本の不用品回収

本を処分する方法とは?正しい捨て方と処分費用を詳しく紹介!
ゴミ出し・不用品整理について

こんなお悩みありませんか?

本の処分について・目次


処分する方法について

本を処分する方法にはどのような方法があるのでしょう。
主な処分方法を以下にまとめました。

実際に本を処分するなら、「ゴミとして捨てる」「買取」「不用品回収」などの方法があります。以下、詳しくご説明いたします。

ゴミとして捨てる

本は「資源物」に該当するゴミです。自治体ごとに決められた「資源物の回収日」をご確認のうえ、指定の日時、場所で捨ててください。散らばらないよう、本をしっかり束ねておくことも重要です。本は「燃えるゴミ」ではないので、ご注意ください。

人にあげる・寄付する

本を欲しがっている方にあげるのもひとつの方法です。ご友人や同僚の方などに尋ねてみて、もらい手を探されてみるのもいいでしょう。また、図書館や児童施設などに寄付することも可能です。事前に寄付されたい旨を伝えて、受け取ってもらえるかどうかをご確認ください。

買取専門店に持ち込む

読み終わった本は、専門店で買取っています。これらの店舗に本を持ち込むと、スタッフによる「査定」が行われます。そして、本の人気や新しさ、コンディションなどによって買取価格が決められるシステムです。もしもお客様が価格に納得できたなら、買取成立です。お客様は本と引き換えに代金を得られます。なお、出張や郵送で査定を行っている店舗もございます。

フリマアプリやオークションを利用する

インターネットを通じて、買い手を探すお客様も増えてきました。その代表例がフリマアプリです。フリマアプリに登録すれば、会員同士で品物の売買を行えます。価格や郵送方法などについて交渉を行い、双方が了承すれば契約となります。後は、出品者様が品物を買い手に送って、代金を受け取るのです。フリマアプリ以外では、インターネットオークションも多くの方々に利用されてきました。このサービスでは、出品者様が最初に「希望額」を提示します。そこからオークションが始まり、もっとも好条件を提示したユーザーが落札します。

注意点として、フリマアプリもオークションも確実に本を処分できるわけではございません。交渉がまとまらず、本が売れ残ってしまう可能性もございます。さらに、出品者と買い手の間でトラブルがあった場合も自己責任となります。出品時には利用規約をよく読み込んでください。

ゴミ処理施設に持ち込む

自治体ごとに、ゴミ処理を担当している施設がございます。これらの施設は有料で、一般の方々からのゴミの持ち込みも受け入れています。まずは施設にご連絡してください。そこで日時を予約してからゴミを持ち込むのがルールです。土日祝日には受け入れを止めている施設もあるので、事前確認は必須です。

解体する

本を細かく解体して紙切れにしれしまえば、可燃ゴミとして出せることもございます。大量の本、雑誌がある場合には向かない方法ではあるものの、少量ならばおすすめです。

不用品回収に依頼する

本を処分されるなら、出張回収センターをはじめとする不用品回収業者にもお声がけください。不用品回収業者はエリア内のお客様からのご連絡を受けた後で、回収に駆け付けます。家電や家具、資源ゴミなど幅広いゴミを取り扱っているのが不用品回収業者の特徴です。もちろん、本や雑誌の回収も行ってきました。不用品回収業者は車両で訪問させていただくので、大量のゴミにも対応できます。引っ越しや大掃除の際に出た、いらない本や雑誌の山も引き取り可能です。

事前に見積をご提示しているところがございますのも、不用品回収業者の強みです。出張回収センターではご連絡を受けた時点で、スタッフが簡易的な見積を作成させていただきます。お客様はそこで提示された料金を参考にしていただき、改めてご依頼を検討することができます。「依頼してみたら予想よりも費用がかかった」といったトラブルが起こりにくいといえるでしょう。

本の処分方法を迷っているあなたに

処分方法を選ぶポイント

POINT

どれくらいの量があるか

少量の本ならば、買取専門店やゴミ施設に持ち込むことも可能です。ただし、大量の本はご自分で持ち運ばれるだけでもかなりの手間です。本の量があまりにも多いなら、出張サービスのある回収業者をご利用ください。

本に価値はあるか

新品だったり、読者が多かったりする本には高額の買取価格がつくこともございます。その場合、普通にゴミとして処分するのではなく、買取をご検討ください。なお、不用品回収業者には買取も行っているところがございます。

本の状態はいいか

汚れやしわが目立つ本は、買取専門店で取り扱うのが難しいといえます。買取が無理そうなときは、不用品として処分することをご検討ください。

本以外のゴミはあるか

引っ越しや大掃除の際は、本以外のゴミも出てくるでしょう。これらのゴミをそれぞれの方法で処分されていると、かなりの労力を使います。不用品回収業者ならゴミの種別に関係なく、引き取り可能なところもございます。
お得な料金プランをご用意

料金紹介

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費、出張費、梱包作業費、分別作業費、スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況に合った最適なプランをご提案させていただきます。
11,000円(税込)~のおトクな不用品回収料金となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買取りが可能な不用品は
高価買取 いたします!!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、
買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

本処分で出張回収センターが

選ばれる3つの理由

REASON
これまで本の処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは本を処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。

最短30分の対応力

基本的に出張回収センターは即日対応が信条です。エリア内のお客様であれば、出張回収センターは即日、最短30分でのご訪問が可能です。

分かりやすい料金

出張回収センターは事前に見積をご提示しております。また、車両への「積み放題」プランもご用意しており、分かりやすい料金体系はお客様から評価されてきました。

回収に上限も下限もなし

当社は不用品の回収量に上限も下限も設けておりません。大量のいらない本やゴミがある場合にも、お気軽にお問い合わせください。逆に、回収物が1点だけであってもお客様の元まで駆けつけます。

選ばれる理由 4

買取サービスもある

不用品回収と同時に、出張回収センターでは買取可能な品物の査定もさせていただきます。仮にお値段がついたとすれば、料金の総額から差し引き可能です。

回収可能な品目の多さ
出張回収センターは本以外にも、家具や家電、車や趣味のアイテムまで幅広く取り扱ってきました。本に限らず、大量の不用品の回収をご希望のお客様にもご対応させていただきます。

reason05
よくいただくお問い合わせをご紹介

よくある質問

A. いいえ。たとえ少量の本であっても、ご依頼があればできる限りすぐにご対応させていただきます。当社の車両にはGPSが搭載されており、お客様の場所にもっとも近いスタッフが回収に駆け付ける流れです。ただし、混雑状況によっては翌日以降のご対応になることもございます。希望の日時がある場合は、事前にご予約いただきますようお願いいたします。
A. はい。汚れている本の買取は難しくなってしまうものの、回収させていただくことは可能です。
A. 当社ではお客様にご満足いただけるような料金を心がけています。それでも、万が一他社の方が安ければご相談ください。できる範囲でご対応いたします。
A. ご安心ください。当社ではスタッフが細心の注意を払って作業を進めさせていただきます。車両には20種類以上の保護材が積まれており、状況によって使い分けています。お客様のご自宅を保護しながら、大量の本を運び出すことも可能です。
A. 現地の状況をご確認させていただき、提示額が変わることはございます。ただし、現地見積は無料で行っております。また、お客様のご承認なしに、勝手に作業を開始することはございません。心から提示額に納得いただいてから、正式なご依頼を承ります。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例