キックボードの不用品回収

キックボードの処分方法が知りたい!処分料金や注意点などのポイントを解説!
ゴミ出し・不用品整理について

こんなお悩みありませんか?

キックボードの処分について・目次

キックボード
処分する方法について

キックボードを処分する方法にはどのような方法があるのでしょう。
主な処分方法を以下にまとめました。

大きく分けると、キックボードの処分には「ゴミにする」「あげる」「売る」などの方法があります。
以下、処分方法の例を挙げていきます。

粗大ごみとして処分する

基本的に、いらなくなったキックボードは粗大ごみとして扱われることが多いです。
ですが、条件はお住いの地域の自治体により変わります。まずは、ホームページや電話で確認しましょう。

手順は次の通りです。
・地域の自治体に粗大ごみの申し込みをし、回収日時と場所を聞く
・コンビニなどで専用の券を購入した後でキックボードに貼り、自治体が指定する日時に回収場所まで運ぶ
・キックボードが回収され処分完了

このように、比較的簡単に処分することができます。また、料金も抑えることが可能です。
ですが、指定場所まで運ぶ手間がかかります。また、処分するまでに1週間かかることも。
急いで処分したい方や手間をかけずに処分したい方は別の方法を選びましょう。

廃棄物として処理する

キックボードを廃棄物として、専門業者に処分してもらう方法もございます。専門業者は廃棄物を解体したうえで、リサイクルに出すまでの作業を請け負っています。そのかわり、費用は業者ごとに異なるので事前に見積を提示させるのが得策です。

ゴミ処理施設に持ち込む

多くのキックボードは「一般廃棄物」に該当します。そして、自治体のゴミ処理施設は一般廃棄物の持ち込みを受け付けていることが珍しくありません。「粗大ゴミに出すタイミングが合わない」「今すぐキックボードを処分したい」というお客様は、ゴミ処理施設にお問い合わせください。予約をしていただいた後で、指定の日時にて施設がキックボードを受け入れています。ただし、施設への持ち込みは有料になります。

人にあげる

運転しやすく、小回りがきくキックボードには需要が少なくありません。お知り合いや同僚の方々に譲ってみるのもひとつの方法です。そのかわり、人に譲られるならキックボードをきれいにしておく必要がございます。さらに、故障しているキックボードは人におすすめできないでしょう。

リサイクルショップを利用する

買取専門店やリサイクルショップの中には、キックボードを取り扱っているところもございます。これらの店舗では、持ち込まれた品に「査定」を行います。コンディションやトレンド、新しさなどを検討したうえで、買取価格を決める流れです。もしもお客様が買取価格に納得されたのなら、契約は成立です。代金と引き換えにキックボードを引き渡せます。ただし、買取価格は必ずつくものではございません。キックボードの状態次第では、買取を拒まれる可能性も出てきます。

フリマアプリやネットオークションに出品する

Webサービスを使って、中古のキックボードを売るのもひとつの方法です。たとえば、フリマアプリならユーザーに向けて、いらなくなったキックボードを出品できます。仮にキックボードを欲しがるユーザーが出てきた場合、出品者様と条件の交渉が始まります。双方が条件に納得できれば交渉成立となり、売買契約が結ばれる流れです。一方、ネットオークションでは出品されたアイテムに対し、会員が入札を行います。出品者様は、その中からもっとも好条件のユーザーをお選びください。

 

注意点として、Webサービスはユーザー同士のトラブルがございます。「品物を送ったのに入金がない」「執拗なクレームが来る」といった問題にもご自身でご対応しなければならないので要注意です。

不用品回収業者に依頼する

お客様の労力を消費せず、お手軽にキックボードを処分されるなら不用品回収業者をご利用ください。出張回収センターをはじめとする不用品回収業者は、お客様からご連絡があればすぐ車両で駆けつけます。そして、いらなくなったキックボードを回収させていただきます。お客様がどこかにキックボードを持ち出す必要もございません。当社では、原則的に不用品の搬出作業も行っています。搬出ルートが複雑な場合は追加料金をいただいているものの、そのときは必ず額をご提示いたします。許可なく勝手に作業を進めることはございません。

 

さらに、不用品回収業者はさまざまな品目を取り扱えるので、キックボード以外にも処分したいものがあればご相談ください。大掃除や引っ越しの際に出た、大量の不用品にもご対応いたします。

キックボードの処分方法を迷っているあなたに

処分方法を選ぶポイント

POINT

タイミングを調整できるか

お客様のご希望に合わせて、処分できる方法をお選びください。比較的、お客様が動きやすい休日に対応できる回収業者を選ばれるのがおすすめです。

実績が豊富か

専門業者に廃棄や回収を依頼される場合、実績をご確認ください。優良企業を見極めるために、実績は非常に重要なポイントだからです。たとえば、出張回収センターは東海エリアのメディアで仕事ぶりを取り上げられてきました。「一般廃棄物収集運搬業」「産業廃棄物収集運搬業」といった許可も得ております。

事前見積を確認できるか

処分の費用を正確に把握されたいのであれば、事前の見積は必須です。お問い合わせをされた時点で、見積を提示できる業者にご依頼ください。

搬出が楽か

キックボードは1台あたり、決して軽い品ではございません。スタッフが搬出を行わせていただくなど、お客様のご負担にならない方法を選ばれることが大切です。
お得な料金プランをご用意

料金紹介

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費、出張費、梱包作業費、分別作業費、スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況に合った最適なプランをご提案させていただきます。
当サービスは、11,000円(税込)~が最安金額となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買取りが可能な不用品は
高価買取 いたします!!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、
買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

キックボード処分で出張回収センターが

選ばれる3つの理由

REASON
これまでキックボードの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここではキックボードを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。

年中無休で土日祝にも対応可能

当社は年中無休で営業しています。土日祝のご依頼も受け付けており、スケジュール次第では即日でご訪問も可能です。車両にはGPS機能が搭載されているので、効率的な回収が実現しているのです。

事前見積と現地見積を徹底

出張回収センターはご連絡をいただいたらすぐ、事前見積をご提示いたします。そのうえで、ご訪問させていただいてから現地見積を作成します。2段階の見積で、正確な金額をお客様にお伝えしてきました。

目利きによる買取査定も実施

回収と同時に、買取も進めさせていただくのが出張回収センターの特徴です。もしもキックボードにお値段が付いた場合、全体の回収費用から差し引かせていただくシステムです。

選ばれる理由 4

充実の道具で作業をスムーズに

出張回収センターの車両には、工具や台車、20種類以上の養生が常備されています。搬出作業はもちろん、必要があれば解体作業もスムーズに行える用意がございます。大量の不用品も、短時間で回収可能です。

reason05
22253735_s
選ばれる理由 5

お客様のお気持ちを考えた接客

当社のスタッフにはユニフォーム着用、社員証携帯を義務付けています。さらに、お客様に失礼のない接客態度を徹底して教育してきました。安心して当社にご依頼していただけるよう、従業員一同、日々努力しています。

よくいただくお問い合わせをご紹介

よくある質問

A. はい、問題ございません。ただ、当社では積み放題プランがございますので、ほかの不用品もご一緒にご用意いただくとさらにお得です。
A. はい。買取はいたしかねる場合があるものの、回収自体は可能でございます。
A. できるだけ即日対応をさせていただけるよう、当社は心がけてきました。それでも、混雑状況やご依頼の時間帯によっては、申し訳ございませんが、即日対応ができないこともございます。その場合も、翌日以降で早急な対応をさせていただきます。前日のご予約も可能ですので、ご希望の日時があるときはお申し付けください。
A. はい。当社のスタッフがキックボードを搬出いたします。ただ、ご自宅がマンションの高層階にあったり、キックボードが持ち出しにくかったりする際には追加料金をいただくこともございます。その場合も、必ず現地見積をご提示させていただく決まりです。
A. はい、できます。当社のスタッフからご提案させていただくこともございます。そのときは、費用をご確認してもらってから作業いたしますので、ご安心ください。
A. はい。可能です。 当社では、キックボード以外にも、ソファや机、TVといった家具家電も回収いたします。 ぜひ、無料見積もり時にご相談ください。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例