愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

桐箪笥を処分したい!賢い処分方法や買取など、処分費用・料金から注意点まで解説!

桐箪笥の処分で悩んでいませんか?

桐箪笥の処分方法にお困りの方は、名古屋市を中心に不用品回収を行っている出張回収センターまでご相談ください。迅速に対応いたします。この記事では、桐箪笥の処分方法、処分料金と当社の特徴をわかりやすく解説しています。

目次

桐箪笥を処分する方法について

下記では桐箪笥を処分する方法を詳しくご紹介していきます。

桐箪笥の処分方法には、さまざまな選択肢がございます。主な処分方法は以下の通りです。

自治体に依頼して粗大ゴミとして処分

最も身近な処分方法といえるのが、自治体に申し込んで粗大ゴミとして桐箪笥を処分する方法です。粗大ゴミの対象は自治体により異なりますが、おおむね30cm以上のゴミを対象としている自治体が多いでしょう。ちなみに、名古屋市は30cm角を超えるものを粗大ゴミとして扱っています。

申し込みは、自治体のルールに従って行います。例えば、名古屋市はインターネットまたは電話で粗大ゴミ受付センターに申し込んでからスーパー、コンビニなどで手数料納付券を購入します。これを貼り付けた桐箪笥を指定日に指定場所へ運搬します。注意点は、申込期限が決まっていることです。インターネット受付の場合は収集日の10日前、電話受付の場合は収集日の7日前が申込期限になります。収集日は地域ごとに定められています(月に1日)。以上からわかる通り、利便性はそれほど優れていません。また、自分で指定場所まで運搬しなければならないため、住環境などによっては利用が難しいケースもございます。身近な処分方法ですが、桐箪笥を処分する場合はやや使いにくいといえるでしょう。

自治体のゴミ処理施設へ運搬して処分

お住まいの地域にあるゴミ処理施設へ持ち込んで、桐箪笥を処分することもできます。基本的には、営業時間内に持ち込めば処分してくれるため、時間的な融通は粗大ゴミよりも利きやすいといえます。

申込方法は自治体で異なります。名古屋市は、処分したい桐箪笥がある区の環境事業所で相談・申し込みをしてから所定のゴミ処理施設へ持ち込みます。手続きを済ませた日の営業時間内に搬入しなければならない点に注意が必要です。桐箪笥を処分する場合、搬入先は港区の大江破砕工場です。ただし、おおむね180cmを超えるものは、岐阜県多治見市の愛岐処分場が搬入先になります。月曜日から金曜日まで搬入できますが、祝日は非常に混みあう恐れがございます。3時間以上の待ち時間が発生することもあるため、混雑状況などを確認してから利用されることをおすすめします。

いずれにせよ、ゴミ処理施設の利用も桐箪笥の運搬が必要です。サイズが大きい場合は、軽トラックなどが必要になるでしょう。粗大ゴミとして処分する場合と同じく、利便性はそれほど優れていません。利用が難しい方は、他の処分方法を検討してみてはいかがでしょうか。

家具量販店の引き取りサービスを利用

家具量販店で新しい箪笥などを購入する場合は、店舗が実施している引き取りサービスを利用できる可能性がございます。引き取りサービスは、有料で不要な家具を引き取ってくれるサービスです。例えば、ニトリや大塚家具が実施しています。ニトリの特徴は購入商品と同数量・同容量のものを引き取ってくれること、大塚家具の特徴は購入商品と同等品・同様用途品を引き取ってくれることです。家具を入れ替えられるため非常に便利ですが、基本的にはよく似た家具を購入しなければ利用できません。

リサイクルショップで桐箪笥を売却

桐箪笥の状態によっては、リサイクルショップで買い取ってもらうことも可能です。良質な桐箪笥は、現在でも高値で買い取られています。基本的には、前桐箪笥・三方桐箪笥・四方桐箪笥・総桐箪笥の順で価値は高くなります。ただし、すべての桐箪笥が買取の対象になるわけではございません。傷みや汚れが目立つものは、買取不可になるため注意が必要です。

リサイクルショップを利用するうえで気を付けたいのが査定方法です。店頭買取のみの店舗は、桐箪笥を店舗へ持ち込まなければなりません。出張買取を実施している店舗であれば、自宅を訪れて桐箪笥を査定してくれます。非常に便利ですが、実施している店舗は限られています。また、店舗によっては査定にあたり出張料を請求するところもございます。サービス内容を確認してから、選択したい処分方法です。

フリマアプリなどで桐箪笥を売却

フリマアプリやインターネットオークションを活用して、不要な桐箪笥を現金化することもできます。これらの処分方法の魅力は、落札者へ直接売却するためリサイクルショップの買取金額よりも高くなるケースが多いことです。ただし、リサイクルショップよりも手間がかかります。具体的には、利用登録・出品作業・出荷作業などを行わなければなりません。桐箪笥は大型家具であるため、出荷作業は特に大変です。また、送料が高額になると、売却金額は低く抑えられてしまいます。フリマアプリなどを利用する場合は、売却にかかる手間や送料に注意が必要です。

不用品回収業者に依頼して処分

不用品回収業者に依頼すれば、手間をかけずに桐箪笥を処分できます。ダメージや汚れを問わず、自宅を訪れて桐箪笥を回収してくれるからです。リサイクルショップやフリマアプリで売却が難しい桐箪笥であっても手軽に処分できます。日時を調整すれば、都合のよいときに回収してもらえる点も魅力です。唯一の注意点は、処分料金がかかることといえるでしょう。ただし、不用品買取を実施している店舗もございます。紹介した中で、最も使い勝手のよい処分方法と評価できます。

桐箪笥の処分方法を選ぶポイント

下記では桐箪笥の処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

搬出・運搬方法

桐箪笥の処分で問題になりやすいのが搬出・運搬方法です。例えば、粗大ゴミとして処分する場合、自宅から所定場所まで桐箪笥を運ばなければなりません。自分で搬出・運搬が難しい場合、処分方法は限られます。具体的には、不用品回収業者、出張買取に対応しているリサイクルショップ、家具引取りサービスなどが現実的な選択肢になるでしょう。これらの中では、日時などを柔軟に調整してくれる可能性が高い不用品回収業者が最もおすすめです。
POINT 2

処分料金

処分料金も意識したいポイントとしてあげられます。経済的な処分方法は、桐箪笥を現金化できる可能性があるリサイクルショップとフリマアプリなどです。ただし、これらの方法で必ず処分できる保証はございません。買取不可になる可能性や出品しても売れ残る可能性があるからです。処分できないと、新たな処分方法を探し直すことになります。買取に対応している不用品回収業者であれば、このような心配はございません。桐箪笥の状態がよい場合は買取、状態が悪い場合は回収してくれるため、柔軟に処分できます。

桐箪笥の処分料金について

下記では桐箪笥を処分料金について詳しくご紹介していきます。

リサイクルショップを除く処分方法は、桐箪笥の処分料金がかかります。ここでは、各処分方法の処分料金を紹介します。

粗大ゴミの処分料金

粗大ゴミの処分料金はお住まいの地域で異なります。例えば、名古屋市であれば高さ120cm未満かつ幅90cm未満のものは1000円、高さ120cm以上かつ幅90cm以上のものは1500円、大阪市であれば高さ・幅・奥行の合計が2m未満のものは400円、高さ・幅・奥行の合計が2.5m未満のものは700円、高さ・幅・奥行の合計が2.5m以上のものは1000円で処分できます。

ゴミ処理施設の処分料金

ゴミ処理施設の処分料金もお住まいの地域で異なります。名古屋市の処分料金は10kgまでごとに200円、大阪市の処分料金は10kgごとに90円です。例えば、桐箪笥の重量が30kgであれば処分料金は270~600円程度と考えられます。

家具引取りサービスの処分料金

家具引取りサービスの処分料金は、サービス提供主体で異なります。ニトリの処分料金は、1回の配送につき4400円(税込)です。大塚家具の処分料金は、引き取ってもらう家具で変動します。例えば、ソファの処分料金は3000円~、ベッドの処分料金は2000円~です。詳しくは個別の確認が必要になります。

フリマアプリなどの処分料金

フリマアプリやインターネットオークションを利用すると利用手数料がかかります。基本的には、利用手数料が桐箪笥の処分料金といえるでしょう。メルカリの利用手数料は、売却金額の10%です。ヤフオク!の利用料金は、プレミアム会員とプレミアム会員以外で異なります。プレミアム会員の利用手数料は売却金額の8.8%、プレミアム会員以外の利用手数料は売却金額の10%です。

不用品回収業者の処分料金

不用品回収業者に依頼した場合の処分料金は、2000円程度~といえるでしょう。具体的な処分料金は、店舗や桐箪笥の大きさで異なります。詳細を把握するには見積もりが必要です。割高に感じるかもしれませんが、この料金には桐箪笥の搬出・運搬作業代が含まれています。また、不用品買取に対応している店舗であれば、買取金額で処分料金を相殺できます。実は経済的な処分方法です。

桐箪笥の処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまで桐箪笥の処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは桐箪笥を処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

最短30分で対応

出張回収センターは、不用品をできるだけ早く回収したい方から支持されています。対応エリアであれば、ご依頼から最短30分でおうかがいできるからです。地域最多級のトラックが対応エリアを巡回しているため、他社には真似できないスピード対応が可能です。

選ばれる理由 2

地域最安値級の処分料金

出張回収センターの処分料金は地域最安値級です。自社工場で分別・修理を徹底してリサイクル率・リユース率を高めることや複数の販路を確保することで処分料金を抑えています。桐箪笥の処分料金が気になる方でも、安心してご相談いただけます。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

高価買取実績あり

不用品回収だけでなく不用品買取を行っている点も当社の魅力です。過去には、カリモクのパーソナルチェアを8万円、ポルトローナ フラウのダイニングテーブルを3万円で買い取った実績がございます。不用品買取をご希望の方からも支持されています。

桐箪笥の処分に関するよくある質問

A. はい、回収いたします。古い桐箪笥はもちろん、壊れている桐箪笥や傷・汚れが目立つ桐箪笥でも回収させていただきます。
A. はい、桐箪笥1棹だけでも喜んで回収させていただきます。当社では、地域を巡回しているトラックが回収におうかがいいたします。他のお客様の不用品と一緒に回収させていただくため、少量であっても問題になることはございません。
A. はい、回収できます。大きすぎて搬出が難しい場合は、経験豊富なスタッフがその場で解体いたします。お客様に搬出を手伝っていただくことはございません。桐箪笥の大きさにかかわらず安心してご相談ください。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。