愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

茶箱はどうやって捨てる?正しい処分方法と処分料金や注意点など詳しく紹介!

茶箱の処分で悩んでいませんか?

茶箱(ちゃばこ)は、茶道具の一種で、点前道具一式を収納して持ち運びするための箱のことです。籠形式の場合は茶籠(ちゃかご)と呼美、また茶の輸送・保管用の箱も茶箱と呼びます。
外側はスギ板でできており、内面は亜鉛メッキ鋼板張となっており気密性が高いものです。このため使用済みの箱は、収納用品として再販されていたんだそう。特に、衣類の保管では茶箱特有の匂いにより防虫剤の効果があるとして重宝されていました。

 

茶箱は、近年はあまり需要がなく、その存在を知らない方も多いのではないでしょうか?
それでも、昔から愛用し大事に手元に置いてる方も少なくありません。大切に使用してきたとは言え、劣化して処分しなければならなくなる時期は訪れます。
茶箱はそこまで大きくなく、パッと見木製に見えるので可燃ゴミで処分できそう!と思いがちですが、そのままでは可燃ゴミでは捨てられません。
じゃどう捨てるのが正しいのだろう?と悩みますよね。

 

茶箱の処分でお悩みなら、愛知・名古屋で豊富な実績のある出張回収センターにお任せください!

 

年中無休で即日対応、指定のエリア内ならばわずか30分でご自宅まで回収に伺います!

目次

茶箱を処分する方法について

下記では茶箱を処分する方法を詳しくご紹介していきます。

茶箱の処分方法は以下のようなものがあります。

解体して可燃ゴミ・不燃ゴミで出す

茶箱は外側は木製のため、可燃ゴミとして各自治体に回収してもらうことができます。
特に事前の連絡などは必要なく、指定の時間までに決められた回収場所に出しておけば問題ありません。

 

ただし、茶箱をそのまま可燃ゴミとして出すのは避けて下さい。基本的に一辺が長い大型の箱は、なるべく小さく分解して出す必要があるのです。
自治体により規定の大きさに違いがあり、おおよそ一辺が30cm以下になるように分解すれば問題ありませんが、分解・解体した際に、内部のメッキ部分は不燃ゴミとして処分する必要があります。必ず分別し処分するようにしましょう。
分解したものは、必ず指定のゴミ袋に入れて回収場所に出すようにして下さい。

粗大ゴミとして処分する

解体できない茶箱は、粗大ゴミとして処分できます。
粗大ゴミとして収集してもらうには、次のような手順が必要になります。

 

1.インターネット受付や電話受付で自治体に申し込みます。
2.スーパーマーケット、コンビニエンスストア、郵便局などで、手数料納付券シールを購入します。
3.手数料納付券シールに氏名を記入して、茶箱に貼り付けます。
4.指定日時に指定場所へ茶箱を出します。

 

具体的な流れは、自治体で異なる場合があるので、詳しくはお住まいの地域の自治体でご確認ください。

 

粗大ゴミとして処分が必要な場合に注意が必要なのは、日程を自由に選べない点。例えば、名古屋市が実施しているインターネット受付の締め切りは、収集日の10日前までです。今すぐ処分したいときは、他の方法を選んだ方が良いかもしれません。

アンティーク買取業者に買取してもらう

茶箱はアンティーク買取業者に買取してもらうこともできます。

 

アンティークと聞くと西洋のものを思い浮かべるかと思いますが、実は日本の骨董品などもアンティークとして高い需要があります。その中で茶箱などの茶道具も人気があるアイテムのひとつ。そのような所に買取を依頼すれば、専門の鑑定士によって高値が付くことも期待できるでしょう。
ただし、壊れていたり状態が悪かったりするものは、買取不可の場合も。その際はそのまま無料で引き取ってもらえる場合が多いのですが、中には処分費用が必要になる業者もあるため、その点は注意して下さい。

ネットオークションやフリマアプリに出品する

茶箱はお茶を保存するためのものですが、実はそれ以外の用途もあるんです。例えば茶箱の防湿性や防虫性が高いという特性を活かし、衣類を保管する方もいます。カメラなどの精密機械を保管しておくのにも最適なんです。このように様々な用途がある茶箱は一定の需要があり、ネットオークションやフリマアプリなどでも売れる可能性もあるというわけです。

 

特に状態が良いものやアンティーク調などデザインが優れたものは、高値が付く可能性も。ただし、売るためには適切な価格設定や状態の分かりやすい写真の掲載など、細やかな工夫が必要になります。しかも手間をかけても購入希望者が見つからない場合もあり、すぐに処分できない点はデメリットです。フリマアプリなどの多くは利用料無料ですが、売却した後に運営元に販売手数料を支払う必要があり、商品の配送料は自己負担となります。
また、個人間でのやり取りのため、思わぬトラブルに発展しないよう慎重な対応に心掛けるようにしましょう。

リメイクして再利用する

茶箱の状態がよく、まだ使えるようであれば、リメイクするのもオススメ。防湿性や防虫性が高く収納に優れた茶箱を、リメイクして新たなインテリアとして使用するんです。

 

リメイクする方法としては、茶箱の周りに布を貼ったり新たに塗装し直し、キャスターを付けたりも良いかもしれません。DIY関連で検索すればその他の方法も出てくるので、興味がある方は試してみても良いかもしれませんね。

不用品回収業者に回収は依頼する

茶箱は不用品回収業者に依頼して処分することもできます。処分に手間や時間をかけたくなく、かかる費用は気にしない方には、最もオススメの処分方法です。

 

不用品回収業者は自宅に訪問して回収するため、茶箱が大量にあっても簡単に処分可能。依頼すれば即日回収してくれ、自分の都合に合わせて日程も考慮してくれます。
大型の茶箱であっても分解する必要はなく、そのままの状態で問題ありません。もちろん、茶箱1つだけでも回収してくれますし、茶箱以外の不用品がある場合、まとめて回収に出せば費用を抑えて処分できます。さらに買取サービスを利用することで回収費用から買取金額を差し引くことでお得に利用もできます。不用品回収業者に依頼する場合、処分の手間や時間が掛からないのが大きなメリットと言えます。

 

しかし、不用品回収業者のほとんどがこういったメリットがある一方、中には悪徳業者もあるので注意が必要です。
「無料回収」を謳い文句に、出張費用や運搬費用などを後から請求したり、不用品回収後に不法投棄したりするケースも。
不法投棄の場合は、業者だけでなく依頼主も法で裁かれるので他人事ではありません。

 

不用品の回収や処分には、一般廃棄物収集運搬業許可などの資格が必要になります。資格を取得している業者であれば、まず安心して大丈夫です。
必ずホームページに記載されているはずなので、不用品回収業者に依頼を検討する場合、まず資格を持った業者なのか、見積もりはどうか、さまざまな方向から調べましょう。

茶箱の処分方法を選ぶポイント

下記では茶箱の処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

処分費用をなるべく掛けたくない場合は可燃ゴミ・不燃ゴミか粗大ゴミで出す

可燃ゴミ・不燃ゴミとして処分する場合費用は掛かりません。粗大ゴミとして処分する場合も、300円~600円程度と比較的費用は安いです。ただしどちらの場合も、手間が掛かるのがデメリットです。可燃ゴミ・不燃ゴミとして処分する場合は分解する必要があり、粗大ゴミとして処分する場合は事前予約やゴミ処理券の購入をしなければなりません。
POINT 2

茶箱を換金したいならば

茶箱の状態が良ければ売れる可能性もあるため、なるべくお金にかえたいという方はアンティーク買取業者やフリマアプリの利用、買取も可能な不用品回収業者の利用がオススメです。ただしどの場合も、売れない可能性があることは忘れないで下さい。また、ネットオークションやフリマアプリで売る場合はアプリ登録や商品写真の準備、購入者とのメッセージのやりとり、配送などの手間が掛かる点がデメリットでしょう。
POINT 3

手間を掛けたくない場合は不用品回収業者の利用がおすすめ

不用品回収業者ならばWebや電話などで簡単に依頼でき、即日回収に対応している業者も多数あります。指定のエリア内であれば、わずか30分程度で回収に伺うことも可能です。茶箱を分解する必要もなく、大量にあっても一度にまとめて回収いたします。費用は掛かりますが、手間がほとんど掛からないのは不用品回収業者の大きなメリットと言えます。
POINT 4

茶箱の分解は容易ではない

茶箱に使われている木材は厚くて丈夫で、簡単に切断できるものではないでしょう。また、内側には厚いアルミ板が貼られていることも多く、こちらも分解が非常に困難です。電動のこぎりやハンマーなどが必要になりますし、場合によっては女性一人では分解できない可能性もあるのです。そのため、可燃ゴミ・不燃ゴミとして処分する場合には注意が必要になります。分解できる自信がない方には、手間の掛からない不用品回収業者の利用をお勧めします。
POINT 5

茶箱を売る場合は手入れが必要

リサイクルショップやフリマアプリで売る際は、なるべく高値が付くようにキレイに手入れをした方が良いでしょう。ただし、手入れの際は注意が必要になります。茶箱には和紙が貼られていることもあり、その場合澱粉のりが使われている可能性が高いのです。澱粉のりは水で簡単に剥がれてしまうため、手入れの際は乾拭きするのが無難。茶箱のお手入れは意外と大変であるため、手間を掛けたくない方には不用品回収業者の利用をお勧めします。

出張回収センターの定額パックなら、他社だと費用が掛かってしまう内容も

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費+出張費+梱包作業費+分別作業費+スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況にあった最適なプランをご提案させて頂きます。

お見積・基本料金・出張費 通常かかる費用がすべてコミコミ!

コミコミ定額載せ放題プラン

当サービスは、11,000円(税込)~が最安金額となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買い替えや故障などでご不要になった家電から、大型の家具や粗大ゴミ、重量物まで、ほぼ何でも回収いたします。 お住いの地域では回収を行っていない「家電リサイクル法」「パソコンリサイクル法」の対象家電の回収も行っています。

お引っ越し、生前整理や遺品整理、ゴミ屋敷の片付け、一軒家丸ごとの家財一式処分、事務所の移転など、 大量の不用品がある場合はこちらのプラン。全て丸ごと迅速・丁寧に出張回収、引き取りさせて頂きます。

さらにここからお安く!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

茶箱を処分する際の費用が気になる方も多いと思います。ここでは、それぞれの処分方法でどのくらいの費用が掛かるのか解説します。

解体して可燃ゴミ・不燃ゴミで出す場合:0円

茶箱を解体して、外側の木製の部分は可燃ゴミ、内側のメッキ部分は不燃ゴミとして処分可能です。この場合、必要なのはゴミ袋代くらいで、手数料などの費用は一切かかりません。

粗大ゴミとして処分する場合:300円〜600円

茶箱はおおよそ一辺が30cm以上のものが多く、通常は粗大ゴミとして処分します。各自治体のルールや茶箱の大きさにもよりますが、その費用は大体300円〜600円ほどです。茶箱が複数ある場合それぞれに手数料が掛かるため、処分したい茶箱の量によっては費用が嵩むことも。
ただし、直接ゴミ処理施設に持ち込んだ場合は回収費用が安くなることが多く、場合によっては無料になることもあります。詳しくはお住まいの自治体に確認してください。

アンティーク買取業者に買取してもらう場合:0円〜

アンティーク買取業者に買取してもらう場合、利用する業者にもよりますが査定などの手数料が無料で利用できるところもあります。アンティークの買取は状態がよければ高額で売却も可能なので、一度査定してもらうのも良いかもしれません。

ネットオークションやフリマアプリに出品する場合:0円〜販売手数料+配送料

ネットオークションやフリマプリに出品するだけなら費用はかかりません。しかし、買い手が付いた場合には、運営元に販売手数料(販売価格の8〜10%程度)を支払う必要があり、商品の配送料も自己負担となります。梱包を自分で行うなど多くの労力も必要になります。急ぎで茶箱を処分したい場合や、やり取りが面倒に感じる場合は別の処分方法をお勧めします。

リメイクして再利用する場合:0円〜

茶箱をリメイクして再利用する場合、リメイクに必要な道具の費用はかかります。ただし、自宅にある古布を使用する場合や、普段からDIYを嗜む方なら塗料などの道具も揃っているかと思いますので、その場合は新たな費用はかかりません。ゴミとして処分せず、再利用するので、環境に優しい方法と言えます。

不用品回収業者に回収は依頼する場合:2,000円〜

不用品回収業者に依頼して回収してもらう場合、まずは基本料金2,000円〜3,000円程度が掛かります。そこに品目ごとの料金が加算され、茶箱の場合1,000円〜2,000円ほどになるでしょう。これは1つあたりの料金のため、例えば茶箱が5つあれば基本料金に5,000円〜10,000円ほどが加算されます。
思った以上に費用が掛かると感じた方には、積み放題プランのような定額サービスがオススメです。積み放題プランなら、細かい不用品5〜10点を8,000円程度で回収している業者が多いです。茶箱以外にも不用品がある時には、軽トラック一台分を15,000円ほどで回収してもらうことも可能。また、茶箱は買取できる可能性もあり、その場合回収費用に買取金額を充てればお得に利用できます。

 

料金が安い方法が必ずしも自分に最適なものであるとは限りません。もし一刻も早く茶箱を処分したいという切迫したニーズがあるのであれば、多少費用は掛かるものの即日でも対応できるような不用品回収業者に引き取りを依頼するのがオススメです。逆に、そこまで急ぐ必要がないのであれば、コスト重視でなるべく安い方法を選ぶというのが良いかもしれません。

茶箱の処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまで茶箱の処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは茶箱を処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

地域に密着し、積み重ねてきた信頼

世の中には不用品回収業者がたくさんある中、当社が多くのお客様から評価も頂いている理由の一つは地域に根ざしたサービスにあります。

 

名古屋市を中心に15年以上に渡ってお客様に満足いただけるサービスを磨いてきた結果、当社の回収実績は名古屋NO.1の33万件以上にのぼります。
地域に密着した効率的な回収によるコストカットにも成功し、ご利用しやすい価格設定も実現しております。
お客様に満足いただけるよう丁寧な業務を続けてきたことにより、数々のメディアでも紹介いただきました。

 

茶箱などの粗大ゴミや、ご自身で運搬が困難な重い物や大きな家具など、不用品のことで少しでもお悩みがございましたら、遠慮なくご相談ください。

選ばれる理由 2

スタッフは丁寧さと清潔さ重視!

車両には20種類以上の養生が常備されており、搬出作業に使用しています。
お客様のご自宅をキズ付けたり汚すことなく、安全に茶箱を回収できるよう努めています。

 

さらに、身だしなみや言葉遣いなど、スタッフへの教育も徹底してきました。
お客様が安心してお仕事を任せていただけるよう、細心の注意を払っています。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

大量の不用品も回収可能!同時に買取もOK!

当社では茶箱1点から複数まで、数量に制限を設けず回収を行っております。

 

長年培ってきた安心安全のプロの技術を活用し、お客様に余計な負担をおかけしませんのでご安心ください。
幅広い品目の家具・家電を取り扱っているため、住まいの自治体の公共回収では対応してもらえない大量の不用品であっても柔軟に対応いたします。

 

また、知識が豊富なスタッフによる買取サービスも同時にご利用いただくことで、料金のご負担を軽減することも可能です。
お客様の様々なニーズに柔軟に対応させて頂いておりますので、お気軽にご連絡ください。

選ばれる理由 4

車両にGPS機能搭載、ご依頼から最短30分!スピーディで丁寧な仕事

業務用の車両にGPS機能を搭載しているのも当社の特徴です。

 

お客様から急ぎで茶箱を処分したい!とご依頼があった場合、すぐに最寄りの車両と連絡をとって現地へと向かわせます。
エリア内の名古屋市近郊でしたら最短30分のスピーディーな対応が可能です。

reason05

茶箱の処分に関するよくある質問

A. はい、喜んで承ります。もちろん茶箱一点からでも回収しており、サイズの制限もございません。なお、当社にはトラックへ積み放題プランという不用品をまとめて回収することでお一つあたりの費用をお安くできる料金プランがございます。もし茶箱以外にも不用なものがございましたら、合わせて回収することでお得に処分できるので是非この機会にご検討下さい。
A. もちろん、壊れた茶箱も回収可能でございます。熟練のスタッフが対応しますので壊れた茶箱が大量にあっても、回収の際に室内を汚したり破損したりする心配もないのでご安心下さい。
A. 当社は即日対応いたしております。名古屋周辺の指定エリア内であれば、最短30分で回収にお伺いすることも可能でございます。ただし繁忙期など依頼が集中している時には、残念ながらご希望の時間帯に回収できない可能性もございます。お急ぎの場合は、なるべく早めにご連絡下さい。
A. はい、茶箱回収のお見積もりだけのご依頼にも対応しております。当社は愛知・名古屋で最安値級の料金設定で実績も豊富ですが、もしお見積に納得いただけない場合キャンセルも可能でございます。その場合キャンセル料も発生いたしませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。
A. 茶箱の回収のお申し込みはいつでも受け付けております。ご連絡をして頂いた当日でもご訪問が可能です。ただし、急ぎの場合でしたら、他のお客様との兼ね合いもございますので、できるだけお早めにご依頼ください。お客様のご希望にお応えするよう努めさせていただきます。
A. 当社は年中無休で土日祝日も営業しております。夜間の茶箱の回収のご依頼も承っておりますが、別のお客様との兼ね合いやスタッフのスケジュール調整などございますので、お客様のご予定がお決まりでしたらお早目にお問い合わせください。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。