愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

楽器の正しい処分する方法は?大きな楽器はどう処分する?正しい捨て方と処分費用を徹底解説!

楽器の処分で悩んでいませんか?

楽器の処分方法が分からずお困りの方はいませんか?

楽器は、私たちの生活を彩る音楽を奏でてくれる大切なものです。
実際に趣味で楽器を使っている人も多いのではないでしょうか。
そんな楽器ですが、使っているうちに壊れてしまったり、使わなくなってしまうこともあると思います。

楽器は、様々な素材で作られていたり、大きさが私たちの身体を超えるほど大きかったり処分方法に困りますよね。

ここでは、そんな楽器について正しい処分方法や、運ばなくて良い手間のかからない処分方法などを紹介していきます。
楽器は大切に使われることが多いです。大切に使ったからこそ、捨てる時は後悔したくないですよね。

「愛着があるから捨てる以外の方法で手放したい」「高価だったためお得に処分したい」など
そんなお悩みにあった方法も紹介していきます。

ぜひ、ここでの情報を活用して賢く楽器を処分しましょう。

目次

楽器を処分する方法について

下記では楽器を処分する方法を詳しくご紹介していきます。

楽器を処分するには、複数の方法があります。
種類やご希望に応じて、ゴミとして処分するほかにも、場合によっては買取も可能です。
どの方法を選ぶかにより、費用やメリットは異なります。
それぞれの長所・短所をリサーチして、自分に合った処分方法をお選びください。

小型の楽器は可燃・不燃ゴミに出す

小さい楽器は、可燃・不燃ゴミとして処分することが可能です。

楽器のサイズは自治体によって変わります。それぞれの自治体のルールを確認しましょう。
例を挙げると、名古屋では一辺30㎝以内とされています。

具体的に、可燃ごみとして捨てられるのは木製の楽器です。金属の楽器は不燃ごみになります。
注意が必要なのが、本体が木であっても、金属やコンセントを使っている楽器は不燃ごみとして処理しなくてはいけないという点です。
素材に注意して処分しましょう。

この方法のメリットは、費用をかけずに処分できる点です。
それに対しデメリットは処分の曜日が決まっていたり、分別が複雑である点です。

費用を抑えて処分したい!という方におすすめの方法になります。

粗大ゴミとして処分する

ギターやサックスなど、持ち上げて演奏するタイプの楽器は大きいことから粗大ゴミとして分類されるものが多いです。

この方法も、自治体のどのような楽器が粗大ゴミとして捨てられるのかが変わります。
また、処分方法も変わるので各自治体に確認しましょう。

粗大ごみでの処分方法は、回収日に指定場所に出すだけのケースや前もって回収券を購入し、予約を行う必要がある場合も。回収券は500円~という比較的安い費用で処分が可能です。

指定場所に運んだり、シールを購入する手間がかかるというデメリットがありますが、自治体が処分してくれるため、安心できるというメリットがあります。

費用を抑えつつ、確実に、安心して処分したい方にはおすすめの方法です。

クリーンセンターへの持ち込み

電子ピアノやエレクトーンなどの据え置いて演奏する楽器は、粗大ゴミとして回収されないものが多いので、ご注意ください。粗大ゴミとして扱われない楽器は、自治体のクリーンセンターや清掃工場へ持ち込んでいただけます。ただし、この方法は費用がかかる上に、大きい楽器は運搬が難しく、気軽な方法とは呼べません。他の方法と比較検討した上での判断を、おすすめいたします。

中古楽器の買取業者に売却する

中古楽器のニーズは高まっています。そのため、特に高級品でなくても、買取業者に査定を依頼した結果、思ってもいない高額で売却できる場合も。
近年は無料査定を用意している買取業者が増えています。事前に無料見積もりをすることも可能です。
複数見積もりを依頼して、自分が納得できる金額で売却しましょう。

ですが、使用できない楽器や汚れがひどい楽器は買取できないことがほとんどのため注意が必要です。

使用できる楽器であり、処分を急いでいない場合にはおすすめの方法と言えます。

楽器店で下取りに出す

楽器を新しく買い替える場合は、楽器店で古い楽器を下取に出すことができます。
下取りできるかできないかや、下取り費用は店舗によって異なります。
なかには、楽器を購入すれば無料で下取りできる場合も。

楽器を新しく買い替える方はこの方法を利用してみては?

リサイクルショップに売却する

リサイクルショップに直接持ち込み、売却する方法です。
まだ使用できる楽器であれば、種類問わず買い取ってもらえることがほとんどです。
近くのリサイクルショップに不要な楽器を持って、買取依頼をしましょう。特に事前に予約す必要はありません。
使用感がなくきれいなものであれば、高値で売却できる場合も。できるだけお得に売却したいときには、楽器の買取に力を入れている店を選ぶことがポイントです。
楽器に詳しい店舗で査定してもらう事で、その楽器に見合った金額で売却することができます。

ですが、デメリットとして、店舗に運ぶまでの手間がかかるという事が挙げられます。

この方法はお得に処分したい方におすすめの方法と言えるでしょう。

フリマアプリ・ネットオークションで売却する

ヤフーオークションやメルカリなどのフリマアプリを使って不要な楽器を売却する方法です。
この方法は自分で売却金額を決められるメリットがあります。
愛着のある楽器や、プレミアがついている楽器など自分の納得できる金額で手放すことができます。

ですが、発送や取引の手間や送料の負担が必要になる点がデメリットとして挙げられます。

自分の納得できる金額で売却したい方はこの方法がおすすめです。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する方法です。
グランドピアノなど処分が難しい楽器や、大量の楽器も処分することができます。
また、買取ができる業者なら、単に捨てるだけではなく、現金を得られたり、無料で回収できることも。
不用品回収業者は、業者が自宅まで回収に来てくれるため運ぶ手間がかかりません。
また、日時も自分で決めることができ、最短30分~1時間で回収できる業者もあります。
急いで処分したい場合にはおすすめの方法です。
ですが、費用がかかるというデメリットがあります。費用は業者や楽器によって異なりますが、数千円程度が相場です。
無料見積もりを行っている業者も多いため、事前に確認しましょう。

楽器の処分方法を選ぶポイント

下記では楽器の処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

価値がある品物は買取サービスへ

バイオリンやハープなど、高級な楽器は買取専門店への相談をおすすめいたします。特に、売りたい楽器に対しての、専門知識が豊富な買取サービスがおすすめです。ヴァイオリンやギターは同じ楽器でも、ジャンルが異なるため、査定に必要な知識にも違いがございます。バイオリンやハープならクラシックが得意な店舗が好ましいですし、ギターですと近代的な楽器を中心としたショップが事情に詳しいです。
POINT 2

リユースができない楽器は廃棄を考える

汚損が激しいなどの理由で再利用できない楽器は、廃棄処分をご検討ください。粗大ゴミとして捨てられる範囲なら、一般的に無料から数百円で処分できるため、大きな負担は必要ございません。特に学校で使っていたリコーダーやピアニカなどは、買い手が付く見込みは高いとは言えませんし、売れたとしても利益は大きくはないでしょう。
POINT 3

粗大ゴミで出せない時は不用品回収業者

粗大ゴミとして出せない品物は自力で動かす際、危険を伴います。楽器は持ち運びにくい形状をしていたり、持ち上げた時にバランスを崩しやすかったりと、何かと難がございます。無理に作業しますと、インテリアや家具を破損させる他、怪我に繋がるリスクも否定はできません。加えて、トラックのレンタル料などでコストがかかります。不用品回収業者も有料なものの、その分は作業を任せられるので楽ですし、安全性も高いですから、考えておいて損はございません。
POINT 4

処分方法が思いつかない時には

実績が豊富な不用品回収業者は、使わなくなった楽器の処分方法に詳しく、色々なアドバイスを期待できるのが魅力です。好ましい処分方法がわからない時には、不用品回収業者に相談なさってみてはいかがでしょう。

楽器の処分料金について

下記では楽器を処分料金について詳しくご紹介していきます。

つぎに、不要な楽器を処分するときにかかる費用を紹介します。

可燃・不燃ごみとして捨てる:基本無料
粗大ゴミとして処分する:無料~数百円
クリーンセンターへ持ち込む:500円~
中古楽器の買取業者に依頼する:数千円~
リサイクルショップに売却する:無料
フリマアプリ・ネットオークションで売却する:手数料として、売上の10%程度
不用品回収業者に依頼する:数千円~

可燃・不燃ごみとして捨てる場合、楽器の処分費用は、種類や処分方法、自治体の制度によって様々です。同じ楽器でも、条件次第で費用が異なることがあります。
木製のリコーダーやカスタネットなどの小型の木製楽器は、燃えるゴミに出せるので費用はかかりません。小型アンプやエフェクター、電子楽器のACアダプターなどは不燃ごみとして扱います。これも費用はかかりません。

粗大ゴミでは、自治体によって無料から数百円程度になるケースが一般的です。
特に回収券が必要な自治体では、前払いで購入する必要があります。回収券は一枚数百円と安値ですが、
楽器数が多いと費用がかさみます。

自治体のクリーンセンターへの持ち込む方法の費用については、施設によりますが、一般的には、重量1kgあたり数十円が相場です。

買取業者と楽器専門店に処分を依頼する場合は、買取りできた場合は収入を得られる可能性も。
ただし、品物によっては無料回収になる他、処分費用が発生するケースもあるため、注意が必要です。

不用品回収業者も同じく、買取対応が可能な場合は収入が期待できる反面、廃棄になると費用がかかります。
ただ、廃棄になったとしても、不用品回収業者は回収を専門としていることから処分費用を抑えやすいとくっ長があります。
具体的な費用は楽器のサイズや業者によって異なるものの、数千円~3万円程度が相場です。
業者によっては、事前の無料見積もりもあるので、金額を確認してから依頼しましょう。

楽器の処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまで楽器の処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは楽器を処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

名古屋で出張買取No.1の安心の実績!テレビ・新聞でも紹介!

地域No.1の実績に裏打ちされたノウハウの蓄積が、当社が選ばれる主要な理由の一つでございます。当社はご依頼をいただいた案件一つ一つに丁寧に向き合うことで、信頼を積み重ねて参りました。成長する過程で社員教育を改善し、対応力も高まっていったのです。今では、捨てるのが難しい楽器についても、回収や適切な処分サービスのご紹介など、色々な方法をご提案できます。特に大型の楽器は移動させるだけでも大変ですので、プロのノウハウがあって、特殊な機材も使える当社に、ご相談いただければ幸いです。

選ばれる理由 2

名古屋で出張買取No.1の安心の実績!テレビ・新聞でも紹介!

また、高額査定が可能な点と作業の丁寧さも、当社の魅力と言えます。まず、お売りいただいた品は、再販ルートで新しいオーナーを探しているので効率的です。品物を売りやすい環境を用意した分、思い切った査定が可能になりました。加えて、品物は丁寧に扱うのがモットーです。楽器には、ご依頼者様の思い出が詰まっていることも珍しくはございません。そこで、楽器などの大切な品を手放す際にも、丁寧に取り扱う方針の当社を選んでくださる方が多いのだと考えています。

reason01

楽器の処分に関するよくある質問

A. 楽器一点からのご利用も、お気軽にどうぞ。少量の不用品も喜んでお引き受けいたします。
A. 幅広い楽器に対応していますが、全て引き取っているわけではございません。他の方法が適している可能性もあるためです。もし、処分が難しいとお考えの場合は、最適な方法をご提案いたしますので、ぜひ、一度お問い合わせください。
A. お見積りにご納得いただけない際には、気兼ねなくキャンセルをお申し付けください。出張費や違約金などは原則、いただいておりません。
A. 特に、作業内容に変更がなければ、お見積り以上の費用は発生いたしませんので、ご安心ください。もし、追加費用が発生する場合は、事前にご連絡を差し上げます。その上で、ご納得いただけてから作業を行う方針です。
A. 古物営業法に規定されている、一定の書類が必要です。具体的には免許証やパスポートなどの身分証明書の他、未成年の方は、保護者様の同意を要します。
A. 当社は引っ越しのお手伝いもいたしていますので、処分にお困りでしたら、ご相談をどうぞ。買取や廃棄、新居への移動も含め、最適な方法を一緒に検討させていただきます。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。