食洗機の処分方法7選!取り外しは自分でできる?処分の手順や注意点も解説

目次

2327220 m


ボタンひとつで食器洗いから乾燥まで完了する食洗機(食器洗い機・食器洗い乾燥機・食器洗浄機)

自分で食器を洗うよりも節水効果がある、高温で洗浄できるなどメリットも多く、面倒な料理後・食事後のお片付けの時間を大幅に減らすことができるので、忙しい方にはとても便利な家電ですよね。

しかし、そんな食洗機は、電気製品であること、サイズが大きく重量があることから、故障時や買い替え時の処分が難しい製品でもあります。特にシステムキッチンに組み込まれている「ビルトイン型」食洗機は据え置き型よりも取り外しや処分方法がややこしいため、どう処分するべきかわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、食洗機の種類に応じた捨て方や処分費用、処分時の注意点について詳しく紹介します。

お手持ちの食洗機の状態や、自分の希望に合った方法で食洗機を処分できるよう、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

▼こちらの記事もおすすめです!▼


食洗機の種類は2種類

28191218 m


食洗機は大きく分けて「据え置き型」と「ビルトイン型」の2種類あり、その種類によって処分の方法が変わります。まずは食洗機の種類と特徴について確認してみましょう。


据え置き型(卓上型)

2505464 m

自分で設置・取り外しが可能なので手軽に導入でき、ビルトイン型より比較的リーズナブルというメリットがあるのが据え置き型の食洗機です。

  • 分岐水栓の取り付けが必要な「分岐水栓式」
  • 給水タンクに水を注ぐだけで使用できる「タンク式」

の2つのタイプがあります。

導入自体は簡単ですが、設置するスペースに余裕がない、スペースに対して食洗機が大きすぎると作業場所を圧迫してしまう、というデメリットも。導入前にはスペースを確保し、食洗機のサイズ選びは慎重におこなう必要があるでしょう。



ビルトイン型

1449051 m

容量が大きく、多くの食器や調理器具をまとめて洗うことができるというメリットがあるのがビルトイン型の食洗機です。そのほか、シンク下に設置することでキッチン周りがスッキリ片付くのも魅力となっています。

しかしそのぶん、

  • 取り付けには工事が必要
  • 自力での取り外しが難しい
  • 工事費や設置費がかかるため導入の際の費用は据え置き型よりも高額になりがち

というデメリットも。賃貸では導入が難しいため、持ち家の人向けの食洗機となっています。


自力で取り外しできる?食洗機処分の注意点

24005253 m


食洗機を処分する場合は取り外しが必要になりますが、食洗機の種類によって取り外しの方法や難易度が異なるため注意が必要です。

食洗機本体の処分方法についてお伝えする前に、取り外しの方法や処分時に知っておきたい注意点について確認しておきましょう。


据え置き型は自力で取り外しも可能

前述したように据え置き型の食洗機は分岐水栓の取り付けが必要な「分岐水栓式」のものと給水タンクに水を注ぐだけで使用できる「タンク式」の2種類あり、どちらも自力で取り外しが可能です。

「分岐水栓式」食洗機の取り外し方法(分岐水栓から食洗機本体を取り外す方法)は以下のようになっています。

  1. 分岐水栓のコックを閉じる 
  2. 電源とアースを抜く
  3. 分岐水栓からホースを外す

※食洗機の種類によって外し方が異なる場合があります。取扱説明書を参照しつつ作業をおこなってください。

食洗機の中や取り外したホース内に水が残っていると水漏れの原因となることがあります。取り外しの際は事前に食洗機内の水気を拭き取り、ホースを外す際にはタオルを用意しておくといいでしょう。


タンク式食洗機の取り外し

「タンク式」食洗機は水栓と接続されていないため、電源とアースを抜けばそのまま取り外して運び出すことが可能です。

こちらも、運び出しの際にタンクや食洗機内に水が残っていると、運搬時に水漏れを起こしてしまう可能性があります。運び出す前には必ずタンクと食洗機内を確認し、水気を拭き取っておきましょう。


ビルトイン型の取り外しは業者に依頼するのがおすすめ

ビルトイン型の食洗機は取り外しだけで数万円以上かかることがあり、また新しい食洗機との交換はできても取り外しのみはおこなっていない、という業者も多いため、いっそのこと自分で取り外しをしたいと検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ビルトイン型の食洗機は給水配管・排水配管が奥に設置されているぶん、据え置き型よりも取り外し作業が複雑で手順も多くなり、非常に手間がかかります。無理して作業をおこなえば時間がかかるのはもちろん、以下のようなリスクもあるため注意が必要です。

  • 重たい食洗機を落としてケガをする
  • 運搬時に床や壁に傷をつけてしまう
  • 作業途中で食洗機を故障させてしまう
  • 食洗機の破損や水漏れトラブル

上記のようなトラブルが起こってしまうと、せっかく取り外し費用を節約しようと思ったのに食洗機の修理や床の修繕など別の費用が発生してしまった・・・なんてことになりかねません。

取り外し方を一通り確認してみて、作業が難しそうであれば無理せず家電量販店や専門業者、不用品回収業者などに依頼して取り外してもらうのがおすすめです。


自治体によって分別や捨て方が違う

「粗大ごみ」に分別されることが多い食洗機ですが、サイズによっては不燃ごみ扱いになることがあったり、小型家電に分類され別の捨て方を指示されることがあったりと、自治体によって分別や捨て方が異なる場合があるため注意してください。

自治体分別備考
東京都大田区据え置き型・ビルトイン型どちらも粗大ごみ
千葉県松戸市不燃ごみ
粗大ごみ
50cm未満は「不燃ごみ」
50cm以上は「粗大ごみ」
埼玉県朝霞市粗大ごみ作り付けのものは不可
50cm未満のものは不燃ごみ
愛知県名古屋市粗大ごみ
京都府京都市大型ゴミ

家電だから粗大ごみで処分できるだろう・・・と適当に処分すると回収してもらえずトラブルになる可能性も。ごみを出す前にはお住まいの自治体のルールを必ず確認するようにしましょう。

また、埼玉県朝霞市が「作り付けのものは不可」としているように、ビルトイン型の食洗機を回収不可としている自治体が多いことにも注意が必要です。その場合は別の方法でビルトイン型食洗機を処分しなければならず、思った以上に処分に時間や手間がかかってしまうことがあります。

ビルトイン型の食洗機を自治体のごみ回収で処分したいとお考えであれば、なるべく早くお住まいの自治体のルールを確認しておくようにしましょう。


事業で使用した食洗機は粗大ごみにできないので注意

この記事を読んでいる方の中には、飲食店や事業所などで使用した食洗機を粗大ごみとして処分することを検討中の方もいらっしゃるかもしれません。しかし事業で使用した食洗機は、据え置き型・ビルトイン型など食洗機の種類は関係なく「産業廃棄物」として扱われ、自治体のごみ回収で処分することができないため注意してください。

「産業廃棄物」となった食洗機は、産業廃棄物収集運搬業の資格を持つ業者や、県や市から許可されている業者に依頼することで処分が可能です。

処分時には、資格を持っていない業者に依頼したり、許可された業者であっても適切に食洗機の処分をおこなえなかったりすると業者だけでなく依頼主も罰則の対象になってしまうことがあります。安いからと適当に業者選びをするのではなく、資格を持っている業者に、確実に食洗機を処分してもらえるようにしましょう。


食洗機の処分方法7選!

27920579 m


前述したように、食洗機は据え置き型かビルトイン型かによって処分方法が異なります。それぞれに適した方法や手順をお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 自治体のごみ回収を利用して処分する【据え置き型・ビルトイン型】
  2. 家電量販店の引取サービスを利用する【据え置き型】
  3. 専門業者に依頼【ビルトイン型】
  4. リサイクルショップに売却する【据え置き型・ビルトイン型】
  5. フリマアプリ・ネットオークションに出品する【据え置き型・ビルトイン型】
  6. 人に譲る・ジモティーを利用する【据え置き型・ビルトイン型】
  7. 不用品回収業者を利用する【据え置き型・ビルトイン型】


①自治体のごみ回収を利用して処分する【据え置き型・ビルトイン型】

食洗機を処分する一番身近な手段といえば、自治体のごみ回収を利用する方法があります。据え置き型・ビルトイン型それぞれに適した捨て方をご紹介します。


小型家電として捨てる【据え置き型】

お住まいの自治体が据え置き型食洗機を小型家電としている場合は、

  • 公共施設や学校、スーパーや家電量販店などに設置している「小型家電回収ボックス」
  • 町内の資源ごみ集積所に設置されている「回収コンテナ」

などに食洗機を入れることで処分が可能です。自治体の多くは回収ボックスやコンテナの設置場所をリスト化してくれているため、まずはお住まいの自治体のホームページを確認してみましょう。

(参考:渋谷区小型家電

この方法であれば面倒な手続きは必要なく、さらに処分費用が無料というメリットがありますが、

  • 食洗機はサイズが大きいためボックスやコンテナに入らない場合が多い
  • 回収場所まで重たい食洗機を持ち運ばなければならない
  • ボックスやコンテナが近くにない場合は利用できない

というデメリットもあります。まずは回収ボックスやコンテナの投入口のサイズを確認し、捨てるのが難しければ別の方法での処分を検討しましょう。

▼小型家電の処分について詳しくはこちら▼


不燃ごみとして捨てる【据え置き型】

1人暮らし用、少人数用などサイズの小さい食洗機は、自治体によっては不燃ごみとして処分が可能です。

千葉県松戸市では「50cm未満の食洗機は不燃ごみ」とされていましたが、規定のサイズは自治体によって異なっているため、まずホームページを確認してみましょう。

食洗機が不燃ごみとされていた場合は、指定のごみ袋に入れ、指定された日時にごみに出せば食洗機の処分は完了します。予約などは必要なく、費用は無料です(ごみ袋代は除く)。

ただし、多くの自治体では不燃ごみは収集日を月1回~2回としており、捨てられる機会が少ないのがネックです。すぐに食洗機をごみに出したいという場合には向いていない手段となっています。


粗大ごみとして捨てる【据え置き型・ビルトイン型】

多くの自治体では、食洗機を粗大ごみに分類しています。

回収ボックスや不燃ごみとは違い、粗大ごみの処分は電話やインターネットでの事前予約制であることが多いので注意してください。その場合は、回収日までに必要な金額の手数料納付券を購入しておくのを忘れないようにしましょう。

食洗機を「粗大ごみ」としている愛知県名古屋市を例に、粗大ごみの捨て方の手順をご紹介します。

  1. 収集日の7日前までに粗大ごみ受付センターに電話かインターネットで申込
  2. 収集日、収集場所、料金を確認する
  3. スーパーやコンビニなど指定の販売店で手数料納付券(シール)を購入
  4. 処分する家具や家電に受付番号や氏名を記入した手数料納付券(500円)を貼る
  5. 月に1回の収集日に指定場所に出す(立ち合いは不要)

名古屋市では予約締切日が収集日の7日前手数料は500円とされていましたが、締切日や費用は自治体によって差がありますので必ず確認するようにしてください。

また、不燃ごみと同じく収集頻度は月1回と少ないです。締切日に間に合わなかったり、手数料納付券が用意できていなかったりした場合は食洗機を回収してもらえず、思っていたよりも処分に時間がかかってしまう可能性も。

処分をお考えならなるべく早めに準備をし、スムーズに食洗機を捨てられるようにしておきましょう。


ごみ処理施設への持ち込み【据え置き型・ビルトイン型】

もし粗大ごみの収集日を待たずに食洗機を処分したいということであれば自分で食洗機を自治体のごみ処理施設へ持ち込み、処分するという方法もあります。

予約が必要かどうかや、処理施設の稼働日時や搬入の手順は自治体ごとに異なるため、必ず事前に確認しておきましょう。一例として、愛知県名古屋市の自己搬入の手順をご紹介します。

  1. 事前に処分するものを「可燃ごみ」と「不燃・粗大ごみ」に分別する
  2. 車に処分するごみを積んだ状態で、お住まいの区の環境事業所で受付
  3. 環境事業所で搬入する処理施設を教えてもらう
  4. 指示された場所まで自分で搬入をし、ごみを車から降ろす
  5. 計量したあと、手数料を支払う
    処理手数料は10キログラムまでごとに200円(支払いは現金のみ可)

この方法であれば、収集日を待たずに食洗機やそのほかの不用品をまとめて捨てられます。また、処分するものの重さによっては各戸回収よりも安く処分ができる可能性もあるため、費用を節約したいという場合に利用するのもいいでしょう。

しかしその一方、車を持っていないと利用できない、稼働日が平日のみなので日程の調整が必要という点がネックとなります。利用できない場合は別の方法で食洗機を処分しましょう。


②家電量販店の引取サービスを利用する【据え置き型】

据え置き型の食洗機は小型家電として、家電量販店の引取サービスを利用して処分することもできます。

各家電量販店の食洗機の引取サービスの対応と費用は以下のとおりです。

家電量販店引取対応
エディオン3辺合計が120cm以下で重さが10kg以下
取り外し工事不要で使用できる食洗機
550円(税込)
ヤマダ電機指定の箱に入る大きさの食洗機(それ以外の小型家電もまとめてダンボールにつめて回収可能)
一括1,650円(税込)
ヨドバシカメラ3辺合計サイズ・重量ごとに回収費用が変わる
3辺合計100cm・10キロ以下で550円
3辺合計150cm・20キロ以下で1,100円
3辺合計240cm・30キロ以下で2,200円
(すべて税込価格)
ジョーシン中型家電 550円(税込)
ビックカメラ
コジマ
指定の箱に入る大きさの食洗機(それ以外の小型家電もまとめてダンボールにつめて回収可能)
一括2,200円(税込)
※2024年2月時点の金額です。


食洗機の取り扱いがある家電量販店であれば安心して処分が依頼できますし、処分費用は比較的安価で済むというメリットがあります。また、食洗機を買い替えるのであれば「下取り」を利用して、新しい食洗機をオトクに購入できたり、処分費用を無料にできたりする場合も。買替の場合は、古い食洗機の下取りを利用できるか確認してみてください。

メリットが多い反面、家電量販店まで食洗機を持ち運ぶ必要があるため、運搬手段がない方には難しい方法です。その場合は自宅まで引取に来てもらうことも可能ですが、そのぶん「出張費」がかかるので注意しましょう。


③住宅設備の専門業者に依頼【ビルトイン型】

ビルトイン型の食洗機を買い替え、新しいものを導入する予定があるということであれば住宅設備の専門業者やリフォーム業者に処分を依頼するという方法が一般的です。

費用はビルトイン型食洗機本体の価格に加えて、

  • 工事費
  • 撤去費用
  • 設置費用
  • 古い食洗機の処分費用

などがすべて込みになっていることが多いですが、工事の内容や費用の内訳については業者によって違いがあるため事前に確認をしておきましょう。

こちらの方法のメリットは、古い食洗機の取り外しや運搬、新しい食洗機の設置までが一日で完了し、作業はすべてスタッフにおまかせできるので手間がかからないという点です。また、買い替えの場合は工事費が無料になるなど費用がオトクになることも。

しかしその反面、食洗機の取り外し作業のみとなると費用が高額になりがちというデメリットがあります。そもそも取り外し作業のみでは対応できないとしている業者も多いため、利用の際は注意してください。


④リサイクルショップに売却する【据え置き型・ビルトイン型】

状態の良い食洗機をお持ちであれば、リサイクルショップで売却することも可能です。

人気製品である食洗機はもともと高値で取引されやすいですが、その中でも特に以下のような特徴がある食洗機は高額買取が期待できます。

  • 新品に近い食洗機
  • 「Panasonic」「リンナイ」「三菱電機」など国産メーカーの食洗機
  • 元々の値段が高いビルトイン型の食洗機
  • 大容量の食洗機

リサイクルショップは持込買取のほか、出張買取・宅配買取も実施しています。もし家の近くにリサイクルショップがない、重い食洗機を運搬する手段がないという場合にも気軽に利用ができるので、ぜひ一度査定を受けてみてはいかがでしょうか。


高く買い取ってもらうためのコツ

食洗機をより高く売りたいのであれば、以下のようなポイントを意識してみてください。

  • ちゃんと動作するか確認する
  • カビや水アカを取り除き、きれいな状態にしてから査定に出す
  • できるだけ早く売る
  • 取扱説明書や保証書、排水ホースや小物かごなど付属品を揃えて査定に出す
  • 複数の店舗で査定を受ける

使用した食洗機はそのまま査定に出すことももちろん可能ですが、状態が悪ければそのぶん査定額は安くなります。取扱説明書に記載されているお手入れ方法でメンテナンスをおこない、できるだけきれいな状態にしてから査定を受けるようにしましょう。

また、リサイクルショップの多くは製造から7年以内の家電製品を買取対象としています。

  • セカンドストリート:家電は10年以内に製造されたものが買取対象
  • ハードオフ:基本的に製造後7年以内のものが買取対象(オーディオ製品は年式問わず受付)
  • トレジャーファクトリー:製造年数が7年以内

状態が良い食洗機でも、製造から年数が経てば経つほど買取不可になる可能性が高くなります。使わなくなった、必要なくなった食洗機はその時点ですぐ、査定に出すのがおすすめです。


⑤フリマアプリ・ネットオークションに出品する【据え置き型・ビルトイン型】

フリマアプリ・ネットオークションに不要になった食洗機を出品して処分する、という方法もあります。

フリマアプリのメリットは、なんといっても自分で自由に価格を設定できるという点です。製造から年数が経っているという理由でリサイクルショップで買取不可になった食洗機でも、需要があれば思った以上の値が付くこともあるので、捨ててしまう前に一度出品してみるのがおすすめです。

スマホひとつあれば出品ができて便利なフリマアプリ・ネットオークションですが、利用の際には以下のような注意点もあります。

  • 梱包から発送までを自分で全ておこなわなければならない
  • 食洗機は重さとサイズがあるため送料が高くなりがち
  • 売却できた場合は販売額に応じて5%~10%の手数料がかかる
  • すぐに売れるわけではないので急ぎの場合には不向き

販売額の設定する際は送料や手数料をあらかじめ計算しておき、損にならないように価格設定をおこなうようにしてください。


梱包・発送が大変なら業者に依頼することもできる

フリマアプリ・ネットオークションでは、売れた製品の梱包や発送を自分でおこないますが、重たい食洗機の梱包と発送が難しい、ということもあるかもしれません。その場合、業者が食洗機の梱包から発送までをおこなってくれる梱包・発送たのメル便というサービスを利用することも可能です。

依頼すれば梱包資材を用意する必要もなくとても便利なサービスですが、利用した際には

  • 120サイズ:2,400円
  • 160サイズ:3,400円
  • 200サイズ:5,000円

と依頼するもののサイズに応じた費用が追加でかかります。利用の際はサービスの利用料も考慮しつつ販売額を決定するようにしてください。

また、「梱包・発送たのメル便」はビルトイン型の食洗機の取り外しには対応していません。依頼をしても取り外しは自分でおこなわなければならないので、取り外しができない場合は別の方法を検討する必要があるでしょう。


⑥人に譲る・ジモティーを利用する【据え置き型・ビルトイン型】

身の回りで食洗機を必要としている人がいるなら、譲って使ってもらうという手もあります。

お譲りできれば面倒な手続きは必要なく、食洗機を自宅まで取りに来てもらえた場合は梱包も発送も必要なくなるため、一番手軽な手段といえるかもしれません。

ただし、「すぐに譲り先が見つかるとは限らないので急ぎの場合には不向き」「状態が悪いものだと譲った後にトラブルになることもある」というデメリットもあるため注意しましょう。

お譲り先が決まったら動作確認やメンテナンスを念入りにおこない、譲った後にトラブルにならないよう配慮しておくことが大切です。

また、身近で譲り先が見つからなければ不用品を「譲りたい」「譲ってほしい」人が無料で利用できるサービス、ジモティーを利用して譲り先を探すこともできます。

利用方法や手順はフリマアプリやネットオークションとあまり違いがありませんが、ジモティーには

  • 取引が成立しても手数料がかからない
  • 最寄り駅や自宅まで取りに来てもらえれば梱包・発送が必要ない

という大きなメリットがあります。無償での譲渡のほか、値段をつけることも可能なので売却時の手数料や送料を節約したい場合に利用するのもおすすめです。


トラブルに注意

便利なジモティーですが、個人間でのやり取りの最中に以下のようなトラブルに巻き込まれるケースが多数報告されているため、利用の際には注意が必要です。

  • 取引の最中に相手と連絡が取れなくなる
  • 取引と関係のないメッセージが送られてくる
  • 引き渡し時に勧誘や詐欺被害に遭う
  • ドタキャンされる
  • 個人情報を悪用される

(参考:ジモティートラブル事例と対処法

ジモティーで食洗機を取引する際には、「やりとりにはジモティー内のチャットを利用する」「受け渡しはコンビニや駅など人気がある場所でおこなう」いったトラブル対策を徹底し、問題なく受け渡しを完了できるようにしましょう。


⑦不用品回収業者を利用する【据え置き型・ビルトイン型】

  • 食洗機の取り外しだけを依頼したい
  • 取り外した後そのまま回収してほしい
  • 食洗機のほかにも処分したいものがある
  • 食洗機をできるだけ早く処分したい

といったご希望があるのなら、「不用品回収業者に回収を依頼する」という方法がおすすめです。

これまで紹介してきた方法では、捨てるにしても売るにしても、重たい食洗機を取り外し、外へ持ち運ぶ手間と時間が必要、という点がネックとなっていました。その点、不用品回収業者であれば食洗機の取り外しから運び出しまですべてスタッフにおまかせしてOK。食洗機のほかにも、家の中の重たい家具や家電など処分に困っているものもまとめて回収してもらえるのも便利です。

また、粗大ごみ回収では月一回の回収日を待たなければなりませんでしたが、不用品回収業者は年中無休で稼働しているので自分の都合がいい日時に回収を依頼できる、というのも大きなメリットです。即日対応な業者ならその日のうちに邪魔な食洗機を回収してもらえる場合もあるため、急ぎの場合にも助かる手段となっています。

※食洗機の取り外しには追加の費用がかかります。また、食洗機の取り外しに対応していない業者もあるため事前に必ず確認をしておきましょう。


悪徳業者に注意

便利な不用品回収業者ですが、業者の中には回収した不用品を不法投棄したり、法外な費用を請求したりする悪徳業者も存在しており、国民生活センターが注意を呼び掛ける事態となっています。

(参考:国民生活センター不用品回収サービスのトラブル

せっかく食洗機を処分してスッキリしたかったのに、トラブルに巻き込まれてしまっては元も子もありません。業者選びは慎重におこなうようにしましょう。

しかし慎重に業者選びをするといっても、どんな業者が悪徳業者なのかを見分けるのは難しく、なにを判断材料にすればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、「業者選びの際にチェックしておきたいポイント」をご紹介します!依頼の前にはぜひ参考にしてみてください。

  • きちんとしたホームページがあるか確認する
  • 料金が明確に書かれているか確認する
  • 会社の住所・電話番号が実在のものか確認する
  • 口コミの情報が古いもののまま止まっていないか見てみる
  • SNSで会社名を検索し、利用した人の感想を確認してみる
  • 電話口のスタッフの対応を判断材料にする
  • 作業実績を確認する
  • 業者のブログや作業動画を見てみる
  • 見積書を取った場合は項目が明確に書かれているか確認する
  • 追加料金の有無をあらかじめ確認しておく

▼業者選びについてより詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ!▼


まとめ

25421381 m


食洗機は据え置き型のものとビルトイン型の2種類あり、それぞれ取り外しの方法や処分方法が異なります。今回のコラムでは、そんな食洗機の種類に応じた処分方法7選をご紹介しました。

  1. 自治体のごみ回収を利用して処分する【据え置き型・ビルトイン型】
  2. 家電量販店の引取サービスを利用する【据え置き型】
  3. 専門業者に依頼【ビルトイン型】
  4. リサイクルショップに売却する【据え置き型・ビルトイン型】
  5. フリマアプリ・ネットオークションに出品する【据え置き型・ビルトイン型】
  6. 人に譲る・ジモティーを利用する【据え置き型・ビルトイン型】
  7. 不用品回収業者を利用する【据え置き型・ビルトイン型】

記事の中では処分の手順のほか、かかる費用や注意点も詳しく解説しています。ぜひ参考にしていただき、食洗機の種類やご自身の希望に合わせた処分方法を選んでみてくださいね。

食洗機の取り外しや運搬ができずに困っている、自治体ではビルトイン型の食洗機の回収をしておらず捨てられない、といったお悩みがある場合は不用品回収業者の利用がおすすめです。

取り扱いの難しいビルトイン型食洗機の取り外しに対応できるのはもちろん、搬出やトラックへの積み込みまですべてスタッフにおまかせできます。事前準備も当日の作業も必要なく、とにかくラクに食洗機の処分が可能です。

また、業者の多くは年中無休、即日対応や夜間対応にも対応しています。忙しくて対応できる時間が限られている、という場合や、引っ越しを控えているのですぐに来てほしい、といった希望に対応してもらえるのも大きなメリットとなっています。

忙しい方や急ぎの方はぜひ一度、無料見積もりを受けてみてはいかがでしょうか。

弊社、出張回収センターでも食洗機をはじめとした不用品の回収・買取をおこなっています。

食洗機の処分にお困りでしたら、ぜひ一度ご相談ください!