愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

いらなくなった毛布の捨て方とは?正しい処分方法と処分料金や捨て方のポイントを紹介!

毛布の処分で悩んでいませんか?

使わなくなった毛布、押し入れの中で眠っていませんか?
毛布は案外かさばるものですし、家族の人数分買い替えた場合なんかは、何枚も処分する必要があり一苦労だと思います。

 

いざ処分しようと考えたとき、毛布は何ゴミに該当するのか知っていますか?布団同様に粗大ゴミ?はたまたゴミ袋に入れば可燃ゴミ?
処分したい毛布が何枚もあった場合、どのように捨てるのが手間がかからないのか、気になりますよね。

 

毛布の処分でお困りなら、出張回収センターへぜひご連絡ください!

 

ご自身で運搬できない量の不用品も、スピーディーにご自宅へ訪問し即日回収できます。
どんなに古い毛布でも回収可能ですので、ご遠慮なくお任せください!

目次

毛布を処分する方法について

下記では毛布を処分する方法を詳しくご紹介していきます。

毛布を処分する主な方法は6種類です。ここでは、各処分方法の詳しい説明を順番にしていきますので、毛布を処分する際の参考にしてください。

粗大ゴミとして回収してもらう

基本的な毛布の処分方法は粗大ゴミです。燃えるゴミに出してしまうと、ゴミを回収する粉砕車やゴミ処理施設の機械などに毛布が絡まってしまう可能性があるためと言われています。
粗大ゴミとして収集してもらうには、次のような手順が必要になります。

 

1.インターネット受付や電話受付で自治体に申し込みます。
2.スーパーマーケット、コンビニエンスストア、郵便局などで、手数料納付券シールを購入します。
3.手数料納付券シールに氏名を記入して、食器棚に貼り付けます。
4.指定日時に指定場所へ食器棚を出します。

 

具体的な流れは、自治体で異なる場合があるので、詳しくはお住まいの地域の自治体でご確認ください。

 

粗大ゴミとして処分が必要な場合に注意が必要なのは、日程を自由に選べない点。例えば、名古屋市が実施しているインターネット受付の締め切りは、収集日の10日前までです。費用は抑えられますが、急ぎで毛布を処分したい方は他の方法を検討した方がいいかもしれません。
また処分する際は、処分する毛布を持ち運びしやすくするため、ビニールテープや紐などで縛ると良いでしょう。毛布へ粗大ゴミ処理券を直接貼ると剥がれてしまうかもしれませんので、毛布を縛ったテープなどの上に貼流ようにしてください。

自治体の資源ゴミに出す

古着や段ボールと同じように毛布も資源ゴミとして回収している場合もあるので、お住いの地域の自治体にまずは確認してください。

 

しかし多くの場合で、汚れが見られる毛布や、穴が空いているもの、傷みが激しいものは粗大ゴミの扱いになります。資源ゴミで回収して貰いたい方は、処分したい毛布の状態が良好かをまずはチェックするのが大切です。

毛布をカットして可燃ゴミとして回収してもらう

細かなルールは自治体によっても様々ですが、一辺が30cmの布類は可燃ゴミ、それ以上は粗大ゴミなどとサイズが指定されていることが多いです。
したがって、規定のサイズ以下にカットしてしまえば可燃ゴミとして回収可能になり、粗大ゴミよりも費用を抑えて処分することができます。

 

もしも可燃ゴミとして処分を検討している場合は、可燃ゴミに分類される布類のサイズを必ず事前に確認してください。
ゴミを回収する粉砕車やゴミ処理場の機械などに毛布が引っかかって故障するリスクを回避するためのルールですので、十分に気を付ける必要があります。各自治体のホームページなどで調べた上で、自治体の指定するサイズに毛布をカットしましょう。
また、自治体の中には一度に可燃ゴミへ出せる量が指定されているケースも見られるので、毛布1枚の処分に何日もかかる可能性もあります。毛布をカットし可燃ゴミに出す方法を検討する場合は、処分にかかる期間も頭に入れておきましょう。

親戚や友人に譲る

親戚や友人の中に毛布が欲しい方がいれば譲るのも一つの方法です。ただし、寝具類はかなり綺麗な状態か、新品未開封でないと喜ばれない可能性もあるので、状態の良い毛布であればこの方法も良いかもしれません。
しかし、必ずしも自分が処分したいタイミングで毛布を欲しがってくれるとは限らないので、急ぎで毛布を処分したい場合には不向きな方法です。

寄付をする

綺麗な状態の毛布でまだ使用できそうであれば、動物愛護団体や発展途上国などへ支援を行っている関連施設や団体へ寄付をする手段もあります。
ただし、支援団体などによって寄付を受け付けている毛布の状態が異なりますので、事前にリサーチして寄付をするようにしましょう。宅配便などを利用して送るのが基本で配送料は自己負担になります。しかし、支援団体の中には持ち込みに応じている団体もあり、持ち込みの場合には費用はかかりません。
自宅の近くにこういった団体があれば困りませんが、遠方にしかない場合は思わぬ出費になる可能性もあるため、配送料は事前に確認しておきましょう。

不用品回収業者に依頼する

いらない毛布が大量にある場合、粗大ゴミや可燃ゴミに出す手間は計り知れません。不用品回収業者に依頼をすると、毛布の移動や梱包をする必要は一切ありません。業者へ連絡をすれば、自宅へ回収しに来てくれますし、押し入れや部屋から不要な毛布を全て運び出してもらえます。
業者によっては、依頼を受けてから数十分、または多くの業者が当日中に回収に来てくれるため、時間も手間もかかりません。また、不用品回収業者の中には、回収だけでなく買取も同時に行ってくれるので、作業費用から差し引いてお得に処分することも可能なのも嬉しいところ。

 

しかし、不用品回収業者のほとんどがこういったメリットがある一方、中には悪徳業者もあるので注意が必要です。
「無料回収」を謳い文句に、出張費用や運搬費用などを後から請求したり、不用品回収後に不法投棄したりするケースも。
不法投棄の場合は、業者だけでなく依頼主も法で裁かれるので他人事ではありません。


 

不用品の回収や処分には、一般廃棄物収集運搬業許可などの資格が必要になります。資格を取得している業者であれば、まず安心して大丈夫です。
必ずホームページに記載されているはずなので、不用品回収業者に依頼を検討する場合、まず資格を持った業者なのか、見積もりはどうか、さまざまな方向から調べましょう。

毛布の処分方法を選ぶポイント

下記では毛布の処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

処分する毛布の状態や量で処分方法を選択する

毛布などの寝具は、新品同様か未開封の状態でなければ買取はしにくい傾向にあると言えます。寄付をされる場合でも、団体などによっては新品の毛布以外を受け付けていないケースもありますので、売るか譲るかをされたい方は、処分する毛布の状態を見極めるのが大切です。安い料金で毛布を処分されたい場合には自治体の回収を選択すべきですが、処分したい毛布が1枚か、数枚程度の量なら手間はあまりかからない一方で、処分する量が多い場合は、かなりの手間と時間がかかります。 例えば10枚以上の毛布を粗大ゴミ回収で処分するには、当然ながら玄関前にすべての毛布を紐等で縛って出す必要があります。量が多い場合だけでなく、カビてしまった毛布や、毛布の移動に何らかの困難が生じると考えられる方などは、自治体ではなく不用品回収業者へ依頼し処分されるのがスムーズな手段になりやすいでしょう。体力も時間もあまり使わずに、プロに任せて簡単に処分できるからです。
POINT 2

不用品回収業者を選択する際の注意点

数社から見積もりをとり、納得できる説明をしてくれる業者を選択されると後悔が少なくなります。電話営業や訪問営業などで知った業者をすぐに信頼せず、事前にしっかり調べてから依頼を検討してください。自治体から不用品回収を許可される一般廃棄物収集運搬許可の取得がある業者なのかも、信頼できる業者選びの大きなポイントです。

毛布の処分料金について

下記では毛布を処分料金について詳しくご紹介していきます。

なるべく手間や処分費をかけずに毛布を捨てたいという方は多いかもしれません。前項で紹介した毛布の処分方法にかかるだいたいの料金をまとめました。
ただし、自治体や業者などによって料金は異なるので、だいたいの目安として参考にしてください。

粗大ゴミとして回収してもらう場合:250円〜500円

毛布を粗大ゴミとして回収してもらう場合、粗大ゴミ処理費用がかかります。例えば名古屋市の場合は、毛布1枚250円としていますが、目黒区の場合は5枚一束まで300円、新宿区・杉並区の場合は5枚一束まで400円・金沢市の場合は3枚まで一点と数えて500円など、1枚のみ〜数枚組み合わせて処分する場合と規定はさまざま。
お住まいの地域の自治体に必ず事前に確認しましょう。

自治体の資源ゴミに出す場合:0円〜

自治体が行う資源回収で毛布を処分する場合、多くの自治体が無料で回収してくれます。ただし、自治体の中にはゴミ袋代が数十円かかる場合も。例を挙げると、千葉県富津市の場合は30Lの資源ゴミ用指定袋一枚15円かかります。また、毛布の状態によっては回収してくれない場合もあるので、資源回収で処分する前に、自治体のルールを確認しましょう。

毛布をカットして可燃ゴミとして回収してもらう場合:0円〜

毛布を規定サイズにカットして、可燃ゴミとして回収してもらう場合、費用はかかりません。しかし、毛布は大きく、カットしてそれぞれゴミ袋に入れて処分するとなると相当な枚数のゴミ袋が必要となり、余分に袋代はかかってしまいます。また、毛布をカットするのにも手間がかかりますし、一度に大量の可燃ゴミを処分できない場合もあるので処分に日数もかかる可能性も。手間や時間をかけたくない場合は、他の方法を検討した方がいいかもしれません。

親戚や友人に譲る場合:0円〜

直接手渡しで親戚や友人に毛布を譲る場合、費用はかかりません。しかし、譲る相手が遠方だった場合には配送料を負担する事になります。毛布の重さやサイズによって異なりますが、宅急便の場合は930円程度から、ゆうパックの場合は810円程度からになります。
遠方に何枚も毛布を送る場合は、思わぬ出費になるかもしれないので事前に確認しておきましょう。

支援団体などに寄付をする場合:0円〜

動物愛護団体や発展途上国などへ支援を行っている関連施設や団体へ寄付をする場合、配送料は自己負担です。かかる費用としては、毛布の重さやサイズによって異なりますが、宅急便の場合は930円程度から、ゆうパックの場合は810円程度からと考えておきましょう。支援団体の中には、直接持ち込みを受け入れてくれる団体もありその場合は費用はかかりません。こういった団体が近場にある場合は、寄付するのもいいかもしれません。

不用品回収業者に依頼する場合:2,500円〜

不用品回収業者に処分を依頼する場合、処分料金は料金体系で異なります。
不用品回収業者の料金体系は、大きく品目制と定額制にわかれます。品目制は、処分する品目ごとに処分料金がかかる料金体系です。多くの場合、基本料金もかかります。定額制は、軽トラック積み放題などのような料金体系です。例えば出張回収センターの場合ですと、品目制の目安として毛布の処分料金は500円〜です。そこに基本料金の2,000円を追加し2,500円〜となります。
他の処分方法に比べると少々割高ですが、不用品回収業者は買い取りで処分料金を相殺できる可能性があるので、意外とお得に利用できるかもしれません。

 

料金が安い方法が必ずしもお客様に最適なものであるとは限りません。もし一刻も早く毛布を処分したいという切迫したニーズがあるのであれば、多少費用は掛かるものの即日でも対応できるような不用品回収業者に引き取りを依頼するのがオススメです。逆に、そこまで急ぐ必要がないのであれば、コスト重視でなるべく安い方法を選ぶというのが良いかもしれません。

毛布の処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまで毛布の処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは毛布を処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

地域に密着し、積み重ねてきた信頼

世の中には不用品回収業者がたくさんある中、当社が多くのお客様から評価も頂いている理由の一つは地域に根ざしたサービスにあります。

 

名古屋市を中心に15年以上に渡ってお客様に満足いただけるサービスを磨いてきた結果、当社の回収実績は名古屋NO.1の33万件以上にのぼります。
地域に密着した効率的な回収によるコストカットにも成功し、ご利用しやすい価格設定も実現しております。
お客様に満足いただけるよう丁寧な業務を続けてきたことにより、数々のメディアでも紹介いただきました。

 

毛布などのご自身で運搬が困難な重い物や大きな家具など、不用品のことで少しでもお悩みがございましたら、遠慮なくご相談ください。

選ばれる理由 2

スタッフは丁寧さと清潔さ重視!

車両には20種類以上の養生が常備されており、搬出作業に使用しています。
お客様のご自宅をキズ付けたり汚すことなく、安全に毛布を回収できるよう努めています。

 

さらに、身だしなみや言葉遣いなど、スタッフへの教育も徹底してきました。
お客様が安心してお仕事を任せていただけるよう、細心の注意を払っています。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

大量の不用品も回収可能!同時に買取もOK!

当社では毛布1枚から複数まで、数量に制限を設けず回収を行っております。

 

長年培ってきた安心安全のプロの技術を活用し、お客様に余計な負担をおかけしませんのでご安心ください。
幅広い品目の家具・家電を取り扱っているため、住まいの自治体の公共回収では対応してもらえない大量の不用品であっても柔軟に対応いたします。

 

また、知識が豊富なスタッフによる買取サービスも同時にご利用いただくことで、料金のご負担を軽減することも可能です。
お客様の様々なニーズに柔軟に対応させて頂いておりますので、お気軽にご連絡ください。

選ばれる理由 4

車両にGPS機能搭載、ご依頼から最短30分!スピーディで丁寧な仕事

業務用の車両にGPS機能を搭載しているのも当社の特徴です。

 

お客様から急ぎで毛布を処分したい!とご依頼があった場合、すぐに最寄りの車両と連絡をとって現地へと向かわせます。
エリア内の名古屋市近郊でしたら最短30分のスピーディーな対応が可能です。

reason05

毛布の処分に関するよくある質問

A. はい、ご依頼があればすぐに承ります。GPS搭載のトラックが巡回しておりますので、迅速なご訪問を可能にしているのが当社の強みです。ご自宅が名古屋市近郊であれば、最短30分でのお伺いも可能でございます。ただし、交通状況や他のお客様との兼ね合いもございますので、予めご了承ください。
A. ご依頼主様の立ち合いに関しましては基本的にお願いをしております。しかし、ご依頼主様とはお打ち合わせをしっかり行った上で、現場では立ち会いなしで作業をお引き受けすることも可能です。立ち会いなしの場合、何かと心配なことも多いかと思いますが、当社スタッフにおいては、きちんとした教育を行うと共に数多くのお客様からご信頼と評価をいただいておりますので、安心してお任せください。
A. はい、もちろん少量の不用品であっても回収に伺います。ただし、当社の料金プランでトラックへの積み放題プランなどもございまして、そちらの方が不用品1点あたりの費用はお安くなっております。もし毛布以外にも不用品がございましたら、お気軽にご相談くださいませ。
A. はい、回収可能でございます。ただし、回収費用の方が5階からの運搬となりますと多少金額は割増になってしまいます。安全に毛布を運搬するための費用となりますので、予めご了承ください。なお、お見積もりは作業前にご確認いただき、お客様がご納得した上で作業に移りますので、後からプラスで請求など一切致しませんのでご安心ください。
A. いえ、そのままで問題ございません。当社スタッフが、押し入れからの搬出、回収・運搬まで一括して行いますので、お客様は何もする必要はございません。ただし、作業時間を短くしたい場合には、予め毛布を押し入れから出しておいていただけますと、スムーズに回収作業を行うことができます。もしも可能でしたら押し入れから出しておいていただけると幸いです。
A. はい、夜間の毛布回収も可能でございます。基本的には19時までの回収作業とさせていただいておりますが、お客様のご都合に合わせて19時以降の回収も可能です。ただし、事前にスタッフやトラックの手配等がございますので、お客様のご予定がお分かりになりましたら、なるべくお早めにご依頼ください。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。