愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

観葉植物って捨てられるの?処分する方法や処分料金など徹底解説!

観葉植物の処分で悩んでいませんか?

「新しい引っ越し先にどうしても持って行けない…。」
「長年、水やりやお世話をしてきたけれど、寿命なのか枯れてしまった…。」
など、
観葉植物を捨てなければいけない理由はさまざまだと思います。

 

観葉植物は、見ているだけで心を癒してくれますし、
大事にお世話しているうちに愛着が湧き家族の一員のようにも感じます。
せっかく育ててきたのであれば、最後まで責任をもって処分したいですよね。
所有している観葉植物が生きているのか、枯れているのかによって処分方法が大きく異なります。
観葉植物を処分するときは、鉢植えのまま捨てることはできません。
植物、土、鉢に分けて捨てる必要があるので、手順を踏んで分別・処分することが大切です。

 

観葉植物の処分方法が分からないという方が多いのではないでしょうか。
処分の仕方が分からないものがあるなら、出張回収センターまでご相談ください。
この記事では、観葉植物の処分方法や処分料金などについて紹介します。

目次

観葉植物を処分する方法について

下記では観葉植物を処分する方法を詳しくご紹介していきます。

観葉植物の処分方法は以下の通りです。

自治体に回収してもらう

小型サイズの観葉植物は、自治体で燃えるゴミとして処分できます。
植木鉢に燃えるゴミ以外の素材が使われているなら、きちんと分別した上で処分してください。
大型サイズの観葉植物は、自治体が指定するゴミ袋のサイズに切ってから捨てましょう。
ただし、自治体によっては、大型の観葉植物は粗大ゴミとして分別されるケースがあります。
自治体では、1辺の長さが30cm以上のものが粗大ゴミに該当するケースが多いです。
小さくカットしても燃えるゴミに出せない地域もあるので、事前に分別ルールを確認してから処分しましょう。

 

粗大ゴミ収集を利用する場合は、電話やインターネットでの事前申し込みが必要なケースがほとんどです。
申し込みが完了すると、収集日や処理手数料を教えてもらえます。
必要金額分の粗大ゴミ処理券を購入して、観葉植物に貼り付けてください。
収集日当日の朝8時頃をめどに、玄関前や自宅前の道路沿いに観葉植物を出しておきましょう。

処理施設に直接持ち込む

自治体の処理施設に直接持ち込んで処分してもらう方法もあります。
処理施設に持ち込む場合も、予約が必要になるケースが多いです。
不用品の種類や個数などを伝えると、持ち込み日や処理手数料について案内してもらえます。
処理施設によっては処理手数料を現金で支払うところがあり、その場合は粗大ゴミ処理券は使用できません。
処理手数料の支払い方法はあらかじめ確認しておくと良いでしょう。
持ち込み日当日の指定された時間帯に、車で観葉植物を持ち込みます。
受付時は申込者の住所が確認できる身分証明証の提示が求められるので、忘れずに持参してください。

植物専門の回収業者に処分してもらう

土や水槽の砂利など処分しにくい自然物を回収してくれる専門業者に依頼する方法もあります。
例えば、東京にある花屋では観葉植物引き取りサービスの利用が可能で、インターネットで申し込みを行うと自宅まで回収に来てくれます。
その店舗で新しい観葉植物を購入すると、不用になった植物を無料で1鉢引き取ってくれるのでお得です。
ホームセンターや園芸専門店などで新しい観葉植物を購入した場合も、同様のサービスを利用できることがあります。
店舗によって回収条件が異なるため、事前に詳細を確認しておくとスムーズに処分出来ます。

ネットオークションやフリマアプリに出品する

インテリアとして人気のある観葉植物は、インターネットでの購入者が増えており需要が高いです。
元気な観葉植物なら、ネットオークションやフリマアプリに出品することもできます。
出品の準備から発送まで全て自分で対応しなければいけないので、他の方法と比べて手間がかかる方法です。
出品に慣れていないと、かなり時間がかかってしまうので注意してください。
なお、出品したからといって、すぐに購入者が見つかるとは限りません。
引っ越しなどの理由により処分したい日が決まっているなら、他の処分方法を利用して処分する必要があります。

友人や知人に譲る

友人や知人に譲る方法もあります。
身近な人に観葉植物を譲れば、最低限の手間と費用で処分できます。
観葉植物の写真を見せて、部屋の雰囲気と合うか確認してもらうと判断しやすいはずです。
また自宅近くにガーデニングが趣味の方がいれば、観葉植物を引き取ってくれるかもしれません。

 

周囲に声をかけて譲り先が見つからない場合は、ジモティーなどの地域掲示板サイトで欲しい人を探してみてはいかがでしょうか?
元気な観葉植物の場合は、引き取り手が見つかりやすいでしょう。
しかし、枯れている観葉植物の場合は、どれだけ観葉植物が好きな方でもまず引き取ってもらえません。

不用品回収業者に回収してもらう

手軽に観葉植物を処分したい場合は、不用品回収業者を利用する方法もあります。
自治体の粗大ゴミ収集より費用は高くなりますが、手間と時間がかからないのでオススメです。

 

観葉植物の分別が面倒だったり、複数の観葉植物をまとめて処分したいなら、不用品回収業者に依頼するのがいいでしょう。
観葉植物をそのまま引き取ってくれるので、植物、土、鉢植えに分別する必要はありません。
電話やメールで連絡していただければ、お客様のご都合の良い日にちにお伺いいたします。自宅に伺い現場を確認した上で正確な見積もり金額をお伝えいたしますので、その内容を元に契約するかご判断ください。

観葉植物の処分方法を選ぶポイント

下記では観葉植物の処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

植物・土・鉢植えに分別して処分する

自治体で観葉植物を処分する際は、鉢植えのまま捨てないように気をつけましょう。 植物・土・鉢植えに分けてから捨ててください。 まずは観葉植物を鉢植えから取り出し、植物と土に分別します。 観葉植物のサイズが大きい場合は、ゴミ袋に入るサイズにカットしてください。 鉢植えは素材に合った方法で処分します。 自治体によっては土を回収してもらえない可能性があり、自宅に庭がない場合土を捨てるのは大変かもしれません。 ただの土だからといって、マンションの近くや公園などに捨てると不法投棄になるので注意してください。
POINT 2

自分で処分するのが難しい場合は不用品回収業者がおすすめ

大型の観葉植物を処分する際は、自分で分別するなどの手間がかかり大変です。 自治体の粗大ゴミ収集を利用する場合は屋外まで搬出する必要があるため、高齢者や女性の方が対応すると時間もかかります。 観葉植物の処分が難しいときは、不用品回収業者に相談してみてはいかがですか? 不用品回収業者に依頼してもらえれば、屋内からの搬出やトラックへの積み込みも対応させていただきます。

出張回収センターの定額パックなら、他社だと費用が掛かってしまう内容も

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費+出張費+梱包作業費+分別作業費+スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況にあった最適なプランをご提案させて頂きます。

お見積・基本料金・出張費 通常かかる費用がすべてコミコミ!

コミコミ定額載せ放題プラン

当サービスは、11,000円(税込)~が最安金額となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買い替えや故障などでご不要になった家電から、大型の家具や粗大ゴミ、重量物まで、ほぼ何でも回収いたします。 お住いの地域では回収を行っていない「家電リサイクル法」「パソコンリサイクル法」の対象家電の回収も行っています。

お引っ越し、生前整理や遺品整理、ゴミ屋敷の片付け、一軒家丸ごとの家財一式処分、事務所の移転など、 大量の不用品がある場合はこちらのプラン。全て丸ごと迅速・丁寧に出張回収、引き取りさせて頂きます。

さらにここからお安く!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

ここからは、処分方法ごとに費用について紹介します。

自治体の粗大ゴミとして処分する場合

自治体の粗大ゴミ収集を利用すると、処分料金の相場は500〜1,000円程度です。
土は処分できない場合が多いですが、植木鉢は処分してもらえます。
土の処分方法に関しては、各自治体のルールを確認してください。

専門業者に引き取ってもらう場合

自然物専門の回収業者に依頼する場合、処分料金は1鉢あたり1,000〜2,000円程度が相場です。
出張費や基本料金が別途かかる場合があるので、料金プランを確認してから利用するか決めましょう。
無料で引き取ってくれるところもあるため、お近くの花屋などに確認してみることをお勧めします。

不用品回収業者に回収を依頼する場合

不用品回収業者によって異なりますが、処分料金は2,000〜6,000円程度が相場です。
なるべく安い価格で処分したいなら、複数の業者で相見積もりを取ることをお勧めします。各社の見積もり金額を比較検討すれば、相場金額を把握することができるでしょう。
悪徳業者と契約しないためにも、相場よりあまりに安かったり高すぎる業者は避けるのが無難です。

観葉植物の処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまで観葉植物の処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは観葉植物を処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

地域に密着し、積み重ねてきた信頼

出張回収センターは愛知・名古屋地域で高い不用品回収実績を誇り、業歴15年以上、33万件以上の不用品回収実績があります。
これまでの経験を活かし、お客様に満足いただけるサービスを提供しております。

 

当社では常時20種類以上の養生セットを全トラックに常備しており、大きな観葉植物の運び出しの際にも家を傷つけないように搬出いたします。
もしも土などで床が汚れてしまっても、ハウスクリーニングのプロのスタッフがおります。
ご自宅を綺麗にして作業を終えることが出来ますので、お客様は安心してお任せください。

選ばれる理由 2

ご依頼から最短30分で現場に到着!

当社が選ばれる理由の一つはスピーディーな対応が可能だという点です。
名古屋周辺からのご依頼であれば、最短30分でお客様の元にお伺いできます。
全トラックにGPSを搭載しコールセンターのスタッフが効率よく配車することで、スピード訪問を実現しています。

 

年中無休で営業しているので、土日祝日でもご連絡をお待ちしております!

reason01
reason06
選ばれる理由 3

1点からでも回収可能!

不用品回収業者の中には不用品1点だけでは回収してくれない業者がありますが、当社では不用品の数量に関係なく、柔軟な対応が可能です。
不用品1点の処分でも喜んで回収に伺います。

 

「他社で単品回収を断られた」という方は、ぜひ出張回収センターにご連絡ください。
無料で見積もりを承っておりますので、お気軽にご利用いただけます。

観葉植物の処分に関するよくある質問

A. 名古屋市周辺にお住まいの方であれば、最短で即日対応が可能です。 予約状況によっては時間がかかる場合もございますが、できる限り迅速に対応いたします。 観葉植物の量にもよりますが、作業にそれほど時間はかからないと思われますのでご安心ください。 作業日程のご希望がある場合は、お問い合わせ時に担当スタッフにお知らせください。
A. はい、枯れた観葉植物でも問題なく回収させていただきます。 枯れた植物ですと、植物・土・鉢植えと分別する必要がありますが、当社はそのままお引き取りいたしますので、お客様のお手を煩わせません。 お気軽にご依頼ください。
A. 当社では、観葉植物1点のみの回収も可能です。 不用品の種類によって料金が変動しますので、詳しい料金については当社までお問い合わせください。料金のみ確認したいという方からの連絡もお待ちしております。
A. はい、他に処分したいものがあれば、まとめて回収することも可能です。 不用品の量によってトラックのサイズや作業員の人数を決めるため、お問い合わせの際に不用品の種類や数量を教えていただけますと幸いです。 1点のみの回収も可能ではありますが、まとめて処分するとお得な価格で処分できる可能性がございます。 ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
A. 当社では幅広い種類の不用品を回収しております。 しかし中には回収不可の物もあり、動物や薬品、注射器・針・メスとなどの医療器具、銃器、食料品全般、塗料、液体、ライター・マッチ・スプレー缶・電池などの危険物の回収はお断りしております。 ですので、観葉植物に尽きましては、量や大きさ関係なく回収いたしますのでご安心ください。
A. 当社スタッフは運び出しのプロがおります。 また、各トラックに常時20種類以上の養生セットを常備しており、搬出の際にご自宅の壁や床をキズつけるような事は一切ありません。 搬出作業が終わり次第、搬出経路もきれいに清掃いたしますので、お客様はご安心してご依頼いただければと思います。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。