割って捨てられる?鏡の正しい処分方法5選と注意点を解説

目次


メイクやヘアセット、洋服のコーディネートには欠かせない鏡。どのご家庭にも1つはある身近なアイテムですが、いざ捨てるとなるとどう処分していいものか迷ってしまうものでもあります。

特に割れてしまった鏡の処分は手間がかかり、また、姿見や全身鏡、スタジオ用の鏡などサイズが大きいものは運ぶのも一苦労のため、処分にためらって捨てそこなっている方も多いのではないでしょうか。

今回のコラムでは、そんな鏡の種類と素材を解説し、お手持ちの鏡のサイズや状態に合った処分方法をお伝えしていきます!

どう捨てるかわからず放置したままの鏡がある、高価な鏡なので捨てるのにためらいがある・・・などなど、鏡の処分にお悩みの方はぜひ一度、記事に目を通してみてください!

▼こちらのコラムもおすすめです!▼


鏡の種類について


一口に鏡といってもさまざまな種類があり、重さや映りの良さ、割れにくさなどが違うことをご存じでしょうか?

まずは、意外と知らない鏡の種類と特徴について確認してみましょう。


ガラスミラー

一番オーソドックスな鏡といえばガラスミラーです。クリアミラーとも呼ばれることがあります。

映りが綺麗で、長期間使用できる歪みが起きにくいという特徴があり、そのため、姿見によく用いられています。ほかの鏡に比べて価格が安価なので取り入れやすいといったメリットもありますが、そのぶん重い、衝撃を与えると割れてしまうというデメリットも。

ガラスミラーは割れてしまうとかなり細かく破片が飛び散ってしまうため、処理に手間がかかります。飛散防止フィルムを貼って、安全対策しておくと安心です。


アルミミラー

ガラスミラーの半分ほどの軽さで持ち運びや取り付けが簡単、割れないといったメリットを持った鏡がアルミミラーです。その名のとおり、素材にはアルミが使用されています。

メリットが多い一方で、どうしてもガラスミラーに比べると映りが荒く、歪みが起きやすい、汚れや傷が付きやすいといった欠点もあります。


アクリルミラー

アクリルミラーもアルミミラーと同じく「割れない」「軽い」といったメリットをもった鏡です。そのほか、ガラスよりも透明度反射率が高いので色の映りがきれいと言ったメリットも。その特徴から、ハンドミラーやファンデーションのケースについているコンパクトミラーに使用されるほか、素材がやわらかいため加工がしやすく、道路のカーブミラーなど特殊な用途で使用されていることもあります。

しかし、その素材の柔らかさゆえに大きなサイズに加工されると歪みやすく、反りやすいといった大きな欠点があります。そのため、姿見や全身鏡には向いていません。

そのほか、傷が付きやすい、ホコリが付着しやすいといったデメリットもあります。


フィルムミラー

極薄の透明ポリエステルフィルムで作られた鏡がフィルムミラーです。重量がガラスミラーの5分の1程度と非常に軽く、女性や子どもでも持ち運びしやすい鏡となっています。また、アルミミラーやアクリルミラーと同じく割れない鏡なので防災対策にも適しています。

非常に軽いため、壁に吊り下げたり、天井に設置したりとガラスミラーを設置できない特殊な場所へ配置するのも簡単ですが、そのぶん

  • 値段が高い
  • お手入れが難しい
  • 破れることがある

といったデメリットも。広い場所に設置するとなると価格が非常に高額になるため、注意が必要です。


ステンレスミラー

ステンレス鋼を研磨加工して作られるステンレスミラーは、

  • 薄くできて軽い
  • 割れない
  • サビない
  • さまざまな形状に加工ができる

といったメリットのほか、耐久性があり加工も簡単なことから、カーブミラーに用いられることが多い鏡です。

素材をそのまま鏡に加工しているため、素材のステンレスが歪むことで映り込む画像も歪んでしまう、細かな傷が入りやすい、耐久性があるもののへこみやすいといったデメリットもあります。


上記したほかにも、鏡には防湿ミラー防曇ミラーマジックミラー(ハーフミラー)、ハサミで切れるほど薄いプラスチックミラーなど、さまざまな種類のものがあります。

鏡は素材ごとに映りやお手入れのしやすさが異なります。鏡を購入する際には、価格やサイズを確認するのはもちろん、素材ごとのメリットとデメリットについても確認しておくことが大切です。


鏡の処分方法5選


鏡の種類や素材をお伝えしたところで、ここからは、実際に鏡を処分する方法を確認していきましょう。

今回ご紹介する鏡の処分方法は5通りあります。

  1. 自治体のごみ回収で処分する
  2. リサイクルショップで売却する
  3. フリマアプリ・ネットオークションに出品する
  4. 人に譲る・ジモティーを使う
  5. 不用品回収業者に依頼する

お手持ちの鏡の状態と照らし合わせて、どの処分方法が一番最適か確認してみてください。


自治体のごみ回収で処分する

不要になった鏡、もしくは割れてしまった鏡は自治体のごみ回収で「不燃ごみ」として処分が可能です。ただし、姿見や全身鏡など大きさが自治体の規定サイズ以上の鏡は「粗大ごみ」となるため、まずは鏡の大きさを測ってみましょう。

粗大ごみの規定サイズは「30cm角」としているところが多いですが、自治体によっては「50cm」「90cm」のところもあり、また、具体的なサイズを定めておらずごみ袋に入らない大きさのものは粗大ごみとしているところもあるなどルールはさまざまです。まずお住まいの自治体のホームページを確認するようにしてください。

また、多くの自治体では回収時に鏡が割れて飛散したり、それによってケガをしたりすることを防ぐため、鏡を新聞紙や布で包み、キケンと書いてごみに出すよう指示しています。割れてしまった鏡については、別途指示がある場合もありますのでこちらも併せて確認が必要です。

一例として、全国の自治体の鏡の分別区分やルールをご紹介します。

自治体分別区分備考
北海道札幌市燃やせないごみ※厚紙などで包み、指定ごみ袋に「キケン」と表示する。指定ごみ袋に入らないサイズのものは「大型ごみ」
東京都新宿区金属・陶器・ガラスごみ一辺の長さが30cmを超えるものは粗大ごみ。割れたものは新聞紙等に包んで「危険」と表示する。
愛知県名古屋市不燃ごみ丈夫な紙等に包み、「キケン」と表示する。30cm角を超えるものは粗大ごみ
大阪府大阪市普通ごみ厚紙などに包んで、袋に「キケン」と表示する。
最大の辺または径が30cmを超えるものは粗大ごみ


素材によって捨て方が異なることも

上記したように、鏡はサイズの大きさによって分別が決まることがほとんどですが、自治体によっては「鏡の素材」で分別区分が変わることもあります。特に、特殊な素材で作られた鏡、鏡台やコンパクトミラーのように別の素材と組み合わせられた鏡、大きすぎる鏡をお持ちの場合には注意してください。

たとえば、神奈川県横浜市では、鏡は以下のように細かく分別されています。

品目分別区分備考
燃えないごみ新聞紙等に包み品名を表示する。50cm以上のものは粗大ごみ
置き鏡・手鏡燃えないごみ新聞紙等に包み品名を表示する
鏡台・姿見粗大ごみ
コンパクト(鏡付き)プラスチック製容器包装※金属製のものは小さな金属類
ステンレスミラー小さな金属類30㎝以上は粗大ごみへ
われもの燃えないごみ

鏡だから不燃ごみで出そう、大きなサイズだから粗大ごみになるだろうと自分で判断せず、お住まいの自治体のルールを確認するようにしましょう。


鏡は割ってごみに出せる?

姿見や全身鏡は粗大ごみとなるため、処分には少なからず費用がかかってしまいます。そのため、サイズの大きな鏡を自分で割り、分解して不燃ごみに出すことができれば費用が節約できるのでは?と考える方もいるかもしれません。

しかし、鏡を自分で割るのは想像以上に手間がかかり、また危険な作業でもあります。

まず、鏡を割るにはある程度広いスペースを確保し、さらに、床や壁に傷がつかないようシートや新聞紙を何枚も敷いて養生する必要があります。そのほか、破片が飛び散りケガをするのを防ぐため、軍手やマスク、ゴーグルなどの道具も準備しなければなりません。

そして、作業時にケガをしないよう慎重に作業するのはもちろん、鏡を割ったあとは細かい破片の片づけを念入りにおこなう必要があります。屋内で作業した場合、棚やソファの下など思いがけない場所に破片が飛び散ったことに気が付かず、のちのちケガをしてしまう可能性も考えられます。小さなお子さんやペットがいるご家庭では特に注意して片づけをおこなう必要があるでしょう。

上記のような作業の大変さを考えると、費用はかかってしまっても大きな鏡は粗大ごみに出したほうが、手間と時間を節約できます。もし分解しなければ持ち運べないようなサイズ・重さの鏡をお持ちであれば、不用品回収業者に依頼するなど別の手段を検討するのをおすすめします。



リサイクルショップで売却する

状態がいい鏡をお持ちなら、捨ててしまう前に一度リサイクルショップで査定を受けてみてもいいかもしれません。

リサイクルショップであれば、さまざまなジャンルのものを取り扱っているため、鏡のほかにも模様替えで要らなくなった家具や家電などもまとめて売却できるのが便利です。

ただし、リサイクルショップでは、

  • MOEBE(ムーべ)
  • artek(アルテック)
  • Cassina(カッシーナ)
  • journal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)
  • 飛騨産業
  • 秋田木工
  • カリモク
  • unico(ウニコ)

といった有名家具ブランドが販売した姿見や鏡台、または

  • LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)
  • GUCCI(グッチ)
  • ChristianDior(クリスチャンディオール)
  • PaulSmith(ポールスミス)
  • HERMES(エルメス)
  • CHANEL(シャネル)
  • BVLGARI(ブルガリ)
  • MARC JACOBS(マークジェイコブス)

といった高級ブランドが販売しているハンドミラーやコンパクトミラーなどが買取対象となります。

安価な大量生産品、ノーブランドの鏡は買取不可になるか、買い取ってもらえてもかなり安価になるため、それでも捨てるよりマシ、という場合でしたら売ってみてもいいかもしれません。

また、アンティークの鏡や鏡台をお持ちの場合は、リサイクルショップよりもアンティーク家具を専門で取り扱う専門店や、骨董品店に査定を依頼するのがおすすめです。

アンティークミラーの価値に詳しいスタッフが査定をしてくれ、鏡の状態に合わせた査定額を提示してくれるため、大切な鏡を安心して売りに出せます。

鏡を買い取り対象にしているか、また、どのような状態の鏡なら買い取ってくれるのかはお店によって差が大きい部分になります。事前にメールや電話で問い合わせをしておくといいでしょう。


フリマアプリ・ネットオークションに出品する

リサイクルショップのほか、鏡はフリマアプリ・ネットオークションに出品して売却することも可能です。

リサイクルショップでは買取不可になってしまうようなノーブランドのミラーでも、フリマアプリ・ネットオークションであれば売却できる可能性があります。また、自分で価格を自由に設定できるため、リサイクルショップでの査定額に納得がいかない、という場合に利用するのもいいでしょう。

手軽に利用できて便利なフリマアプリ・ネットオークションですが、その反面

  • 出品から梱包・発送まですべて自分でおこなわなくてはならない
  • 売却できた場合、送料と手数料(販売価格の5%~10%)がかかる

というデメリットも。また、出品したからといってすぐに売れるとは限らないため時間に余裕がある場合のみ利用できる手段となっています。


人に譲る・ジモティーを使う

身近で鏡を必要としている人がいれば譲って、使ってもらうという方法もあります。

人に譲ることができれば、粗大ごみ回収の予約をしたり、買取店の査定を受けたりといった面倒な手続きも不要になり、さらに処分費用をかけずに鏡を処分できます。思い入れのある鏡であれば、相手に使ってもらえれば嬉しいですし、捨てるよりエコですよね。

身近な人で鏡の譲り先が見つからない場合は、SNSやジモティーを利用して引き取り先を探してみるのもいいかもしれません。

ジモティーは不用品を「譲りたい」「譲ってもらいたい人が無料で利用できる掲示板です。譲り先が決まったとしても手数料がかからないので、気軽に利用できます。

便利なジモティーですが、送料を節約したい、鏡を持ち歩く手間を減らしたいからといって鏡の引取場所を自分の家にしてしまうと個人情報を相手に知られてしまい、思わぬトラブルに発展する可能性があります。

多少手間がかかっても最寄り駅や人目の多い場所を引取場所にする、支払いにはジモティー安心決済を利用する(※)など、トラブル対策をしておくことが大切です。

※「あんしん決済機能」を利用した場合は販売手数料がかかります。

(参考:ジモティ「あんしん決済」利用時の手数料


不用品回収業者に依頼する

サイズの大きな鏡、重たい鏡の処分にお困りなら、不用品回収業者に依頼するという方法もあります。

不用品回収業者であれば、重たい鏡やサイズの大きな鏡、割れてしまった鏡など、どんな種類・状態の鏡でも回収可能。もちろん鏡以外の家具や家電などもまとめて回収してもらえ、運び出しや積み込みはすべてスタッフにおまかせできるので、処分するものが多いときや人手がないときにとても便利な手段です。

また、ほとんどの業者は年中無休で稼働しており、即日対応や夜間対応もしてもらえるので、急ぎで不用品を処分したい!というときや、仕事が忙しくて時間の都合がつきにくい・・・というにも利用しやすいというメリットもあります。

便利な不用品回収業者ですが、鏡だけを処分するとどうしても費用が割高になってしまいがち、というデメリットも。できるだけ安く利用したいなら、実家のお片付けや模様替え、引っ越しなどでたくさん処分したいものがある!というときに作業を依頼するのがおすすめ。

回収するものが多ければ積み放題プランや定額プランを利用できるので、一点当たりの回収費用を安く抑えることができてオトクになります。

プランの内容やかかる費用は業者によって異なりますので、ぜひ一度無料の査定を受けてみてはいかがでしょうか?


業者選びは慎重に!

不用品を自分の希望する日にまとめて回収してもらえ、便利な不用品回収業者ですが、中には

  • 回収した不用品を不法投棄する
  • 無料回収と言っていたのに高額な費用を請求してくる
  • 持って行かれたくないものまで無理やり回収する
  • トラックに乗りきらない不用品をそのまま置いて行く

といった悪質な事業者もいるので、注意しなければなりません。

依頼の前には複数の業者のホームページを見比べてみて、プランや費用に不審な点がないか必ず確認しておくようにしましょう。

そのほか、以下のような点をチェックしてみるのもおすすめです。

  • 最新の口コミを確認する
  • SNSで会社名を検索し、利用した人の感想を確認してみる
  • 電話口のスタッフの対応を判断材料にする
  • 作業実績を確認する
  • 業者のブログや作業動画を見てみる
  • 見積書の項目が明確に書かれているか確認する
  • 追加料金の有無をあらかじめ確認しておく

「不用品を処分してスッキリしたと思ったら、過剰請求されてしまった」「回収された不用品を不法投棄されてしまい、警察沙汰に・・・」なんてことにならないよう、お伝えしたポイントをチェックして、正規の業者に依頼をしてくださいね!

▼業者選びについてもっと詳しく知りたい!という方はこちらのコラムもおすすめ▼


風水や縁起が気になる方におすすめの捨て方


これまで鏡の処分方法をいくつかお伝えしてきましたが、中には、

  • なんとなくバチが当たりそうで鏡を捨てられない
  • 風水的に鏡を捨てるのはどうなのか気になる
  • 鏡の供養のやり方がわからない

といった理由で処分をためらっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

たしかに、鏡は「勾玉(まがたま)「剣(つるぎ)」と並んで三種の神器とされ、天皇家に代々受け継がれてきたことからもわかるように、昔から「特別なもの」「貴重なもの」とされてきました。風水的にも「良い気を増幅させる「悪いものを封じ込める、または跳ね返す」といった役割があるとされているので、鏡が捨てづらい、捨てると縁起が悪いのでは?と気になってしまうのも仕方ないことかもしれません。

しかし、捨てづらいからといって割れた鏡を使い続けたり、持ち続けたりするのは「運気を落とす」のでNGとされています。風水的なリスクと共にケガをするリスクもありますので、できるだけはやく、適切に処分をすることが大切です。

風水や縁起が気になる場合の鏡の捨て方は以下の4つです。

  1. 塩を振ってから処分する
  2. 植物を鏡に映してから処分する
  3. 鏡の一部を割ってから捨てる
  4. 供養を神社やお寺にお願いする

それぞれの手順をご紹介します。


①塩を振ってから処分する

誰でもトライしやすいのは、厄除け、魔除け、穢れの浄化などの効果があるとされている塩を振ってから鏡を処分する方法です。塩はそのまま振ってもいいですし、塩を溶かした水をきれいな布に含ませ、鏡を拭くという方法でもOKです。

塩の種類はできればお清め用の粗塩が望ましいですが、手元にない場合は調理用の食塩を使っても問題ありません。

塩を振ったあとの鏡は、浄化の色といわれる白い布や紙に包んで処分をしましょう。悪い気が自分に映らないよう、鏡を「何も映さないようにして捨てる」ということが重要です。


②植物を鏡に映してから処分する

風水で「運気を整え、悪い気を祓うパワーがある」とされている植物を鏡に映し、運気を整えたのちに鏡を処分する、という方法もあります。

こちらの方法は、フェイクグリーンや造花、ドライフラワーではなく生きた植物が必要になります。お家で観葉植物やお花を育てている方であれば、実践してみてもいいかもしれません。

①と同じく、鏡に植物を映したあとは白い布や紙に鏡を包み、処分しましょう。


③鏡の一部を割ってから捨てる

最近ではアクリルミラーやフィルムミラーのように割れない鏡も多いので、お手持ちの鏡がガラスミラーである場合のみ利用できる方法ですが、鏡の一部分を割り、溜まっていた邪気を払ってから処分するという方法もあります。こちらも鏡を割った後は白い布に包んでから処分をしてください。

こちらの方法は、鏡を割ることでケガをするリスクがあります。難しいようなら無理をせず、別の方法を検討するようにしましょう。


④供養を神社やお寺にお願いする

鏡の供養を神社やお寺に依頼するという方法もあります。

思い入れのあり処分しづらい鏡も、神社やお寺に供養してもらえるのであれば、安心して処分ができますよね。

供養のやり方や費用はお寺・神社ごとに異なり、そもそも鏡の供養を受け付けていないという場合もありますので、いきなり持ち込むのではなく事前に問い合わせをしておきましょう。

お住まいの近くのお寺や神社で鏡の供養を受け付けていない場合は、インターネットで供養の受付先を探すこともできます。遠方のお寺や神社で供養をしてもらうとなると鏡を郵送する必要がありますが、その場合の送料は「供養料」とは別になりますので注意してください。


まとめ


今回のコラムでは、鏡の種類や素材について、また鏡の状態に合わせた処分方法についても詳しくお伝えしてきました。

鏡は状態の良いものや高級ブランドのものであれば、売却や譲渡といった形で処分が可能ですが、ノーブランドの鏡や、または割れてしまっているものはごみとして処分をしなければなりません。

鏡は適当に処分をすると、自分や家族がケガをする可能性があるほか、ごみの回収員の方にケガをさせてしまう恐れもあります。お住まいの自治体の指示に従い、きちんと処分をするようにしましょう。

記事の中ではそんな鏡の正しい捨て方のほか、風水や縁起を意識した鏡の捨て方も併せて解説しています。風水が気になってなんとなく捨てられずにいた鏡をお持ちの方も、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。