MENU

洗濯機の処分・不用品回収なら出張回収センター!こんなお悩みありませんか?

洗濯機の処分で悩んでいませんか?

洗濯機についてこういった悩みをお持ちの方は、出張回収センターにぜひご相談ください。名古屋周辺であれば、最短30分ほどで専門のスタッフが回収にお伺いさせていただきます。

対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

生活家具の回収処分

収納家具の回収処分

ベッド・寝具の回収処分

ベッドふとんまくら毛布などの寝具の回収処分も

インテリア用品の回収処分

カーペットクッション座布団などかさばるインテリア用品も

生活家電の回収処分

メディア家電の回収処分

デジタル家電の回収処分

楽器・スポーツの回収処分

趣味用品の回収処分

オフィス用品の回収処分

オフィス家具業務用冷蔵庫など専門的な知識が必要な大規模設備も

その他の回収処分

金庫や、給湯器遺品整理に伴う不用品など、ほぼなんでも回収対応

洗濯機の処分方法を選ぶポイント

POINT 1

無料回収を謳っている業者は利用しない

街中を歩いていると、無料で洗濯機などの家電製品の回収を行っている業者を見かける場合があります。無料で引き取ってもらえるのだからぜひお願いしたいと考えがちですが、この手の業者は、適法な許認可を取得せずに回収事業を行っているケースが多いため、基本的には利用を避けた方が賢明です。また、ホームページがなかったり、あったとしても会社概要や取得している許認可についての情報が記載されていないような業者についても、同様の理由から選ばない方が良いでしょう。なお、インターネットで検索すれば、業者の評判がすぐに分かるはずです。心配であれば、事前に信頼できる業者かどうかをチェックした上で依頼されると良いでしょう。
POINT 2

相見積りを行う

不用品回収業者に依頼して洗濯機を回収してもらうという場合において、少しでも費用負担を少なくするためには、相見積もりを行うのが有効です。相見積もりというのは、複数の業者から見積もりを取って比較検討するというもので、これを行うことによって数ある業者の中から安い料金で対応してくれるところを特定できるようになります。相見積もりは、1社ずつ個別に問い合わせるというやり方でも良いのですが、より効率的に行うためにはインターネット上で提供されている一括見積りサービスを利用するのがおすすめとなります。このサービスを利用すれば、必要な情報を一度入力するだけで、複数の業者から見積りを取得することができるので、個々の業者に問い合わせて見積りを集めるという手間が不要になるというわけです。
POINT 3

過去の実績を確認する

信頼できる不用品回収業者かどうかを見極めるためには、過去の実績を確認するというのも有効です。信頼に足りる業者であれば、豊富な洗濯機の回収実績があるはずですので、ホームページなどを確認して、これまでにどれくらいの依頼に対応してきたかを見てみると良いでしょう。実際に依頼したという人が身近にいれば、そういった人に感想を聞いてみても良いかもしれません。また、過去の回収件数だけでなく、どれくらいの期間そのエリアで回収事業を営んできたかという点についても要チェックです。問題にある業者であれば、長期にわたって事業を営むのは難しいため、10年以上の間同じ地域で事業を継続しているような業者は信頼度が高いと言えます。

洗濯機の処分で出張回収センターが選ばれる理由

洗濯機を処分する方法について

購入した家電量販店などに回収してもらう

洗濯機は、家電リサイクル法の対象品目となっているため、処分する場合は法律に定められた方法に従うようにしなければなりません。粗大ごみとして自治体に収集してもらうことはできませんので、まずはこの点にご注意ください。その上で、洗濯機を処分する方法として、まず挙げられるのが、購入した家電量販店などに依頼して引き取ってもらうというやり方です。購入店ごとに依頼の仕方は異なっているため、引き取りを頼む場合は、まずは店頭や電話などで必要な手続きをご確認ください。必要な手続きを経て依頼をすれば、店舗から依頼された業者が回収にやってきてくれるはずです。

新規に購入する家電量販店などに回収してもらう

洗濯機を買い換える場合は、それによって不要になる洗濯機を、新たに購入する家電量販店などに回収してもらうということが可能です。この方法で洗濯機を処分するメリットは、新しい機種を搬入するついでに古い機種を持っていってもらえるので、一度の作業で洗濯機を入れ替えられるという点にあります。ただし、新しい機種を購入するからといって、古い機種を無料で引き取ってもらえるわけではないので、その点にはご注意ください。なお、引き取りの依頼方法は、店舗ごとに異なっているため、詳細については、直接お店にお問い合わせください。

自治体指定の回収業者を利用する

自治体が指定している回収業者に依頼して洗濯機を引き取ってもらうというのも一つの手です。指定されている業者は、自治体によって異なっているので、まずはお住まいの自治体の窓口に問い合わせて、利用可能な回収業者をご確認ください。問い合わせるのが手間であれば、インターネット上で検索することも可能です。回収してもらうためには、家電リサイクル券が必要となるため、業者に依頼したら、収集日になる前に郵便局でご購入ください。あとは、収集日になると業者がやってきて引き取ってくれるのですが、業者によっては搬出作業には対応しておらず、玄関前からの収集のみ行うケースがございます。その場合はご自身で搬出いただく必要がございますので、当日になって慌てないためにも、収集に際して必要になる作業については、あらかじめ自治体にお問い合わせいただくのが良いでしょう。

指定引取場所に持ち込む

全国各地に設けられている指定引取場所に持ち込めば、洗濯機を回収してもらうことが可能です。家電製品協会のホームページに行くと、最寄りの指定引取場所が検索できるようになっていますので、まずは身近なところにあるかどうかご確認ください。持ち込む場合は、郵便局で家電リサイクル券を購入した上で、あらかじめ指定引取場所に連絡して収集日を決めておく必要がございます。いきなり持ち込んでも引き取ってもらえませんので、必ず事前に必要な手続きをしておくようにしましょう。なお、大型の洗濯機を持ち込むのは、かなり大変な作業になります。ご自身で作業するのが難しいという場合には、他の方法を検討された方が良いかもしれません。

フリマアプリで売りに出す

処分したい洗濯機がまだまだ使える状態にあるのであれば、フリマアプリを使って売りに出すという方法もございます。特に、ドラム式の洗濯機は中古市場において根強い人気を有していますので、売りに出すと思った以上に高値で売れるケースが少なくありません。ただし、フリマアプリを使う場合には、出品から配送まで基本的には自分で手配しなければなりません。大型の荷物になるだけに配送料もそれなりにかかりますので、それを見越して出品価格を決めるようにしないと、せっかく売れても収入より支出の方が多くなるおそれがあるという点に留意いただく必要がございます。

リサイクルショップに買い取ってもらう

フリマアプリを使って自分で売却するのは手間だということであれば、リサイクルショップに洗濯機を買い取ってもらうというのも一案です。もっとも、すべてのショップが洗濯機を取り扱っているわけではないので、あらかじめ取り扱いの有無を確認した上で申し込んでいただく必要がございます。また、買取り金額はショップごとに異なるため、少しでも高く売りたいという場合には、なるべく多くの業者から見積もりを取った上で、もっとも高い金額を提示したところに買い取ってもらうようにすると良いでしょう。

不用品回収業者に回収してもらう

少しでも早く洗濯機を処分したい場合や、搬出作業も含めてすべての作業をお願いしたいという場合には、不用品回収業者に洗濯機を回収してもらうという方法がおすすめです。不用品回収業者に依頼すれば、多くの場合、当日か遅くとも翌日には引き取りに来てもらえるはずですので、至急洗濯機を処分しなければならないようなケースにおいては非常に頼りになる存在であると言えるでしょう。また、基本的に室内からの搬出から、トラックへの積み込みまで、すべて業者の方でやってくれるため、重たい洗濯機を自分で動かすのは困難という方は、こちらの処分方法をご検討されるのが良いでしょう。

洗濯機の処分料金について

洗濯機を処分するために必要になる料金は、どのような方法を選ぶかによって異なってまいります。少しでも安く処分したいということであれば、フリマアプリやリサイクルショップを利用して洗濯機を売却するというやり方が良いかもしれません。ただし、安く処分できる方法が、必ずしもどなたにとってもベストであるというわけではございません。例えば、安く処分できる方法の中にはそれなりに時間が必要であったり、搬出や配送を自分で手配しなければならないものが少なくありません。そういった方法は、引っ越しなどの事情により少しでも早く洗濯機を手放したいというような場合や、自分で手続きをするのは面倒なのでなるべく避けたいという場合には、いくら費用が安いからといっても避けた方が良いでしょう。このように、費用の多寡だけに注目して処分方法を選んでしまうと、本来の目的が果たせなくなる可能性がございますので、あらかじめ洗濯機を処分する目的を明確にした上で、それに見合う方法を選ばれることをおすすめします。

・3,000円〜(収集運搬料+リサイクル料):購入した家電量販店などに洗濯機を引き取ってもらう場合
・2,500円〜(収集運搬料+リサイクル料):買い替えに際して新しい洗濯機を購入する家電量販店などに古い機種を引き取ってもらう場合
・4,000円〜(収集運搬料+リサイクル料):自治体指定の業者に洗濯機を引き取ってもらう場合
・2,500円〜(リサイクル料):指定引取場所に洗濯機を持ち込んで引き取ってもらう場合
・0円〜(出品手数料+配送料):フリマアプリを使って洗濯機を売却する場合(出品手数料と配送料の合計よりも成約金額の方が大きい場合は、実質的な費用負担はゼロになる)
・0円〜(出張料):リサイクルショップに洗濯機を買い取ってもらう場合(出張料よりも買取り金額の方が大きい場合は、実質的な費用負担はゼロになる)
・4,000円〜(回数手数料):不用品回収業者に洗濯機を回収してもらう場合

洗濯機の処分に関するよくある質問

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。

    不用品回収品目