発電機の処分方法8選!無料の捨て方や燃料の処分方法まで徹底解説

目次

2927050 m

一昔前までは工事現場や農業などで使われ、一般家庭にはあまりなじみのなかった発電機。しかし最近ではコンパクトで扱いが簡単なものが製造されるようになり、アウトドアブームで需要が増えたこと、災害時の備えへの意識が高まったことから家庭に導入されることも増えてきました。

キャンプや庭での日曜大工など屋外での活動の際に1台あると便利ですし、普段使わなくても災害用に購入しておくと安心ですよね。

しかしそんな発電機は不要になったり故障したりして処分する際、「燃料を使っている」「サイズが大きい」「自治体では回収不可とされることも多い」ことから、捨てづらいものでもあります。買ったはいいものの、どう処分したらいいかわからずお困りの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回のコラムでは発電機の処分方法について確認していきます。

処分の際にかかる費用や無料で処分する方法、注意点など詳しく取り上げるので、お困りの方はぜひ確認してみてくださいね。

▼こちらのコラムもおすすめです▼

まずはお気軽にご相談ください!
電話受付時間:9時~19時

発電機とは

2944123 m

発電機とは燃料でエンジンを動かし、電気を作る機械のことを指します。メーカーによって名称やサイズ、出力などに細かい違いがあるものの、大きく分けると以下の2種類に分類されます。

種類特徴
インバーター◎電気を安定する装置がついているのでパソコンやテレビなど精密機器にも使用できる
◎低燃費・軽量でコンパクト
△高額
スタンダード
(インバーター以外のもの)
◎高出力
◎比較的安価で購入できる
△周波数の切り替えができないので使用する場所には注意が必要
△精密機器には使用できない

また、形状もオープンフレームタイプとエンジンを囲った防音タイプの2種類あり、使う場所に合わせて選ぶことが可能です。

  • オープンフレームタイプ:エンジンが覆われていないので稼働音が大きい
  • 防音タイプ:エンジンを覆っているので音が比較的静か

燃料は3種類

発電機は以下の3種類の燃料でエンジンを動かし、発電をおこないます。

  • 軽油(ディーゼル)※大型発電機に使用される場合が多い
  • ガソリン
  • ガス(カセットボンベ・LPガス)

ガソリンはコスパが良いものの管理が大変、カセットボンベは管理が簡単なものの長時間の使用には向かないなど、燃料それぞれにメリットとデメリットがあります。発電機を選ぶ際は、種類や出力、本体の価格だけでなく使用する燃料についても考慮しておく必要があるでしょう。

ポータブル電源との違い

発電機と混同されやすいものの一つにポータブル電源があります。発電機とポータブル電源は電力を供給するという用途は同じものの、燃料や電力量はまったく異なる別物です。自治体で処分する場合は捨て方も違うことが多いので、間違わないように注意しましょう。

ポータブル電源の特徴

  • 電気を蓄電して使用する
  • 電力量が発電機より少なく、複数の家電は使えない
  • 発電機よりも音が静か
  • 廃棄しないので室内でも使える
  • メンテナンスが簡単

ポータブル電源についてはこちらの記事でも詳しく取り上げています。興味がある方は参考にしてみてください!

発電機は何ごみ?分別は自治体ごとに違う

24038200 m

その大きさや重さ、機械であることから「粗大ごみ」として処分できると思いがちな発電機。

しかし発電機をどの分別で捨てるかの判断は、自治体によって異なっています。

自治体分別区分備考
北海道札幌市大型ごみエンジン付は販売店へ
神奈川県横浜市粗大ごみ持ち運び可能なものに限る オイル・ガソリン等は抜いて
東京都八王子市回収不可専門業者に処理を依頼する
埼玉県秩父郡東秩父村粗大ごみ
東大阪市回収不可販売店等に相談
高知県高知市資源物「金属」燃料は抜いて
沖縄県沖縄市市で収集不可

上記の表を確認してもらえばわかるように、発電機は大型ごみや粗大ごみになるほかに、金属ごみや不燃ごみにされることもあり、回収不可になっているケースも多いです。その場合は自治体のごみ回収で捨てられないので別の手段を検討する必要があります。

適当に分別して捨てた場合、せっかくごみにだしても回収されなかったり不法投棄として取り扱われたりしてトラブルになる可能性もゼロではありません。

捨てる際にはまずお住まいの自治体のルールを確認して、正しく処分ができるようにしましょう。

発電機の処分方法8選!

22053219 m

ここからは実際に発電機を処分する方法を順番にご紹介していきます。

  1. 粗大ごみとして捨てる
  2. 不燃ごみとして捨てる
  3. 自治体の処理工場へ自己搬入する
  4. メーカーや販売店に問い合わせてみる
  5. 買取専門店で売却する
  6. フリマアプリやネットオークションに出品する
  7. 人に譲る・ジモティーを使う
  8. 不用品回収業者に依頼する

処分時にはぜひ参考にしてみてください。

①粗大ごみとして捨てる

お住まいの自治体で発電機が粗大ごみに分別されていた場合、予約や手数料納付券の購入を事前に済ませておく必要があります。ごみに出す手順は以下のとおりです。

  1. 受付締切日までに粗大ごみ受付センターに電話かインターネットで申込
  2. 収集日、収集場所、料金を確認する
  3. スーパーやコンビニなど指定の販売店で手数料納付券(シール)を購入
  4. 処分する家具や家電に受付番号や氏名を記入した手数料納付券を貼る
  5. 収集日に指定場所に出す(立ち合いは不要)

予約の受付締切日や収集頻度、手数料の金額などは自治体によって違いがあります。事前にお住まいの地域のルールを確認しておき、確実に発電機を捨てられるようにしておきましょう。

この方法であれば比較的安価な費用で発電機を処分できますが、その反面すぐに捨てられない、ごみ捨て場まで発電機を運ばなければならない、といったデメリットも。

急ぎの場合や、持ち運びが難しいなら別の手段を検討したほうがいいかもしれません。

②不燃ごみとして捨てる

粗大ごみや大型ごみとされることが多い発電機ですが、自治体によっては「不燃ごみ」「金属ごみ」など別の分別にされていることもあります。

その場合は、ごみ袋に入れた発電機を指定日時にごみ収集所に持って行けば処分が完了します。予約は必要なく、費用もごみ袋代を除けば無料なので比較的簡単な処分方法と言えるかもしれません。

ただし、発電機の種類やサイズによっては分別が変わることもあり、そうなるとごみにだしても回収してもらえない可能性があります。分別や捨て方に不安があるなら、ごみを捨てる前に自治体に問い合わせて確認しておきましょう。

③ごみ処理施設へ自己搬入する

粗大ごみの回収日を待たずに処分したい、ほかのものもまとめて捨てたいということでしたら、自治体のごみ処理施設へ発電機を自己搬入するという方法もあります。

こちらも粗大ごみと同じく、事前予約の有無や手順、回収費用は自治体によって異なっています。いきなり持ち込むのではなく、事前にルールの確認を必ずしておきましょう。

自治体手順と費用
神奈川県横浜市の場合事前に粗大ごみ受付センターへの申込と手数料の納付が必要。
申込日時に搬入施設に持込む。
市が収集する場合と同じ料金が必要。
愛知県名古屋市の場合事前予約は不要。
車に処分するごみを積んだ状態で、お住まいの区の環境事業所で受付をおこなう。
指示された場所まで自分で搬入をし、ごみを計量したあとで手数料を支払う。
処理手数料は10キログラムまでごとに200円。
大阪府大阪市の場合居住区の担当処理施設に電話予約が必要。
最大辺が1mを超えるものなどは破砕処理が必要となるので、その場合は破砕設備設置の舞洲工場に問い合わせて指示を受ける。
処理手数料は10キログラムごとに90円。

この方法であればすぐに発電機を処分でき、また搬入するものの重さによっては戸別回収よりも安い費用で発電機を処分できる可能性もあります。ただし、

  • 発電機を回収不可としている自治体では、自己搬入しても回収してもらえない
  • 搬入には車が必須
  • 平日の限られた時間しか利用できない

上記のようなデメリットもあるため利用できない人もいるかもしれません。その場合は別の手段を検討する必要があるでしょう。

④メーカーや販売店に問い合わせてみる

自治体で発電機が回収不可となっている場合は、発電機のメーカーや購入した店舗に処分について問い合わせをしてみましょう。お手持ちの発電機に適した処分方法を案内してもらえます。

(参考:ヤマハよくあるご質問

確実に発電機を処分する方法を教えてもらえるので便利な方法ではありますが、回収についてどこにも記載がないメーカー・販売店も多いので注意してください。

その場合は自分でお客様窓口を調べて問い合わせをするか、別の方法での処分を検討する必要があるでしょう。

⑤買取専門店に売却する

発電機は非常に高額な製品なので、中古のものでも需要があります。まだまだ使える発電機であれば、捨てるよりも売却してオトクに処分をしましょう。

発電機はリサイクルショップでも売却することはできるものの、たくさんのジャンルのものを扱うリサイクルショップでは発電機の価値や状態が考慮されず、安値での買取になってしまう可能性があります。そのため、

  • ホンダ(本田技研工業)
  • ヤマハ(ヤマハモーターパワープロダクツ)
  • YAMAZEN(株式会社山善)
  • KOSHIN(株式会社工進)
  • EENOUR(イーノウ)
  • 新ダイワ(新ダイワ工業株式会社)
  • DAYTONA(株式会社デイトナ)

といった有名メーカーの発電機をお持ちの場合は、アウトドア用品買取専門店や中古家電買取専門店、電動工具や業務用機械の買取専門店といった専門性の高い買取店に売却するのがおすすめです。発電機の市場価値や相場を熟知したスタッフが査定してくれるので、安心して依頼ができますよ。

そのほか、もし汚くて売れない、故障している発電機をお持ちであればスクラップ業者に売却することもできます。リサイクルショップや買取専門店での買取よりはかなり安い金額での売却になるものの、費用をかけずに発電機を処分できます。捨てる前には一度問い合わせをしてみてもいいかもしれません。

⑥フリマアプリやネットオークションに出品する

発電機はフリマアプリ・ネットオークションに出品して処分することも可能です。

自分で自由に価格を設定できるので、リサイクルショップや買取専門店より高く売れる可能性があります。古かったり故障していたりしてもジャンク品として売れる場合もあるので、どんな状態のものでも捨ててしまう前に一度出品してみるのがおすすめです。

スマホひとつあれば出品ができて便利なフリマアプリ・ネットオークションですが、利用の際には以下のような注意点もあります。

  • 梱包から発送までを自分で全ておこなうので手間がかかる
  • 重さとサイズがある発電機は送料が高くなる
  • 売却できた場合は販売額に応じて5%~10%の手数料がかかる
  • すぐに売れるわけではないので急ぎの場合には不向き

リサイクルショップや専門店に売却するよりは時間や手間がかかるため、時間に余裕がある場合のみ利用できる方法です。急ぎの場合には別の方法を検討しましょう。

⑦人に譲る・ジモティーを利用する

周りに発電機を必要としている人がいれば、発電機を譲って使ってもらうという手もあります。

お譲りすることができれば発電機を捨てたり売ったりするのに手間をかけずに済み、もし譲る人がそのままでいいというなら燃料が入ったままお渡しすることもできるので一番手軽な方法と言えるかもしれません。

ただし、発電機に不具合があったり汚れがひどかったりすると譲ったあとでトラブルになることも。お譲り前には発電機の状態を詳しく相手に伝えておき、メンテナンスをおこなってきれいな状態のものをお渡ししてトラブルを防止しましょう。

もしお譲りする相手が見つからないなら、ジモティーを利用して譲り先を探すこともできます。

ジモティーはフリマアプリやネットオークションと同じく出品の手間はかかるものの、手数料や送料といった諸費用がかかりません。直接手渡しできれば梱包や発送も必要ないので、送料や梱包の手間をなくしたい場合に利用するのもいいでしょう。

ただし、譲る相手とのやりとりに時間がかかったりすぐに譲り先が見つからなかったりすることもあるので急ぎの場合には不向きというデメリットも。

そのほかドタキャンや個人情報の漏洩など、個人間取引ならではのトラブルに巻き込まれるケースも頻発しているので注意しましょう。「ジモティー内のチャットでやりとりを完結させるようにする」「受け渡しはコンビニや駅など人気がある場所でおこなう」ことを徹底するなど、取引の際にはある程度自衛も必要です。

急いでいて人とのやりとりが面倒、知らない人と会うのに抵抗があるということでしたら別の方法を検討したほうがいいかもしれません。

⑧不用品回収業者に依頼する

  • 自治体で発電機が回収不可になっている
  • 忙しくて発電機を処分する暇がない
  • 発電機のほかにもまとめて処分したいものがある

といった事情でお困りなら不用品回収業者の利用がおすすめです。

不用品回収業者は自治体で回収してもらえなかった発電機や重たくて持ち運べない発電機、汚れた発電機などどんな状態の発電機でも回収してくれます。もちろん発電機のほか、タイヤや一斗缶など処分しづらく家の物置に置きっぱなしの不用品もまとめて回収OK。分別や搬出、積込まですべてスタッフにおまかせできるのでとにかく手間がかかりません。

また、不用品回収業者は年中無休で稼働しており、即日や夜間の作業にも臨機応変に対応してくれるという大きなメリットも。お急ぎの方や忙しい方には特におすすめしたい方法となっています。

※ガソリンは回収不可としている業者もあるので注意しましょう。その場合、代理で廃棄という形でガソリンを処分できるケースもあります。事前にガソリンなどの燃料の取り扱いができる業者かどうか、必ず確認をしておきましょう。

不用品回収業者をできるだけ安く利用するなら

不用品回収業者はメリットが多い処分方法ですが、発電機1点だけを処分するとなるとほかの方法よりも処分費用が高くなりがち、というデメリットがあります。できるだけ安く発電機を処分したいなら、以下のようなポイントを押さえてみてください!

  1. 不用品を買い取ってもらう
  2. 不用品を複数点回収してもらい、オトクな定額プランを利用する
  3. 複数の業者から見積もりを取る

中でも、複数の業者から見積もりを取って費用を比較する「相見積もり」は重要なポイントです。

複数の業者の見積もりがあれば、提示された料金やプランが最適なものかどうか、同じサービス内容でより安い業者はどこかがすぐわかります。そのため、より安くサービスが充実した不用品回収業者を選びやすくなるのです。

さらに、複数の見積書を見比べることで見積書の不審な点にも気づきやすくなり、悪徳業者とのトラブルを防止するのにも役立つというメリットも。

忙しいときには難しいとは思いますが、できれば2~3社以上の業者から見積もりをとって比較してみるのがおすすめです。荷物量やご自身の希望に合った業者選びができるよう、依頼前にはぜひ「相見積もり」を試してみてくださいね。

▼不用品回収業者の選び方についてはこちらでも詳しく解説しています▼

発電機を処分する際の注意点

29097148 m

ここからは発電機の処分時に知っておきたい注意点について解説します!捨てる前には一度、目を通してみてください。

燃料を抜いておくのを忘れずに!

自治体でごみとして発電機を処分する方法や売却・譲渡する方法などさまざまな処分方法をご紹介してきましたが、どんな方法で処分するにしても「発電機内のガソリンやエンジンオイルなどの燃料はすべて抜いておく」ことを忘れないようにしてください。

ガソリンが入ったままの発電機の処分は、火災や爆発につながる可能性もあり大変危険です。また、発電機を郵送する場合はほんのわずかな量が残っているだけでも危険物とされ、受付してもらえないケースもあるため注意してください。

燃料の取り出し方については取扱説明書に記載があります。指示に従い燃料を取り出し、発電機を安全に処分できるようにしておきましょう。

抜いた後の燃料の捨て方

抜いた後のオイルやガソリンは適当に処分すれば大きな事故に繋がりかねず、また誤った処分方法は環境破壊につながることもあります。

必ず正しい方法で処分をおこないましょう。

ガソリン

抜いた後のガソリンは専用容器に入れ、ガソリンスタンドに持ち込めば回収してもらえます。回収費用は無料~数百円とガソリンスタンドごとに違い、また店舗によっては回収してもらえないこともあるため事前の確認が必須です。

ガソリンの捨て方はこちらの記事も参考にしてください。

エンジンオイル

エンジンオイルもガソリンと同じく、少量でもそのまま捨てたり撒いたりすることはできません。

  • ガソリンスタンドに持ち込んで捨ててもらう
  • 購入店で引き取ってもらう

といった方法で処分ができますので、お近くのガソリンスタンドやエンジンオイルを購入したお店に問い合わせをしてみましょう。

近くに引き取ってくれるお店がないなら廃油処理パックにオイルをしみ込ませたあと、自治体のごみ回収で捨てるという方法もあります。オイルをしみ込ませた廃油処理パックがどの分別になるかは自治体ごとに異なりますので、きちんと確認してからごみに出すようにしてください。

カセットボンベ

取り外したカセットボンベは、中身が入っているものであれば火気のない屋外や風通しの良いところでガスを抜きます。ガス抜きキャップが装着されていることが多いのでそちらを利用し、処分をおこないましょう。※ガスが噴き出す恐れがあるため穴はあけないようにしてください。

ガスを抜いた後のカセットボンベは自治体の指示に従い処分をします。

  • 神奈川県横浜市:ガスボンベ(カートリッジ式)は中身を使い切り「スプレー缶」として捨てる。穴あけ不要。キャップは「プラスチック製容器包装」へ。中身が出せなくなったものについては収集事務所に相談
  • 愛知県名古屋市:カセット式ガスボンベは「発火性危険物」として捨てる。キャップは「プラ容器包装」。穴あけ不要で、中身を完全に使い切ってからごみに出す
  • 福岡県福岡市:カセットボンベは「燃えないごみ」で必ず中身を使い切ってから捨てる。

自治体によって捨て方は異なりますので、こちらも確認が必須です。

業務用のものは自治体では捨てられない!

業務用の発電機は産業廃棄物となり自治体では捨てられず、別の方法での処分が必要になります。業務用でなく家庭で使用するような小型の発電機を事業で使った場合も「事業に利用した」ものであれば産業廃棄物になるため、廃棄の際には注意しましょう。

自治体によっては排出量が少量の場合には例外的に「事業系一般廃棄物」として受け入れ可能としているところもあるなど、捨て方が異なるケースもあります。まずはホームページを確認し、記載がない場合は直接自治体に問い合わせてみて確実に処分ができるようにしましょう。

処分方法

産業廃棄物となった発電機は、自治体のホームページに記載されている処理方法に従って処分します。

上記のように自治体のホームページでは産業廃棄物の処分方法と、産業廃棄物処理業(収集運搬業、処分業)の業者をリスト化して掲載してくれているので、そちらをまず確認しておきましょう。

産業廃棄物処理業者に処分を依頼すれば少なからず費用はかかりますが、費用を節約したいからと無資格の業者に回収を依頼すれば「5年以下の懲役または1000万円以下の罰金若しくはその両方」と重い処罰が業者だけでなく依頼者にも科せられます。

(参考:群馬県廃棄物処理法における罰則一覧表

業者が資格を持っているかどうか必ず事前に確認しておくようにしましょう。

また、業務用の大型発電機や非常用発電機で古い年式のものの中にはパッキンやエンジン部分にアスベストが含まれているものがあります。適当に取り扱えばアスベストを吸い込む恐れがあり大変危険です。

アスベストを含んだ製品をお持ちの場合は、取り扱いができる専門業者に依頼して適切な処分をするようにしましょう。

まとめ

22136260 m

今回のコラムでは発電機の処分方法や注意点について解説しました。

ご紹介した処分方法は以下の8つです。

  1. 粗大ごみとして捨てる
  2. 不燃ごみとして捨てる
  3. ごみ処理施設へ自己搬入する
  4. メーカーや販売店に問い合わせてみる
  5. 買取専門店で売却する
  6. フリマアプリやネットオークションに出品する
  7. 人に譲る・ジモティーを使う
  8. 不用品回収業者に依頼する

コンパクトになり一般家庭でもよく使われるようになった発電機は、重量があること、燃料を使用する機械であることから処分が難しい製品です。自治体ごとに分別や捨て方は異なっているので、処分するならまずはお住まいの自治体の処分方法について確認しておきましょう。

故障したものや汚い発電機は捨てるしかありませんが、まだまだ使える発電機なら売却や譲渡も可能です。記事内ではそれぞれの方法のメリットとデメリット、注意点を解説しているので、お手持ちの発電機の状態や希望に合わせて適切な方法を選んでみてください。

どのような方法で処分するにしても燃料を抜くのを忘れないようにしてくださいね。

ガソリンが入ったままの発電機や重たくて持ち運べない発電機の処分にお困りなら、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。

  • 不用品の分別や搬出をスタッフにすべておまかせできる
  • 買取もしてもらえる
  • 業者によっては燃料の処分もお願いできる
  • 自分の都合のいい日時に作業してもらえる

手間や時間をかけずに処分を完了させることができるので、お急ぎの場合や忙しくて処分が難しい場合にはぜひ利用してみてください。