愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

座椅子の処分方法!正しい処分方法と料金やお得に捨てるポイントを紹介!

座椅子の処分で悩んでいませんか?

日常的に使う座椅子。

座椅子は使用頻度も多いことから、定期的に買い替える必要があります。
買い替えや劣化で不要になった座椅子の処分方法にお困りの方も多いのではないでしょうか。

座椅子は意外と大きく重たいため、処分に困りますよね。
実は、座椅子には粗大ごみ以外にも様々な処分方法があります。中にはお得に捨てる方法も!

ここでは、様々な場合の座椅子の処分方法や、料金をまとめました。

早く処分したい…
なるべく手間をかけずに処分したい…
費用を抑えて処分したい!

などお悩みに合わせた処分方法も紹介しています。
座椅子などの不要な家具類は、運ぶ手間もかかることから、ご自身のお悩みに合わせた処分方法を選ぶことをおすすめします。
ぜひ、ここでの情報を参考にしてみてください。

目次

座椅子を処分する方法について

下記では座椅子を処分する方法を詳しくご紹介していきます。

座椅子の様々な処分方法を紹介していきます。
粗大ごみ以外にも、意外な処分方法も紹介しています。
ご自身のお悩みに合わせて、適切な処分方法を選びましょう。

自治体を利用して処分を行う

座椅子を処分する際には、自治体を利用して処分を行う方法があります。
自治体を利用する時には、
・可燃ごみ・不燃ごみとして処分する方法
・粗大ごみとして申し込みを行い処分する方法、
・地域のクリーンセンターへ持ち込んで処分する方法
に分かれます。

可燃ごみ・不燃ごみとして処分する

基本、座椅子の1辺が30㎝以内、または解体して指定のごみ袋に入るものは家庭ごみとして処分することができます。しかし、処分する地域の自治体によって家庭ごみとして処分できる条件が異なります。
そのため、処分前にインターネットサイトや電話で問い合わせるなど確認が必要になるため注意がです。

燃えるゴミになる座椅子

自治体の粗大ゴミ基準に当てはまらず、可燃性の素材だけで作られている座椅子は燃えるゴミで捨てられます。

例を挙げると、カバーが布、革製でファスナーがなく、内部にも鉄パイプなどの金属が入っていないものです。
このような座椅子は燃えるゴミになります。

燃えないゴミになる座椅子

1辺が30㎝以内の座椅子といった自治体の粗大ゴミ基準に当てはまらず、かつ不燃性の素材だけでできているものは燃えないごみになります。
内部に鉄でできている骨組みが入っているもの、
クッション部分にビニールやマイクロファイバー、ポリエステルなどが使われているものはゴミの分類基準が自治体によって異なるため、事前に確認が必要になります。

粗大ごみ処分する

粗大ごみとして処分する方法です。
処分する地域の粗大ごみ基準が当てはまる場合はこの方法になります。

手順としてはまず粗大ごみ受付センターに申し込みを行います。
そして自治体が指定した料金分の粗大ごみ処理券を購入してください。
続いて粗大ごみ収集日になったら、指定された場所に座椅子を搬出します。
その後自治体が指定場所まで回収に回ってくるという流れです。
自治体によっては粗大ごみの回収日に立ち合いが必要な場合があります。事前にWEBサイトなどで確認をしなくてはいけません。
この方法は、回収場所まで座椅子を運ぶ手間と、処理券の料金がかかります。

地域のクリーンセンターへ持ち込んで処分する

不要な座椅子を自治体のクリーンセンターに持ち込む方法もございます。
一般的な自治体では、クリーンセンターの業務時間内に搬出できるケースが多くみられます。
持ち込み処分の際には身分証明書が必要となりますので、忘れずにお持ちください。
この方法は、持ち運ぶ手間がかかりますが、自分の都合がいい時間に持ち込めるというメリットがあります。

寄付をする

座椅子を処分する時には、寄付を行うことも可能です。
寄付を行えば困っている人の役に立つという点で社会貢献になります。
しかも回収費用がかからない上に、利用する人に喜んでもらえるのならば、とても嬉しく感じるものです。
以下の団体が寄付活動を行っています。
他にも様々な団体があるので、調べてみると良いでしょう。

・REBORN Project
・NPO法人もったいないジャパン

寄付を行う際には、送料を自分で負担しなくてはいけない場合が多いです。
梱包なども、ご自身で行わなくてはいけないので多くの手間が必要になります。

知人などに譲る

座椅子の処分方法としては、知人などに譲るのも1つの方法です。
もし身近に座椅子を必要としている人がいらっしゃるのなら、処分に費用がかかりません。
しかもお知り合いの方が活用してくれるのでしたら、一石二鳥ともいえます。
ゴミを削減することもできますので、環境の面からもおすすめいたします。

ですが貰い手がみつからない場合はその間は保管しなくてはいけません。
急いで処分したい場合には別の方法をおすすめします。

リサイクルショップや買取業者を利用する

リサイクルショップや買取業者に座椅子を買い取ってもらう方法です。
リサイクルショップを利用すれば、処分にかかる費用はありません。
また、買取業者や買取式のリサイクルではなので利益を得ることが可能です。
しかしリサイクルショップによっては、買取ができなかった場合は処分費用を請求される可能性も。
それではせっかくリサイクルショップに持ち込んでも時間と労力の無駄になります。
そのため事前に電話などで問い合わせを行い、買取ができる品物であるかを確認しておくとよいでしょう。

ネットオークションやフリマアプリを利用する

Yahooオークションやメルカリなどのフリマアプリやネットオークションを活用する方法です。発想や取引の手間がかかりますが、自分の希望の価格で売却することができます。
また、子ども用の座椅子など、使う期間が短いものは、中古で購入する方が多く、
買い手が見つかりやすい傾向にあります。

地元のネット掲示板を利用する

ジモティーやネット掲示板を活動してオイルヒーターをもらってくれる人を探す方法です。
この方法はフリマアプリとは違い無償で譲る形になるため、比較的貰い手が見つかりやすいという特徴があります。この方法は、個人でのやりとりになるため、運ぶ手間がかかります。ですが地元ということもあり、近くで取引できる場合が多いです。

手順としては、ジモティーや掲示板でオイルヒーターを譲るという旨を書き込み、近くに住む貰い手が立候補します。待ち合わせ場所や日時を決め、商品を渡し取引終了です。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する方法です。
依頼する手順は、まずご自身のお住いの地域を対応している不用品回収業者を選びます。
各業者のホームページなどで比較検討されるとよいでしょう。
業者ごとにサービス内容や料金がも異るため、確認が必要です。
業者を選んだら、電話やメールなどで、座椅子の処分を申し込みをし、
回収のスケジュールを決定。その後決められた日時に、業者が座椅子の回収に来るという流れになっています。
業者によっては事前の見積りも受け付けておりますので、お申し込みの際に依頼することができます。重くて運べない場合や、手間をかけたくないという方にはこの方法をおすすめします。

座椅子の処分方法を選ぶポイント

下記では座椅子の処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

料金面を重視

料金面を重視されるのでしたら、自治体を利用して処分される方がお安く処分できます。 座椅子1点のみを処分するならば、不用品回収業者で処分すると2、3割程度割高となります。 その為、料金面を重視して座椅子1点のみを処分されるのでしたら、自治体での処分が良いでしょう。
POINT 2

肉体的負担を重視

肉体的負担を重視されるのでしたら、不用品回収業者を選ぶ方が良いでしょう。 多くの不用品回収業者は、自宅まで回収しに向かうためご自身で搬出する必要がありません。 大変楽に処分を行えます。 座椅子以外にも回収して欲しい不用品がありましたら、同時に処分することも可能です。 その他にもご自身の希望に合わせて回収を行ってくれる為、大変便利と言えるでしょう。
POINT 3

スピードを重視

できるだけ早く処分したいという方は、不良品回収業者をおすすめします。 最短で当日に回収することのできる業者もあります。 また、回収実績を重ねた、専門業者なのでスムーズに回収することができ、時間をかけずに処分することが可能です。 お近くの不良品回収業者を調べてみましょう。

座椅子の処分料金について

下記では座椅子を処分料金について詳しくご紹介していきます。

座椅子を処分する際には、処分方法で費用は大きく変わってきます。
ここでは、それぞれの処分方法の相場価格をまとめました。大きさや場合によりことなるため、参考程度にご覧ください。

可燃ごみ・不燃ごみとして処分する

ゴミ袋代程度で、ほかの費用は掛からず無料です。

粗大ごみとして処分する

粗大ごみのシール代およそ500円~が料金の相場です。大きさなどにより変動があります。

クリーンセンターなどに持ち込んで処分する

持ち込み処分を行う時には、200円ほどが相場です。
ちなみに一般的な自治体では持ち込み処分を行う際、重量で計算して処分を行っています。そのため処分費用を200円支払えば、10キロほどをまとめて処分することが可能です。

寄付をする

送料550円~が相場です。距離や大きさによって変動があります。

知人などに譲る

無料です。

リサイクルショップや買取業者を利用する

無料です。

ネットオークションやフリマアプリを利用する

売上金額から手数料10%が引かれます。

地元のネット掲示板を利用する

無料です。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者を利用して処分を行う時には、一般的には1,000円前後が目安です。
ただし業者によってかなり価格の変動があります。

座椅子の処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまで座椅子の処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは座椅子を処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

スピーディーな対応

出張回収センターはスピーディーな対応が自慢です。ご依頼いただいたら、できる限り即日に座椅子の回収にお伺いいたします。状況次第では30分での回収も可能でございます。そのため急な引っ越しなどで座椅子の処分のお困りでしたら、是非お伝えください。出来る限りお客様のご都合に合わせて迅速に回収にお伺いいたします。

選ばれる理由 2

料金形態が明確

出張回収センターは、料金形態を明確にわかりやすく設定しております。不用品回収業者の料金形態は複雑で、分かりにくい場合もあるのです。そのためお客様が迷われることも多く、ご負担も大きくなってしまいます。そのような事のないように当社は明確な料金形態を設定し、安心してご利用いただけるように努めております。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

1点のみでも回収可能

出張回収センターは、座椅子1点のみでも回収にお伺いしております。そのため「1点のみの処分では回収を受け付けてもらえないのではないか」という心配も必要ございません。不用品の量に関わらず迅速に回収にお伺いいたします。

座椅子についてのお役立ち情報

座椅子は粗大ゴミとして出しても、大きさや重さがある事からお金と手間がかかってしまいます。

また不用品回収業者にお願いすると手間は一切かかりませんが、処分費用はどうしても発生してしまいます。
ですが、リサイクルショップで売る場合は、手間がかかる代わりに逆にお金が貰える可能性が高いです。
ここからはリサイクルショップで、座椅子を高く売るために知っておきたいポイントを3つ解説します。

座椅子を高くうるポイント


・シミやホコリを取り除く
・付属品を揃える
・座椅子の種類やブランドを把握しておく
この3点が座椅子を高く売るポイントになります。

シミやホコリといった汚れを取り除く


座椅子のシミやホコリなどの汚れを綺麗に取り除くことが大切です。
ホコリなどの物理的な汚れは掃除機で吸い取ることができます。
特に座椅子の座面と背面の境目は、ホコリやゴミが貯まりやすいので入念に掃除機で吸い取ってください。

また床にそのまま置くタイプの座椅子は、裏面にも汚れがついているので注意しましょう。
シミは中性洗剤を薄めた液を、布にしみこませて優しく拭くと取れやすいです。
ゴシゴシ拭こうとすると、布が傷ついてしまうので優しくふき取りましょう。

汚れを落とした後は真水をしみこませた布で拭き取り、キッチンペーパーを使って余分な水分を吸い取ります。

付属品を揃えておく



汚れを取ったら付属品をがあるか確認します。座椅子は、説明書や保証書があるだけで買取価格があがることがあります。またマッサージ機能付きの座椅子の場合は、付属のリモコンをや電源コードを必ず忘れないようにしてくださいね。

座椅子の種類によって高く売れることも



座椅子の種類やブランドによっては非常に高値がつくことがあります。
高値がつく座椅子はマッサージ機能付きの座椅子、有名家具ブランドの座椅子、
上質な革や木材を使っている座椅子、くたびれていない低反発素材の座椅子
などです。

これらに該当する場合は、非常に高く売れる可能性があります。処分してしまわずにリサイクルショップに持ち込むと良いでしょう。ただし低反発素材の座椅子は、素材がくたびれていると価値が下がるので注意しましょう。

座椅子の処分に関するよくある質問

A. お電話でお見積もりだけでもお伺いしております。しかも当社では、不用品回収に関する見積もりは全て無料で行っております。さらに年中無休で9:00~19:00の間対応しておりますので、いつでもお気軽にお申し付けください。ちなみに電話で見積もりを行って、もしご満足いただけない時にはキャンセルすることも可能です。キャンセルに関しても料金などは一切発生しませんのでどうぞご安心ください。
A. お急ぎの回収を希望されるのでしたら、即日にお伺いすることも可能です。最短ではおよそ30分で到着することもできます。当社は熟練の従業員がそろっておりますので、作業スピードの速さも自慢です。その際には、早目にご連絡をいただければ、あらかじめ従業員の動員を調整する事が可能となります。そのため座椅子の回収日がお決まり次第ご連絡いただけると幸いです。
A. はい、座椅子以外の不用品もまとめて処分いたします。その際にはその他の不用品の量や種類も是非お伝えください。状況に合わせてよりお得な回収プランをご提案させていただきます。
A. はい、当社では他店より1円でもお安く不用品回収を行う事をモットーとしております。その為、もしほかの業者の座椅子処分費用が当社より安い場合には、是非お伝えください。お客様がご満足いただける料金を提示させていただきます。
A. はい、壊れた座椅子でも回収させていただきます。当社では壊れてしまった座椅子であるからといって、特に料金を加算することもございません。お客様のご都合やご要望に合わせて、迅速に座椅子の回収にお伺いいたします。
A. はい。可能です。オフィスなどから出た座椅子もいくつでも上限なく回収することが可能です。もちろん1つからでも回収いたします。無料見積もりを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。