。 LINEやメール、電話での無料見積もりを行っております。その際に、回収物の状態をお伝えください。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。