便器の

捨て方知ってますか?
賢い処分方法と処分料金や
注意点を詳しく紹介!

ゴミ出し・不用品整理について

こんなお悩みありませんか?

便器の処分について・目次

便器
処分する方法について

便器を処分する方法にはどのような方法があるのでしょう。
主な処分方法を以下にまとめました。

自治体に回収してもらう

買い替えなどで使わなくなった古い便器を処分する方法として自治体による回収が候補として挙げられます。自治体が販売する専用のごみ袋に入るサイズなら家庭ごみとして回収してもらうことが可能です。しかし、自治体ごとにごみ出しルールが異なるのも事実ですので、事前の確認を忘れないようにしましょう。ご自身でごみ処分場に持ち込まれる場合も、サイズを理由に断られる可能性がございますので注意してください。

粗大ごみに出す

自治体で回収してもらえない不用品は粗大ごみとして処分する方法もございます。便器も正規の手続きを踏めば粗大ごみとして処分してもらえますが、家庭ごみと同様に自治体ごとに異なるごみ出しルールの確認が不可欠です。衛生管理などの理由から便器を粗大ごみとして扱わない自治体もございますので、そのような場合は別の方法を検討していただかなければなりません。

便器を購入したお店に引き取ってもらう

便器を新品に買い替えた際、不用になった古い便器をお店に引き取ってもらう方法もございます。このようなお店は殆どの場合において新品の便器を購入する代わりに古い便器を引き取るという形を取っています。そのため、買い物をせずに古い便器だけを処分してもらうことはできません。

自分で壊して処分する

一般家庭で使われている便器の大半は陶器で作られています。そのため、自分で便器を壊して処分されることも不可能ではございません。金づちで叩けば便器は割れるので、ごみ袋に入る程度の大きさまで壊せば家庭ごみとして回収してもらえる可能性がございます。一方で便器を壊すのは力仕事なので、体力のある男性でも決して簡単な作業ではございません。また、自治体によってはサイズを問わず便器を回収しない所もございます。便器は用途の性質上、どうしても汚れが付着してしまうので見た目は綺麗でも触ることに抵抗を感じるのも事実です。

不用品回収業者を利用する

便器を触りたくない、自治体で処分してもらえないなどの理由で便器の扱いに困っていらっしゃるなら、不用品回収業者を利用する方法もございます。大抵の不用品は回収してくれるので使わない便器を上手に処分できる方法と言えるでしょう。しかし、業者によって扱う不用品の種類が異なるのも事実なので、確認を忘れないようにしましょう。稀に高額な処分費用を請求したり、不法投棄を行う悪質な業者も存在しますので、十分に注意する必要があります。

便器を欲しがる人に引き取ってもらう

古い方の便器に目立った傷みはなく、質が大きく損なわれていないことを確認できれば欲しい人へ譲る選択肢もございます。ひび割れも変色もない便器なら中古でも長く愛用できますが、一方で他人が使っていた中古の便器を欲しがる人は決して多くないでしょう。下水道に通じる排水管の規格が便器と合致するとは限らないので、他人に譲るのは現実的ではないと言えます。

便器の処分方法を迷っているあなたに

処分方法を選ぶポイント

POINT

安全性を考慮する

不用になった便器の処分で注意していただく点として、衛生管理が挙げられます。使い古した便器は見た目が綺麗でも実際は様々な汚れが付着しているので、そのことを理由に自治体の回収対象にならないことがございます。使わない便器は自分で壊して処分するのがもっとも確実な方法と言えますが、汚れが付着している便器を壊す作業は衛生面から見て問題のある行動なのも事実です。飛び散った便器の破片を誤って吸い込まないよう、作業は慎重に行わなければなりません。また、便器の破片は刃物のように鋭く尖っているので、触れるとけがをするおそれがございます。安全に作業を行うため、マスクや手袋などの保護具を使用していただくことが不可欠と言えるでしょう。

違法な業者に注意

不用品回収業者に便器を回収してもらう場合は、不当に高い金額を請求されないようにご注意ください。無料回収を謳う業者は不用品の処分は無料でも、車に積んだり持ち運ぶ行為に高額な料金を設定している可能性があるためです。また、回収した不用品を不法投棄するケースもあることから、怪しい業者は利用しないようにしましょう。会社名を明らかにしている、料金設定を分かりやすく提示しているなどの条件を満たしている優良業者を選んでいただくのが後のトラブルを防ぐ工夫です。

信頼できる業者を選ぶ

同じ不用品回収を謳う業者でも得意分野が異なるのは珍しい話ではございません。特に便器は頻繁に生じるごみではないので、ベテランの回収業者でも対応に困ることがございます。業者の知名度と仕事の質は必ずしも比例するとは限りません。見積もりについても複数の業者を比較していただき、もっとも信頼できる金額を示す所を選ぶのが失敗を避ける必須条件と言えます。
お得な料金プランをご用意

料金紹介

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費、出張費、梱包作業費、分別作業費、スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況に合った最適なプランをご提案させていただきます。
当サービスは、11,000円(税込)~が最安金額となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買取りが可能な不用品は
高価買取 いたします!!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、
買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

便器処分で出張回収センターが

選ばれる3つの理由

REASON
これまで便器の処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは便器を処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。

最短30分で回収可能

不用品回収は一刻も早く行ってほしいものですが、すべての業者が迅速に対応してくれるとは限りません。その点、出張回収センターなら名古屋市及び近郊のお客様からのご依頼であれば、最短30分でお伺いできます。これは常に複数のトラックで巡回し、お客様がお住まいの地域にもっとも近い所にいるスタッフが対応するシステムになっているためです。また、年中無休なので土日や祝日のご依頼も受け付けております。近郊以外の地域でもできる限り早くお伺いできるよう尽力しているのも多くのお客様に支持されている理由です。

お客様のご自宅を傷つけない丁寧な作業

出張回収センターでは常に20種類以上の養生セットを持参したうえでお客様のご自宅にお伺いしております。便器は大きくて重たい他、場合によっては汚れが付着していることもあるので運び出す際は慎重に扱わなければいけません。出張回収センターはベテランのスタッフが丁寧に作業を行うので、お客様のご自宅を傷つけたり汚れを飛散させる心配はございません。騒音や振動も発生させないので、近隣にご迷惑をかけずに作業を継続できます。

リーズナブルな料金設定

ひと口に不用品回収と言ってもその料金設定は業者ごとに様々と言えます。同じ便器回収でも業者ごとの違いが大きいのは事実ですが、出張回収センターはコスト削減と効率的な回収作業によって料金の低価格化を心がけております。車両の燃費や従事するスタッフの人件費など、回収作業に欠かせない事柄についてはできる限りコストを抑える方向性で取り組んでおります。一方で回収作業や接客の質は常に高い水準にあるので、お客様からは頼んで正解だったと感謝のお言葉をいただいております。

選ばれる理由 4

お客様のご都合に合わせた柔軟な対応が可能

出張回収センターでは常にお客様のご都合を優先した作業スケジュールを組んでおります。土壇場になって作業日時を変更したい、回収してほしい物が増えたなどのケースは珍しくありません。便器は大きくて重たい物なので最初の見積もりで決めた回収作業についてはそのまま実行するべきというイメージがあるものの、実際はお客様のご都合こそが最優先であり、最初に決めた作業内容と大きく異なることもございます。作業内容の変更によって支払い金額も変わりますが、その点についても明確に説明するのが誠実な姿勢と高く評価される理由です。

よくいただくお問い合わせをご紹介

よくある質問

A. 名古屋市内及び近郊にお住まいであれば最短30分でお伺いできます。当社は常に複数のトラックで巡回しているので、お客様がお住まいの地域にもっとも近い所にいるスタッフを向かわせることが可能です。お問い合わせ時の混雑状況によってはすぐにお伺いできない可能性もあるのでご了承ください。お急ぎの場合はお早めのご連絡がおすすめでございます。
A. 当社はお客様のご都合に合わせて回収作業の時間帯を設定しております。夜間の作業も受け付けているのでお気軽にお問い合わせください。
A. 汚れや破損など状態を問わず回収可能です。作業中に周囲を汚さないよう、養生を行うケースもあるのでご依頼の際には便器の状態をお伝えしていただければ幸いです。
A. 他社が拒むような便器でもできる限り回収させていただきます。状態を確認したうえで判断する形になるので、まずはお問い合わせください。
A. 階層を問わず回収作業は可能なのでご安心ください。しかし、運び出す方法によってはスタッフを増員したり養生を行う部分を増やす必要があるので、その分だけ作業料金が増額する可能性もございます。作業の前に見積もりを行い、金額の内訳を提示させていただきます。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例