ホームベーカリーの

捨て方知ってますか?
賢い処分方法と処分料金や
注意点を詳しく紹介!

ゴミ出し・不用品整理について

こんなお悩みありませんか?

ホームベーカリーの処分について・目次

ホームベーカリー
処分する方法について

ホームベーカリーを処分する方法にはどのような方法があるのでしょう。
主な処分方法を以下にまとめました。

ホームベーカリーを処分する7つの方法を説明いたします。

自治体の粗大ごみに出す

多くの自治体では1辺の長さが30cmを超えるものは粗大ごみとして回収しています。ホームベーカリーを粗大ごみとして出す場合の手順は次の通りです。

粗大ごみ受付センターに連絡をして、回収日・料金・回収場所を予約する
粗大ごみシールを指定販売店で買う
ホームベーカリーに粗大ごみシールを貼る
指定された日時までに指定場所にマッサージチェアを運ぶ

自治体の粗大ごみに出すメリットは、費用が安く済む場合が多いことです。処分費用も自治体のホームページに掲載されているので、分かりやすいです。一方、3月の引っ越しの時期や年末年始は粗大ごみの受け付けが混む場合があり、予約の電話がつながらなかったり、回収日まで時間があいたりすることもございます。また、自宅まで引き取りにくるのではなく、指定された回収場所まで運ばなければなりません。

自治体の処理施設に持ち込む

ホームベーカリーは自治体の処理施設に持ち込むことができます。名古屋市にお住まいの方は、ごみを車に積んだ状態で区の環境事業所へ行き、手続きをしてから粗大ごみの処理施設に運びます。こちらも、処理費用が安く済むことがメリットです。一方、多くの自治体は平日の日中のみ粗大ごみの受け入れを行っているため、平日に仕事をしている方は休みを取らなければなりません。また、時期によっては待ち時間が発生する場合もございます。

小型家電としてリサイクルする

1辺の長さが50cm未満の小型家電であれば、無料でリサイクルを行っている自治体が多いです。
駅やスーパー、市役所の近くに小型家電リサイクルボックスが設置されています。
そこに、不要なホームベーカリーを入れて処分完了です。

小型家電としてリサイクルできれば、費用がかかりません。また、事前に予約する必要もなく、24時間持ち込むことができます。自分の都合の良い日時に処分することができるため、忙しい方にもおすすめです。

しかし、ほとんどの自治体は1辺の長さが30cm未満のものを小型家電として受け入れているため、ホームベーカリーを受け入れてくれる自治体は少ないことが現状です。
自治体によって、受け入れる小型家電の大きさは違うため、事前に確認するようにしましょう。

リサイクルショップで買い取ってもらう

まだ使えるホームベーカリーであれば、リサイクルショップで買い取ってもらうことができます。
大手メーカーが製造したもので箱や説明書が残っていれば、高値で買い取ってもらえるかもしれません。
しかし年式の古いものや説明書が残っていないものなどは、買い取ってもらえない場合も。
ですが、ごみを減らすという点でリサイクルに貢献することもできます。

この方法は、高値で売却し、現金化できるというメリットと、
ホームベーカリーを持って行ったのに買取ってもらえず時間と手間がかかってしまうリスクがあるというデメリットがあります。

このことから、お得に処分したい方にはおすすめの方法といえます。

フリマアプリ・ネットオークションで売る

メルカリやYahoo!オークションといったフリマアプリ・ネットオークションを使えば、ホームベーカリーを探している方に直接買ってもらえます。
また、売却価格を自分で設定できます。
他のキッチン用品と合わせて売るなど上手に売ることができれば、年式が古いものや説明書が残っていないものも買い取ってもらえる可能性も。

デメリットは送料と手間がかかるということです。
送料や手間を考慮して、売却価格を設定しましょう。

家電量販店で引き取ってもらう

家電量販店によっては、小型家電をリサイクルしてくれるサービスを行っています。使わなくなったホームベーカリーを直接お店に持ち込み処分費用を支払うことで引き取ってもらえます。この方法ならば、土曜日や日曜日にホームベーカリーを処分することができます。一方、お店までは自力で運ばなければならないため、自家用車のある人向けの方法です。

不用品回収業者に回収してもらう

ホームベーカリーは不用品回収業者に依頼して処分してもらうことができます。単品の依頼だと自治体などに粗大ごみで出すほうが安くなりますが、遺品整理など他にもたくさん処分したいものがある場合には便利です。また、家まで引き取りに来てくれるので、自力で運び出すのが難しい方や自家用車を持たない方にもおすすめです。

ホームベーカリーの処分方法を迷っているあなたに

処分方法を選ぶポイント

POINT

小型家電として出せるかを確認する

自治体が行っている小型家電リサイクルは、自治体ごとに受け付けている小型家電の内容が異なります。中には50cm未満のものを小型家電としてリサイクルする自治体もございます。ホームベーカリーは1辺の長さが30cmを超えるものが多いため、小型家電として回収する自治体と粗大ごみとして扱う自治体に分かれます。お住まいの自治体に問い合わせて、小型家電リサイクルで出すのか、粗大ごみとして出すのかをご確認ください。

分解しない

大型のごみは分解をすれば家庭ごみとして出せますが、電化製品の分解は危険を伴う場合がございます。それに金属部品は家庭ごみで出せないことが多いですし、分解をしたとしても、長い部品などは粗大ごみとして出さなければならない場合もございます。自分で分解せず、粗大ごみとして処分しましょう。

箱や説明書があるかを確認する

リサイクルショップやフリマアプリを通じてホームベーカリーを売却する場合は、箱や説明書があると買い取ってもらえる可能性が高くなります。箱や説明書がない状態で売ろうとすると、売却方法によっては費用がかかることがございます。

他にも処分したいものがあるかどうかを確認する

ホームベーカリーを1個だけ処分する場合には、不用品回収業者を利用するよりも自治体の粗大ごみや家電量販店で処分してもらうほうが費用は安くなりますが、他にも捨てたいものがある場合、不用品回収業者に任せるほうがお得になるケースがございます。引っ越し、遺品整理などで不用品が大量に出る場合はもちろんのこと、複数のものを処分しなければならないときは不用品回収業者がおすすめです。
お得な料金プランをご用意

料金紹介

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費、出張費、梱包作業費、分別作業費、スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況に合った最適なプランをご提案させていただきます。
当サービスは、11,000円(税込)~が最安金額となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買取りが可能な不用品は
高価買取 いたします!!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、
買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

ホームベーカリー処分で出張回収センターが

選ばれる3つの理由

REASON
これまでホームベーカリーの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここではホームベーカリーを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。

ホームベーカリー1個から回収できる!

当社は不用品1個から回収を行っています。回収するごみの量が少ない場合、近くにお住まいの方のごみとまとめて回収しています。もちろん、不用品が複数ある場合は、まとめてお安く回収するプランもございます。

最短30分で回収!お急ぎの方もご依頼ください

当社では、トラックにGPSを付けて、位置情報を把握しています。連絡をいただいた後、コールセンターがお客様の指定した場所に一番近いトラックを向かわせます。名古屋市周辺であれば、30分前後で回収に伺える場合もございます。また、引っ越しなどのシーズンにも多くのトラックが市内を巡回しています。そのため、長くお待たせすることなく、不用品の回収に伺えます。

業界最安値で回収

当社は、不用品のリユースやリサイクルにも注目をしてリユース・リサイクルできるものは売却しているため、業界最安値で不用品の回収を行っています。また、燃費や作業効率などのコストを常に見直し、少しでもお客様に安くサービスができるよう努めています。

よくいただくお問い合わせをご紹介

よくある質問

A. 当社は年中無休で不用品の回収を行っているので、土日や祝日でもご連絡をいただければ、お客様の指定する場所まで伺います。お電話の受付時間は9時から19時までとなっていますが、それ以外の時間に回収を希望の場合でもまずはお気軽にご相談ください。
A. 見積もりは無料です。ホームベーカリーのみの回収の場合、お電話やメールでも見積もりできます。金額にご納得いただければすぐ回収できますし、金額が合わなかった場合でも費用は発生しません。
A. 多くの自治体では粗大ごみとして1日に出せる量が決まっていますが、当社では点数に決まりがございません。内容によっては、単品で出すよりもお安くなる場合がございますので、お気軽にご相談ください。
A. いつまでに予約をしなければならないという決まりはございません。 当社は引っ越しシーズンの4月など繁忙期でも十分な数のスタッフがいるため、長いことお待たせすることがございません。 ですが、繁忙期だと当日の回収が難しい場合もございますので、来てほしい日時が決まっていればお早めにご連絡ください。
A. はい。壊れているホームベーカリーでも回収することが可能です。 汚れていても壊れていても回収いたします。 もし、割れてしまい先がとがってるなど危ない状態の場合は無料見積もり時にお申しつけください。
A. はい。可能です。 当社ではホームベーカリー以外にも食器や家具といった様々な品目を回収しております。 また、まとめて回収依頼して頂くことで、お得な料金プランもございます。 ぜひ、無料見積もりをご利用ください。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例