愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

傘の捨て方をご存知ですか?正しい処分方法と処分料金や捨て方をご紹介!

傘の処分で悩んでいませんか?

私たちの暮らしの中で、無くてはならない存在の傘。

 

コンビニで売っているビニール傘を始め、オーダーメイドで生地から拘って作った傘など種類はさまざまです。
長年大切に使用していて壊れてしまった傘や、中には買ったばかりでも暴風雨で急に壊れてしまうことも。

 

そうなってしまった場合新しく買い換え、壊れてしまった傘を処分しなければなりません。
いざ処分しようと思った時、傘はさまざまな材質で作られてるので捨て方に頭を悩ませる方もいるのではないでしょうか?

 

 

そんな傘の処分方法でお悩みなら豊富な実積、見積もり無料の出張回収センターにぜひご相談ください。
この記事では、傘の処分方法や費用の相場、注意するポイントなどを紹介しています!

目次

傘を処分する方法について

下記では傘を処分する方法を詳しくご紹介していきます。

傘が何ゴミに分類されるかは自治体によって違います。

 

これは骨組みや傘布、柄など、部分によってさまざまな素材が使われている傘の取り扱いを各自治体が独自で決めているからです。
まずは、お住まいの自治体が傘を何ゴミとして扱っているのかをご確認お願いします。

 

以下では傘の分類ごとの処分方法を詳しく説明しています。

不燃物ゴミや埋め立てゴミ

傘を分別する必要がなく不燃物ゴミや埋め立てゴミとして扱われていれば、指定のゴミ袋にそのまま入れ、決められた日に出すだけで費用はかかりません。

分別して燃えるゴミと不燃物ゴミに分ける

傘の骨組み、傘布、柄や先の部分は分解する必要があるのですが、分解にはパイプカッターなどの道具を用いる場合もあり怪我をする危険性があるので、滑り止めの付いた手袋や軍手を用いて作業は十分に注意して行なってください。

 

また、分別した骨組みは紐などで結んでおくと回収する作業員への負担が減ります。
骨組みを不燃物や埋め立て、金属ゴミとして決められた日に出し、傘布と柄の部分は燃えるゴミに出してください。

粗大ゴミに分類される傘を自治体に回収してもらう

自治体によっては、傘が粗大ゴミに分類される場合があります。
30cm以上や50cm以上など粗大ゴミに分類する基準にも違いがあるので、注意が必要になります。

 

粗大ゴミの処分には有料ゴミ処理券の購入と、粗大ゴミの受け付けセンターへの予約が必要になります。
有料ゴミ処理券は地域のスーパーやコンビニエンスストアなどで購入でき、粗大ゴミの受付センターは電話かホームページから予約できます。
受付センターへの電話受付は平日のみで時間指定できないなどの不便な点があります。

粗大ゴミに分類されたいサイズまで解体する

粗大ゴミの分類される基準は、自治体によって30cm以上や50cm以上など違いがありますが、その基準より小さくすることで不燃物として処分が可能です。

 

骨組みの分解にはパイプカッターやボルトカッター、グラインダーなどを使用し滑り止めの付いた手袋や軍手を着用して、怪我への対策を十分にしてから作業しましょう。
骨組みがグラスファイバー製の場合は、断面がトゲのように刺さりやすくなり、特に注意が必要になります。

 

分解する道具を持っていない場合は、道具を買う費用がかかることと、扱いに慣れておらずケガをする可能性があるという2つの問題点がありますので、なるべく避けた方がいいかもしれません。

リサイクルショップで買取ってもらう

リサイクルショップがご自宅の近くにある場合、店舗に持っていき買取ってもらう事も可能です。
店舗の開店時間内であれば好きなタイミングで持っていく事ができるので、気軽に処分できる方法かもしれません。

 

ただし傘の状態やブランドによっては引き取り拒否される場合もあるので、そういったケースもあるという事を知っておきましょう。
もし買取って貰えた場合でも、思ったよりも安価だったり、0円なんて事もあるかもしれません。
なんでもそれなりの値段で買取ってもらえるとは期待せず、お得に処分できて良かった、くらいに考えていくと良いかもしれません。

フリマアプリに出品する

その他の方法としては、メルカリやラクマなどのフリマアプリに出品する事もできます。
リサイクルショップへの持ち込みはお手軽ですが、フリマアプリの最大のメリットは自分で自由に値段設定が出来るという点です。
ただし、出品したからといっていつ落札されるのか分からないという事と、必ずしも買い手が付くとは限らない事は理解した上で出品しましょう。

 

また、落札された場合の梱包や発送は出品者が行う必要があるのも気を付けたい点です。
傘は細長い形状をしているため、きちんと梱包しないと配送の際に破損してしまう可能性もありトラブルになり兼ねないので、梱包には緩衝剤を使用するなど気を配った方がいいかもしれません。

折りたたみ傘の処分方法

折りたたみ傘の処分方法も自治体によって違いますが、多くの場合は不燃物ゴミとして扱われます。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者を利用するメリットは2つあります。
1つめは、傘をすぐに処分できることです。
粗大ゴミとして自治体に回収してもらう場合、すぐに予約できず、傘を処分できるまでに時間がかかる可能性があります。
また、回収は平日しかしておらず、時間指定もできないため、都合が合わないこともあるでしょう。
不用品回収業者であれば、早ければ30分ほどで回収できます。

 

2つめは、手間を省き、ケガの心配もないことです。
分別や分解をする際にはケガをする可能性があります。
特に分解には、パイプカッターやグラインダーなどの道具が必要になり、大きなケガに繋がるかもしれません。
傘を処分する費用を抑えるための分解ですが、より多くの治療費が必要になったり、傷が残ったりする恐れもあります。

 

傘の分別や分解の手間を省け、安全に処分できる不用品回収業者への依頼を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

傘の処分方法を選ぶポイント

下記では傘の処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

処分に費用をかけたくない場合は安全性に注意

粗大ゴミに分類される傘を費用をかけずに処分するには分解しなければなりません。   分解に使う道具の扱いに慣れているなら問題ありませんが、初めてや不慣れな場合は怪我をする可能性もあるので注意が必要です。 処分に不安があるようでしたら、自治体や不用品回収業者の利用をご検討してみてはいかがでしょうか?
POINT 2

自治体の粗大ゴミ回収は時間がかかる

粗大ゴミとして扱われる傘を自治体に回収してもらえば費用は抑えられますが、時間がかかる場合があります。 平日に時間が取れない方は、回収の予約自体が難しいケースも。   すぐに回収してもらいたい、平日は都合が合わないなどお困りでしたら、不用品回収業者を利用するのもいいかもしれません。
POINT 3

不用品回収業者は実積や会社の規模で選ぶ

実積が豊富な不用品回収業者は、それだけお客様からの支持を得られています。 規模の大きい会社は幅広い対応を可能にするだけではなく、全体で効率化を図ることで、会社が大きいほどコストを削減できます。 その分が、お客様に負担していただく料金の低価格化に繋がるという仕組みです。

出張回収センターの定額パックなら、他社だと費用が掛かってしまう内容も

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費+出張費+梱包作業費+分別作業費+スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況にあった最適なプランをご提案させて頂きます。

お見積・基本料金・出張費 通常かかる費用がすべてコミコミ!

コミコミ定額載せ放題プラン

当サービスは、11,000円(税込)~が最安金額となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買い替えや故障などでご不要になった家電から、大型の家具や粗大ゴミ、重量物まで、ほぼ何でも回収いたします。 お住いの地域では回収を行っていない「家電リサイクル法」「パソコンリサイクル法」の対象家電の回収も行っています。

お引っ越し、生前整理や遺品整理、ゴミ屋敷の片付け、一軒家丸ごとの家財一式処分、事務所の移転など、 大量の不用品がある場合はこちらのプラン。全て丸ごと迅速・丁寧に出張回収、引き取りさせて頂きます。

さらにここからお安く!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

傘の処分にかかる料金も、自治体によってさまざまです。
これまで、粗大ゴミとして費用がかかっていた自治体も制度が変わり費用が掛からなくなった場合もあるので、まずはお住まいの地域の自治体に確認してください。

 

名古屋市の場合は、傘は50cmを超える物であっても素材により可燃ゴミもしくは不燃ゴミに分けることができるので費用はかかりません。
処分に料金がかかるのは、傘が粗大ゴミに分類されるケースですが、有料ゴミ処理券の貼り方が各自治体よって違います。

 

費用のかかる例だと、神奈川県相模原市では50cm以上の傘は10本まで400円とされています。
このように傘の場合は、400円の有料ゴミ処理券一枚で傘を10本回収してくれる自治体もあれば、傘1本に200円の有料ゴミ処理券1枚が必要な自治体もあるのです。
400円の有料ゴミ処理券で10本まで対応してくれる自治体は、傘の処分にかかる費用を抑えられます。
一方、傘1本に200円かかる自治体では、同じ10本の傘の処分に2000円必要です。

 

粗大ゴミに分類される傘の処分にかかる費用を抑えようと分解を考える場合は、怪我によるリスクも含めた慎重な判断をお願いします。
グラスファイバー製の骨組みは、分解時のケガの危険度と頻度の高さから、国民生活センターから警告が出されています。
傘の処分料金より高額な治療費が必要になる可能性があるので、分解する道具の扱いに慣れている人を除き、やめておいた方がいいかもしれません。

 

処分したい傘が大量にあって困っていたり、まとめて不用品を処分したい場合は不用品回収業者に依頼するのも一つの手段です。
その場合各社料金設定が違うため、無料の見積もりサービスのご利用をお勧めします。
不用品回収業者によって、傘だけのような少量の回収に対応した料金を設定していたり、軽トラック1台分からの料金設定しかない場合や、回収にかかる時間やサービス内容など各社の設定はさまざまです。

 

複数の不用品回収業者に見積りを出してもらい、比較してみるのもオススメです。
傘以外にも処分したい不用品があれば、よりお得に回収サービスをご利用できるのでぜひ検討してみてください。

傘の処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまで傘の処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは傘を処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

ご連絡から最短30分、時間帯を問わず回収が可能!

お客様のご要望に素早く対応できるよう年中無休の体制を取っており、名古屋市近郊であればご連絡から最短30分で傘の回収・買取にお伺いいたします。
また自治体で対応していない、土日や夜間の回収も承っております。

 

お客様のお仕事のご都合など、中々ご自身で不用品を運搬できない場合もお気軽にご相談ください。
夜間の回収は予約が必要になりますが、スタッフのスケジュールを組み対応させていただきます。

選ばれる理由 2

業界歴15年、33万件以上の回収実積

当社は15年以上お客様から支持を得ており、33万件以上の回収実積がございます。

 

所属スタッフする人数やトラック台数は名古屋市内で最多級です。
「キレイ、気が利く、心地よいサービス」の3Kをモットーに、お客様に提供させていただくサービスの向上に取り組んでおります。
傘以外にも大量の不用品の処分方法にお困りの方や、重く持ち運びが困難な場合など、お急ぎのご利用を希望される方もお気軽にご連絡ください!

reason01
reason06
選ばれる理由 3

お客様がよりご利用し易い、低価格化へのこだわり

すべてのトラックをGPSで管理し、回収や運搬ルートの効率化を図っています。
回収や運搬にかかる燃料費の大幅削減につながり、お客様に低価格で傘などの不用品回収サービスを提供することが可能です。
また、日本では不用品として扱われる物でも、発展途上国ではまだまだ使える場合がございます。
このような不用品を輸出することで、処分にかかる費用を削減しお客様に還元するのはもちろん、資源の確保にも努めております。

傘の処分に関するよくある質問

A. はい、 傘1本でも回収させていただきます。 当社はGPSで管理されたトラックと管理センターが連携して業務にあたっております。 管理センターが近くのトラックが他のお客様の不用品と一緒に回収するように手配いたしますので、少量の回収であっても対応が可能です。 傘だけでも回収させていただけますが、ほかの不用品もまとめて回収された方が費用はお得になりますのでぜひご検討ください。
A. はい、当社は土日はもちろん、夜間の回収も伺わせていただきます。 夜間の不用品回収は予約が必要になりますが、スタッフのスケジュールを組み、指定された日時と場所にお伺いすることが可能です。 傘以外にもその他不用品の回収・買取も同時に行いますと更にお得になります。 土日や夜間には対応していない自治体の回収にお困りの方は、ぜひお気軽に無料の見積もりをご利用ください。
A. 見積もりで提示した金額に満足していただけない場合や、見積もりの段階では金額に満足していたが回収にお伺いさせていただいた際に気が変わった場合。 どちらのような場合でもキャンセル料は必要ありません。 お気軽に出張回収センターのご利用をご検討ください。
A. はい、折り畳み傘から大きめの傘、ビニール傘に至るまで分解せずそのままお渡しください。 傘の分解作業では、滑り止め用のゴムが付いた手袋や軍手をつけて安全に気をつけて行う必要があります。 骨の部分は硬いのでパイプカッターやボルトカッター、万能ばさみなどが必要です。 グラスファイバーは、切断面がガラスで作られたトゲのようになって、手に刺さってしまう可能性がありとても危険です。 お客様に安全に不用品を処分していただけるよう、当社スタッフがご対応いたします。
A. もちろん、傘の個数に関わらず回収させていただきます。 お一つからでも対応させていただいておりますが、ある程度不用品の量がありますとよりお得にご利用いただけますのでぜひご検討ください。
A. こちらは実際にお売りしたい物を確かめてからでないとお答えできません。 買取に関しましては、その商品に需要があるかどうかがポイントとなって参りますので、壊れてなくても買取できない場合もございますのでご了承くださいませ。 お見積もりだけであれば無料ですので、ご不安な場合はお気軽にご相談ください。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。