愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

書類・機密文書を処分する方法とは?適切な処分方法や処分料金を詳しくご紹介!

書類の処分で悩んでいませんか?

書類の処分方法は意外と難しいものです。

 

昨今のテレワーク推奨でご自宅で重要な書類を扱う事も増えたかと思います。
処分の仕方を間違うと個人情報漏洩の危険があるだけでなく、会社の機密事項の漏洩も考えられます。

 

そういった書類を安全に処分したいとお悩みの方!
愛知・名古屋で豊富な実績を誇る出張回収センターまでご相談ください。
保管する必要のない書類を迅速に処分いたします!

 

この記事では、書類の処分方法と処分にかかる料金の目安などを紹介します。

目次

書類を処分する方法について

下記では書類を処分する方法を詳しくご紹介していきます。

書類を処分する方法は、主に以下の5種類があげられます。

 

書類によって適した処分方法はちがいますし、それぞれにメリットとデメリットがあります。
方法ごとに詳しく説明していきますので、自分に合った処分方法を選んでみましょう。

シュレッダーをかけて可燃ゴミとして収集してもらう

DMや請求書などで量が少ない場合は、自分でシュレッダーをかけて自治体に収集してもらうことが可能です。

 

細かい分別方法は自治体ごとで変わってきますが、書類は多くの自治体では可燃ゴミとして分類されます。
DMだと、封筒に入ったままというケースもあるでしょう。
その場合はまず封筒から取り出し、氏名や住所など個人情報が入った部分をシュレッダーにかけ、そして自治体で決められている専用袋に入れ、収集日に所定の場所に出しておきます。
ご自宅にシュレッダーがあれば、あとは可燃ゴミとして出すだけなので手軽な点がメリットです。

 

ただし、1回の収集で出せる量が限られている自治体だと、大量に書類がある場合は何回かに分けて出さなければなりません。
シュレッダーをかけるにも相応の手間がかかるというデメリットがあります。
そもそもご自宅にシュレッダーがない場合は購入する必要が出てきます。

焼却工場や処理施設に持ち込んで処分してもらう

近くに焼却工場やゴミの処理施設があれば、自分で持ち込んで処分してもらうことも可能です。
書類が段ボールに入っている場合、そのまま持ち込めるケースもありますが、細かいルールは施設ごと違います。
また持ち込むときは予約が必要な自治体もあり、その場合は必ず事前に電話などで申し込んでおきましょう。

 

事前予約が不要な場合も、原則として持ち込めるのは受付時間内だけです。
施設ではまず受付を済ませ、指定された場所に書類を置き、帰りに料金を支払うのが一般的です。

 

焼却工場や処理施設に自分で持ち込めば、都合の良いときに書類を処分できるというメリットがあります。
ただし、車に積み込むのも下ろすのも基本的には自分で全て行なわないといけません。
紙は量がまとまると相当な重さになるため、個人で運ぶのはなかなかの重労働です。

自治体に資源ゴミとして収集してもらう

再利用が可能な書類は、処理施設に持ち込んだり可燃ゴミとして出したりできないこともあります。

 

その場合は、資源ゴミとして収集してもらいましょう。
出し方は自治体によって違うため、お住まいの地域のルールに沿って書類をまとめ、収集日に出しておけば処分してもらえます。
資源ゴミとして収集してもらうのは、個人情報や機密情報などが含まれていない書類を処分するときはもっとも手軽な方法です。

 

ただし、プリンターの写真専用紙や感熱紙、圧着ハガキなどは再利用できないことがあり注意が必要です。
せっかく出しておいても、再利用に向かない書類だと収集されない可能性があり、そもそも書類が大量にあり過ぎて集積所に出せない!なんて場合も考えられます。

専門業者に依頼して溶解してもらう

個人情報や機密情報が書かれた書類が大量にあるときは、専門業者に溶解してもらうという処分方法もあります。

 

細かいご利用の流れや条件などは業者ごとで違いますが、溶解専用の箱を購入し、そこに書類を入れて回収してもらいます。
専門業者に溶解してもらうと、シュレッダーをかける手間がかからないという点がメリットです。
ただ、専用の箱を購入する他に手数料も必要なので、コストが高いというデメリットも。

 

中にはクリップやホチキスもそのままで大丈夫という業者もあるようですが、基本的に紙以外のものは入れることができないため、例えばホチキスやファイルなどは外しておく手間もかかります。

不用品回収業者に依頼する

機密情報などが含まれているような心配がなく、さまざまな書類が大量にあるなら不用品回収業者に依頼すると便利です。
遺品整理や大掃除などを行うと、一般の家庭でも古い書類が大量に出てくることがあります。

 

不用品回収業者なら、そのままの状態で回収してもらうことができ、手間がかかりません。お電話で依頼するだけで、早ければその日のうちに回収してもらえます。
分別もファイルなどを外しておく必要もなく、楽に書類を処分できます。

 

当社は、たとえDMなどが紛れていても、個人情報が漏洩しないようきちんと対応しますのでご安心ください。

書類の処分方法を選ぶポイント

下記では書類の処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

量が少ないときは可燃ゴミとして収集してもらう

DMや古い請求書などが数枚程度のときは、可燃ゴミとして自治体に回収してもらいましょう。   たとえ個人情報が書かれていても、量が少なければシュレッダーをかける手間もそれほどかかりません。 シュレッダーがなくても、ハサミなどで切れば十分対応できるので手元にある物で代用しましょう。 ただしシュレッダーをかけた書類を可燃ゴミとして出すときは、書類が細かくなっているため周りに散乱しないよう注意しましょう。
POINT 2

個人情報を含んだ書類が大量にあるときは情報漏洩しないように注意する

長年溜め込まれた書類が大量にあり、さらに個人情報が含まれているようなときは、情報が漏洩しない処分方法を選びましょう。 自分でシュレッダーをかけるのもいいですが、段ボールで何箱分にもなるような量だと時間が相当かかるかと思います。   その点、個人情報保護を重視した処理業者や不用品回収業者などに依頼すると自分で対応する手間がかかりません。 なお書類によっては、処分前に保管義務期間が経過しているかどうか十分に確認が必要です。
POINT 3

書類の他にもさまざまな不用品があるときは不用品回収業者を選ぶ

書類の他に、家具や粗大ゴミなどさまざまな不用品を処分したいときは不用品回収業者がオススメです。 量によって料金が違うので、必ず事前に見積もりを取るといいでしょう。 当社は回収だけでなく買取にも応じております。   まだお使いになれる不用品と一緒にお出しになれば、さらに割安で書類を処分することも可能です。

書類の処分料金について

下記では書類を処分料金について詳しくご紹介していきます。

 

書類を処分する際、できる限りコストがかからない方法を選びたいと考えますよね。

 

そこで、先ほど紹介した処分方法ごとにかかる料金の目安を解説していきます。

シュレッダーをかけて可燃ゴミとして収集してもらう:袋代 7円〜、シュレッダー代 数千円〜

可燃ゴミ専用の袋は、自治体ごと価格が違います。
45リットルほど入る大袋の場合だと、1枚7円前後〜160円前後と大きな差があります。この他、シュレッダーがない場合は新たに購入しなければなりません。
例えば家庭用の場合、数千円〜1万円前後で購入できます。

焼却工場や処理施設に持ち込んで処分してもらう:100円前後

自分で持ち込みをする場合、収集してもらうよりやや料金が安く設定されているのが一般的です。
持ち込みの場合も自治体によって料金は異なりますが、10kgにつき100円前後といったところでしょうか。
ただし、10kgに満たない場合でも料金は必要です。

自治体に資源ゴミとして収集してもらう:0円〜

再利用が可能な書類の場合、資源ゴミとして収集する際の手数料はかからない傾向が高いと言えます。
自治体の資源ゴミとして出す場合の料金は0円です。

専門業者に依頼して溶解してもらう:2000円〜

業者にもよりますが、段ボール1箱当たりの処理料金は安い場合で2000円ほどになります。
その他、専用段ボールの購入費として10箱当たり2万円前後必要です。

不用品回収業者に依頼する:2000円〜

不用品回収業者の場合も、業者によって料金は異なります。
目安としては、2000〜5000円ほどです。

 

当社は、最低2000円から対応しております。
書類以外の不用品も一緒に回収する場合は、割安での処分が可能なのでオススメです。

書類の処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまで書類の処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは書類を処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

より安く書類を処分できる!

当社は、名古屋地域のお客様を中心にご利用いただき、15年以上の歴史と33万件以上の不用品回収実績を積み上げてまいりました。

 

これまでのノウハウを活かしながら、効率のよい作業の実施でコストを抑える努力をしております。
その結果、お客様の負担を少なくし、低料金で書類を処分することが可能です。
こうした姿勢がお客様の信頼を集め、コストを抑えたいお客様に支持されております。

選ばれる理由 2

ご連絡から最短30分!即日対応も可能!

当社は、名古屋市内などエリアによっては最短の場合で30分で訪問させていただきます。

 

その日の道路事情などで状況が変わることもございますが、思い立ったその日に処分することが可能です。
そのうえ、お伺いしてから書類以外にも追加で不用品が出た場合でも一緒に回収することができます。
もしも、予約した日時を変更したいときも、可能な限りご要望に沿って変更いたしますのでお気軽にご相談ください。

 

当社のこうした柔軟性のある対応は選ばれる理由の一つです!

reason01

書類の処分に関するよくある質問

A. はい、もちろん空き家の片付けと併せて書類の回収も可能です。 当社は空き家の整理や片付けも対応しておりますので、お気軽に依頼してください。 長い間お使いになっていない建物ですと所有者でも片付けるのは大変です。 もしも貴重品が出てきたときは、「貴重品BOX」で現場のリーダーが丁寧に保管しますのでご安心ください。
A. その場合は、当社のスタッフが分別のお手伝いをすることもできます。 書類の量が多い場合、中には大切な書類がまぎれていることもございます。 ご自分でなかなか分別できない場合にも丁重に当社スタッフがご対応いたしますのでお気軽にご相談ください。
A. はい、可能です。 書類もご自分で運ぶとなると重く大変かと思います。 その他ご自分では運べない粗大ゴミや自治体では収集してもらえないリサイクル家電など、処分したいものがございましたらご相談ください。 まとめて処分することで料金が割安になることもございます。 当日思い立ったものも追加で回収することが可能ですので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。
A. もちろんそのままで大丈夫です。 他の書類回収業者や自治体ですと外す必要がある場合があり、かなり大変かと思います。 当社はホチキスやクリップ、ファイルなどもそのままで回収可能でございます。 お客様の手間を省いて当社スタッフが回収いたしますので、書類の整理でお困りの際はぜひご利用ください。
A. はい、書類に個人情報が含まれる場合も回収可能です。 当社は、たとえDMなどが紛れていても個人情報が漏洩しないよう細心の注意を払いご対応いたしますのでご安心ください。
A. はい、もちろん可能です。 当社の場合、少ない量で回収されるよりもよりお得にご利用いただけるかと思います。 お見積もりは無料ですので、お気軽にご相談ください。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。