不用品回収料金の相場はいくら?3つの業者に依頼する場合のメリット・デメリットを徹底解説!

目次

処分に困った不用品を引き取ってくれる便利な不用品回収業者。ポスティングされるチラシや拡声器を使って軽トラックで巡回している不用品回収業者を見かけたことのある方も多いのではないでしょうか?

ひとことに「不用品回収業者」とは言っても、何を回収するのにどのくらいの費用がかかるのか全く予想がつきませんよね。

「無料で不用品回収」と宣伝しているところもありますが、残念ながら最近では後から高額請求や不法投棄など深刻なトラブルが発生することも多くなっています。

ここでは不用品回収料金の相場と、それぞれの方法のメリット・デメリットを詳しく説明していきます!

こちらの記事もオススメです!

・悪徳な不用品回収業者に騙されていませんか?賢く不用品を処分するために知っておきたいこと!
・こんなとき、どうすればよかったの?不用品回収のトラブル事例

まずはお気軽にご相談ください!
電話受付時間:9時~19時


1.不用品回収ってどのくらいかかるものなの?

不用品を回収してもらう際に、一番心配になるのが費用ですよね。
「どのくらいが相場か分からないから、騙されたらどうしよう・・・。」と不安に思うかもしれません。

ここではまず、不用品を処分する主な方法である

  • 自治体に粗大ゴミとして回収してもらう場合
  • 不用品回収業者に依頼した場合
  • 引っ越し業者に引き取ってもらう場合

この3つで、ソファ、テーブル、ベッドを回収した場合の費用を比べてみましょう。

自治体※1不用品回収業者※2引っ越し業者※2
ソファ(1人用)800円8,000円~10,000円2,500円~
テーブル1,100円5,000~8,000円 ※43,500~4,500円
ベッド※32,000円8,000円~10,000円3,000円~

※1 一例として東京都豊島区の事例を掲載。
※2 業界大手の業者事例を掲載。
※3 セミダブルベッド・ダブルベッドサイズの場合(マットレスを除く)
※4 不用品回収業者の回収費用は、「回収費用」+「基本料金」を含んだ場合の料金


この表からすると、不用品を処分する場合、自治体の粗大ゴミ回収を利用するのが一番安いことがわかります。
しかし、自治体では回収できる品目に制限があり、また回収までに2週間〜1ヶ月程度の時間がかかるのがネックです。

一方で、不用品回収業者は、一つあたりの単価は高くなってしまいますが、即日対応であったり、重い不用品を運び出す必要がなかったり、結果として手間や時間をかけずに不用品を処分することができます。

そこで次の項目からは、

  • 自治体・不用品回収業者・引っ越し業者に依頼した場合の費用と、それぞれのメリットとデメリット
  • 費用を抑えるためのポイント
  • 不用品回収業者を選ぶときに気をつけたいこと

このあたりを詳しく解説していきたいと思います。

2. 不用品回収にかかる費用の相場

先程もお伝えしたと思いますが、不用品回収を行っている業者は、主に次の3つの業者になります。

  1. お住まいの自治体
  2. 不用品回収を専門とした業者
  3. 引っ越し業者(引っ越しを伴った場合のみ利用可能)

どれも不用品回収ができる業者ですが、その費用や依頼できる内容は異なります。

では、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

自治体を利用する場合の費用相場

各自治体では、「粗大ゴミ受付センター」という窓口を通じて、粗大ゴミなどの回収を行っています。
センターへ依頼する場合の相場は、下記の通りになります。

全てではありませんが、一般的に粗大ゴミとしてよく回収されるものをピックアップしてみましたので、参考までにご覧ください。

品目自治体の回収費用※1
ベッド※22,000円
ベッドマット1,100円~
ソファ(1人用)800円
テーブル1,100円
タンス2,000円
本棚400円~
扇風機400円~

※1 一例として東京都豊島区の事例を掲載。
※2 セミダブルベッド・ダブルベッドサイズの場合の料金(マットレスを除く)
※なお、家電リサイクル法で定められている品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機など)は自治体では収集できないため、表には記載していません。


見ていただくと分かるかと思いますが、

自治体での不用品回収はほとんどのものは回収してくれますが、不用品のサイズによっては回収を断られることもあるので注意が必要です。また、企業や店舗などの事業系の粗大ゴミは回収対象外となるので、不安な場合はお住まいの自治体に問い合わせることをお勧めします。

サイズによって回収できない場合があるとお伝えしましたが、具体的に言いますと、自治体に依頼できる不用品のサイズとは、一辺の長さが約30~210㎝のもののことになります。
210㎝を超えるものであっても、解体したり切断して既定のサイズ内に収めることができるのであれば、粗大ゴミとして回収してもらうことが可能になります。

自治体の規定として、一辺の長さが約30㎝以下のものは通常の家庭用ゴミとして出せます。
ただし、解体には時間や労力を必要としますので、状況を判断した上で行うようにしてください。

不用品回収業者を利用した場合の費用相場

不用品回収業者の料金形態は2通りあります。

  1. 処分したい不用品が少ない場合(1品目ごとの回収)
  2. 処分したい不用品が多い場合(トラック積み放題プランでの回収)

この2つでは、かかる費用が変わってきますので、詳しく見ていきましょう。

1品目ごとの回収

品目ごとの回収は、処分したい不用品が少ない場合に利用するプランになります。
このプランを利用する場合は、1品目の回収料金の他に「基本料金」がかかる業者が多いです。
(基本料金の相場は、2,000~5,000円程度)

「基本料金」を追加した各処分品の費用相場は以下のとおりです。

品目不用品回収業者の回収費用※1基本料金回収費用の相場(回収費用+基本料金の合計)
ベッド5,000円~2,000円〜7,000円〜
ベッドマット3,000円~2,000円〜5,000円〜
ソファ(1人用)5,000円~2,000円〜7,000円〜
テーブル2,000円~2,000円〜4,000円〜
タンス5,000円~2,000円〜7,000円〜
本棚3,000円~2,000円〜5,000円〜
扇風機1,000円~2,000円〜3,000円〜
冷蔵庫6,000円~2,000円〜8,000円〜
テレビ2,000円~2,000円〜4,000円〜
洗濯機3,000円~2,000円〜5,000円〜

※1 業界大手の業者事例を掲載

トラック積み放題プランでの回収

こちらは、トラック(軽トラック〜4tトラック)に積めるだけまとめて不用品を処分できるという料金プランです。トラックのサイズによって料金が変わるシステムで、いくつも不用品がある場合にはこちらの方がお得になることも。

部屋の広さプラン料金トラックの大きさ積載量作業人数
単身赴任/学生の
一人部屋
20,000円~軽トラック約1㎥1名
2K~程度の部屋34,000円~2tトラック約4㎥2名
3DK~程度の
部屋
58,000円~4tトラック約8㎥2〜3名

<軽トラックにはどれくらい積めるの?>

部屋のサイズに合わせたトラックの大きさの目安はこの表で理解できますが、実際に軽トラックでどの程度積めるのか知りたいですよね。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • テレビ
  • パソコンや掃除機などのコンパクトな家電類
  • ベッド
  • 食器棚や調理器具

軽トラック1台でこれだけのものが積め込めます。意外とたくさん積めるのに驚きますよね。
これだけ積めれば、一人暮らしの一部屋分は難なく回収できます。

ただし、注意してほしいポイントは、いくら積み放題とは言っても、トラックには積める重さや高さ制限があるのです。
残念ながら何でもかんでも積めればOK!というわけにはいきません。

きちんと現場で現物を見て見積もりをしてもらい、後から車両追加やトラックのサイズの変更などで追加で請求されないためにも、納得した上で依頼することが大切です。

引っ越し業者を利用した場合の費用相場

引っ越しの際に出た依頼主の不用品を、引っ越し業者が有料で回収するサービスもあります。
ここで注意したいのは、あくまで引っ越しをされた方のみが利用できるサービスということです。またどの引っ越し業者でも不用品の引き取りが可能なわけではないので、そのあたりも踏まえてご覧ください。

引っ越し業者の回収費用の相場※1
ベッド3,000円~
ベッドマット要相談※2
ソファ(1人用)2,500円~
テーブル3,500円~
タンス要相談※2
本棚要相談※2
扇風機要相談※2
冷蔵庫6,672円~
テレビ4,296円~
洗濯機5,484円~

※1 業界大手の業者事例を掲載。
※2 基本的には引き取り不可。業者や利用するエリアによって引き取り可能な場合もあるため、事前に要相談。

必ずしも不用品を回収してもらえるわけではなく、自治体の回収同様に回収不可の品目もあることから、利便性は微妙なところです。

3. 結局どこに依頼すればいいの?それぞれのメリット・デメリット

ここまでで費用についてはなんとなく分かっていただけたかと思いますが、じゃあ実際に依頼するとなると一番安く済む自治体にお願いすれば良いのでしょうか?

実はそう簡単ではありません。なぜなら、自治体での処分は、安価で済む分回収できない品目やサイズなどの細かい規定があるからです。
そのほかの方法であっても、メリット・デメリットはあります。

自治体で不用品回収を依頼した場合のメリット・デメリット

今回ご紹介した中でもっとも費用を安く済ませられる自治体ですが、決してメリットだけではありません。
では詳しく見ていきましょう。

自治体に依頼した場合のメリット

自治体で不用品を回収してもらう場合の最大のメリットはコストの安さです。
他の2者と比べて1/2~1/3程度の費用で回収してもらえるので、引っ越しなどでさまざまな費用を抑えたい場合には助かりますよね。

自治体に依頼した場合のデメリット

反対に以下のようなデメリットがあります。

  • 自治体に予約をして「粗大ゴミ回収処理券」をあらかじめ購入する必要がある
  • 自分で不用品を収集場所まで運搬しなければならない
  • 回収日は自治体の指定した日となるため、すぐには処分できない
  • 家電リサイクル法で定められている品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、パソコン)は自治体では収集不可。※1
  • 回収できるサイズが決まっている。

※1 購入店や買い替え先の小売店での引き取りをしてもらうのが一般的だが、難しい場合は「家電リサイクル受付センター」へ別途連絡する必要がある。

自治体に改修を依頼する手順

自治体に不用品の回収を依頼する場合には、必要な手順があります。
その手順は以下のとおりです。

  1. 電話受付、インターネット受付、ハガキ受付などで申し込む
  2. 処分費用・回収日時・回収場所を確認
  3. スーパーマーケット・コンビニエンスストア・郵便局などで粗大ゴミ処理手数料券を購入
  4. 不用品に粗大ゴミ処理手数料券を貼り付けて、収集日の指定時間までに不用品を指定場所に出す

自治体では基本的に、1品目ずつの回収となります。
不用品回収業者のように、まとめてトラックに積みこむパック料金などのサービスはなく、1品目いくらという計算になります。

また、自分で運び出せるサイズや重さであれば問題ないのですが、冷蔵庫やベッド、テーブルなど大型家具となるとそうはいきませんよね。そう考えると、安易に自治体に頼むのはやめた方が良さそうです。

なお自治体の中には、別途費用を上乗せして搬出作業を依頼できるサービス(高齢者や障害のある場合に適応される)もあるようです。
詳しくは、各自治体にご確認ください。

不用品回収業者を利用した場合のメリット・デメリット

回収にかかる費用だけ見ると、どうしても自治体が良いように感じますよね。では、実際にはどうなのでしょうか?

不用品回収業者を利用した場合のメリット

不用品回収業者は、その名のとおり「不用品回収のプロ」です。
不用品の回収・搬出からその後の清掃まで、有りとあらゆることを全て行なってくれるため、煩わしい思いをすることなく作業を終えることができます。

具体的な例として、

  • 自分の都合に合わせて自宅まで回収に来てくれる
  • 回収・買取をしてくれる業者なら、査定額を差し引いてお得に処分できる
  • 買取不可な場合でも、引き取りに応じてくれる
  • 自分で運び出す必要がない
  • 解体作業が必要なものでも請け負ってくれる
  • 他の不用品もまとめて処分してもらえる(まとめて処分する方がお得になる。)

このように多くのメリットがあります。

不用品回収業者を利用した場合のデメリット

では反対にデメリットを挙げてみると、

  • 回収費用が高い
  • 信頼できる業者を選ばないとトラブルになることも
  • 業者を選ぶための下調べ・問い合わせなど事前に手間がかかる

などがあります。正しい知識で業者を選びさえすれば、さまざまなサービスを受けられる上に手間や時間をかけず不用品を回収してもらえるので、お勧めしたい方法のひとつです。

悪徳業者に騙されないためには?

不用品回収業者のほとんどが先程説明したようなメリットがある一方、中には悪徳業者もあるので注意が必要です。

どういった点を気を付けるべきなのかというと、

  • 「無料」を謳い文句にする。
  • チラシ投函を積極的にしている。
  • トラックで町を巡回している。

こういった業者は、後から高額請求してきたり、不用品回収後に不法投棄したりするケースも。

ここまでの内容を読んでくださった方なら、処分するのに無料で請け負う訳が無いのは明白ですよね。「無料回収」を謳い文句に、出張費用や運搬費用などを後から請求するという悪どい業者も結構あるんです。

ましてや不法投棄の場合は、業者だけでなく依頼主も法で裁かれるので他人事ではありません。
不用品の回収や処分には、一般廃棄物収集運搬業許可などの資格が必要になります。資格を取得している業者であれば、まず安心して大丈夫です。

ホームページに記載されているはずなので、不用品回収業者に依頼を検討する場合、まず資格を持った業者なのか、見積もりはどうか、さまざまな方向から調べましょう。

引っ越し業者に依頼した場合のメリット・デメリット

では次に引っ越し業者に依頼した場合のメリット・デメリットを紹介していきます。

引っ越し業者に依頼した場合のメリット

引っ越し業者に依頼するメリットは、

  • 引っ越しと同時に不用品の処分ができる
  • 引っ越し業者によっては買取可能な場合も

という2点になります。
ただでさえ引っ越し作業で大変な中で、こういった引っ越しとまとめて処分できるサービスはありがたいですよね。

引っ越し業者に依頼した場合のデメリット

では反対にデメリットはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

  • 引っ越し作業の依頼をしてくれた方向けのサービスである(不用品回収のみでは利用不可)
  • サービスを行なっている業者が限られている

といった点です。
引っ越しされる予定のある方なら、引っ越し業者に不用品回収が可能かどうか一度確認してみても良いかもしれませんね。

4.  不用品回収ならやはり不用品回収業者がオススメ!

ここまでで不用品回収の主な方法のかかる費用、メリット・デメリットをお話ししてきました。
その上でやはりお勧めしたいのが不用品回収業者です!

不用品回収業者とはどのようなものなのか、より詳しく説明いたします。

かつての不用品回収業者と現在の不用品回収業者の違い

以前は不用品回収といえば新聞や段ボールなどを集めてちり紙に交換する「ちり紙交換」などがありましたが、最近では幅広い不用品を回収してリサイクル、リユースすることによって対価を支払う不用品回収業者が増えています。

このような業者を「廃品回収業者」「不用品回収業者」などと呼んでいます。

かつての不用品回収業者が回収するものといえば、資源化できる新聞や段ボール、空き瓶や空き缶、鉄くずなどが一般的でしたが、最近では家庭から出る不用品や粗大ゴミなどをなんでも回収してくれるところがほとんど。

一般家庭から出る不用品を回収してくれるので、利用者にとっては以前よりも身近な存在になってきていると言えますよね。

ゴミを減らすための資源循環型回収

以前は不用品回収といえば、不用品を資源化して対価を得るというイメージでしたが、最近ではゴミを減らし、資源を循環させることも不用品回収業者を利用する大きな目的のひとつになってきています。

適切な処理を行っている不用品回収業者では回収した不用品を細かく分別していきます。そのままリユースできるもの、部分的にリサイクルできるもの、寄付するもの、発展途上国などに輸出するもの、買い取るものなど徹底して分別することによって資源を循環させ、ゴミの削減に貢献しているのです。

海外では日本の中古品は質がいいとして人気があるのだそう。不用品回収業者のなかには回収したものの約8割をリユース、リサイクルしているところもあります。

このような形で廃品、不用品を有効に活用あるいは現金化することができれば不用品回収業者を利用する料金も安くすることができます。不用品の適切な処分を行い、ゴミの削減に貢献している不用品回収業者を利用することは将来的な環境保護にもつながると言えそうですね。

掃除や片付け、遺品整理などニーズに応じた質の高いサービスを提供

少子高齢化が進んでいる今、不用品回収のニーズも多様化しています。

単身世帯や若い世代がいない世帯では不用品処理後の掃除やかたづけなどを依頼したいという声が増えています。また、高齢の両親が他界したあとの遺品整理や生前整理などのサービスやアドバイスまでしてくれるところも。

不用品とゴミが大量に積み重なった、いわゆるゴミ屋敷の片付けや掃除、消毒や脱臭といった「特殊清掃」までサービスは多様化しています。

さらに最近の不用品回収業者は若いスタッフや女性スタッフも増えていて、以前の廃品回収業者の暗いイメージを一掃しています。

「明るくテキパキと作業してくれた」「遺品整理の供養までお願いできた」など、利用する側もからも嬉しい声が寄せられています。

5.まとめ

不用品回収における主な3つの業者の費用と、それぞれのメリット・デメリットをお話ししてきました。

不用品回収をはじめ、さまざまなことに言えますが、大切なのは費用だけではありません。いくら費用が安いからと言って、無理をしてケガなどしたら本末転倒ですよね。

私たちがより快適に、満足な生活をしていくためにサービスはあるのですから、きちんと調べ理解した上で利用するようにしましょう。

不用品回収業者なら出張回収センター!

名古屋市近郊のエリアで15年、出張回収センターは、地域に密着したくさんのお客様から信頼を得てまいりました。

費用という面ではどうしても自治体よりもかかってしまいますが、私たち不用品回収業者の強みは、なんと言ってもサービス多さと柔軟性のある対応です。不用品回収を始めとしたさまざまなサービスで、地域の皆様だけでなく利用された全ての方々が満足できるように、私たちは日々努めております。

世の中には不用品回収業者がたくさんある中、当社が多くのお客様から評価も頂いている理由の一つは地域に根ざしたサービスにあります。
地域に密着した効率的な回収によるコストカットにも成功し、他社よりも安くご利用しやすい価格設定も実現しております!

当社は一般廃棄物収集運搬業許可を始め、その他不用品回収に必要な資格も取得しておりますので、胸を張ってオススメできます!

不用品回収でお悩みなら、出張回収センターにご相談ください!