愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

いらなくなったカーテンレールはどう処分すればいいの?捨て方や処分料金を詳しく解説!

カーテンレールの処分で悩んでいませんか?

どのご家庭にも必ずあるカーテンレール。普段何気なく使用していますが、カーテンレールの存在を意識することってそんなにないかもしれません。
とはいえ、カーテンレールも日々の使用で壊れてしまいますし、リフォームなどで新しいものと交換する機会もあるのではないでしょうか?

 

カーテンレールには、プラスチック製や木製のものと金属製のものがあるかと思います。ネジなどで取り付けてあるものが一般的で、処分する際には取り外しが必要となるのは想像がつきますよね。

 

「自分でカーテンレールを取り外しちゃって大丈夫?」
「専門業者に頼んだ方がいいの?」
「取り外したカーテンレールの処分方法が分からない・・・。」

 

と、不安に思う方もいるかもしれません。カーテンレールに触れる機会は多くないので、分からないことだらけで心配ですよね。

 

そんなカーテンレールの処分方法に困った時は、出張回収センターにご相談ください!

 

年中無休、スピード対応で不用品のお悩みを解決いたします!

目次

カーテンレールを処分する方法について

下記ではカーテンレールを処分する方法を詳しくご紹介していきます。

窓際や間仕切りに設置されていたカーテンレールを取り換える際、一体どんな捨て方があるのかと気になっている人は多いのでは?

 

そこでこちらでは、カーテンレールの主な4種類の処分方法について、それぞれ詳しく解説していきます。

カーテンレールを家庭ゴミで出す時の処分方法

一般家庭に設置されているカーテンレールは、工具を使って自分で取り外し、専用のノコギリなどで細かく解体すれば、家庭ゴミに出して処分することも可能です。多くの自治体では、規定サイズに小さくカットすれば、家庭ゴミとして捨てられます。市区町村によって変わりますが、長さが30cm~50cmのサイズにまでカットすることを求められることが多いです。

 

カットしたカーテンレールがどの種類のゴミにあてはまるのかは、自治体によって異なります。基本的に木製やプラスチック製のカーテンレールは可燃ゴミ、金属製は不燃ゴミに扱われることが多いです。ただし、お住まいの地域によってゴミの分類や捨て方のルールは異なるため、事前確認は必要です。

自治体で粗大ゴミとして処分する方法

カーテンレールをカットせずにそのままの状態で捨てる時は、どのような素材であっても、棒状のもので90cmや1m以上のサイズがあるものは粗大ゴミとして扱われるのが一般的です。カーテンレールを解体するのは困難、面倒という時は、有料になりますが粗大ゴミに出す方法がオススメ。
カーテンレールを粗大ゴミとして収集してもらうには、次のような手順が必要になります。

 

1.インターネット受付や電話受付で自治体に申し込みます。
2.スーパーマーケット、コンビニエンスストア、郵便局などで、手数料納付券シールを購入します。
3.手数料納付券シールに氏名を記入して、カーテンレールに貼り付けます。
4.指定日時に指定場所へカーテンレールを出します。

 

具体的な流れは、自治体で異なる場合があるので、詳しくはお住まいの地域の自治体でご確認ください。

 

粗大ゴミとして処分が必要な場合に注意が必要なのは、日程を自由に選べない点。例えば、名古屋市が実施しているインターネット受付の締め切りは、収集日の10日前までです。今すぐ処分したいときは、他の方法を選んだ方が良いかもしれません。

ネットオークションやフリマアプリに出品する

カーテンレールはネットオークションやフリマアプリで売って処分することもできます。カーテンレールなんて売れるの?と疑問に思うかもしれませんが、案外出品数が多いカテゴリーなんです。

 

利用方法は、アプリをダウンロードして会員登録を済ませれば、手軽にパソコンやスマホひとつでサービスを利用できるようになります。
商品をスマホなどで撮影し、商品の詳細を記入してから出品します。出品後は、買い手からの質問の対応から売れた際の梱包や発送まで、すべて自分一人でやらなければなりません。
また、伸縮タイプのカーテンレールの場合はサイズ調整がしやすいものの、規製タイプのカーテンレールのサイズや形状によっては、他の家庭の窓のサイズに合う合わないがあるため、なかなか売れない可能性もあります。急ぎでカーテンレールを処分したい場合には不向きな方法かもしれませんね。

不用品回収業者に回収の依頼をする

不用品回収業者は、ただ不用品を回収するだけでなく、回収に伴う取り外しや運搬など全てを行ってくれる頼もしい業者です。いくつかの部屋のカーテンレールを取り換えたい時、レールの取り外しが難しい時などは不用品回収業者にまるっと任せると、楽に処分できてオススメ!
各部屋のカーテンレールを取り外して、ゴミステーションまで持って行くのは思ったよりも大変な作業になります。業者の中には、高い場所にあるカーテンレールの取り外しも手伝ってくれるところもありますし、多数の不用品を一気に短時間で回収してもらえるので、簡単に不要な物を整理することが可能なんです。
とはいえ、費用が気になるところですよね。不用品回収業者の中には、買取に力を入れているところもあり、そういった業者にお願いすれば、回収費用から買取金額を差し引いてお得に利用することもできます。

 

しかし、不用品回収業者のほとんどがこういったメリットがある一方、中には悪徳業者もあるので注意が必要です。
「無料回収」を謳い文句に、出張費用や運搬費用などを後から請求したり、不用品回収後に不法投棄したりするケースも。
不法投棄の場合は、業者だけでなく依頼主も法で裁かれるので他人事ではありません。


 

不用品の回収や処分には、一般廃棄物収集運搬業許可などの資格が必要になります。資格を取得している業者であれば、まず安心して大丈夫です。
必ずホームページに記載されているはずなので、不用品回収業者に依頼を検討する場合、まず資格を持った業者なのか、見積もりはどうか、さまざまな方向から調べましょう。

カーテンレールの処分方法を選ぶポイント

下記ではカーテンレールの処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

自力でカーテンレールを処分すると怪我やトラブルのリスクがあるので注意

カーテンレールの処分料金を抑えたいがために、家庭ゴミで処分したいと考えますよね。 日頃からDIYをしていて、そういった作業が得意という方は、自力で処分するのは問題ないかもしれませんが、道具の取り扱いや、カーテンレールを取り外したり、カットをするといった作業に慣れていないと、想像以上に時間がかかることも。高い場所にあるカーテンレールを取り外すときは、2人以上で作業をしないとうまくいきませんし、はじめての作業に怪我をする可能性もあります。 また、粗大ゴミとしてカーテンレールを出す場合、長さや重さのあるカーテンレールの数々を捨てるときに、不慣れな運搬に建物の床や壁をキズつけてしまったり、トラブルにつながる可能性も。住まいが賃貸住宅の場合、建物に損傷を与えてしまえば、修繕料金を請求されるケースもあるので、かえって費用がかかってしまうこともあるんです。そんなトラブルを未然に防ぐためにも、不用品回収に関する業務や運搬に慣れている、プロの不用品回収業者にお願いしたほうがスムーズに処分品の悩みは解消されます。
POINT 2

よく吟味して回収業者を選ぶことが重要

「無料で不用品を回収します!」など、こういった広告を見かけると、タダでカーテンレールを引き取ってくれることに魅力を感じることもありますよね。 しかし、よく下調べをせずに業者を決めてしまうと、「あとから高い出張料金を求められた!」「不用品を不法投棄された!」といった、トラブルに巻き込まれることもあります。業者の中にはこういった悪質業者も存在するので、安心して依頼できる業者かということをリサーチし、よく検討することが大切です。

カーテンレールの処分料金について

下記ではカーテンレールを処分料金について詳しくご紹介していきます。

カーテンレールを捨てる時は、処分方法によっては費用がかかります。物を捨てる時にできるだけお金はかけたくないと考えるものです。

 

こちらでは、各処分方法で必要になる料金に関する詳しい情報をお伝えします。

解体して可燃ゴミ・不燃ゴミで処分する場合:〜1,000円

自治体でカーテンレールを可燃ゴミや不燃ゴミとして回収してもらう場合、レールの取り外しやカット作業をする時の道具がなければ購入する必要があるでしょう。
カーテンレールを取り外す時はドライバーが必要で、レールのネジとぴったり合うものを選んでください。(ドライバーはホームセンターで1,000円以内で購入できます。)
カーテンレールをカットするときは、金属製のアイテムも切れる金切ノコギリなどを購入して作業をします。金切ノコギリもホームセンターで数百円や数千円で購入できます。

 

解体することで費用をあまりかけずに処分できますが、ノコギリなどで作業する際には怪我の恐れがあります。心配な場合は安全な方法を検討してください。

自治体で粗大ゴミとして回収してもらう場合:250円〜

カーテンレールを粗大ゴミに出す場合、各自治体で処分料金は異なります。
名古屋市の例で言うと、令和4年2月現在のカーテンレールの処分料金は、「シングル6本、ダブル3本を1セット」という扱いになり、250円の費用がかかります。
住んでいる地域でのカーテンレールの粗大ゴミの料金については、各自治体の公式ホームページに掲載されていることが多いので、前もって確認しておきましょう。

フリマアプリなどを利用する場合:0円〜販売手数料+配送料

ネットオークションやフリマアプリを使って個人に売る場合は会員登録が必須ですが、無料で登録できるケースと月額利用料金が300円~500程度発生する場合も。また、買い手が付いた場合に運営元に販売手数料(販売価格の5%〜10%程度)を支払う必要があり、配送料も必要になります。
配送料は購入者の住んでいる地域やサイズ、重さや梱包方法などによって異なり、800円~3,000円程度かかるでしょう。

不用品回収業者に回収を依頼する場合:2,000円〜

不用品回収業者では、迅速な出張訪問、カーテンレールの取り外しや家からの運搬など、業者によって様々な便利なサービスが受けられます。

 

不用品回収業者の料金体系には、「不用品の回収料金+基本料金+オプション料金」のプランと、「トラック積み放題」のプランがあります。
カーテンレールだけ処分したい場合は、前者の方が安く済みますが、「他にもいろいろな不用品を処分したい」という時には後者のプランの方がお得です。カーテンレール単体の回収料金は、500円~1,000円程度が相場となっています。そこに基本料金などの費用がプラスされると考えてください。
他の処分方法に比べると少々割高ですが、不用品回収業者はさまざまなサービスを受けられるだけでなく、買取で処分料金を相殺できる可能性があるので、意外とお得に利用できるかもしれません。

 

料金が安い方法が必ずしも自分に最適なものであるとは限りません。もし一刻も早くカーテンレールを処分したいという切迫したニーズがあるのであれば、多少費用は掛かるものの即日でも対応できるような不用品回収業者に引き取りを依頼するのがオススメ!
逆に、そこまで急ぐ必要がないのであれば、コスト重視でなるべく安い方法を選ぶというのが良いかもしれません。

カーテンレールの処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまでカーテンレールの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここではカーテンレールを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

地域に密着し、積み重ねてきた信頼

世の中には不用品回収業者がたくさんある中、当社が多くのお客様から評価も頂いている理由の一つは地域に根ざしたサービスにあります。

 

名古屋市を中心に15年以上に渡ってお客様に満足いただけるサービスを磨いてきた結果、当社の回収実績は名古屋NO.1の33万件以上にのぼります。
地域に密着した効率的な回収によるコストカットにも成功し、ご利用しやすい価格設定も実現しております。
お客様に満足いただけるよう丁寧な業務を続けてきたことにより、数々のメディアでも紹介いただきました。

 

カーテンレールなどの取り外しが面倒なものや、ご自身で運搬が困難な重い物、大きな家具など、不用品のことで少しでもお悩みがございましたら、遠慮なくご相談ください。

選ばれる理由 2

スタッフは丁寧さと清潔さ重視!

車両には20種類以上の養生が常備されており、搬出作業に使用しています。
お客様のご自宅をキズ付けたり汚すことなく、安全にカーテンレールを回収できるよう努めています。

 

さらに、身だしなみや言葉遣いなど、スタッフへの教育も徹底してきました。
お客様が安心してお仕事を任せていただけるよう、細心の注意を払っています。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

大量の不用品も回収可能!同時に買取もOK!

当社ではカーテンレール1点から複数まで、数量に制限を設けず回収を行っております。

 

長年培ってきた安心安全のプロの技術を活用し、お客様に余計な負担をおかけしませんのでご安心ください。
幅広い品目の家具・家電を取り扱っているため、住まいの自治体の公共回収では対応してもらえない大量の不用品であっても柔軟に対応いたします。

 

また、知識が豊富なスタッフによる買取サービスも同時にご利用いただくことで、料金のご負担を軽減することも可能です。
お客様の様々なニーズに柔軟に対応させて頂いておりますので、お気軽にご連絡ください。

選ばれる理由 4

車両にGPS機能搭載、ご依頼から最短30分!スピーディで丁寧な仕事

業務用の車両にGPS機能を搭載しているのも当社の特徴です。

 

お客様から急ぎでカーテンレールを処分したい!とご依頼があった場合、すぐに最寄りの車両と連絡をとって現地へと向かわせます。
エリア内の名古屋市近郊でしたら最短30分のスピーディーな対応が可能です。

reason05
22253735_s
選ばれる理由 5

安心して利用できる分かりやすいプラン!

当社がご用意しているプランは、どれもシンプルで分かりやすいものばかりです。

 

お見積料金や大型家具の解体費用など、手数料はすべて料金に含まれております。カーテンレールの処分で不用品回収を利用したいけれど、後から追加費用を請求されそうで怖いというお客様もいらっしゃるかもしれません。当社は複雑な追加料金は一切ございませんので、安心してご利用いただけます。

カーテンレールの処分に関するよくある質問

A. はい、もちろん土日祝日のカーテンレール回収も承っております。出張回収センターは年中無休で営業しておりますので、土日祝日の依頼も受付しています。なお、週末や祝日前は予約が集中しやすいため、お早めにご依頼いただけますと幸いです。
A. 名古屋市やその周辺エリアであれば、当日最短30分でお客様のご自宅にカーテンレール回収に伺うことが可能です。当社ではGPSやコールセンターと、ご自宅の周辺に巡回しているトラックとの連携により、車両をスピーディーに手配させることが可能です。状況によってはそれ以上のお時間がかかることもございますが、当日及び遅くても翌日に訪問することができますので、お早めにご相談ください。
A. 当日に不用品が増えたりすることは、全く問題ございません。カーテンレールのほかに、カーテンやフックなどの回収も可能です。回収日にご自宅に訪問した際に、再度スタッフがお見積もりしますので、遠慮なくご相談ください。
A. もちろん、喜んで承ります。 破損しているもの、キズがついているもの、どのような状態のカーテンレールでも回収致します。まずは、お気軽にご相談ください。
A. カーテンレールの回収・買取のお申し込みはいつでも受け付けております。ご連絡をして頂いた当日でもご訪問が可能です。ただし、急ぎの場合でしたら、他のお客様との兼ね合いもございますので、できるだけお早めにご依頼ください。お客様のご希望にお応えするよう努めさせていただきます。
A. お客様にして頂くお手間は何もございません。カーテンレールの取り外しから運搬、その後の清掃まで当社スタッフが責任を持って行わせていただきます。たとえ汚れがあっても問題ございませんので、スタッフがご訪問するまでくつろいでお待ちくださいませ。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。