木くずの不用品回収

木くずをリサイクル・処分する方法!産業廃棄物処理や処分料金など詳しく紹介!
ゴミ出し・不用品整理について

こんなお悩みありませんか?

木くずの処分について・目次

木くず
処分する方法について

木くずを処分する方法にはどのような方法があるのでしょう。
主な処分方法を以下にまとめました。

では、木くずを処分するにはどのような方法があるのか見ていきましょう。
どの方法にもそれぞれにメリットやデメリットがございます。
処分方法を1つずつ紹介していきますので、ご自分の状況や悩み合った方法を上手に選択し処分しましょう。

自治体の可燃ゴミの日に出す

庭木の剪定などで出た細かい枝であれば、可燃ゴミとして自治体に処分してもらうことが可能です。お住まいの地域で指定されている袋に入れるなどして、指定の収集日に出しておきましょう。もちろん、細かい条件や出し方については、自治体の指示に従う必要がございます。小枝などのゴミが出たときは、手軽に処分できる点がメリットです。

粗大ゴミとして自治体に収集してもらう

庭木を切ったものでも、太さがあると多くの自治体では粗大ゴミとして扱われています。細かい規定は自治体ごとで違いますが、太さが10センチを超えるような枝は粗大ゴミになるのが一般的です。庭木を伐採して出た太い木くずなら、短く切って束ねるなどし、粗大ゴミとして自治体に収集してもらいましょう。自宅前などに出しておけば収集してもらえるので、それほど手間はかかりません。ただし、建築廃材だと収集してくれない自治体もございます。また、粗大ゴミの収集自体が少ない地域だと、なかなか処分できないのがデメリットです。

木材専用の処理施設に持ち込む

地域によっては、木材専用の処理施設に持ち込むことも可能です。木であればどのようなものでも引き取ってくれるため、手軽に処分できるというメリットがございます。リサイクルを目的としている施設なら、買取してくれる場合もございます。ただし、持ち込む前に指定されたサイズに切っておく必要があり、手間がかかるのがデメリットかもしれません。また、運ぶには木くずが乗るだけの十分な大きさの車が必要です。

自治体が指定する処理施設に持ち込む

家庭から出るゴミや事業所から出るゴミを処分してくれる処理施設なら、木くずの種類を気にすることなく持ち込むことができます。木材専用の処理施設がない地域でも、木くずを処分できるでしょう。自分で持ち込む場合は、粗大ゴミとして収集してもらうより料金が安いのもメリットです。ただ、一般の処理施設に持ち込む場合も、切っておくなど規定に沿った処理が必要です。

廃材専門の業者に買い取ってもらう

家屋を解体したときに出た廃材は、廃材専門の業者に買い取ってもらえる場合もございます。古民家で使われていた太さのある木材など、状態のよい希少性の高いものなら高値での売却も期待できるでしょう。ただし、解体して出た木くずの場合、実際には再利用が難しいケースが多く、買取に応じてもらえない場合もございます。また、専門業者が近くになければ売却自体できません。

暖炉の薪として友人や知人に譲る

暖炉を使っている友人や知人がいれば、薪として使ってもらう方法もございます。通常、暖炉で使う薪は専用のものを購入するのが一般的です。木くずは、細かいものは焚き付け用として使えますし、太さがあれば割って燃やすことができます。薪は購入するとそれなりに値段がしますから、譲ってあげると喜ばれるのではないでしょうか。ただ、木くずによっては余計なものをきれいに除いておく必要があり、その手間がデメリットになるかもしれません。例えば、解体で出た廃材の場合、釘などが残っていることもございます。

不用品買取業者に処分してもらう

処分が難しい木くずは、不用品回収業者に依頼するのが一番です。自治体によっては、そもそも木くずを収集していない場合もございます。譲ることも売ることもできない木くずでも、不用品回収業者なら処分が可能です。特に、家屋の解体で出た木くずは処分に困ることが多いのではないでしょうか。木くずの処分でお困りのときは、ぜひ当社にご相談ください。ご自宅まで回収に伺えますので、お車がないお客様でも手軽に処分できるのがメリットです。

木くずの処分方法を迷っているあなたに

処分方法を選ぶポイント

POINT

自治体で処分可能な木くずは適切に切っておく

庭木を剪定したり伐採したりしたときに出た木くずなら、自治体の可燃ゴミまたは粗大ゴミとして処分可能です。ただし、通常は自治体ごとのルールがございます。1回で出せる木くずの量やサイズ、まとめ方をきちんと守るよう注意が必要です。規則を守っていないと、出しておいても収集されない場合もございます。

利用可能な木くずはできるだけリサイクルに回す

まだ建材として使えるものは、できるだけリサイクルすることが大切です。廃材買取業者などが近くにあれば、買い取ってもらうことでリサイクルになります。知人などに暖炉の薪として使ってもらう方法もございます。買い取ってもらう場合も譲る場合も、他のゴミなどが混ざっていないか注意が必要です。特に、薪として再利用してもらうときは、釘などがついていないか確認しておかなければなりません。

買取も自治体の処分も難しい木くずは不用品回収業者に依頼する

自治体でも処分してもらえないときや買い取ってもらうことが難しい木くずは、不用品回収業者に依頼しましょう。木くずが分散しているときは、あらかじめまとめておくと回収作業がスムーズです。見積もりを取ることも忘れてはいけません。
お得な料金プランをご用意

料金紹介

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費、出張費、梱包作業費、分別作業費、スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況に合った最適なプランをご提案させていただきます。
11,000円(税込)~のおトクな不用品回収料金となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買取りが可能な不用品は
高価買取 いたします!!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、
買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

木くず処分で出張回収センターが

選ばれる3つの理由

REASON
これまで木くずの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは木くずを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。

他社で回収してもらえない場合でも処分が可能

当社は、他社では回収が難しいと断られた木くずでも処分が可能です。
業者の中には、木くずの種類や状況によっては回収自体応じてくれないケースもございます。しかし、当社なら量や状態に関係なく回収させていただきますので、ご安心ください。ご連絡をいただければ、現地に伺って確認させていただきます。お客様を第一に考える点が当社が選ばれる理由です。

木くずと一緒に他の不用品も回収できる

お引っ越しや大掃除などで、さまざまな不用品がまとめて出ることは珍しくありません。それらを一気に片付けたいと考えるお客様は多いものです。当社は、木くずと一緒に他の不用品も回収できます。ゴミ屋敷など、大量の不用品やゴミでお困りのときもぜひご相談ください。量がまとまることで、割安の料金で回収することも可能です。

年中無休で回収がスピーディー

自治体で木くずの処分をしてくれる場合でも、通常は収集日が決まっています。自分で持ち込む場合も受付時間は限られているため、いつでも処分できるわけではございません。その点、当社は年中無休で営業しております。しかし、名古屋市内や周辺の地域であれば、最短の場合で30分ほどで伺うことも可能です。スピーディーで柔軟に木くずを処分できる点でも、当社が選ばれております。

よくいただくお問い合わせをご紹介

よくある質問

A. 当社は、回収する木くずの量について上限を決めていません。 処分したい木くずがございましたら、遠慮なくご相談ください。 ただし、量に応じて手配する車両や作業員の人数が変わってまいりますので、事前に確認が必要です。 お電話などで、おおよその量を伝えていただいてもかまいせん。もちろん、当社が現地に確認に伺うこともできます。
A. はい、可能です。 日中に限らず夜間でも回収に伺えますので、ご希望の時間帯をお知らせください。 近隣にご迷惑にならないよう、できるだけ配慮させていただきます。
A. はい、対応可能です。 当社は、名古屋市内や周辺の地域なら最短30分ほどで駆けつけることができます。 ただ、木くずの量が多い場合は、適切な車両と作業員が必要になります。 ご依頼の際は、あらかじめ木くずの量をお知らせください。また、木くずの量や場所によっては即日での対応は難しい場合もございます。
A. はい。可能です。 当社では、どのような状態のものでも回収しております。 悪臭が気になる木くずは、袋に入れて口をしっかり縛って保管して頂けれ臭いが気になりません。 触りたくないなどであれば、広げたままであっても回収します。
A. はい。可能です。 当社では、木くず、鉄くず以外にも、土や家具など様々な不用品を回収しています。 また、lineやメール、電話などで無料お見積りを行っております。 お見積りの際に一緒に回収したい旨をお申しつけください。
A. はい。可能です。 当社では他社では回収できないような状態の木くずであっても回収することが可能です。 折れてしまっている木くずは、先が鋭く危ないと思います。できるだけ触らないようにしてください。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例