プロジェクターの

捨て方知ってますか?
賢い処分方法と処分料金や
注意点を詳しく紹介!

ゴミ出し・不用品整理について

こんなお悩みありませんか?

プロジェクターの処分について・目次

プロジェクター
処分する方法について

プロジェクターを処分する方法にはどのような方法があるのでしょう。
主な処分方法を以下にまとめました。

プロジェクターの処分方法は、家庭用・法人用ともに一般的に「捨てる」か「売却」となります。
しかし、それぞれ方法が異なりますのでご注意ください。

はじめに注意すること

プロジェクターの光源には主に3種類あり、「水銀ランプ(UHE)」「LED」「レーザー」があります。
処分するときに注意したいのが「水銀ランプ」で、水銀は環境破壊や健康被害をもたらす有害な物質であり、通常のごみとして捨てることができません。
そのため、自治体で処分する際にはランプを取り外して本体だけ捨てるようにしましょう。
水銀ランプについては、自治体の処理方法に従って処分するようにしてください。

家庭ごみとしての処分方法

【不燃ごみとして出す】

小型のプロジェクターの場合には、不燃ごみとして出すことが可能です。
地域ごとに決められている不燃ごみの収集日に、ごみステーションに出しておけば収集してもらうことができます。
ただし、自治体によってはプロジェクターを不燃ごみの対象外にしているところがありますので、事前にお住まいの自治体に確認した上で捨てるようにしましょう。

 

また、30センチ角を超えるような大型プロジェクターは不燃ごみとして出せないケースがほとんどですので、自治体の粗大ごみとして処分できか確認しましょう。

【小型家電回収ボックスに入れて処分】

各自治体の公共施設や家電量販店では、使用済みの小型家電をリサイクルするための「回収ボックス」が設置されています。
回収ボックスのある場所へ持って行き、投入するだけなので、簡単に処分することができます。

 

ただし、回収できるのは投入口に入る大きさのものに限り、大きさは自治体によって異なります。
一般的には小型のものが対象で、名古屋市では『縦15センチメートル以下かつ横40センチメートル以下かつ奥行25センチメートル以下』となっています。
入らない大きさのプロジェクターは別の処分方法を考えましょう。

【粗大ごみとして収集してもらう】

大型のプロジェクターは、粗大ごみとして収集してもらうことができます。
粗大ごみで回収できるかどうかは自治体によって異なりますが、概ね30センチメートルを超えるサイズであれば対象になると考えておいてよいでしょう。

 

回収場所は家の前、もしくはごみ収集場所になるため便利ですが、回収までには2~3週間程度かかるのが一般的です。
というのも、自治体での回収は1カ月に1回程度というところが多く、申し込んだタイミングによっては1カ月先になってしまうこともあります。
急いで処分したいという方は、別の方法での処分をおすすめします。

 

自治体への粗大ごみの申し込み手順は以下のとおりです。
・インターネットや電話から申し込みをする
・手数料納付券(シール)をスーパーやコンビニなどの指定販売店で購入する
・シールに受付番号や氏名などの必要事項を記入し、粗大ごみへ貼る
・指定された日時に指定場所へ出す

【リサイクルショップへ売却して処分する】

プロジェクターがまだ正常に動作する場合、リサイクルショップなどで買い取ってもらうことが可能です。
最近ではわざわざお店に出向かなくても、宅配買取や出張買取ができる店舗が増えているため、まずは査定を依頼するとよいでしょう。

家庭用のプロジェクターは安いものから高価なものまで多く出ており、買取額に大きな幅があります。
宅配買取や出張買取を依頼するときは、費用が無料かどうかを事前に確認しておきましょう。

【フリマアプリやネットオークションで買い手を探す】

自分で売値を決めたい方は、フリマアプリやネットオークションを利用して売却する方法もあります。
買いたい人と直接やりとりができるため、新しく、キレイな状態であれば高値で取引できる可能性や、古いものでも欲しいという人がいれば売れる可能性があるでしょう。

 

ただし、このようなサービスを利用するには登録が必要で、出品の際には自分で売りたいプロジェクターの写真や説明文を用意する必要があります。
ネットでの取り引きになりますので、商品の状態をよく伝え、不具合などがあれば隠さず伝えるようにしましょう。

 

また、売れた際にはプロジェクターの梱包、発送をしなくてはなりません。
プロジェクターは精密機器ですので、緩衝材や水濡れ防止用のビニール袋などを利用して送るようにしてください。

 

フリマアプリやネットオークションの利用方法

・利用したいアプリやサイトの登録を行う
・出品したい商品の写真・説明文を用意し、価格を決めて出品
・売れたら梱包・発送する

 

【不用品回収業者に回収してもらう】

プロジェクターを早く処分したいときや、プロジェクター以外にも処分したいものがある場合は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。
不用品回収業者に依頼すれば、最短でその日のうちにプロジェクターを引き取りに来てくれますので、他の方法と比べてもスピーディーに処分することが可能です。

 

プロジェクター以外にもスクリーンや音響設備など、まとめて依頼することでお得に処分できますし、天井に取り付けているプロジェクターは取り外しの作業から行ってもらえるため、手間がかからないのもメリットです。

 

 

申込み方法は簡単で、電話やメールなどを使って連絡するだけです。
その場で見積り金額を提示してもらえるため、料金や作業内容を納得したうえで依頼をするようにしましょう。

また、不用品回収業者でも買い取りを行っていることがあるため、まだ使えるプロジェクターでしたら査定を依頼してみてください。

 

法人ごみとして処分する方法

【メーカーで回収してもらう】

企業などで使用する大型のプロジェクターなどはメーカーで回収してくれることがあります。
メーカーに依頼することで適正な処分ができますが、すべてのメーカーで回収を行っているわけではないためご注意ください。
ちなみに、家庭用のプロジェクターはメーカーでの回収は概ね行っていません。

【専門店で買い取ってもらう】

まだ使えるビジネス用のプロジェクターは売って処分することができます。
ただし、家庭用のプロジェクターよりも買い取ってもらえる店が少ないため、プロジェクターの買取に力を入れている専門業者へ依頼することをおすすめします。

【産業廃棄物として業者へ依頼する】

法人でプロジェクターを処分する場合、「産業廃棄物」の扱いになりますので自治体で処分することができません。
「産業廃棄物収集運搬業」の許可を持つ業者へ依頼して処分するようにしましょう。
また、許可を持つ業者であれば、「水銀ランプ」であっても処理を委託することができます。

【不用品回収業者へ依頼する】

家庭用と同様に、法人から処分するプロジェクターであっても不用品回収業者で処分することができます。
ただし、こちらも「産業廃棄物収集運搬業」の許可がある業者へ依頼してください。

 

産業廃棄物処理業者と大きく違うのは買い取りができる点があげられます。
不用品回収業者では回収と同時に買取もできる業者がありますので、まだ使えるプロジェクターでしたら査定依頼をしてみましょう。

 

また、オフィスなどでプロジェクターを処分するときは、プロジェクターを複数台処分したい場合や、スクリーンなど他の物も処分したい場合があり、まとめて回収してもらえることもメリットになります。
「一般廃棄物収集運搬業許可」や「家電リサイクル券取扱番号」の資格を保有している当社でしたら、会社から出すどんなごみでも回収・処分することが可能ですので、ごみの種類ごとに分別して依頼する手間がかかりません。

プロジェクターの処分方法を迷っているあなたに

処分方法を選ぶポイント

POINT

処分を急ぐ度合い

処分方法によってプロジェクターを処分できるまでの時間は異なります。 不燃ごみや粗大ごみとして出す場合には、収集日まで待たなければなりませんし、フリマアプリなどで売る場合には買い手と成約できるまでどれくらいかかるか事前に把握することはできません。 それに対し、不用品回収業者に依頼すると、早ければその日に引き取ってもらえるため、急ぐ場合にはこの方法を選択すると良いでしょう。

プロジェクターの状態

プロジェクターの状態も処分方法を選ぶうえでのポイントの一つです。 正常に動くものであれば売却できる可能性が高く、有名メーカーのものや機能性の高いものは高値で売れるかもしれません。 ただし、壊れてしまって動かないようなものだと、他の方法で処分した方がよいでしょう。 また、買い取ってもらえそうなプロジェクターと同時に処分したいものがある場合、買取サービスのある不用品回収業者へ依頼をすると、買取・処分が一度に済み便利です。 当社では専門部署による本格査定を行い、買取ができれば回収費用から差し引くことができるため、処分費用を抑えることができます。

かかる労力を比較

小さなプロジェクターは小型家電回収ボックスや不燃ごみで捨てることができますが、大きなプロジェクターは粗大ごみとして回収してもらうか、ごみ処理場への持ち込みなどで処分する必要があります。 このような自治体での処分は費用が安く済みますが、申し込み・処理手数料の支払い・運搬など手間がかかることもあります。 また、売却をして処分する方法もありますが、買取金額がつかなかった場合は他の処分方法を考えなくてはなりません。 不用品回収業者では、依頼後にすぐ自宅まで回収に来てもらうことができ、買取サービスがあれば査定をしてもらうこともできます。 金額がつけば買い取ってもらうことができますし、金額がつかない場合にもそのまま回収し処分してもらうことができ、手間がかかりません。
お得な料金プランをご用意

料金紹介

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費、出張費、梱包作業費、分別作業費、スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況に合った最適なプランをご提案させていただきます。
当サービスは、11,000円(税込)~が最安金額となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買取りが可能な不用品は
高価買取 いたします!!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、
買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

プロジェクター処分で出張回収センターが

選ばれる3つの理由

REASON
これまでプロジェクターの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここではプロジェクターを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。

長年にわたる豊富な回収・買取実績

出張回収センターは、長年にわたって愛知や三重、岐阜などで不用品の回収・買取を行ってきており、プロジェクターについてもこれまでに多くのお客様から引き取らせていただいています。
プロジェクターは家庭用から業務用までさまざまな種類のものがあり、買取対応できるお店も限られてきます。
当社では「買取専門事業部」があり、本格査定ができるスタッフが在籍しておりますので、どんな品目でもご相談ください。

競争力のある料金水準

出張回収センターでは、できる限りリーズナブルな料金でプロジェクターの回収を行うべく、コスト削減に向けた様々な取り組みを行っています。
回収したプロジェクターを再販売できるよう海外の販路を拡大させたり、ガソリン代を抑えるために効率的な車両運行に努めるといったものがその一例です。
他社より安いからといって作業内容が疎かになるのではなく、社員教育の徹底や安全に運搬する技術など、サービスの向上にも力を入れておりますのでご満足いただけるかと思います。

迅速・柔軟な対応

出張回収センターの強みの一つは、迅速な対応です。
名古屋周辺のお客様からご依頼いただいた場合には、最短で30分ほどで回収に伺うようにしており、それ以外の地域からのご依頼でもできる限り当日中に対応するようにしています。
もちろん、お客様のご要望に合わせて対応できますので、土日や早朝、夜間などでも柔軟に対応させていただきます。

よくいただくお問い合わせをご紹介

よくある質問

A. お客様からのご依頼があれば、当日中に回収させていただくことが可能です。特に、名古屋周辺からのご依頼であれば最短で30分前後でお伺いします。混雑の状況等によっては、それよりもお時間を頂戴するケースがございますが、その場合でもできる限り迅速に対応いたします。
A. はい、ご連絡いただければ見積りをご提示させていただきます。いきなり申し込むのではなく、まずは見積りを見たうえで検討したいというような場合には、遠慮なくその旨をお知らせいただければと存じます。回収料金のリーズナブルな水準には自信を持っていますので、他社の見積りと比較したうえで、正式に依頼するかどうかをご検討ください。
A. 不用品の回収は、平日の昼間だけでなく、休日や夜間にも行っています。日曜の夜でも問題なく回収にお伺いさせていただきますので、もしご希望がある場合は、ぜひその旨をご依頼時に担当の者までお知らせください。
A. はい、プロジェクター以外の不用品もまとめて回収することが可能です。基本的にはどんなものでも回収することができますが、液体や危険物など回収できない品目もございますので不明な点はスタッフにお問い合わせください。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例