【靴箱・下駄箱の処分方法8選】買い替えて玄関をリフレッシュ!いらない靴箱はお得に処分が吉!

目次

shoes storage cabinet 2022 09 15 00 27 46 utc

玄関は、毎日朝晩家族みんなが行き来する、利用頻度の高いスペースですよね。「玄関は家の顔」という言い回しを耳にしたことがある方も多いかもしれません。

そんな玄関に置かれる唯一の家具が「靴箱」です。
この靴箱の良し悪しで、玄関の見栄えが大きく変わるため、玄関が家の顔なら、靴箱はその玄関の「顔」とでも言いましょうか。

収納スペースが造りつけになっている住宅もありますが、独立した靴箱なら、インテリアや好みに合わせて自分で選ぶことができます。

とは言え、靴箱を買い替えるということは滅多にないもの。

引っ越しをしなければならない場合や、持っている靴が今の靴箱では入らなくなったとき、玄関先の模様替えをして気分を一新したくなったときなど、処分するタイミングはさまざまです。

しかし、いざ買い替えようにも、どういう方法で古い靴箱を処分したら良いの?と迷う方も多いのではないでしょうか?

靴箱は大きくて重いものが多いので、扱いも大変です。費用をかけずに処分したい、無料で捨てたいと思えば体力と時間がかかり、手間を省きたくても費用もそれなりにかかる場合があります。

今回は、私たちの身近な家具の「靴箱」に焦点を当て、上手な靴箱の選び方お得な処分方法玄関をおしゃれに魅せる方法など、お得で役立つ情報をまとめてご紹介したいと思います!


そのほか役立つコラムはこちら▼▼

まずはお気軽にご相談ください!
電話受付時間:9時~19時

靴箱が使われるようになったのはいつから?

men classic fashion formal black shoes accessories 2022 02 14 21 39 40 utc

常日頃、何気なく使っている「靴箱」ですが、その起源については知っていますか?

ここではまず、「靴箱」の歴史と名前の由来を紐解いていきましょう!

日本の靴箱の歴史

皆さんご存知、靴箱の始まりは「下駄箱」です。

「下駄箱」はその名のとおり下駄を入れるために作られたものです。銭湯のようなたくさん人が集まる所では「下足箱(げそくばこ)」とも呼ばれていたそう。
江戸時代の頃から草履(わらじ)や草鞋(ぞうり)を履く人が増えてきましたが、まだまだ裸足で出歩く人も多く、まだこの頃ははっきりとした靴箱のようなものは存在していなかったと言われています。

明治時代以降、裸足で出歩く人が少くなったことや、人々が使用する履物の種類が増えたことにより、”履物を保管する入れもの”が必要となり、そこから下駄箱は急速に普及し始めたようです。てっきりもっと昔からあるものだと思っていましたが違うんですね。

当時は、扉のないタイプ鍵のないタイプがほとんどでしたが、戦後のもの不足時に銭湯で靴の盗難が相次いだことから、この辺りから鍵付きの下駄箱も開発され普及するようになっていきました。

そして、当初は木製の靴箱しかありませんでしたが、後にスチール製の靴箱が開発されていきます。
公共施設や商業施設では、盗難などを防ぐ意味でも堅牢性や耐久性が求められるので、後発のスチール製の靴箱が多く使われているそうです。

そもそもなぜ日本人は靴を脱ぐの?

これには、

  • 外で履いた靴によって家の中を汚したくない
  • 掃除が楽

という点はもちろん、日本独自の気候が番の理由として考えられています。

「梅雨」という季節があるように、日本は雨が多く湿度も高いことから、靴を履いたまま家に上がると畳みや床が傷んでしまうため、”土足はいけない”、”靴は脱ぐもの”という習慣ができたようです。

日本だけじゃない!実はほかにも靴を脱ぐ文化の国がある

お隣の韓国も日本と同じように靴を脱ぐ家庭が多いようです。ほかにも高温多湿の東南アジア東アジアでも脱ぐ習慣があるそう。
面白いのは、同じくアジアである中国は、地域によって脱ぐ・脱がないの習慣が分かれること。中には靴を脱がない代わりに、靴用のカバーをかけてから上がる地域もあるとか!近くの国なのにこんなに文化に違いがあるなんて不思議ですよね。

ちょっと離れた地域でも”穢れを外から持ち込まない”という宗教的な理由から、トルコなどの中東でも靴を脱ぐそうです。
また、アラスカカナダノルウェーなど寒い地域でも意外と靴を脱いでいるそうです。

逆に脱ぐのがNGな国も!

所変われば、マナーも変わるということでフランスやイギリスなどヨーロッパでは人前で靴を脱ぐのは”はしたないこと”だと思われています。

しかしながら、最近では事情も変わってきているそうで、家庭によっては脱ぐのがルールという場合も。
実際、ドイツに留学経験を持つ方の話だとホームステイで3件中2件のお宅では靴を脱いだそうです。

こうして調べてみると文化と言えども現在は多様化してきているのを感じますね。

現在まで続く「履物を脱ぐ」という習慣

欧米化が進んだ現在の日本でも、「家屋の中では履物を脱ぐ」という生活様式は今も変わらずに続いています。日本に関してはこの文化は揺るぎないものとして根付いているようですね。

そのため、一般家庭から教育施設、温浴施設やスポーツ施設などの民間施設にいたるまで、”玄関を飾る顔”として靴箱はなくてはならないものとなっています。

「靴箱」ってどんなもの?

japanese elementary school shoeboxes and slippers 2023 04 18 19 19 00 utc

靴箱の歴史や由来を見てきたところで、次は「靴箱」についてもう少し深掘りしましょう。

靴箱」とは、皆さんご存知のとおり、履物を脱いで、入れておく箱・棚のこと。誰もが一度は使用したことのある身近な家具ですね。

「靴箱」は来客が1番最初に目にする家具

新築の戸建てや、マンションなどの賃貸では最初から玄関に下駄箱が造り付けになっていることも多いですよね。
そういったご家庭では、そもそも靴箱を別で購入しないので、靴箱の重要性を意識したことはないかもしれません。
また、造り付けのないお宅でも、正直、家具としての靴箱の存在感が弱いのは否めません。

しかし、靴箱には、ほかの家具にない大きな特徴があります。それは、来訪客が最初に目にする家具であるということです。
玄関は家の顔だと冒頭でもお伝えしましたよね。
家に入って最初に目にするのが玄関。その見た目が、その家全体や住む人への印象に大きく影響するのです。
そのため、玄関口は常に清潔でキレイにしておくことが理想ですし、風水でも非常に重要な場所とされているのです。

その玄関口に必ず置かれる家具が「靴箱」です。
おしゃれで洗練され、キレイに片付けられた靴箱を見れば”何事もきっちり丁寧にしているお宅”と良い印象を与えられますし、逆に片付いていない、デザインが悪い靴箱…では良いイメージにはなりませんよね。

実はたくさんある!靴箱の呼び方

さまざまな呼び方があるのも靴箱の特徴です。

例えば、鍵付きの靴箱のことを「シューズロッカー」と呼んだり、どんな形のものでも靴を入れるものは「下駄箱」と呼ぶ方もいます。
英語表記の「shoes box」、「shoes rack」を日本語にした「シューズボックス」、「シューズラック」などと呼んだりもしますね。
海外では、「shoes shelf(シューズシェルフ)」という呼び方もよく使うようですが、日本ではちょっと馴染みが薄いかもしれません。

このように、さまざまな呼び方をする靴箱ですが、ほとんどの方が最低でも1日に1回は使用しているのではないでしょうか。どんな呼び名であっても、これからも生活に欠かせないものには変わりありません。

世代で分かれる呼び名…あなたはなんと呼ぶ?

実は今の若者に「下駄箱」はあまり身近な言葉ではないのは知っていましたか?

現代の子供たちは「靴箱」と呼ぶのが主流。
「下駄箱」と呼ぶのは昭和生まれ〜平成中期生まれまでだそうです。とくに学校などでは「下駄箱」と呼んでいた記憶があり、馴染み深いのでちょっと複雑な気持ちになりますね…。

たしかに、現在はもはや下駄を履いてるひとはほとんどいませんから、下足入れを「靴箱」と呼ぶようになるのは自然な流れなのかもしれませんね。

靴箱にはさまざまな形がある

selective focus on leather shoes 2022 12 05 21 53 50 utc

家族が増えたので靴箱を設置したい、玄関の靴箱が古くなってきて買い替えたい!と考えたとき、靴箱にはどのような種類があるのか気になりませんか?
ひとことに「靴箱」といっても、実はいくつも種類があって、それぞれ特徴が異なるんです。

今回は靴箱の種類と、それぞれの特徴をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

カウンタータイプ

カウンタータイプの靴箱は、床から腰ぐらいまでの高さのボックス型の靴箱です。

扉はスライド式のものと前開きのものがあり、一般的には大きなものはスライド式になっています。

カウンタータイプの靴箱は、靴箱の上がオープンスペースになるため、観葉植物や小物を飾ってディスプレイを楽しめるのが特徴です。ただし、靴箱の中では収納できる靴の数は少なめです。

出典:楽天市場

壁面収納タイプ

779217c1

壁面収納タイプの靴箱は、壁面の床から天井までの一面が収納となっているのが特徴です。

収納量が多く、家族が多い場合にはおすすめしたい靴箱です。
しかし、壁一面を靴箱が占めるため、人によっては圧迫感を感じることもあるかもしれません。

出典:ディノス

フロートタイプ

フロートタイプは、床の上に数十センチの空間をあけてから、天井まで収納になったタイプの靴箱です。

壁面収納タイプと同じく収納力が魅力ですが、下にすき間がある分圧迫感が少なくなるというメリットが!
下のすき間に間接照明を取り付けるなどすれば、おしゃれな玄関を演出することも可能です。

出典:Amazon

カウンター+吊り戸棚タイプ

mono21044853 160201 04

カウンター+吊り戸棚タイプは、カウンタータイプの靴箱から間をすかせて天井から吊り戸棚の靴箱を取り付けたタイプです。

カウンタータイプと同様に小物などのディスプレイを楽しみながら、収納力も◎。
しかし、吊り戸棚は高い位置にあるため、お子さんや背の低い方には使いづらいことがデメリットです。

出典:モノタロウ

土間収納タイプ 

imgrc0088199894

土間収納タイプは、「シューズクローゼット」とも呼ばれ、靴箱と収納が一緒になったタイプの靴箱です。

野球道具やゴルフ用品など、かさばるスポーツ用品やベビーカーなどを収納しておくのにもかなり便利◎。
ただし、設置するには広いスペースがいるため、広い玄関に向いています。

出典:楽天市場


上手な靴箱の選び方って?

25075684 l

靴箱は玄関収納の中心であり、玄関のインテリアの中心でもあります。ここまでの内容で靴箱の重要性は十分伝わっているかと思いますが、その靴箱の選び方もしっかりと確認しておきたいところ!

造り付けになっている住宅も多いかとは思いますが、靴箱が独立している場合は好みの色やデザインを選ぶことができます。
靴箱は玄関のスペース(靴箱を置けるスペースの広さ)、収納する靴の数(家族の人数)、扉のタイプなどを考慮して選ぶことが大切です。

置ける靴の数で選ぶ

靴箱は、まずは”収納したい靴の数にあわせて選ぶ”必要があります。

ここで注意したいのは、収納する靴の大きさ。婦人靴より紳士靴の方が幅をとるため、紳士靴が多い家庭はワイドタイプを選ぶか、大容量タイプを選ぶと◎。また、ブーツや長靴を収納する方は脱着可能な可動式の棚を採用した商品が良いかもしれませんね。

スペースにあわせたサイズを選ぶ

広い玄関をお持ちなら問題ありませんが、玄関周りというのは意外とスペースが足りないもの。

普段履き以外の靴やサンダルは出したままにしておきたいし、傘立てや掃除用具など、靴以外にも玄関にあると便利なものはたくさんありますよね。
これらを置けて、なお人の導線を邪魔しない場所に靴箱を設置する必要があります。
使い勝手を考えながら、ご自宅の玄関にはどの程度のサイズなら大丈夫か事前に考えておきましょう!

高さで選ぶ

靴箱の背の高さも選ぶポイントです。

背の高い靴箱なら、床面積が少なくてもたくさんの靴を収納できるというメリットがあります。
その一方で背が低い靴箱は、玄関での存在感・圧迫感が少なく天板の上も使えるスペースになります。

どちらにもメリットがあるため、それぞれの特徴を踏まえたうえでご自宅に合ったものをお選びくださいね。

タイプで選ぶ

■ 扉のあり or なし

靴箱には扉がついているのが一般的ですが、中にはオープンタイプになった扉のない靴箱もあります。

普段から靴をキレイに並べている方なら、見せる収納のオープンタイプがおすすめ◎。靴がたくさんある場合、ぱっと見て選びやすいというメリットもあります。

ただし、靴箱の中がごちゃごちゃしがちな方や、臭いがちょっと気になるかも…という方は、扉のある一般的なタイプのほうが無難かもしれませんね。

■ 前開きドア or スライドドア

最近の靴箱は「前開きドアタイプ」のものが多いようです。前開きドアは、靴箱の中全体を見渡せるので、中の様子がわかりやすいというメリットがあります。

ただし、玄関スペースが狭くてドアを開けると邪魔になる…という場合は「スライドドア」が便利です!

■ 飾り棚あり or 壁面収納タイプ

玄関にインテリア雑貨や観葉植物などを置くちょっとしたスペースや、飾り棚なんかがあると嬉しいですよね。

玄関に設置する靴箱には、上部が飾り棚として使えるタイプのものが多い印象ですが、靴がたくさんある場合は、より多くの靴を収納できる壁面収納タイプを選びたいところ…。

たくさんの靴を収納しつつ、飾り棚も欲しい!という場合には、背の高い壁面収納タイプの靴箱でも、中段に飾り棚が設けられたタイプのものがとても便利でおすすめです◎。

通気性も重要なポイント!

玄関は室外と室内を隔てる場所です。そのため双方の温度差による結露が発生しやすくなります。玄関に置かれる靴箱でも、結露による湿気には気を配る必要があります。除湿剤をこまめに交換していても、”こんなに湿気があるものなの?”と驚かされるほどです。
とくに梅雨の時期などは、出入りのたびに湿った外気が玄関に入ってきますし、濡れた傘を置けばますます湿度は高くなってしまいますよね。

靴箱に湿気がこもったままにしてしまうと、どうなるでしょう?

そう、「臭い」と「カビ」が発生しやすくなります。それでなくとも靴は足の汗や臭いがつくもの。さらに湿気がこもると、臭いとカビで大変なことに…!

大切な靴を長持ちさせるという意味でも、靴箱の通気性はとても大切になるのです。

対策としては、普段から時々靴箱の扉を開放して換気するのも有効ですが、中には通気性の良いルーバー扉(※1)やパンチング仕様(小さな通気孔が多数開いている)など、構造的に通気性を良くしている商品もあります。

※1 ルーバー扉とは風通しをよくするために、隙間を持たせて小幅板を組み合わせた扉のこと。 扉全体で換気をするので、防臭に効果的!

おすすめ靴箱メーカー5選!

display of boots and shoes on shelves in tradition 2022 03 07 23 51 40 utc

ご紹介したようなポイントももちろんですが、やはりおしゃれで人気のメーカーから選ぶ!というのもおすすめ◎。

ここでは、とくに人気の高いメーカーを5つご紹介したいと思います!

LOWYA(ロウヤ)

「LOWYA」を率いるのは、2004年7月、福岡県北九州市若松区において家具・インテリア等のインターネット通信販売を目的とする会社として創業した株式会社ベガコーポレーション。「LOWYA」を筆頭に、楽天市場、Yahooショッピング、Amazonにて運営しています。

LOWYAの靴箱は表面に木目調のプリント紙を使用したものが多いです。プリント紙といっても、まるで本物の木のような質感。高級感もあるので素敵な玄関にしてくれますよ!
価格を抑えつつおしゃれな靴箱が欲しい!という方にはLOWYAがおすすめです。

IKEA(イケア)

「IKEA」は、1943年のスウェーデン発祥で、ヨーロッパ・北米・アジア・オセアニアなど世界各地に出店している、世界最大の家具量販店。

北欧生まれの家具メーカーであるIKEAの靴箱は、シンプルなデザインながら機能性にも富んだアイテムが多く揃っています。
中でも人気のシューズキャビネットは、斜めに靴をしまえるため薄型でスペースをとらないのが魅力です。

無印良品

「無印良品」の誕生は1980年。生産プロセスを徹底して合理化することで簡潔で気持ちの良い低価格商品を生み出す…という理念から始まりました。

現在、無印良品は靴箱の取り扱いはありません。
しかし、いろいろな用途に使えるシンプルで自在性の高い製品の多い無印良品だからこそ、靴箱に使えそうな収納家具をカスタマイズしたり、組み合わせることで自分なりの靴箱に応用することができるのが魅力ですね。

ニトリ

株式会社ニトリは、1967年に設立され北海道札幌市北区に本社を置く、家具およびインテリア用品小売業の大手。日本国内693店舗、および台湾、中華人民共和国、マレーシア、シンガポールなど、世界に約100店舗のチェーンストアを展開しています。

安価で高性能かつシンプルな家具が揃うと人気のニトリからは、なんと1cm間隔でサイズを変えられるオーダーメイドの靴箱が登場!ご自宅の玄関に合わせた靴箱を購入したい!という方におすすめのメーカーです。

カリモク

1940年創業のカリモク家具株式会社は、主に家庭向けの家具の製造から卸まで手がける家具・インテリア企業であり、家具業界の最大手でもあります。

カリモクのシューズボックスは、温かみのある木製デザインが人気。国産の確かな品質、細部までこだわった高級感のある雰囲気で日本の住宅に馴染む商品が数多く揃っています。

横長タイプに身長の高い縦長タイプと、デザインも幅広く玄関に合わせてセミオーダー対応可能。
おしゃれだけれど飽きのこない、一生モノの下駄箱が欲しいという方にとても人気です!

いらなくなった靴箱の処分はどうするの?

1795420 l

買い替えたは良いものの、今度はいらなくなってしまった古い靴箱の処分に困りますよね。ここからはそんな「靴箱の処分方法」について解説していきます。

靴箱の処分方法として考えられるのは以下の8つ。

  1. 粗大ゴミとして処分する
  2. 解体して可燃・不燃ゴミとして処分する
  3. 家具量販店に引き取ってもらう
  4. リサイクルショップに買い取ってもらう
  5. ネットオークション・フリマに出品する
  6. 知人・友人に譲る
  7. 支援団体に寄付する
  8. 不用品回収業者へ回収・買取を依頼する

それぞれの項目についてもう少し詳しく見てみましょう!

① 粗大ゴミとして処分する

一辺30cm以上ある靴箱は「粗大ゴミ」として処分するのが一般的。粗大ゴミの処分手順は以下のとおり。

粗大ゴミの申し込み手順

  1. 粗大ゴミ受付センターに電話で申し込む
  2. 収集日、収集場所、料金を確認する
  3. 指定の販売店などで(スーパーコンビニ他)、手数料納付券(シール)を購入
  4. 納付券に名前を記入して、靴箱に貼る
  5. 収集日に指定場所に出す(立ち合いは不要)

※ 細かいルールに関しては各自治体ごとに異なるので、必ず事前に確認してから処分するようにしましょう。

なお、粗大ゴミとして処分する場合手数料が必要になり、この費用は各自治体によって異なります。

【地域別 靴箱の処分手数料】

地域手数料
名古屋市記載なし(※1)
大阪市400円
品川区300〜1,800円

※1 名古屋市の場合、料金の記載がない品目に関しては粗大ゴミ受付センターに電話で申し込む必要があります。

このように、比較的安価で処分することができますが、粗大ゴミ回収で不用品を処分する際には自分で指定の回収場所まで不用品を運ばなくてはいけないというデメリットも。

大型かつ重量のある靴箱は搬出が一番大変な部分。自治体では自宅からの搬出作業を行っていないため、人によっては自力で回収場所まで運ぶのは難しいかもしれません。

自治体の運営する施設に自己搬入するという手段もありますが、同様に手数料は発生しますし、どちらの場合も家からの運び出しには対応していないので、お車を所持していないなどご自身で持ち込む手段がない場合の利用は難しいのでご注意ください。

また、どの自治体でも回収日は月1~2回ほどと決まっているので、その日までは不用になった靴箱を保管しておかなくてはならず、すぐに処分したい場合や引っ越しなどで期日が迫っている場合には向かない方法かもしれません。

② 解体して可燃・不燃ゴミとして処分する

木やプラスチックでできた靴箱であればゴミ袋に入るサイズにまで細かくし、「可燃ゴミ」や「不燃ゴミ」として廃棄することもできます。
しかし、靴箱は大きさも重量もありますので、素人が分解するとなると危険が伴います。

そのため先述したように費用は少しかかりますが、靴箱は自治体に依頼して粗大ゴミとして廃棄したほうが手間が少ないかもしれません。

③ 家具量販店に引き取ってもらう

もし靴箱を処分した後に新しく家具を購入するつもりなら、ニトリや無印良品などの家具量販店で「引き取りサービス」に出すという方法もあります。
商品の配送と同時に不要な家具を回収してもらえるため、手間がかからず便利な方法のひとつです。

しかし、利用する店舗によって引き取りには、購入した家具と同数、○○円以上の購入など各種条件があり、それらの条件に当てはまらないと利用することができません。

家具の引き取り条件と費用

店舗名条件処分費用
ニトリ購入した家具と「同数料」もしくは「同容量」4,400円(税込)/ 1注文
無印良品注文商品と「同種」かつ「同数」4,000円(税込)/ 個数
IKEA購入家具と「同数量」もしくは「同容量」
アウトレット商品は対象外
無料
ベルメゾン41,800円(税込)以上の対象家具
購入家具と「同数量」
無料

このように、条件やその費用は利用する店舗によって異なってきます。中には、IKEAのように同数、同容量であれば無料とする店舗もあれば、ベルメゾンのように一定の金額以上購入に限りとしている場合もあるのです。

条件に当てはまったとしても靴箱の状態によっては値をつけることができず、引き取りに応じてもらえない場合もあるので注意が必要です。

④ リサイクルショップに買い取ってもらう

靴箱の処分は、何も捨てるだけではありません。状態の良い靴箱なら買い取ってもらうのがおすすめなんです!

家具家電など数多くのジャンルを取り扱うリサイクルショップなら、もちろん靴箱も買い取ってもらうことができます。気軽にお金に換えることができるのもメリットですが、”不用品がまた誰かの役に立つ”というのは嬉しいものですよね。

リサイクルショップは「店頭買取」だけでなく、「宅配買取」、「出張買取」と全ての買取サービスを利用できる店舗が多いです。いくらコンパクトと言えど、靴箱を一人で店舗まで運ぶのは大変ですよね。このように大きさも重量もあるものを売却する場合には、「出張買取」を利用するのがおすすめ◎

手数料などはかからず、無料で査定してもらうことができるので、手軽でもっとも身近な業者と言えるのではないでしょうか?

ただし、リサイクルショップは、数多くのジャンルを幅広く取り扱う便利なお店ではありますが、その分専門性に欠けるというデメリットがあります。本来なら価値のある靴箱でも、知識のある査定士がいないために相場の半分以下の値段で査定されてしまうこともあるのです。

さらに靴箱が売れなかった場合は引き取ってもらえない場合もあり、改めて別の処分方法を検討しなければならない点は要注意です。

⑤ ネットオークション・フリマアプリなどに出品する

現在は個人でも手軽にネットを通じて不用品の売買ができるので、ネットオークションやフリマサイトに慣れている方ならこちらに出品して靴箱をお金に変えることもできるかもしれません。

買取業者とは違って出品する側が販売価格を決められるので、好きな金額で取り引きできる点は大きなメリット!
ただしよっぽどの人気商品出ない限り出品してすぐに購入希望社が現れることは少なく、その間は靴箱を保管しておかなくてはいけないため、処分を急いでおらず気長に手放したい!という方に向いている方法です。

【ネットオークション・フリマアプリに出品する手順】

  1. 事前に靴箱の相場を調べたうえで、販売価格を決定する
  2. 商品説明をわかりやすく書く
  3. 靴箱の商品画像を自分で撮影して、商品ページに掲載する
  4. 自宅からの運び出しと発送手続き
  5. 購入者とのやり取り

ひとつ見落としがちなのが、送料です。ネットオークションやフリマアプリでは梱包や発送も出品者が自分で行わなくてはいけませんが、大きな靴箱は送料も高くなりがちです。
その際に送料をどちらが負担するかが明記されていないと、思わぬトラブルになってしまうこともあるので、双方で話し合っておきましょう。

⑥ 知人・友人に譲る

最近引っ越して靴箱を買おうかな…と検討されている方は身近にいませんか?もし友人や親戚にそうした方がいれば、靴箱を譲るというのはどうでしょう?

安いものなら1万円しない安価なものもありますが、大型のものやデザイン性が高く人気ブランドのものとなれば10万円以上はざらです。それを譲ってもらえるのであればお相手も大変喜ばれるのではないでしょうか。捨ててしまうよりも欲しいという方に再利用してもらえた方がこちらとしても嬉しいですよね!

ただし、相手が遠方であった場合には、配送料が必要になってしまいます。
ものによりますが、靴箱は重さや大きさがある場合も。前項目でもお伝えしたように当然、配送料はその分かかることになり、それは決して安い金額ではありません。

そもそもお譲りする靴箱が高額なものな場合、無料で譲るのを条件に「配送料は相手持ち」にするなど、費用の面での話し合いを事前にきちんとしておかないと、いくら知り合いと言えど後々トラブルになり兼ねないのでその点だけ注意しましょう。

⑦ 支援団体に寄付する

買取を断られてしまった靴箱だとしても、必要だと感じている方は世界中に多くいらっしゃいます。そんな人々のために、再販できないものを寄付するケースも多いようです。

こうした寄付支援活動は靴箱を直接お届けする方法と、靴箱の売却による売上からワクチン支援団体(認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会)を通じてワクチンにて現地にお届けする方法の2つの方法を利用することができます。

専門家の判断で現地では再利用できないもの・輸送コストが大きいものに関してはワクチンにて自動的に振り分けしてもらえるので、支援者側で悩む必要はありませんのでご安心くださいね。

ただし、支援団体に寄付する際に必要となる配送料はこちら持ちとなるので、遠方で配送しなければならないという場合は、運搬費用がかかり残念ながら無料で処分できるわけではありません

しかし、廃棄処分してしまうと無駄になってしまう資源で社会貢献できるのは素晴らしいことです。

なお、こちらも費用はかかってしまいますが、自宅まで引き取りにきてもらえるサービスもあるので、自力での運搬が難しい場合や、忙しくてなかなか時間が作れない方は利用してみても良いかもしれませんね。

弊社でもユースマイルという世界の恵まれない人達に寄付する取り組みをしています。画像からリンク先に飛ぶことができますので、ぜひ一度ご覧になってみてくださいね。

2022 03 10 23h00 17

⑧ 不用品回収業者へ回収・買取を依頼する

靴箱のように、大型で重い家具を処分するのにもってこいなのがこの「不用品回収業者」です!

「不用品回収業者」と聞くと、”単にいらないものをまとめて処分してくれる便利な業者”と思われる方が多いかもしれません。しかし、それは少し間違いです。

不用品回収業者の中には、買取により力を入れ、各ジャンルの専門知識を持った査定士が常駐している業者もあるんです!そんな不用品回収業者に依頼すれば、人気メーカーの靴箱でも価値を分かったうえでしっかり査定してもらえますし、ほかにも不用品がある場合にはまとめて処分することももちろん可能です。

もちろん不用品回収業者は出張買取もOK!不用品回収業者は作業をすべてお任せできる業者なので、自宅にいながら査定・買取・搬出まで依頼主が何かする必要はありません!

気になる費用は?

しかし、気になるのはその費用ですよね。

通常、不用品回収業者へ依頼すると、

基本料金 +  回収費用 = 支払い料金

という料金形態になっていることが多く、基本料金相場が3,000円〜靴箱の回収費用相場が2,000円〜となっているので、

3,000円 + 2,000円 = 5,000円

最低でもこれ以上はかかると思ってください。
ほかの方法と比べると割高…と感じるかもしれませんが、まとめて不用品を処分する場合には「積み放題プラン」という料金形態もあり、これは決められた大きさのトラックに積める分であれば金額は据え置きというお得なプランになります。

100kg以下は11,000円〜200kg以下は22,000円〜と重さで換算するため、まとめて処分したいものがある方にはこちらの方がおすすめなんです!

また、不用品の買取をすることで費用を相殺することができます!心配な費用は不用品の買取でカバーしちゃいましょう!

不用品回収業者に依頼するメリットをまとめると以下のとおり。

  • 自分の都合に合わせて自宅まで回収に来てくれる。
  • 不用品回収・買取を全てワンストップで行える
  • ハウスクリーニングも任せられる
  • 回収・買取をしてくれる業者なら、査定額を差し引いてお得に処分できる。
  • 買取不可な場合でも、引き取りに応じてくれる。
  • 自分で運び出す必要がない。
  • 他の不用品もまとめて処分してもらえる。(まとめて処分する方がお得になる。)

悪徳業者に要注意!

しかし不用品回収業者のほとんどがこういったメリットがある一方、中には悪徳業者もあるので注意が必要です。

どういった点を気を付けるべきなのかというと、

  • 「無料」を謳い文句にする。
  • チラシ投函を積極的にしている。
  • トラックで町を巡回している。

こういった業者は、後から高額請求してきたり、不用品回収後に不法投棄したりするケースも。
「無料回収」を謳い文句に、出張費用や運搬費用などを後から請求するという悪どい業者も結構あるんです。

ましてや不法投棄の場合は、業者だけでなく依頼主も法で裁かれるので、決して他人事ではないんです。

  • 対応が丁寧
  • 訪問見積もりに対応している
  • 口コミが高評価
  • 見積もり書が明解
  • 値段交渉に応じてくれる

など、これらの条件に当てはまっている業者であればまず安心して大丈夫!信頼できる業者であれば、楽してお得に靴箱を処分できます!

靴箱の処分でお悩みで、ちょっとでも楽したい!お得にしたい!という方はぜひ検討してみてくださいね!

靴箱・下駄箱の回収・買取のお見積もりはこちらから

中古の靴箱って本当に買い取ってもらえるの?

27065852 m

さまざまな処分方法を見てまいりましたが、ここで気になるのは”本当に靴箱が売れるのか”ではないでしょうか?もちろん、どんなものでも売れるというわけではなく、売れる靴箱には条件があります。

靴箱の中でも売れやすいもの、反対に売れにくい靴箱とは何なのか査定ポイントをご紹介したいと思います!

どの玄関にも合わせやすいコンパクトサイズ

靴箱は玄関に設置するものがほとんどのため、あまり大型の商品よりも実はコンパクトタイプが人気なんです。

具体的にはマンションのアパートにも合わせられるように、高くとも180cm程度のもの。横幅も1~2m以内の収納力が程よくあり、それでいて邪魔にならないサイズが◎。

ただし、大きなサイズの下駄箱でも人気メーカー品なら高価買取の可能性もあるので、まずは査定してもらいましょう!

扉つきの靴箱

靴箱の中でも比較的需要が高いのは「扉つき」で、中の靴が見えないようになっているタイプです。

本棚のように靴が見えるオープンタイプの靴箱も素敵ですが、どちらかと言えば扉つきで見た目の印象がすっきりしたタイプが人気なようですよ!

状態がキレイな靴箱

靴箱には汚れた靴を収納するため、どうしてもホコリや土汚れがつきやすいものですよね。定期的に掃除をしなければ、湿気によってカビや嫌な臭いが染み込んでいる場合も…。

反対に、気になる汚れや臭いがないキレイな靴箱は、中古品としても高く買い取ってもらいやすいためぜひ査定してもらいましょう!

逆に売れないのはこんな靴箱…

破損している・汚れがひどい下駄箱

靴箱は毎日開け閉めをしたり、汚れた靴を入れたりする場所です。

だからこそ、

  • 扉の開け閉めがスムーズにできない
  • 仕切り板がゆがんでいる

など、使用に問題のある下駄箱は買取ができません。

また、大量のカビが発生していて拭き取ってもキレイにならない靴箱や、目立つ汚れがとれないものも買取不可になってしまいます。

普段から汚れが溜まらないように定期的に掃除をすることをおすすめします。

元の値段が安い下駄箱

靴箱と言ってもサイズが小さいもの、有名メーカー品、安価なタイプまでいろいろな種類があります。

その中でも買い取ってもらいにくいのは、定価が安い靴箱。

定価が安く数千円程度の靴箱なら当然買取値も低くなりやすいです。

また、安価な靴箱は自分で組み立てるタイプがありますが、素人が一度組み立てた靴箱は耐久性に問題がある可能性もあるため、最悪の場合買取不可の業者もあるので気をつけましょう。

靴箱をちょっとでも高く売るコツ!

23615823 l

いくら売れる条件に当てはまった靴箱だとしても、土やカビ、ホコリだらけの靴箱では買取価格は期待できませんよね。

せっかく買取に出すのなら、以下のポイントを抑えて査定額をUPさせましょう!

土汚れやカビをキレイに拭き取る!

靴箱は中に湿気がこもりやすく、さらに靴についた泥汚れも付着しやすいです。そのため、売る前に必ず中をキレイに掃除しましょう。

まずは靴箱の中にある土埃をほうきで外に払い落としてください。

キレイになったら濡れたぞうきんで全体的に拭き上げをして、泥汚れ、カビをできるだけ取り除きましょう。
とくに普段見えない裏側はカビが発生しやすい場所…。

必ず靴箱を動かして裏面の汚れやカビの状態もチェックしましょう。

最後に湿気がこもらないように、乾拭きをすることも忘れずに!普段から定期的に靴箱の扉を開けておくなど、湿気対策をすることも大切です。

靴箱のメーカー・型番を調べておく!

靴箱には背板、もしくは本体の下側や内側に製造番号を記載したシールが貼られていることがほとんどです。

どのメーカー品の、いつごろ造られた靴箱なのか、シールの型番がわかればある程度判断ができますよね。

購入年数やメーカーがはっきりしない場合も、事前に型番がわかれば買取もスムーズになるためぜひチェックしましょう。

ほかの家具とまとめて売る!

靴箱以外にもいらなくなった家具などがあればセットで売りましょう!

本棚、チェストなどの収納家具もまとめて査定してもらえば、一度にたくさんの不用品を処分できますし買取値もUPしやすいなどたくさんのメリットがあるんです!

ほかにも家電などの不用品も買い取ってもらえるところなら、ジャンル問わずまとめて査定に出しちゃいましょう!

複数の業者に査定をしてもらう!

靴箱を高く売るためにもっとも重要なのが、「複数の買取業者に出して査定金額を比べる」こと。なぜなら既にお伝えしたように買取業者によって得意なジャンルや買取基準がバラバラで、査定額に差が出るからです。

少なくとも3社程度は見積もりに出すと◎。いくつかの業者に見積もりに出すことでスタッフの対応など悪徳な業者かどうか判断するにも役立ちますし、お持ちの靴箱の買取相場を知ることもできます。ほかの店のほうが高かった…と後悔しないためにも、相見積もりは重要になるのです!

買取金額を交渉してみる!

買取金額の交渉も、買取金額を上げるための手段のひとつ。とくに人気メーカーの靴箱なら尚更!
先述した「複数の業者に査定してもらう」ことで買取相場を理解しておくと交渉もスムーズなはずです。

金額交渉に引け目を感じてしまう方も多いと思いますが、売却側と査定士が互いに納得し気持ちよく買取を終了するために、むしろ必要であると言っても過言ではありません。

新しい靴箱で模様替えをして気持ちをリフレッシュ!

24542496 l

古い靴箱を処分したら、新しい靴箱を設置するタイミングで「玄関の模様替え」をしてみてはいかがでしょう?

玄関の靴箱やちょっとしたインテリや雑貨などを工夫するだけで、パッと明るい気持ちになりますよ!

玄関の模様替えは簡単にできて効果抜群!

仕事で疲れてしまったとき、いろんなことが上手くいかなかったり、気持ちが沈んでしまうとき…ありますよね。そんなときは、”ちょっとした気分転換をすると良い”と聞いたことはありませんか?

気分転換をするにはいろいろな方法がありますが、部屋の模様替えは、気分をリフレッシュできるだけでなく、部屋が片付いてキレイになることで気持ちよく過ごせるようになるという、とても合理的な方法です。

とはいえ、自宅全体の模様替えは体力的にも気力的にも無理…そんなときおすすめしたいのが、家の中のほんの一部分だけを対象にした模様替えです!

日常的によく使用する家の中のスペースで、模様替えの手間がそれほど大きくなく、インテリアを変えることで毎日の生活に大きな影響を与えてくれる場所といえば…どこでしょう?

浴室や、お手洗い、寝室のベッド周りなども模様替えをすることでかなりリフレッシュすることができますが、とくにおすすめしたいのは「玄関の模様替え」なんです。

普段よく使うちょっとしたスペースのインテリアを思い切ってガラッと変えてみることで、かなり気分をリフレッシュすることができます!

玄関がキレイに片付いて自分の好みに合わせたインテリアで彩られていたとしたら、毎朝出掛けるときにも気分が上がりませんか?
一日働いて疲れて帰ってきたときも、自分の好きなもので飾られた玄関に入るとほっとすること間違いなしです!

靴箱の上のインテリアはこう置く!

靴箱の上のインテリア、ただ何となく置いていませんか?実は美しく見せるにはルールがあるんです!せっかくならおしゃれに飾りたいですよね。

以下にポイントをまとめたので、これさえ押さえれば、センスが良い玄関に早変わりです!

■ 三角形を意識して並べる!

旅行先で買ったおしゃれな小物やお気に入りの花瓶など、センス良く並べるには、背の高さが大・中・小の3つを三角形になるように並べることを意識しましょう!同じ高さのものを3つ置くよりも、高さの異なるものを並べた方が全体のバランスが取りやすくなります。

また、「ハロウィン」や「クリスマス」といった季節感のあるテーマや、旅行先の想い出などをテーマにしたディスプレイにすると統一感が出て◎。
三角形のルールを意識して並べるだけで、誰でも簡単にセンスUPできるのでぜひ試してみてくださいね!

■ アートはラインを揃える!

絵画や思い出の写真を並べることも多い玄関。

フレームの大きさや形もさまざまな場合、不揃いに並べるのは雑然と見えてしまいますよね。
せっかくなら美しくディスプレイしたい…そこで簡単でおすすめな方法は、フレームの下のラインで揃えてしまうことです。

ラインが揃うと、不思議とまとまって見えてすっきりします。

応用編として円や四角形になるようにラインを揃えてディスプレイするのも、動きが出て面白いかもしれませんね。
”整った玄関”という印象は、絵画や写真などのディスプレイの方法でも作れるため、ぜひ挑戦してみてください!

■ 季節感の出る植物をセンス良く飾る!

玄関はお客様をおもてなしする場所であり、家族が安心して帰宅できる癒しの場所でありたいですよね。

季節感や安らぎを感じさせてくれるお花や観葉植物などは、実は玄関に欠かせないアイテムなんです。入って正面の角に大き目のグリーンを置いたり、靴箱の上に小ぶりな鉢植えを置いたり、季節感を出すことを意識しましょう!

日当たりやスペースの関係で植物を置けない場合は、フェイクグリーンを検討してみても良いかもしれません。
水やりの心配がなく、枯らしてしまうかも…と心配な方にとくにおすすめ◎。本物の植物でなくとも、グリーンが目に入ることで十分癒し効果が得られますよ!

このように、靴箱をおしゃれに見せるのはとっても簡単なんです!ぜひチャレンジしてみてくださいね!

まとめ

md zahid hasan joy Fz jPKN9mmI unsplash

いかがでしたか?

今回は、私たちの玄関に欠かせない靴箱について詳しく見ていくとともに、人気メーカーやかしこくお得な処分方法など、役立つ情報満載でお届けいたしました。

靴箱は玄関の顔であり、来客がまず目にする家具でもあります。もちろん、その家で暮らす自分自身にとってもですが、靴箱を含めた玄関が素敵であれば、印象がグッと良くなります。
靴箱をおしゃれなものに買い替えて、インテリアにこだわりおしゃれな空間にするのも良いかもしれませんね。

そんな靴箱の処分方法をおさらいすると、

  1. 粗大ゴミとして処分する
  2. 解体して可燃・不燃ゴミとして処分する
  3. 家具量販店に引き取ってもらう
  4. リサイクルショップに買い取ってもらう
  5. ネットオークション・フリマに出品する
  6. 知人・友人に譲る
  7. 支援団体に寄付する
  8. 不用品回収業者へ回収・買取を依頼する

これら8つの方法がありましたね。

靴箱は廃棄処分しようと思うと、小さなものでもどうしても費用がかかります。

とはいえ、買い替えにも当然お金はかかりますし、おしゃれな人気メーカーともなると値段も高めですよね。できれば処分費用だけでも抑えたいところ…。

そんなとき、おすすめなのは「不用品回収業者へ回収・買取を依頼する」方法です!

不用品回収業者に依頼すれば、重たい靴箱でも手間なく処分してもらえますし、何より不用品の買取で回収費用を相殺しながら、お得に靴箱を処分できちゃいます!


弊社でも靴箱・下駄箱の出張回収・買取を行っています。
出張回収センターは重く自力では運び出せないできるだけお得に処分したいそんなお悩みにお応えいたします!

靴箱の処分でお悩みなら、ぜひ一度「出張回収センター」までご相談くださいませ!