愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

電子ドラムの処分費用はいくらかかる?正しい処分方法や注意点などのポイントを解説!

電子ドラムの処分で悩んでいませんか?

大きな音を鳴らしリズムを取るドラムは、人気の楽器です。しかし、ドラムは大きく音量を調節できないため、自宅での演奏は難しいとされてきました。そんな元来のドラムセットよりも、コンパクトで音を鳴らさない、あるいはヘッドホンからのみ出力という設定ができるため、発生する音を抑えられる電子ドラム。
しかしいくらコンパクトとはいえ、ギターやベースなどの楽器よりも場所は取ります。不要になった場合にそのまま取っておくのは難しいですよね。

 

「電子ドラムを処分したいけど、どうすれば良いか分からない・・・。」
「まだ使用できるから電子ドラムを出来るだけ高く売りたい!」

 

このようなお悩みはありませんか?

 

電子ドラムの処分でお困りの際には、実績豊富な出張回収センターにご相談ください!

 

弊社が迅速かつお手軽に、お客様の「今すぐ処分したい」にお応えします!
また、LINEの無料見積もりにも対応し、スマホだけで簡単にご相談いただけますので、お気軽にご利用ください!

目次

電子ドラムを処分する方法について

下記では電子ドラムを処分する方法を詳しくご紹介していきます。

電子ドラムの処分にあたり、次のような選択肢があります。それぞれの方法にはメリット・デメリットがあるので、特徴を理解の上でもっとも適した方法を選択しましょう。

自治体に粗大ゴミ回収を依頼する

基本的に電子ドラムは、そのままの状態で通常のゴミとして出すことができないため、廃棄をする時には自治体の粗大ゴミ収集を利用するのが一般的な方法でしょう。
電子ドラムを粗大ゴミとして収集してもらうには、次のような手順が必要になります。

 

1.インターネット受付や電話受付で自治体に申し込みます。
2.スーパーマーケット、コンビニエンスストア、郵便局などで、手数料納付券シールを購入します。
3.手数料納付券シールに氏名を記入して、電子ドラムに貼り付けます。
4.指定日時に指定場所へ電子ドラムを出します。

 

具体的な流れは、自治体で異なる場合があるので、詳しくはお住まいの地域の自治体でご確認ください。

 

粗大ゴミとして処分が必要な場合に注意が必要なのは、日程を自由に選べない点。例えば、名古屋市が実施しているインターネット受付の締め切りは、収集日の10日前までです。今すぐ処分したいときは、他の方法を選んだ方が良いかもしれません。

ゴミ処理施設へ直接持ち込む

自治体の粗大ゴミ処分を利用する場合、電子ドラムを直接ゴミ処理センターと持ち込むことも可能です。
戸別回収よりもさらに利用料金が安くなるのがメリットですが、直接の場合は手間が掛かるのはもちろんのこと、自治体によっては事前申し込みが必要となることも。その場合、直接持ち込んだとしても即日処分はできないものと考えておきましょう。加えて、自治体が管轄するエリアの住人でなければ利用できなかったり、持ち込みにあたり本人確認が必要になったりする手間も生じます。

 

なお、電子ドラムを持ち込むとなると車などで運搬する必要が出てきます。運ぶ手段がない場合は難しい方法と言えます。

分解して捨てる

そのままの状態では電子ドラムを捨てることは困難ですが、分解をして細かくすることで可燃ゴミや不燃ゴミとして捨てられる場合もあります。
元来のドラムと異なり本体サイズがコンパクトであるため、ネジを外したりパイプを切ったりすることで小さくすることも可能です。

 

しかし手間が掛かるのが難点であり、工具の使用が不慣れな方だと、思わぬ怪我をしてしまう恐れもあるでしょう。

フリマアプリやオークションサイトで売却する

フリマアプリやネットオークションなど、個人間取引サービスを利用するのも選択肢のひとつです。いろいろな物を出品でき、電子ドラムの売買も行われています。売却処分ができるため、電子ドラムを現金に換えたい時に適していますし、自分で出品価格を決められるのも嬉しい点ですよね。

 

しかしながら、個人同士の取引ゆえにトラブルが起こることもあるようです。購入者からクレームが入り返品を求められた、売れたと思ったが支払いをしてくれないなど、必ずしも気持ちの良い売買ができるわけでもありません。また、基本的には自分で梱包や発送作業を行う必要があり、不慣れな場合ですと戸惑うこともあるかもしれません。

リサイクルショップで売却する

要らなくなった物の処分方法として、リサイクルショップが選択されることもあります。自宅にまで引き取りにきてくれるサービス会社も増え、お手軽に電子ドラムも処分できるでしょう。デメリットは、売れなかった時に別の処分方法を考える必要があることです。商品価値がある物だけを買取対象にしているので、査定基準に満たない物だと断られてしまうことも。

楽器買取専門店で売却する

電子ドラムを処分する場合、楽器買取専門店で売却するのも良いかもしれません。
専門店のスタッフなら電子ドラムの知識を有しているため、壊れておらず目立った汚れや傷もないならば適切な価格で査定してくれます。購入からそこまで経っておらず、YAMAHA(ヤマハ)などの人気が高いモデルなら高値で買い取ってくれることも。処分したい電子ドラムが良い品ならリサイクルショップやフリマアプリではなく、楽器買取専門店へ持っていくことをお勧めします。

不用品回収業者に回収を依頼する

手間や時間をかけずに、手っ取り早く電子ドラムを処分したいのであれば、不用品回収業者がオススメ。

 

LINEや電話一本でスムーズに回収作業を行ってもらえるのが特徴であり、処分をしたい時にすぐに行動に移すことができます。もちろん電子ドラムだけでなく、その他の品々をまとめて引き取ってもらえ、断捨離や大掃除の時など、たくさんの不要品を一気に捨てたい時にも役立つでしょう。

 

とはいえ、気になるのはその費用ですよね。
不用品回収業者の中には買取に力を入れている業者もあり、そういった業者に依頼すれば、買取金額と回収費用を相殺することができるため、お得に利用することが可能なんです。市場で価値のある電子ドラムであっても、多方面の査定ができる専門スタッフが適正価格で査定してくれますし、査定額の交渉も可能なので安心です。

 

しかし、不用品回収業者のほとんどがこういったメリットがある一方、中には悪徳業者もあるので注意が必要です。
「無料回収」を謳い文句に、出張費用や運搬費用などを後から請求したり、不用品回収後に不法投棄したりするケースも。
不法投棄の場合は、業者だけでなく依頼主も法で裁かれるので他人事ではありません。


 

不用品の回収や処分には、一般廃棄物収集運搬業許可などの資格が必要になります。資格を取得している業者であれば、まず安心して大丈夫です。
必ずホームページに記載されているはずなので、不用品回収業者に依頼を検討する場合、まず資格を持った業者なのか、見積もりはどうか、さまざまな方向から調べましょう。

電子ドラムの処分方法を選ぶポイント

下記では電子ドラムの処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

利用がカンタンであること

不要品処分の手間を嫌う方も少なくないはずです。中でも、一般のゴミに出せない電子ドラムのようなアイテムは放置されがちですので、手間なく活用できるサービスでお手軽に処分を行うと良いかもしれません。
POINT 2

対応が早いかどうか

要らなくなったアイテムは、できるだけ早く処分をしたいと考える方は多いことでしょう。捨てるタイミングを失ってしまい、ついズルズルと溜め込んでしまうというケースも珍しくありません。タイムリーに利用できるサービスなら機会を逸してしまうこともなく、部屋をすっきりと保つことができます。
POINT 3

安心安全に利用できること

不要品の処分に際してトラブルになるケースもあります。これは個人間取引の場合だけでなく民間サービスを利用する時でも同様であり、悪徳業者も中には存在するため注意しましょう。豊富な実績があり、多くの利用者から選ばれている業者に相談をすることが大切です。
POINT 4

費用がリーズナブル

処分費用は安いに越したことはありません。特に買取ができる品は、捨てるよりも売却処分が最適であり、電子ドラムは需要も多いアイテムですので比較的、価値も付きやすいと言えるでしょう。

電子ドラムの処分料金について

下記では電子ドラムを処分料金について詳しくご紹介していきます。

どの方法を選択するかによって、生じる処分料金は変わってきます。
それぞれの方法によりかかる料金の目安をまとめましたので、参考までにご覧ください。

自治体の収集サービスを利用する場合:〜1,000円

自治体の収集サービスを利用する場合、各自治体によって料金設定は異なりますが、電子ドラムは1,000円前後で収集をしてもらえることが多いようです。持ち込みをする時ですと、半額程度で済むこともありますが、運搬用の車がない人はレンタカーの費用が別途必要となるかもしれません。

 

また、分解をして可燃ゴミ・不燃ゴミとして捨てる場合は、作業用の工具がないようなら別途、準備が必要です。
工具は100円ショップでも手に入りますが、それなりに使える物を準備しないと作業が捗らない可能性も。きちんと買い揃える場合は、3,000円前後のコストを想定する必要がありそうです。

フリマアプリなどで売却する場合:販売手数料+配送料

フリマアプリやオークションサイトといった個人間取引で処分をする方法だと、販売手数料や送料、梱包費用などが掛かります。
送料については、購入者に負担をしてもらうかたちで販売をすることも可能です。販売手数料は利用サービスによって異なり、出品価格の5%~10%ほどが差し引かれます。

リサイクルショップや専門店で売却する場合:〜1,000円

リサイクルショップや楽器買取専門店を利用する場合、買取ができる品ならば特に費用は掛かりません。
近くにショップがない時には出張買取や宅配買取で売ることも可能ですが、返送が必要になった時の費用が自己負担となる場合があり、およそ1,000円~の送料が掛かるでしょう。

不用品回収業者に回収を依頼する場合:2,000円〜

不用品回収業者の料金体系には、「不用品の回収料金+基本料金+オプション料金」のプランと、「トラック積み放題」のプランがあります。

 

電子ドラムだけ処分したい場合は、前者の方が安く済みますが、「他にもいろいろな不用品を処分したい」という時には後者のプランの方がお得です。電子ドラム単体の回収料金は、2,000円程度が相場となっています。そこに基本料金などの費用がプラスされると考えてください。
他の処分方法に比べると少々割高ですが、不用品回収業者はさまざまなサービスを受けられるだけでなく、買取で処分料金を相殺できる可能性があるので、意外とお得に利用できるかもしれません。

 

 

料金が安い方法が必ずしも自分に最適なものであるとは限りません。もし一刻も早く電子ドラムを処分したいという切迫したニーズがあるのであれば、多少費用は掛かるものの即日でも対応できるような不用品回収業者に引き取りを依頼するのがオススメです。逆に、そこまで急ぐ必要がないのであれば、コスト重視でなるべく安い方法を選ぶというのが良いかもしれません。

電子ドラムの処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまで電子ドラムの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは電子ドラムを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

地域に密着し、積み重ねてきた信頼

世の中には不用品回収業者がたくさんある中、当社が多くのお客様から評価も頂いている理由の一つは地域に根ざしたサービスにあります。

 

名古屋市を中心に15年以上に渡ってお客様に満足いただけるサービスを磨いてきた結果、当社の回収実績は名古屋NO.1の33万件以上にのぼります。
地域に密着した効率的な回収によるコストカットにも成功し、ご利用しやすい価格設定も実現しております。
お客様に満足いただけるよう丁寧な業務を続けてきたことにより、数々のメディアでも紹介いただきました。

 

電子ドラムなどの粗大ゴミや、ご自身で運搬が困難な重い物、大きな家具など、不用品のことで少しでもお悩みがございましたら、遠慮なくご相談ください。

選ばれる理由 2

スタッフは丁寧さと清潔さ重視!

車両には20種類以上の養生が常備されており、搬出作業に使用しています。
お客様のご自宅をキズ付けたり汚すことなく、安全に電子ドラムを回収できるよう努めています。

 

さらに、身だしなみや言葉遣いなど、スタッフへの教育も徹底してきました。
お客様が安心してお仕事を任せていただけるよう、細心の注意を払っています。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

大量の不用品も回収可能!同時に買取もOK!

当社では電子ドラム1点から複数まで、数量に制限を設けず回収を行っております。

 

長年培ってきた安心安全のプロの技術を活用し、お客様に余計な負担をおかけしませんのでご安心ください。
幅広い品目の家具・家電を取り扱っているため、住まいの自治体の公共回収では対応してもらえない大量の不用品であっても柔軟に対応いたします。

 

また、知識が豊富なスタッフによる買取サービスも同時にご利用いただくことで、料金のご負担を軽減することも可能です。
お客様の様々なニーズに柔軟に対応させて頂いておりますので、お気軽にご連絡ください。

選ばれる理由 4

車両にGPS機能搭載、ご依頼から最短30分!スピーディで丁寧な仕事

業務用の車両にGPS機能を搭載しているのも当社の特徴です。

 

お客様から急ぎで電子ドラムを処分したい!とご依頼があった場合、すぐに最寄りの車両と連絡をとって現地へと向かわせます。
エリア内の名古屋市近郊でしたら最短30分のスピーディーな対応が可能です。

reason05
22253735_s
選ばれる理由 5

安心して利用できる分かりやすいプラン!

当社がご用意しているプランは、どれもシンプルで分かりやすいものばかりです。

 

お見積料金や大型家具の解体費用など、手数料はすべて料金に含まれております。電子ドラムの処分で不用品回収を利用したいけれど、後から追加費用を請求されそうで怖いというお客様もいらっしゃるかもしれません。当社は複雑な追加料金は一切ございませんので、安心してご利用いただけます。

電子ドラムについてのお役立ち情報



最近、電子ドラムによる演奏を、ネットの動画などで見かける機会が増えました。
どこか特別なものというイメージの強かった電子ドラムですが、近年、かなり身近な存在になりつつあるようです。


今回は、電子ドラムの人気の理由、上手な使い方、人気メーカー、買い替え時のお得な処分方法などをご紹介します。


 


1.電子ドラムが人気!



最近はデジタル楽器が人気ですよね。


生ギター(アコースティックギター)に対する、電子ギター(エレクトリックギター/エレキギター)が生まれたのはおよそ1920年代頃のこと。今では、ギターといえばエレキギターのほうをイメージする方のほうが多いかもしれません。


アップライトやグランドピアノに対する電子ピアノ(デジタルピアノ)も、今ではすっかり市民権を得ています。新しくピアノを習い始める方の多くが、まず最初に電子ピアノを選んでいるのではないでしょうか。


 


さて、生ドラム、アコースティックドラムに対する電子ドラム(electronic drums)が登場したのは、1970年代のことでした。


その当時は、ドラムというよりは、電子的なサウンドが出せる打楽器という認識。一時的にブームになりましたが、大きな広がりを見せることはなく、その後再び電子ドラムが注目されるようになったのは、1990年代に入ってからです。


そもそも、ドラムを演奏するには、スタジオや防音設備の整ったスペースを用意しなければならず、練習場所の確保が問題になっていました。そこで、打撃音を抑えることができる電子ドラムが、練習用のドラムとして注目されるようになったのです。
楽器メーカーからも性能の優れた製品が発売され、電子ドラムの人気がどんどん高まっていきました。


近年、電子ドラムの性能はますます向上し、生ドラムに匹敵するような音を出せるハイスペックモデルも登場しています。


 


 


2.自宅で練習できる?電子ドラムは完全に静かなわけではない


自宅や、大きな音を出せないような環境での使用におすすめの電子ドラムですが、騒音の心配はまったくないのでしょうか?


 


電子ドラムの問題点は「音」よりも「振動」


スタジオや防音設備の整った部屋がなくても、自宅でドラムの練習ができるというのが電子ドラムの魅力ですが、実は、騒音問題に関して100%OK!というわけではありません。


電子ドラムは、叩いたときの打撃音をかなり軽減することができるのですが、「振動」を確実に抑えられるわけではないのです。
特に、集合住宅で電子ドラムを使いたいという場合には、かなり注意が必要です。力強くドラムパッドを叩くときや、ドラムペダルでバスドラムを叩くときに生じる振動は、建物の床や壁を伝わってかなり遠くまで響きます。昼間の時間帯でも、ひっきりなしに響いてくる振動はかなり迷惑!
調子に乗って電子ドラムを叩いていると、騒音問題でトラブルになってしまう可能性もあります。


 


電子ドラムの「振動」を抑えるためにすべきこととは?


自宅に電子ドラムセットを置く場合、厚手のカーペットなどの上にセットしている方が多いと思います。薄手のカーペットでも、重ねて敷くことで、電子ドラムを叩いたときの振動をかなり吸収することができます。


振動を抑える効果のあるマットを重ねて設置する方法もおすすめです。
楽器メーカーが販売している専用のマットのほか、市販されている振動防止マットを使うこともできます。振動や防音効果のあるマットは、ネット通販などで数千円~くらいの金額で購入することができます。


マットやカーペットを敷くことで、ドラムセットがずれるのを防ぎ、安定して設置できるというメリットもあります。


自宅で電子ドラムを演奏する場合は、フローリングに直接置かず、必ずマットやカーペットの上に設置するようにしましょう。使っているドラムセットのサイズよりも大きいサイズのもの、できるだけ厚いものを選ぶのがコツです。


 


より「振動」の少ない、スイッチタイプのドラムペダルを選ぶ


電子ドラムでもバスドラムを使って演奏することができますが、生ドラムのようなドラムペダルのタイプと、足でスイッチを踏むだけのスイッチタイプの2種類があります。
当然「ペダルタイプ」のほうが、振動が大きくなります。「スイッチタイプ」なら、足で踏むだけで音を生成できるので、振動をかなり抑えることができます。


 


本格的な演奏や練習をするためには「ペダルタイプ」を使いたいところですが、電子ドラムセットを設置する場所の状況によっては、「スイッチタイプ」を選んでおくほうが安心して練習できるでしょう。


 


3.電子ドラムで本格的な演奏ができる?



大きな音を出せない室内での練習用に発展してきた電子ドラムですが、ライブなどで演奏する際に使用することはできないのでしょうか?


少し前までは、ライブハウスなどで電子ドラムを使うことは、かなり難しかったようです。
まず、音の問題がありました。電子的に音を生成する電子ドラムでは、生ドラムの迫力ある演奏の代わりを務めることが難しかったのです。また、電子ドラム自体がそれほど浸透しておらず、ライブハウスなどで受け入れてもらえないという問題もありました。


しかし現在では、電子ドラムの性能が格段に向上。生ドラムに匹敵するほどの演奏ができるようになりました。騒音の問題から、むしろ電子ドラムを常設しているというライブハウスもあるようです。
ボリュームや音の種類を調整することができ、さまざま音と組み合わせて演奏することも可能な電子ドラムは、今後さらに発展していくことが予想されます。


 


電子ドラムの人気メーカー/ブランドをご紹介!


さまざまメーカーから電子ドラムが販売されていますが、特に人気が高いのは、



・Roland(ローランド)/日本
・YAMAHA(ヤマハ)/日本
・ALESIS(アレシス)/アメリカ


以上、3社。


 


それぞれ、初心者向けからプロ向けのハイスペックモデルまで幅広いラインナップがあるので、必要な性能、レベル、値段に合わせて選ぶことができます。


 


4.中古の電子ドラムセットをできるだけ高く売るためには?


演奏する機会がなくなってしまったり、買い替えや引っ越しなどで不要になった電子ドラムの処分を検討しているなら、中古で売る方法がおすすめです。お金と手間をかけて廃棄処分するよりも、ずっとお得に処分することができます。
電子ドラムに注目が集まりつつある今なら、より高く買い取ってもらえるチャンスです!


 


電子ドラムはどこで売るべき?


電子ドラムは高級な楽器であると同時に、精密な電子機器でもあるので、楽器を専門に扱うお店で、しっかりと査定をして買い取ってもらう方法がおすすめです。



近くにリサイクルショップなどがある場合でも、無理に解体して持ち込んで査定を受ける方法は避けた方がよいかもしれません。専門の業者であれば、出張査定/買取や、宅配による査定/買取のシステムが整っているので、手間なく、安心して売ることができます。
また、多少不具合がある場合でも、専門店なら修理して販売することができるというメリットがあります。


 


より高く売りたい場合、より手間なく売りたい場合は?


ネットフリマサイトやネットオークションサイトでも、中古の電子ドラムが売買されていますので、ネットフリマなどに慣れている方ならチャレンジしてみるのも良いかもしれません。
より高く売れるチャンスがあります。


急いで処分したい場合や、セッティングされた状態のまま動かせない、自力では運び出しや運搬が難しいというような場合は、民間の不用品回収業者にすべてお任せで依頼する方法があります。自宅まですぐに回収にきてもらえるので、とても便利です。


ただし、すべての不用品回収業者が中古品の買取に対応しているわけではありません。地域での古物商の認可を持つ業者でなければ買取できませんので、申し込み時に必ず確認するようにしましょう。


 


電子ドラムセットの処分・買取見積もりはこちらから


 


5.まとめ



注目度が高まっている電子ドラムについて、人気の理由、上手な使い方、人気メーカー、買い替え時のお得な処分方法をご紹介しました。
ぜひ、参考にしてみてください!


電子ドラムの処分に関するよくある質問

A. 弊社は、アルコール消毒と手洗い、マスクの常時着用を従業員に徹底させております。車両の消毒も実施しておりますので、ご安心ください。運転中も、定期的な車内換気を行っております。もちろん、電子ドラムの回収作業の際はソーシャルディスタンスを守りながら対応させていただきます。
A. 多くのお客様にお気軽にご利用いただきたい想いから、弊社ではリーズナブルな料金体系をご用意しております。それでも万一、他社の方がお得という時には、お見積り内容を改めさせていただきますので、弊社スタッフにお気軽にご相談ください。
A. 不要になった電子ドラムの買取サービスご利用時に、キャンセル料が発生することはございません。やっぱり売るのを止めたい、他のところで売りたいなどの際にも、安心をしてその旨をお申し出くださいませ。
A. もちろん可能でございます。弊社は回収制限は特に設けておりませんので、電子ドラムの引き取りに併せて回収を行うことも可能です。ただし、トラックの空き状況や、回収品目の内容によっては即日での対応が困難な場合もございます。量が多くなりそうな時には、あらかじめ弊社にご相談いただけますと幸いです。
A. 基本的には営業時間内での電子ドラム回収の対応となりますが、お客様のご都合に合わせ夜間の回収にも対応できる場合がございます。スタッフの調整も必要となるため、ご希望の日時を前もってご連絡くださいますと、当日に速やかにお伺いすることが可能です。
A. 弊社では回収した不用品はできる限りリユース・リサイクルなどを行い、廃棄が少なくなるよう努めております。また、海外への輸出や自社でのネット販売なども行っております。このような取り組みにより、廃棄にかかるコストを抑えられるため、電子ドラムの回収においてもリーズナブルな料金設定が可能なのです。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。