パソコンデスクの不用品回収

いらなくなったパソコンデスクはどう捨てる?賢い処分方法や処分料金など詳しく紹介!
ゴミ出し・不用品整理について

こんなお悩みありませんか?

パソコンデスクの処分について・目次

パソコンデスク
処分する方法について

パソコンデスクを処分する方法にはどのような方法があるのでしょう。
主な処分方法を以下にまとめました。

パソコンデスクを処分する方法として、以下のようなものがあります。それぞれがどういった方法なのか、特徴を詳しく紹介していきます。

粗大ゴミとして回収してもらう

多くの自治体で、粗大ゴミを収集するサービスを行っています。戸別収集と言われるもので、自宅近くの収集場所まで家庭で出された粗大ゴミを回収しに来てくれます。パソコンデスクも多くの自治体で粗大ゴミとして処分することが可能なので、依頼してみるのも良いかもしれません。自治体によって変わりますが、基本的に戸別収集は事前申し込みが必要です。
パソコンデスクを粗大ゴミとして収集してもらうには、次のような手順が必要になります。

 

1.インターネット受付や電話受付で自治体に申し込みます。
2.スーパーマーケット、コンビニエンスストア、郵便局などで、手数料納付券シールを購入します。
3.手数料納付券シールに氏名を記入して、パソコンデスクに貼り付けます。
4.指定日時に指定場所へパソコンデスクを出します。

 

具体的な流れは、自治体で異なる場合があるので、詳しくはお住まいの地域の自治体でご確認ください。

 

粗大ゴミとして処分が必要な場合に注意が必要なのは、日程を自由に選べない点。例えば、名古屋市が実施しているインターネット受付の締め切りは、収集日の10日前までです。今すぐ処分したいときは、他の方法を選んだ方が良いかもしれません。

自治体のゴミ処理施設へ持ち込んで処分する

粗大ゴミの持ち込みに対応している自治体であれば、自分でパソコンデスクを持ち込んで捨てることもできます。

 

持ち込む場所は自治体によって異なるので、指定されている場所へ持ち込むようにしてください。持ち込みの場合でも処理手数料がかかることが多いですが、収集費用はかからない分、通常の粗大ゴミ回収よりも安く処分することができます。

 

しかし、重たいパソコンデスクを自分で施設まで持ち込むのはかなりの重労働です。サイズが大き良い場合普通の乗用車には積むことができないので、軽トラックなど運搬用の車両を用意する必要が出てきます。車を所有してない方、重たいパソコンデスクを運搬することが困難な方には、あまり向いていない方法です。

小さく分解して可燃ゴミとして処分する

木製のパソコンデスクであれば、小さく分解して可燃ゴミとして処分することが可能です。

 

どの程度小さくすれば良いかは自治体によって異なり、例えば1辺の長さが30cmを超えるものは粗大ゴミとして捨てるというように、自治体でルールが設けられています。
お住まいの自治体では、どの程度の大きさのゴミが粗大ゴミに分類されるのか確認してから処分しましょう。なお木製以外のパソコンデスクは、分解しても可燃ゴミとして捨てることはできないので注意してください。

新しくパソコンデスクを購入する際に引き取ってもらう

パソコンデスクを買い替える場合には、家具販売店などが行っている引き取りサービスを利用するのも1つの方法です。買い替えの時にしか利用できませんが、手間や費用がそれほどかからない便利な方法です。

 

ただし、すべての店舗で引き取りサービスを行っているわけではありません。新しいパソコンデスクを購入する時は、事前に引き取りサービスを行っているかどうか確認しておくことをお勧めします。

リサイクルショップを利用して売却する

リサイクルショップでは家具や家電、生活用品など幅広い不用品を買い取り、販売しています。パソコンデスクをリサイクルショップに持ち込んで売るのも1つの処分方法です。売れればお金を得ることができます。処分が済むだけでなくお金ももらえて一石二鳥。また、パソコンデスクを運び出すことが難しい場合や近場にこう言ったショップがない場合にも、出張買取や宅配買取のサービスを利用すれば手軽に売却することができ便利です。

 

ただし、リサイクルショップは商品の状態などを重視する傾向もあるため、パソコンデスクの使用感によってはせっかく持ち込んでも買取を断られる場合もあるので注意が必要です。また、出張買取や宅配買取を利用した場合には、出張費用や配送料が別途かかる場合もあるので事前に確認してから利用しましょう。

フリマアプリやネットオークションを利用して売却する

目立った汚れやキズなどがない状態が良いパソコンデスクは、フリマアプリやネットオークションを利用して売却することもできます。
この方法の魅力は、自分で販売価格を設定できることと使わなくなったパソコンデスクを現金に換えられることです。

 

しかし、出品したからといって必ず買い手が見つかるとは限りません。なかなか買い手が見つからず、いつになってもパソコンデスクを処分できないということも。また、手続きや発送に手間がかかるという点も、理解したうえで利用するようにしましょう。

不用品回収業者に回収の依頼をする

とにかく早く、手間もかけずにパソコンデスクを処分したいという方にオススメなのが、不用品回収業者に依頼する方法です。

 

不用品回収業者に依頼すると、自宅までパソコンデスクを引き取りに来てくれます。自治体に依頼するのとは違い、重たいパソコンデスクを自分で運搬する必要は一切なく、不用品の運搬やトラックへの積み込みなど、すべてスタッフが対応してくれます。手軽にパソコンデスクを処分することができ、中にはハウスクリーニングに対応している業者もあります。不用品を処分した後にハウスクリーニングをして家を丸ごと綺麗にしたい方は、不用品回収と併せて依頼してみるのが良いかもしれません。他の処分方法よりも費用はかかりますが、回収と同時に買取を行うことで、回収費用から買取金額を差し引きお得に利用することも可能です。

 

しかし、不用品回収業者のほとんどがこういったメリットがある一方、中には悪徳業者もあるので注意が必要です。
「無料回収」を謳い文句に、出張費用や運搬費用などを後から請求したり、不用品回収後に不法投棄したりするケースも。
不法投棄の場合は、業者だけでなく依頼主も法で裁かれるので他人事ではありません。


 

不用品の回収や処分には、一般廃棄物収集運搬業許可などの資格が必要になります。資格を取得している業者であれば、まず安心して大丈夫です。
必ずホームページに記載されているはずなので、不用品回収業者に依頼を検討する場合、まず資格を持った業者なのか、見積もりはどうか、さまざまな方向から調べましょう。

パソコンデスクの処分方法を迷っているあなたに

処分方法を選ぶポイント

POINT

自治体のルールを確認しておく

パソコンデスクを粗大ゴミとして処分する時は、事前に自治体のルールを確認しておくことが大切です。同じパソコンデスクであっても、自治体によって手続きの方法や処理手数料などが異なります。中には、大きな家具類は解体して捨てるように決められている自治体もあります。間違った方法で捨ててしまうと回収してもらえないだけではなく、不法投棄になってしまう恐れもあるので注意してください。

フリマアプリなどを利用する時はトラブルに注意

フリマアプリやネットオークションを利用して、不用品を売却する方も多いです。誰でも手軽に出品できる便利なサービスですが、利用する時はトラブルに巻き込まれないように注意する必要があります。購入者からなかなかお金が支払われない、急に取引相手と連絡が取れなくなってしまうなどのトラブルが増えております。フリマアプリなどを利用した取り引きは、基本的に個人売買になりますので、慎重に行うようにしましょう。

悪徳業者に騙されないようにする

不用品回収業者に処分を依頼する時は、信頼できる正規の業者に依頼することが大切です。不用品回収を行っているすべての業者が、優良な業者とは限りません。残念ながら中には国から許可を得ずに営業を行う悪徳業者も存在します。悪徳業者に依頼してしまうと、高額な料金を請求される、パソコンデスクを不法投棄されてしまうといったトラブルに巻き込まれる恐れがあるので、業者選びは慎重に行ってください。依頼する前に、ホームページなどで正規の業者かしっかり確認しておくようにしましょう。
お得な料金プランをご用意

料金紹介

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費、出張費、梱包作業費、分別作業費、スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況に合った最適なプランをご提案させていただきます。
当サービスは、11,000円(税込)~が最安金額となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買取りが可能な不用品は
高価買取 いたします!!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、
買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

パソコンデスク処分で出張回収センターが

選ばれる3つの理由

REASON
これまでパソコンデスクの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここではパソコンデスクを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。

地域に密着し、積み重ねてきた信頼

世の中には不用品回収業者がたくさんある中、当社が多くのお客様から評価も頂いている理由の一つは地域に根ざしたサービスにあります。

 

名古屋市を中心に15年以上に渡ってお客様に満足いただけるサービスを磨いてきた結果、当社の回収実績は名古屋NO.1の33万件以上にのぼります。
地域に密着した効率的な回収によるコストカットにも成功し、ご利用しやすい価格設定も実現しております。
お客様に満足いただけるよう丁寧な業務を続けてきたことにより、数々のメディアでも紹介いただきました。

 

パソコンデスクなどのご自身で運搬が困難な重い物や大きな家具など、不用品のことで少しでもお悩みがございましたら、遠慮なくご相談ください。

スタッフは丁寧さと清潔さ重視!

車両には20種類以上の養生が常備されており、搬出作業に使用しています。
お客様のご自宅をキズ付けたり汚すことなく、安全にパソコンデスクを回収できるよう努めています。

 

さらに、身だしなみや言葉遣いなど、スタッフへの教育も徹底してきました。
お客様が安心してお仕事を任せていただけるよう、細心の注意を払っています。

大量の不用品も回収可能!同時に買取もOK!

当社ではパソコンデスク1点から複数まで、数量に制限を設けず回収を行っております。

 

長年培ってきた安心安全のプロの技術を活用し、お客様に余計な負担をおかけしませんのでご安心ください。
幅広い品目の家具・家電を取り扱っているため、住まいの自治体の公共回収では対応してもらえない大量の不用品であっても柔軟に対応いたします。

 

また、知識が豊富なスタッフによる買取サービスも同時にご利用いただくことで、料金のご負担を軽減することも可能です。
お客様の様々なニーズに柔軟に対応させて頂いておりますので、お気軽にご連絡ください。

選ばれる理由 4

車両にGPS機能搭載、ご依頼から最短30分!スピーディで丁寧な仕事

業務用の車両にGPS機能を搭載しているのも当社の特徴です。

 

お客様から急ぎでパソコンデスクを処分したい!とご依頼があった場合、すぐに最寄りの車両と連絡をとって現地へと向かわせます。
エリア内の名古屋市近郊でしたら最短30分のスピーディーな対応が可能です。

reason05
よくいただくお問い合わせをご紹介

よくある質問

A. はい、夜間のパソコンデスクの回収も承っております。基本的には営業時間内での対応となっておりますが、どうしてもご都合が合わない場合には、柔軟に対応させていただきます。仕事が忙しく日中に時間が取れないという方は、一度お電話などでお問い合わせください。スタッフのシフトなどを調整して、夜間の回収に対応できるかもしれません。ただし、スケジュールの調整が必要になりますので、なるべくお早めにご相談ください。
A. もちろん、パソコンデスク回収のお見積りだけのご依頼も可能です。他の業者と料金を比較した上で決めたいという方もいらっしゃるかと思いますので、まずはお見積りをご依頼ください。万が一お見積り金額に納得できずキャンセルされる場合、キャンセル料は発生いたしません。お客様に前向きにご検討いただけるよう最大限努力いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。
A. パソコンデスクの保存状態に関わらず回収させていただきますので、お気軽にご相談ください。当社は不用品回収を行う業者ですので、商品の状態を問わず回収することが可能です。シールが貼られているものや、汚れや傷が目立つものなど、状態が悪いパソコンデスクも問題なく回収いたします。
A. パソコンデスクの回収におきましてご依頼の締め切りはございません。例えばご依頼いただいた当日の回収なども可能です。年中無休で毎日9:00~19:00までご連絡いただけますので、ぜひお気軽にご依頼ください。
A. はい、お任せください。当社では1回のご依頼で回収可能なアイテム数に上限がございません。パソコンデスクとともにご自宅の不用品を一気に処分されたいというご依頼なども大歓迎です。アイテムの数量やサイズによって回収作業に必要な人員・トラックなどの調整が必要ですので、ご依頼の際に回収ご希望の品目をお知らせください。
A. パソコンデスクの回収のご依頼いただいた後、回収作業までにお客様ご自身にしていただくことは特にございません。作業完了後にお支払いをお願いしますので、お支払いの準備だけお願いいたします(現金のほか、クレジットカードでのお支払いも可能です)。なお、作業当日はお客様に立ち会っていただきますが、もし立ち会いが難しければ状況によって当社スタッフのみで作業することも可能です。ご希望の場合は事前にご相談ください。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例