ファンヒーターの不用品回収

ファンヒーター・ストーブを処分する方法!最適な処分方法や処分料金を詳しく解説!
ゴミ出し・不用品整理について

こんなお悩みありませんか?

ファンヒーターの処分について・目次

ファンヒーター
処分する方法について

ファンヒーターを処分する方法にはどのような方法があるのでしょう。
主な処分方法を以下にまとめました。

ファンヒーターの処分方法について説明していきます。主に以下の5つの方法が挙げられます。

自治体の粗大ごみ収集サービスを利用する

日本全国の多くの自治体では、そこに住む住民向けに粗大ごみの収集サービスを実施しています。サービスを利用する場合には、電話やインターネットを使って事前に申し込みを行うことが必要とされているケースがほとんどなので、収集を依頼する場合は、早めに手続きをするようにしましょう。この方法のメリットは、費用がリーズナブルな点にありますが、一方で申し込んだからといってすぐにファンヒーターを引き取ってもらえるわけではないという点に注意する必要がございます。自治体によって差があるため、一概には言えませんが、多くの場合は1週間から長いと1ヶ月くらい待たされるケースがあるので、時間に余裕がある場合でなければ使い勝手はいまいち良くないと感じられるかもしれません。

自治体の収集施設へ持ち込む

自治体の多くは、粗大ごみの収集サービス以外に、域内の清掃工場やごみ収集センターなどに直接持ち込まれる粗大ごみの引き取りを実施しています。手数料が必要ないという自治体も少なくないので、もし少しでも安くファンヒーターを処分したいという場合には、利用を検討してみても良いかもしれません。ただし、自治体の中にはファンヒーターを引き取りの対象外にしているところもございますので、仮に持ち込んだ場合に引き取ってもらえるかどうかは、必ず確認しておくようにしましょう。また、事前申し込み制を採用している自治体も多いので、その場合は、アポなしで持ち込むようなことは避けなければなりません。

フリマアプリを使って売却する

まだまだ使用できる状態のよいファンヒーターを手放すという場合には、スマートフォンなどで利用できるフリマアプリを使って売却するというのも一案です。フリマアプリを使うメリットは、うまく買い手が見つかれば、いらなくなったファンヒーターを換金できるという点にありますが、一方でいくら待っても買い手がつかない可能性があるので、早めに処分したいという場合や確実に廃棄してしまいたいというような場合にはあまり適した方法ではありません。また、自分で配送作業を行わなければならないため、それが面倒だと感じる方もいるかもしれません。

リサイクルショップの買取りサービスを利用する

フリマアプリを使って自分で買い手を見つけるのが面倒ということであれば、リサイクルショップの買取りサービスを利用してファンヒーターを売却するという手もあります。リサイクルショップの中には、依頼をするとご自宅まで買い取りに来てくれる出張サービスを行っているところもございますので、なるべく手間をかけずに処分したいという場合には有用な方法であると言えるでしょう。もっとも、買い取ってもらえるのは、あくまでも再利用可能な状態のよいファンヒーターに限られます。まだ十分に使えるような物であっても、古い機種であったり、状態があまり良くないものであったりする場合には、買い取りを拒否されてしまう可能性がございますので、その点を頭に入れておきましょう。

不用品回収業者に回収してもらう

できる限り迅速かつ確実にファンヒーターを処分したいのであれば、不用品回収業者に依頼して回収してもらうという方法がおすすめです。不用品回収業者に頼めば、最短でその日に引き取りに来てもらえるケースも珍しくないため、引っ越しなどで急ぎファンヒーターを処分しなければならないような場合には、この方法を利用するしか他に手はないでしょう。また、不要品回収業者の回収サービスを利用すれば、室内の搬出からトラックへの積み込みまで、すべて業者のスタッフの方で行います。お客様の方で行わなければならない作業は基本的にございませんので、なるべく楽にファンヒーターを廃棄したいという場合にも、この方法は有用です。

ファンヒーターの処分方法を迷っているあなたに

処分方法を選ぶポイント

POINT

灯油を入れたまま処分する場合は不用品回収業者がおすすめ

ファンヒーターを処分する場合には、通常は灯油をすべてタンクから出して空にしたうえで引き渡す必要がございます。もし、そういった作業が面倒である場合には、不用品回収業者に相談すると良いでしょう。不用品回収業者の中には灯油が入ったままのファンヒーターであっても問題なく引き取ってくれるところがあるからです。ただし、すべての業者がそういった対応をしているわけではないので、その点には注意が必要です。

費用を負担したくない場合はフリマアプリやリサイクルショップも一考の価値あり

ファンヒーターを処分する場合には、通常はある程度の費用負担が必要になりますが、フリマアプリやリサイクルショップを使って売却すれば、費用を負担せずに済むだけでなく、うまくいけば代金を得ることが可能です。そのため、特に急いで処分する必要がない場合には、まずはこれらの方法で売却を試みたうえで、もし買い手が見つからないようであれば、他の方法を検討するというのも一案です。

事業ごみは事業主の責任で処分すること

オフィスなどの事業所から排出されるごみは、事業ごみとして扱われ、事業主が責任を持って廃棄物処理業者に委託するなどして処分しなければなりません。これはファンヒーターの場合でも同様です。ここまでで見てきた自治体の粗大ごみ収集サービスなどの方法は利用できないので、間違えて申し込まないようにしましょう。
お得な料金プランをご用意

料金紹介

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費、出張費、梱包作業費、分別作業費、スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況に合った最適なプランをご提案させていただきます。
11,000円(税込)~のおトクな不用品回収料金となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買取りが可能な不用品は
高価買取 いたします!!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、
買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

ファンヒーター処分で出張回収センターが

選ばれる3つの理由

REASON
これまでファンヒーターの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここではファンヒーターを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。

依頼を受けたら最短で30分で引き取りが可能

当社では、依頼を受けたら最短30分でお伺いするというスピーディーな対応を心掛けており、それが名古屋のお客様からご支持をいただいている理由の一つです。混雑状況やお客様がお住いの場所によっては、必ずしも30分というわけにはいかないケースもございますが、その場合でもできる限り迅速に対応させていただきます。

圧倒的にリーズナブルな料金体系

長年にわたって名古屋地区を中心に不用品の回収サービスを行ってきたノウハウを活かして、当社では、できる限り効率的に作業を行うことによって、圧倒的にリーズナブルな料金体系を実現しています。なかなか他社では真似できない安さとなっていますので、それがコスパを重視するお客様に選んでいただける理由になっているのです。

柔軟な対応が可能

お客様の中には、収集日の当日になって他にも引き取ってもらいたい不用品を思いつく方や、土壇場になって収集日の変更を希望される方がいらっしゃいます。当社ではそういったご要望にもできる限り柔軟に対応するようにしていますので、そういった姿勢が多くのお客様からご支持を頂いている理由の一つです。

よくいただくお問い合わせをご紹介

よくある質問

A. 当社では、お客様からご依頼をいただければ、最短で30分以内にお伺いさせていただきます。混雑状況やお伺いする場所によっては、それよりも時間がかかる可能性がございますが、その場合でもできる限り当日中には伺いますので、ご安心ください。
A. 壊れて動かないファンヒーターでも問題なく引き取らせていただきます。壊れているかどうかで手数料が増減することはございません。
A. 他社が引き取りを拒むようなファンヒーターでも、できる限り回収させていただきますので、まずは電話やオンラインフォームなどを使ってお問い合わせください。
A. 当社は海外にも豊富な販路を持っておりますので、海外製のファンヒーターについてもできる限り引き取らせていただきます。
A. 見積りだけであれば一切無料を行っております。一切料金は発生しませんので、安心して見積もりをご依頼ください。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例