ドライヤーの

捨て方知ってますか?
賢い処分方法と処分料金や
注意点を詳しく紹介!

ゴミ出し・不用品整理について

こんなお悩みありませんか?

ドライヤーの処分について・目次

ドライヤー
処分する方法について

ドライヤーを処分する方法にはどのような方法があるのでしょう。
主な処分方法を以下にまとめました。

ドライヤーの処分方法として、以下の5つの方法をご紹介いたします。

自治体にごみとして出す

そもそもドライヤーって燃えるゴミ?燃えないゴミ?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
ほとんどの自治体でドライヤーは燃えないゴミに区分されます。
燃えないゴミの収集日に、いつものごみ収集所へ持って行って捨てましょう。

一部の地域では、ドライヤーは燃えないゴミではなく、粗大ゴミなど違う区分になっている場合がありますので、きちんと確認してから捨てるようにしましょう。

またドライヤーの大きさによっては、粗大ゴミの扱いになる場合もあるため注意が必要です。
一番長いところが、おおむね30cm未満の場合は家庭ごみとされています
一番長いところがおおむね30cm以上の場合粗大ごみされています。粗大ごみの場合は、地域の粗大ゴミ受付センターにご連絡ください。

お住いの地域ガイドブックやホームページ等を確認し、各自治体のルールに従って捨てましょう。

下取に出す

ドライヤーを買い替える場合には、家電量販店がおこなっている下取りサービスを利用することも賢く処分することができます。費用は無料なことが多いので、これから買い替えようと考えている方におすすめの処分方法です。

店舗によって、下取り可能な条件は異なりますので、事前に確認しましょう。

条件として、新しいドライヤーの購入金額に最低金額を設けている場合や、
下取りするものと購入するものが「同品目・同数」と決まっている場合が多いようです。

また壊れたドライヤーでも引き取ってもらえることもあるため、リサイクルショップやフリマアプリなどでは売却が難しいドライヤーを処分することができます。

小型家電回収ボックスを利用する

ゴミとして捨てず、リサイクルしたい!という方には、
「小型家電回収ボックス」へ持ち込んで、壊れたドライヤーを処分する方法もおすすめです。
ただ捨てるのではなく、きちんとリサイクルしてもらえるので、手放す方も安心できます。

回収できるものは自治体によって異なります。
お住まいの地域の回収対象にドライヤーが含まれているかは事前に確認しましょう。

小型家電回収ボックスはが設置されているのは、
公共施設や役所、家電量販店、スーパー、ホームセンター、郵便局、駅などです。

普段生活していると気付かないことも多いですが、意外と身近に設置されていますね。

フリマアプリやインターネットオークションを利用して売る

まだ使えるドライヤーであれば捨てるのではなく売って利益をもらえることも。
ドライヤーの売却は、フリマサイト、インターネットオークションで可能です。

フリマアプリやインターネットオークションで出品する際には、自分で売却金額を設定することができます。
ですが、送料は出品者側が負担することが多いです。そのため、送料を見据えた金額設定をしましょう。

フリマアプリやネットオークションで中古のドライヤーを販売する際には、後々購入者との間でトラブルにならないよう、商品の状態などは詳しく記載しましょう。
後々のトラブルを防ぐことにつながります。

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップに買い取ってもらうことで、その日のうちに処分できます。
リサイクルショップは、電話をして状態を説明すると買取ができるか教えてくれるお店も。
買い取ってもらえる場合は、その日のうちに処分することができ、買取金額分も受け取れます。
ですが、断られてしまった場合は他の方法を見つけなければいけません。

不用品回収業者に回収してもらう

少しでも早くドライヤーを処分したい場合や、他の不用品と一緒にドライヤーを処分したい場合に、ぜひご検討いただきたいのが不用品回収業者に回収してもらうという方法です。
不用品回収業者に依頼すれば、最短でその日のうちにドライヤーを引き取りに来てもらうことができるので、引っ越しなどの関係で急いでドライヤーを手放したいといった事情があるような場合に最適な方法です。
また、業者によってはハウスクリーニングや買取サービスも行っているところがあります。
ドライヤーを処分するついでに家の中を綺麗にしたり、家具を買取査定してもらえたりすることから、メリットが多い方法です。

ドライヤーの処分方法を迷っているあなたに

処分方法を選ぶポイント

POINT

再利用するかどうか

処分が必要なドライヤーの中には、まだまだ十分に使えるという状態の良いものが少なくありません。もしお手元にあるドライヤーがそういった状態であれば、ごみとして出すのではなく、再利用してもらえる方法で処分するということを検討してみるとよいかもしれません。例えば、フリマアプリやインターネットオークションを使って売却すれば、購入者にドライヤーを使ってもらえる可能性が高いでしょう。また、リサイクルショップで売却した場合も、再販売してもらえるので、新たな持ち主の手に渡ることが期待できます。使えるドライヤーを廃棄してしまうというのは、環境にも優しくないので、ぜひ再利用につながる方法で処分するという選択肢をご検討いただければと存じます。

費用負担するかどうか

ドライヤーの処分方法の中には、料金などの費用が発生するものと、そうでないものがございます。もし、1円たりとも費用を負担せずにドライヤーを手放したいという強い希望をお持ちの場合は、自治体の不燃ごみとして出したり、小型家電回収ボックスを利用するといった方法を選ぶようにするとよいでしょう。フリマアプリで売るという方法もございますが、希望する金額で買い手がつかず、値下げをしたら配送料の方が高くなるといったリスクがある点にご留意ください。

捨てるまでのスピードを重視するか

お得な料金プランをご用意

料金紹介

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費、出張費、梱包作業費、分別作業費、スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況に合った最適なプランをご提案させていただきます。
当サービスは、11,000円(税込)~が最安金額となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買取りが可能な不用品は
高価買取 いたします!!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、
買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

ドライヤー処分で出張回収センターが

選ばれる3つの理由

REASON
これまでドライヤーの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここではドライヤーを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。

最短30分でドライヤーの回収が可能

名古屋周辺からのご依頼であれば、最短で30分程度でドライヤーの回収にお伺いすることが可能です。当日の状況次第では、それよりもお時間を頂戴する場合がございますが、そういったケースでもできる限りその日のうちにお伺いするように努めております。当然ながら翌日以降の対応もできますので、もしご希望の日時があれば、担当の者にその旨をお申し付けください。

ドライヤーの回収料金は地域最安値級の水準

長年にわたって名古屋周辺で不要品の回収事業に従事してきたノウハウを活かして、できる限り作業を効率化するとともに、無駄なコストを削減することによって、地域最安値級の料金でドライヤーを回収しております。

ドライヤー1点でも回収可能

回収する不要品の数量については、特に制限を設けておりません。ドライヤー1点だけの回収も問題なく対応いたしますので、遠慮なくお申し付けいただければと存じます。

ドライヤーについてのお役立ち情報

ドライヤーについて


ここまでドライヤーの処分方法について紹介してきましたが、そもそもみなさんはドライヤーのことはご存知ですか?
ドライヤーの寿命や、買い替え時のサイン、長持ちさせる方法などドライヤーに関する知識を紹介します。

ドライヤーの寿命は?


ドライヤーの寿命は、平均で3〜4年を寿命と言われています。
時間に換算すると約130〜140時間がドライヤーの寿命となります。

ロングヘアーの方は、1回あたりの使用時間が長くなるため、平均寿命より短くなる可能性も高いです。

炊飯器は約9年、パソコンは5〜7年が平均寿命ということを踏まえると、小型家電の中でもドライヤーは寿命が短い方に分類されると言えますね。

そんなドライヤーについてしっかりと寿命を知って計画的に買い替えることをおすすめします。

買い替え時のサインは?


ドライヤーの買い替えどきがわからない…なんて方も多いと思います。
ここでは、ドライヤーの買い替え時のサインを紹介します。
危険な状態の一歩手前であることも。

ドライヤー本体が熱い


ドライヤー本体の発熱していたら、買い替えのサインです。
ドライヤーのノズル部分は熱風を出しているため、当然高温になります。
しかしドライヤー本体まで高温になってきたら買い替え時のサインです。

空気の吸込口にホコリや髪の毛がたまり、熱の逃げ道を遮っていることも原因として考えられます。
そのため、吸込口の掃除しても改善されない場合は、買い替えを検討しましょう。

ドライヤーから焦げ臭い匂いがする


ドライヤーから焦げたような臭いが出ているなと感じた場合も、買い替えのサインです。
ドライヤーから異臭がする場合、多くはモーターが焼けているなどの故障が原因となります。

そのまま使用し続けると、髪に臭いがうつったり、発火するなどの事故につながる危険があります!
ドライヤーから異臭がした場合は使用は控えてくださいね。

電源が入らない、温風が出ない


電源が入らない、またはスイッチを押しても温風が出なくなっと場合も買い替え時のサインです。
冷風と温風を切り替えられるドライヤーが寿命を迎えると、温風に切り替えても熱くならないことがあったり、冷風しか出ないときが増えます。
原因は本体の故障がであるケースがほとんどです。

ドライヤーをできるだけ長持ちさせる方法


ドライヤーの寿命や買い替え時のサインについて紹介しましたが、ドライヤーの寿命を少しでも伸ばすことはできるのでしょうか?
ドライヤーをできるだけ長持ちさせる方法を紹介します。

定期的に掃除をしよう


日頃の手入れとして、ドライヤー本体の定期的な掃除を心がけましょう。
吸込口や吹出口にはホコリや髪の毛がたまることが多く、放置しておくとモーターの故障に。
綿棒や歯ブラシ、掃除機等を使って、ドライヤーのホコリや髪の毛を除去できます。

頻度は月に1度くらいがおすすめ。
定期的に掃除をおこなうことで、モーターの劣化を防げます。

ドライヤーの掃除をする際には、必ずコンセントを抜いてから行うようにしましょう。
また掃除をしたあとはドライヤーを冷風にすると、取りきれなかったホコリなどをはらうことができます。

保管場所に気を付けよう


ドライヤーの保管場所にも注意が必要です。
お風呂場や洗面所など、湿気の多い部屋は避けるようにしましょう。
湿気によって、モーター部分が劣化するのを早めてしまうのです。

できるだけ湿度の低く、換気の行き届いた場所がドライヤーの保存方法として最適な場所です。
例えば寝室のドレッサーなどをおすすめします。

コードの扱いに気を付けよう


絡まりやすいコードへの配慮も、ドライヤーを長持ちさせるうえで重要です。
コードを持ち手に巻き付けて保管するのは避けましょう。
よくしがちな保管方法ですが、断線する危険があります。

ドライヤーのは、コードを持ち手に巻きつけることで、付け根部分から断線してしまうことが多くあります。
コードの付け根部分はデリケートなので、丁寧に扱いましょう。

ドライヤーを保管する際にはコードの付け根を曲げずにまっすぐとのばし、針金などで止めて保管することで、コードの脱線を防ぐことができます。




いかがでしたでしょうか。ドライヤーは私たちの生活に欠かせないものです。
ここでの情報を活用してドライヤーを大切に使い、長持ちさせてくださいね。
よくいただくお問い合わせをご紹介

よくある質問

A. ご依頼をいただければ、名古屋周辺であれば、最短で30分ほどで回収にお伺いすることが可能です。ただし、その日の状況によっては、もう少しお時間を頂戴する可能性もございます。お急ぎの場合は、ご依頼いただく際にその旨をお知らせいただければ、できる限り早く回収するようにいたします。
A. 壊れてしまって動作しないようなドライヤーでも問題なく引き取らせていただきます。回収したドライヤーは当社にて適切に処分いたしますので、安心してご依頼ください。
A. 当社が誇る優秀なスタッフがドライヤーの回収にお伺いします。替えの靴下を持参するなど、スタッフの身だしなみは徹底しておりますので、お客様に不快な思いをさせることはございません。なお、ご要望に応じて室内からの搬出作業もスタッフの方で行いますが、もし室内に入られたくないといった場合には、玄関前などでドライヤーを引き取ることも可能です。
A. 電話やオンラインフォームでお問い合わせいただければ、その場で見積りを提示いたします。LINEを使った簡易見積りサービスも実施しておりますので、そちらの利用もぜひご検討ください。
A. はい。可能です。 美容院の閉業の際など弊社では、一点から数の制限なく回収することができます。 ぜひ、無料見積もりの際にご相談ください。
A. はい。可能です。 弊社では、ドライヤー以外にも、ベッドや椅子といった家具や家電の回収も行っております。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例