ビデオテープの処分方法!ダビングの手順や費用・注意点も解説

目次

1

「ビデオテープってどうやって捨てるの?」
「データは保存して処分したい」
昔の懐かしい思い出が詰まったビデオテープ。
しかし、ビデオデッキが壊れたり、保管スペースが無くなったりした際に、処分方法に迷いますよね。
また、ホームビデオを記録したものは、処分する際に心理的な負担になることも。
ビデオテープは、ごみ収集ルールが各自治体で細かく規定されており、種類や状態によっては買い取りも可能です。
この記事では、ビデオテープの処分方法や注意点、中身の保存方法などを詳しく解説します。
捨てにくいビデオテープを整理して、すっきり手放しましょう!

まずはお気軽にご相談ください!
電話受付時間:9時~19時

ビデオテープは何ごみ?

2

ビデオテープは自治体によってごみ区分が異なります。可燃ごみの場合もあれば、有害ごみ・資源ごみとして回収するところもあるため、それぞれの地域のルールに合わせて処分しなければなりません。
まずは、ビデオテープの種類や分別方法について解説します。

ビデオテープの種類

ビデオテープは、主に下記の4種類があります。

ビデオテープの種類・サイズ特徴
VHS
(188×104×25mm)
・日本ビクターが開発した家庭用の規格
・現在も生産中
ベータマックス
(162×104×25mm)
・ソニーが開発した家庭据え置き用の規格
・VHSと互換性なし
・生産終了
8mmビデオ
(95×62.5×15mm)
・1985年に開発された統一規格
・携帯用として普及
・生産終了
miniDV
(66×48×12mm)
・小型のビデオカメラ用
・VHSと比較して高画質
・生産終了

すでに生産終了となっているビデオテープをお持ちの人もいるかもしれません。
大きさに違いはあるものの、どの種類も基本的にはごみの分別は同じです。

ビデオテープの分別方法

自治体によっては、ビデオテープを処分する際に、磁気テープと本体を分けなければならないことがあります。
たとえば鳥取県米子市では、本体は「不燃物」、磁気テープ部分は「可燃物」と決められています。
分別方法は下記の通りです。

  1. 本体のストッパーを解除し、テープを引き出す
  2. ネジをドライバーで外し、ケースを解体する
  3. テープリールのふたを取り外す
  4. リールの穴に針などを差し込み、ピンを取る
  5. リールからテープを取り外す

処分したいビデオテープが何十本もある場合は、少し手間がかかるかもしれません。

ビデオテープの寿命は約30年

ビデオテープの寿命は、約30年と長いです。
しかし、データを保存している磁気テープやカセットは、保管している環境によって劣化が早まることがあります。

  • 直射日光が当たる場所
  • 湿気の多い場所
  • ホコリが溜まりやすい場所

上記のような環境では、ビデオテープに熱が加わり、通気性が悪いとカビが生えることも少なくありません。また、ケースに入れず保管することでホコリが内部に溜まる恐れもあります。
ビデオテープの大切な映像を残したい場合は、他の媒体への保存を検討する必要があるでしょう。

ビデオテープの処分方法

3

ビデオテープの処分方法は、主に下記の7通りです。
それぞれのメリット・デメリットは、こちらの比較表を参考にしてください。

処分方法メリットデメリット
自治体のごみ収集日に出す無料で回収大量に処分できない
ごみ処理施設に自分で持ち込む時間が合えばすぐに処分持ち込む手間がかかる
フリマアプリやオークションに出品する現金化できる売れないことがある
地域の掲示板で譲る無料で処分できる取引相手を探す必要がある
海外に寄付をする社会貢献できる必要としている団体が少ない
リサイクルショップで買い取ってもらう現金化できる買取対象は限定される
不用品回収業者に依頼する・一度に大量に処分できる
・ビデオデッキや家具も回収してくれる
費用がかかる

それぞれの処分方法について、詳しく解説します。

自治体のごみ収集日に出す

ビデオテープは、家庭ごみとして処分することが可能です。
自治体のごみ収集であれば、料金もかからず、手軽に処分できる点がメリットです。しかし、自治体によってごみ区分が異なり、分別が必要な地域や、少量ずつしか排出できない地域もあります。
そのため、不要なビデオテープが大量にある場合は、他の方法を検討するのも一つの選択肢です。

ビデオテープを可燃ごみ・不燃ごみとして処分

ビデオテープは多くの自治体で「可燃ごみ」または「不燃ごみ」に区分されます。

ビデオテープは、磁気テープが機械に絡まり故障するリスクがあるため、別々で袋に入れる必要がある自治体も存在します。
そのため、千葉県袖ケ浦市では「有害ごみ」として排出することが求められています。

ビデオテープを資源ごみとして処分

ビデオテープを「資源ごみ」として処分できる自治体もあります。

  • 京都府京都市:資源物(磁気テープ類)
  • 千葉県松戸市:その他プラスチックごみ
          (テープが出ないように1本ずつガムテープで巻く)
  • 東京都台東区:資源として専用ボックスに入れる(ケースのまま)

東京都台東区では、ビデオテープ以外にも、カセットテープやMD・CD、フロッピーディスクも回収可能です。各自治体の施設内に設置されている回収ボックスにそのまま入れるだけなので、手間がかかりません。

ごみ処理施設に自分で持ち込む

ビデオテープはごみ処理施設に持参して処分することが可能です。
自治体指定の施設が受付している時間帯であれば、いつでも持ち込める点がメリットです。
しかし、手続きの際に必要な本人確認書類の準備や、搬入する手間がかかる点がデメリットといえます。
一度にたくさんのビデオテープを処分したい人や、平日の昼に作業できる人には適しているといえるでしょう。
愛知県名古屋市の持ち込み可能な施設は下記の通りです。

施設名住所受付終了時間
(区によって異なる)
猪子石工場千種区香流橋一丁目101番14:45~15:15
富田工場中川区吉津四丁目3208番地14:30~15:00
鳴海工場緑区鳴海町字天白90番地14:30~15:15

名古屋市では、各区によって持ち込み可能な施設が決まっており、お住まいの環境事業所で受付を済ませてから、施設に向かいます。
費用は10㎏あたり200円となり、ごみの量を計測した後に現金で支払う必要があります。

フリマアプリやオークションに出品する

フリマアプリやオークションでは、中古のビデオテープを出品できます。
売れれば臨時収入となりますが、需要の見極めが難しく、すぐに手放したい人には不向きかもしれません。
メルカリでは、昔懐かしい映画やアニメのビデオテープ、使用済みのVHSなどのまとめ売りが人気です。
ソニーのベータマックスデッキは、傷・汚れありでも28,000円以上と高値で取引されているため、出品してみる価値はあるでしょう。
ビデオテープを梱包する際は、下記の手順で行います。

  1. ダンボールを用意
  2. 緩衝材でビデオテープを包む
  3. テープで固定する
  4. ビデオテープをビニール袋に包む
  5. ダンボールに入れて、新聞紙で隙間を無くす

ビデオテープをまとめて送る際は、配送中の振動で壊れないように梱包する必要があります。雨天時に備えて、ビニール袋に入れておくと安心です。

地域の掲示板で譲る

再生可能なビデオテープは、地域の掲示板「ジモティー」で近くの人に譲る方法もあります。
ミュージシャンのコンサートビデオや8mmビデオなど、さまざまな種類が出品されています。
ジモティーは直接手渡しが基本のため、フリマアプリやオークションで必要となる梱包・発送作業がありません。
しかし、見知らぬ人に譲る際は、状態のチェックや外観の汚れを取り除くなど最低限のマナーを守ることが必要です。
「楽しみにしていたのに、見れなかった」となるとトラブルの原因になるので注意しましょう。

海外に寄付をする

ビデオテープは、発展途上国などに寄付できる可能性があります。海外の困っている人のところにビデオテープを届けることで、少しでも社会貢献活動がしたい方は、寄付を検討してみるとよいでしょう。
しかし、物資の寄付を募っている団体も、必ずしもビデオテープを必要としているとは限りません。
たとえば「アジアリサイクル貢献活動」や「ユースマイル」では、ビデオテープは「寄付できないもの」に分類されています。
また「NPO法人ワールドギフト」も、ビデオテープをNG品目に分類してはいないものの、積極的に募っているわけではなさそうです。
ビデオテープの寄付は難しい場合が多いですが、不要な衣類やおもちゃ等は喜んでもらえます。

リサイクルショップで買い取ってもらう

視聴可能な市販のビデオテープを現金化したい場合は、リサイクルショップで買い取りを依頼する方法があります。
不用品を店舗に持ち込めば、その場で査定してもらえます。店舗に行く時間が無い場合は、下記の方法で買い取ってくれる業者にお願いしましょう。

  • 宅配買取:ビデオテープをダンボールに梱包して送り、査定依頼
  • 出張買取:自宅に来てもらい、査定依頼

ダンボール一つに納まらない量のビデオテープやビデオデッキを買い取って欲しい場合は、出張買取がおすすめです。希望の時間帯に来てもらえて、査定額に納得すれば、回収と共に現金化できます。

ビデオテープの高価買取

ビデオテープの中でも、高値で買い取ってもらいやすいビデオテープは下記のようなものです。

  • 未開封の録画用テープ
  • 未開封の8mmビデオテープ
  • 人気アーティストのライブ映像
  • DVD化していないドラマや映画のVHS

廃盤になった作品のVHSは、高価買取してもらえる可能性が高いです。
しかし、同じ作品でも家庭でダビングしたものは、著作権の関係から違法となり、買取はできません。

買い取りを断られるビデオテープの特徴

ビデオテープの中でも、下記に該当するものは買い取ってもらえないケースがほとんどです。

  • 開封済みの録画用ビデオテープ
  • レンタル落ちのビデオテープ
  • 説明書や歌詞カードなど付属品がないビデオテープ
  • 傷やシールがついているビデオテープ

これらのビデオテープは再販が難しいため、値段がつかないです。
業者によっては、ジャンク品として引き取ってもらえるかもしれませんが、確実に処分したい場合は他の方法が良いでしょう。

不用品回収業者に依頼する

不要になったビデオテープは、不用品回収業者に依頼して回収してもらうと時間も手間もかからず便利です。
時間の融通が利きやすく、量や種類を問わずビデオテープを処分できます。
費用は、処分する量に応じて変動するため、事前に見積もりをとることが大切です。

優良な不用品回収業者の選び方

不用品回収業者は同じ地域の中でも複数あるため、どこに依頼していいのか迷うかもしれません。
なかには、不法投棄や高額請求をする悪質な業者も存在するため、慎重に選ぶ必要があります。優良な不用品回収業者の特徴は下記の通りです。

  • 会社概要がホームページに記載されている
  • 利用者の口コミが確認できる
  • スタッフがホームページで紹介されている
  • 見積もりやキャンセル代が無料
  • 見積書の内訳が明確

会社概要では、会社の住所や代表の電話番号を確認します。
チラシに携帯番号しか記載されていない場合、注意が必要です。口コミは公式ホームページだけでなく、GoogleMapからも確認すると良いでしょう。

ビデオテープの処分費用はいくら?

4

ビデオテープの処分費用を処分方法別にまとめました。
団体や地域によって料金が異なるため、目安として知っておきましょう。

処分方法費用
自治体無料
ごみ処理施設200円/10㎏ 
※名古屋市の場合
フリマアプリやオークション無料 
※送料・販売手数料は負担
ジモティー無料 
寄付1箱2,900円 
※ワールドギフトの場合
リサイクルショップ無料
不用品回収業者量に応じて異なる
※事前に見積もり依頼

不用品回収業者では、単品回収とトラックに積み放題の2つのプランが用意されています。ビデオテープ単体では、単品回収を依頼した方が安く収まるかもしれません。
テレビ台やビデオレコーダーなども一緒に処分したい場合は、一律料金の積み放題プランの料金と比較することをおすすめします。

思い出のビデオテープの映像をDVDにダビングする方法

5

思い出を記録したビデオテープは、DVDへ変換して保存すると手放しやすくなります。ここではダビングの手順や、ダビングサービスについて解説します。

自分でダビングする手順

ビデオテープを自分でダビングする際は、下記のものを準備します。

ビデオデッキ、DVDレコーダー、AVケーブル
ビデオテープ、空のDVD

ビデオデッキとDVDレコーダーが一体化した機器があれば、接続のケーブルは不要です。下記の手順に沿ってダビングします。

  1. ビデオデッキとDVDレコーダーをAVケーブルでつなぐ
  2. DVDレコーダーにDVDを、ビデオデッキにビデオテープを入れる
  3. ビデオデッキで再生を始めると同時に、DVDレコーダーで録画を始める
  4. 再生が終わったらDVDレコーダーを止める

配線さえ間違えなければ難しくはありませんが、再生を飛ばすことができないので、時間がかかることがデメリットです。
ダビングしたい映像が大量にある場合は、代行サービスを利用すると良いでしょう。

カメラのキタムラ

カメラのキタムラでは、VHSやminiDVといったビデオテープのダビングサービスを行っています。

  • 費用:1,650円(店舗注文60分まで)、2,200円(ネット注文)
  • テープにカビが生えていても相談可能
  • チャプター挿入サービスあり

ネット注文の場合は、専用フォームからビデオテープの種類と本数を入力し、見積もりを確認してから依頼します。公式LINEからクーポンも受け取れるので気になる人はチェックしてみてください。

富士フイルム

富士フイルムでは、ビデオテープのダビングだけでなく、修理やクリーニングも依頼できます。

  • 費用:1本3,300円~
  • 依頼本数に応じて割引あり
  • miniDVやHi-8、ベータ(β)にも対応

ダビングしたいビデオテープが101本以上ある場合は、メールのみでの受付となります。スマホから閲覧できるオプションサービスを利用すれば、場所を取らずに思い出を残せます。

ヤマダ電機

ヤマダ電機の「なんでもダビング」サービスでは、ダビング後のビデオテープの処分も同時に依頼できます。

  • 費用:1,320円
  • 損傷補修費用込み
  • 特急仕上げ・盤面プリントなどオプション多数あり

ビデオテープをもって店頭で依頼し、注文書に記入することで申し込みが完了します。ビデオテープだけでなく、カセットテープやMD・マイクロカセットの音声データも対象です。

ビデオテープの処分に関する注意点

6

ここでは、ビデオテープを捨てる際に気を付けるポイントを解説します。

磁気テープ内の個人情報を消去する

ホームビデオを処分する際は、個人情報が流出するリスクがあります。
悪用を防ぐために、処分の前に磁気テープをハサミで切りましょう。
しかし、切断の状態によっては、テープで貼り付けて復旧できる可能性があるため、シュレッダーにかける方法が確実です。

ビデオデッキは粗大ごみ・小型家電として処分する

ビデオテープを再生するためのビデオデッキは、ビデオテープとは別に処分する必要があります。
「粗大ごみ」として処分する場合は、自治体のルールに従い、事前予約の上、処理券を購入して排出しましょう。自治体によっては、「燃えないごみ」として回収してくれるところもあります。
また、ビデオデッキは小型家電リサイクル法の対象となっているため、家電量販店のリサイクルサービスに申し込むか、不用品回収業者に依頼して処分できます。

ビデオテープの処分は不用品回収業者におまかせください!

7
  • ビデオテープを一気に処分したい
  • できれば買い取って欲しい
  • 実家の片付けも同時に行いたい

このようなお悩み・ご要望がある場合は、不用品回収業者におまかせください!不用品回収業者では、自宅の要らなくなったものの処分やハウスクリーニングも対応可能です。

大量のビデオテープを一括回収

不用品回収業者なら要らなくなった大量のビデオテープを一度に処分できます。
自治体ではごみ袋に入る分しか排出できず、分別が必要になることもあります。しかし不用品回収業者に依頼すれば、100本以上のビデオテープもまとめて回収してくれます。電話で依頼するだけなので持ち込む必要もありません。

需要のあるビデオテープは高価買取

不用品回収業者では、再販可能なビデオテープを買い取りしている場合もあります。
需要のあるビデオテープなら処分費用がかからないため、その分費用を安くできる点がメリットです。VHSの映像作品を手放したい場合は、査定を依頼することをおすすめします。

個人情報が含まれるビデオテープは適正に処理

不用品回収業者に依頼すれば、個人情報が含まれるビデオテープでも安全に処分できます。
自治体に排出する際に、手作業でカットしたり、磁気テープを丸めて捨てたりするのは骨が折れる作業です。
不用品回収業者なら、ビデオテープ以外にもパソコンやハードディスク、機密書類なども回収してくれます。それぞれの特徴に応じたデータ消去を行うので安心してまかせられます。

ビデオテープの処分でよくある質問

Q.大量にビデオテープがあるのですが、まとめて回収してもらえますか?

A.はい、回収させていただきます。
ご依頼の際に、どれくらいの量があるかお知らせいただけましたら、トラックと人員を調整してお伺いさせていただきます。

Q.映画やドラマのビデオテープを買取りしてもらうことは可能でしょうか?

A.再販売が可能なビデオテープは買取りさせていただきます。
再販売ができないものに関しましては、不用品として同時に回収させていただくこともできます。
お客様にご納得いただけましたら、買取り不可でもそのままにはせず、回収として対応させていただきます。

Q.ホームビデオのビデオテープも処分してもらえますか?

A.出張回収センターは、公的資格も複数所有しており、信頼の置ける企業であると自負しております。
回収から解体処分までを自社内でワンストップで行っているので、安心して処分をお任せしていただけます。

Q.夜間や土日に引き取りに来てもらうことは可能でしょうか?

A.はい、お伺いさせていただきます。
受付は9時~19時となっておりますが、ご依頼時に担当者にご希望の時間をお伝えいただけましたら、夜間であっても対応させていただきます。
また、年中無休で営業しておりますが、土日は依頼が集中しやすくなっておりますので、お早めにご連絡をいただけますようお願いいたします。

ビデオテープの不用品回収まとめ

8

ビデオテープの処分方法は下記の通りです。

  1. 自治体のごみ収集日に出す
  2. ごみ処理施設に自分で持ち込む
  3. フリマアプリやオークションに出品する
  4. 地域の掲示板で譲る
  5. 海外に寄付をする
  6. リサイクルショップで買い取ってもらう
  7. 不用品回収業者に依頼する

ビデオテープは自治体で無料で処分できますが、排出できる量が制限されたり、分別が必要になったりと、捨てるのに時間がかかることがあります。再利用できるものは、個人で出品するか、リサイクルショップで買い取りを依頼することも可能です。
手間をかけずに処分したい場合は不用品回収業者の利用を検討しましょう。
愛知県名古屋市の出張回収センターでは、ビデオテープやCD・DVDの処分・買取に対応しております。
オーディオやビデオデッキなどの粗大ごみも最短即日で回収可能です。
まずは、メールやお電話でお気軽にご相談ください!

―こちらの記事もおすすめです―