愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

いらなくなったクーラーボックスはどう捨てる?正しい処分方法と処分料金など詳しく解説!

クーラーボックスの処分で悩んでいませんか?

キャンプやバーベキュー、釣りなどのアウトドアには欠かせないクーラーボックス。飲み物や食材などを冷たく保つのに便利なクーラーボックスですが、日常的に使用するものではなく、オフシーズンなんかは押し入れにしまいっぱなしの方が多いのではないでしょうか?

 

押し入れにずっとしまったままだとクーラーボックスに嫌な匂いがついてしまったり、買い替えなどで処分することもあるかと思います。それに加えて生活様式の変化などで使用しなくなってしまうこともありますよね。

 

クーラーボックスは、サイズや素材、状態によっても最適な処分方法は異なります。処分したいクーラーボックスはどう捨てるのが正しいのか、頭を悩ませてはいませんか?

 

クーラーボックスの処分でお困りの際は、愛知・名古屋で多数の不用品回収実績を誇る出張回収センターにご依頼ください!

 

本記事では、クーラーボックスの処分方法や、処分時に当社が選ばれる理由、よくある質問などを紹介します!

目次

クーラーボックスを処分する方法について

下記ではクーラーボックスを処分する方法を詳しくご紹介していきます。

それでは、クーラーボックスを処分する方法について、考えられる主なものを紹介します。

可燃ゴミ・不燃ゴミとして回収してもらう

自治体よって異なりますが、1辺の長さが30㎝以内、50㎝以内などの条件を満たしたプラスチックやビニールでできたクーラーボックスは、可燃ゴミとして一般ゴミとして処分でき、金属でできたクーラーボックスは、不燃ゴミとして処分できます。大きいものは、粗大ゴミ扱いとなるので、所有しているクーラーボックスのサイズがどれくらいなのか、きちんと確認してから処分するようにしましょう。

粗大ゴミとして回収してもらう

サイズが大きなクーラーボックスは普通ゴミとして捨てることができません。その場合粗大ゴミとして取扱われるので、自治体の粗大ゴミ回収受付に申込み、回収してもらうのは1つの方法です。
クーラーボックスを粗大ゴミとして収集してもらうには、次のような手順が必要になります。

 

1.インターネット受付や電話受付で自治体に申し込みます。
2.スーパーマーケット、コンビニエンスストア、郵便局などで、手数料納付券シールを購入します。
3.手数料納付券シールに氏名を記入して、クーラーボックスに貼り付けます。
4.指定日時に指定場所へクーラーボックスを出します。

 

具体的な流れは、自治体で異なる場合があるので、詳しくはお住まいの地域の自治体でご確認ください。

 

粗大ゴミとして処分が必要な場合に注意が必要なのは、日程を自由に選べない点。例えば、名古屋市が実施しているインターネット受付の締め切りは、収集日の10日前までです。今すぐ処分したいときは、他の方法を選んだ方が良いかもしれません。

自治体の処分施設に直接搬入する

自治体に回収してもらうのではなく、処分施設に直接自分で搬入する方法もあります。

 

回収の場合と異なり、直接搬入であれば自分の都合の良いタイミングで持ち込むことが可能です。できる限り早く処分したい方、自分で希望する日取りで処分を行いたい方などには適しているでしょう。ただし、処分施設まで自分でクーラーボックスを運ばなければならない点は手間と言えます。

欲しい人に譲る

家族や友人知人、職場の同僚など、身の回りにクーラーボックスが欲しいという人がいれば、そのまま譲るという処分方法があります。

 

まだクーラーボックスが使える状態であれば、そのまま捨てるのはしのびないと考える方もいますよね。自分にとっては不用なものでも必要としている人に譲れば有効活用してもらえます。
ただし、クーラーボックスは誰もが使うアイテムというわけではないので、欲しい人が現れるかどうかはわかりません。なかなか譲り先が見つからない可能性もあります。

リサイクルショップに売る

リサイクルショップでは家具や家電、生活用品など幅広い不用品を買い取り、販売しています。クーラーボックスをリサイクルショップに持ち込んで売るのも1つの処分方法です。売れればお金を得ることができます。処分が済むだけでなくお金ももらえて一石二鳥。また、近場にこう言ったショップがない場合にも、出張買取や宅配買取のサービスを利用すれば手軽に売却することができ便利です。

 

ただし、リサイクルショップは商品の状態などを重視する傾向もあるため、クーラーボックスの使用感によってはせっかく持ち込んでも買取を断られる場合もあるので注意が必要です。また、出張買取や宅配買取を利用した場合には、出張費用や配送料が別途かかる場合もあるので事前に確認してから利用しましょう。

ネットオークションやフリマサイトに出品する

ネットオークションやフリマサイトなどに出品し、クーラーボックスを売却する方法も良いかもしれません。
自分で自由に販売価格を設定できるところが最大のメリットです。ネットを介して不特定多数に見てもらえるので、リサイクルショップでは買い取ってもらえないようなクーラーボックスでも売れる可能性も。

 

ただし、出品したからと言って必ず売れるわけではなく、また、買い手がなかなか見つからなければその分処分のタイミングは遅くなります。
なお、買い手が見つかった場合、運営元に販売手数料を支払う必要があり、クーラーボックスの配送料は自己負担となります。手軽に出品できますが、その後のやり取りや配送手続きなどが面倒に感じる方もいるかもしれません。出品する際には慎重に検討しましょう。

不用品回収業者に依頼する

クーラーボックスをできるだけ早く、手間をかけずに処分したい場合、不用品回収業者に依頼し回収してもらう方法がオススメです。

 

不用品回収業者を利用するメリットの1つは、自分の希望するタイミングで不用品の処分ができることです。多くの不用品回収業者が平日・休日関係なく年中回収作業を行っています。また、夜間の回収も可能で、依頼主の希望に合わせて回収を行える点が大きな魅力と言えます。また、自宅に直接回収に伺うので、依頼主自身でクーラーボックスを自宅から運び出したり、どこかに運搬したりといった手間も発生しません。できる限り楽にスピーディーにクーラーボックスを処分したい方にマッチする方法です。さらに、クーラーボックスだけでなくその他不用品もまとめて処分できるほか、買取を同時に行うことで回収費用をお得にすることもできるのは嬉しいですよね。

 

しかし、不用品回収業者のほとんどがこういったメリットがある一方、中には悪徳業者もあるので注意が必要です。
「無料回収」を謳い文句に、出張費用や運搬費用などを後から請求したり、不用品回収後に不法投棄したりするケースも。
不法投棄の場合は、業者だけでなく依頼主も法で裁かれるので他人事ではありません。


 

不用品の回収や処分には、一般廃棄物収集運搬業許可などの資格が必要になります。資格を取得している業者であれば、まず安心して大丈夫です。
必ずホームページに記載されているはずなので、不用品回収業者に依頼を検討する場合、まず資格を持った業者なのか、見積もりはどうか、さまざまな方向から調べましょう。

クーラーボックスの処分方法を選ぶポイント

下記ではクーラーボックスの処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

クーラーボックスの使用感をチェックして処分方法を決める

クーラーボックスは氷や水を入れ、食品などを冷やして使用するアイテムです。キャンプやバーベキュー、釣りなど、アウトドアで使用されることが多いく、そのため、使用感が出やすいことが特徴です。リサイクルショップやフリマサイトなどを活用しクーラーボックスを売る場合は、クーラーボックスの状態を特にしっかり確認し、売れるか判断することが大切です。売れる見込みのないクーラーボックスであれば、売る準備をしてもその手間が結果につながらない可能性も。クーラーボックスの使用感をチェックした上で処分方法を選びましょう。
POINT 2

クーラーボックスをいつまでに処分したいのか考える

クーラーボックスをいつまでに処分したいのかという点も処分方法を決める上で重要なポイントです。できる限り速やかに処分したい方には、処分日を自分で指定できない方法はお勧めできません。処分するタイミングが後にずれ込めばずれ込むほど、処分が面倒になってくる可能性も。また、休日のみ・平日の夜など、処分に動ける自分のタイミングが決まっている方も、自分で処分日を決められる方法が良いかもしれません。依頼者の希望の日取りで回収作業を行うことが可能な不用品回収業者などがオススメです。
POINT 3

手間の少ない処分方法を考える

不用品の処分は手間がかかればかかるほど面倒になってくるものです。どこかにクーラーボックスを運ぶ、事前に料金を支払うなど、手間が多いと処分を保留したくなってしまう可能性も。クーラーボックスを処分する際は、億劫にならないよう、できる限り手間の少ない楽な処分方法を選ぶこともポイントです。

クーラーボックスの処分料金について

下記ではクーラーボックスを処分料金について詳しくご紹介していきます。

クーラーボックスの処分にかかる料金は処分方法によって異なります。処分方法ごとに相場を見ていきましょう。

可燃ゴミ・不燃ゴミとして回収してもらう場合:0円

クーラーボックスを可燃ゴミ・不燃ゴミとして回収してもらう場合、費用はかかりません。ただし、クーラーボックスの材質によって分別が異なるので、事前に所有するクーラーボックスを確認してから処分するようにしましょう。

粗大ゴミとして回収してもらう場合:200円〜2,000円

クーラーボックスを粗大ゴミとして処分する場合、粗大ゴミ処理費用がかかります。この料金は各自治体によって異なりますが、200円〜2,000円程度です。クーラーボックスの大きさにもよるのでお住まいの自治体に事前に確認を取りましょう。

自治体の処分施設に直接搬入する場合:0円〜1,000円

自治体の処分施設に自分で持込む場合は、回収の処分料金の半額など、低めに設定している自治体がよく見られます。場合によっては無料で回収してくれる自治体も。また、不用品のgあたりで料金を決める自治体も少なくありません。粗大ゴミとして処分が必要な場合に費用をできるだけ抑えたいのであれば、直接持ち込むのが良いかもしれません。

欲しい人に譲る場合:0円

家族や友人知人、職場の同僚など、身の回りの方にクーラーボックスを譲る場合、特に費用はかかりません。なお、人に譲る場合のマナーとして、できる限りキレイな状態で渡すようにすると喜ばれます。また、直接手渡せず配送する場合には、配送料はこちら持ちなのが一般的です。

リサイクルショップに売る場合:0円〜

クーラーボックスをリサイクルショップに持ち込んで売る場合、処分費用はかかりません。反対に、売れればお金を得ることになります。なお、出張買取や宅配買取を利用した場合には、出張費用や配送料がかかることもあります。
この方法は手軽に処分できて、お金も得られる良い処分方法ですが、人気のアウトドアブランドのものなど、特別なポイントがあるクーラーボックス以外はそこまで大きな買取額は見込めないと考えた方が無難でしょう。

フリマサイトなどに出品する場合:0円〜販売手数料+配送料

ネットオークションやフリマサイトなどに出品し、クーラーボックスを売却する場合、出品には費用はかかりません。しかし、買い手が付いた場合には運営元に販売手数料(販売価格の8%〜10%)を支払う必要があり、またクーラーボックスの配送料は自己負担となります。配送料などいくらかかるのか、事前に調べてから価格設定することをお勧めします。

不用品回収業者に依頼する場合:2,500円〜

不用品回収業者に処分を依頼する場合、処分料金は料金体系で異なります。
不用品回収業者の料金体系は、大きく品目制と定額制にわかれます。品目制は、処分する品目ごとに処分料金がかかる料金体系です。多くの場合、基本料金もかかります。定額制は、軽トラック積み放題などのような料金体系です。例えば出張回収センターの場合ですと、品目制の目安としてクーラーボックスの処分料金は500円〜です。そこに基本料金の2,000円を追加し2,500円〜となります。反対に、積み放題など定額プランの軽トラック1台分となると、〜18,000円程度と利用する料金形態で大幅に費用は変わっていきます。
他の処分方法に比べると少々割高ですが、不用品回収業者は買い取りで処分料金を相殺できる可能性があるので、意外とお得に利用できるかもしれません。

 

料金が安い方法が必ずしも自分に最適なものであるとは限りません。もし一刻も早く照明器具を処分したいという切迫したニーズがあるのであれば、多少費用は掛かるものの即日でも対応できるような不用品回収業者に引き取りを依頼するのがオススメです。逆に、そこまで急ぐ必要がないのであれば、コスト重視でなるべく安い方法を選ぶというのが良いかもしれません。

クーラーボックスの処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまでクーラーボックスの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここではクーラーボックスを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

地域に密着し、積み重ねてきた信頼

世の中には不用品回収業者がたくさんある中、当社が多くのお客様から評価も頂いている理由の一つは地域に根ざしたサービスにあります。

 

名古屋市を中心に15年以上に渡ってお客様に満足いただけるサービスを磨いてきた結果、当社の回収実績は名古屋NO.1の33万件以上にのぼります。
地域に密着した効率的な回収によるコストカットにも成功し、ご利用しやすい価格設定も実現しております。
お客様に満足いただけるよう丁寧な業務を続けてきたことにより、数々のメディアでも紹介いただきました。

 

クーラーボックスなどの粗大ゴミや、ご自身で運搬が困難な重い物や大きな家具など、不用品のことで少しでもお悩みがございましたら、遠慮なくご相談ください。

選ばれる理由 2

スタッフは丁寧さと清潔さ重視!

車両には20種類以上の養生が常備されており、搬出作業に使用しています。
お客様のご自宅をキズ付けたり汚すことなく、安全にクーラーボックスを回収できるよう努めています。

 

さらに、身だしなみや言葉遣いなど、スタッフへの教育も徹底してきました。
お客様が安心してお仕事を任せていただけるよう、細心の注意を払っています。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

大量の不用品も回収可能!同時に買取もOK!

当社ではクーラーボックス1点から複数まで、数量に制限を設けず回収を行っております。

 

長年培ってきた安心安全のプロの技術を活用し、お客様に余計な負担をおかけしませんのでご安心ください。
幅広い品目の家具・家電を取り扱っているため、住まいの自治体の公共回収では対応してもらえない大量の不用品であっても柔軟に対応いたします。

 

また、知識が豊富なスタッフによる買取サービスも同時にご利用いただくことで、料金のご負担を軽減することも可能です。
お客様の様々なニーズに柔軟に対応させて頂いておりますので、お気軽にご連絡ください。

選ばれる理由 4

車両にGPS機能搭載、ご依頼から最短30分!スピーディで丁寧な仕事

業務用の車両にGPS機能を搭載しているのも当社の特徴です。

 

お客様から急ぎでクーラーボックスを処分したい!とご依頼があった場合、すぐに最寄りの車両と連絡をとって現地へと向かわせます。
エリア内の名古屋市近郊でしたら最短30分のスピーディーな対応が可能です。

reason05

クーラーボックスの処分に関するよくある質問

A. ご依頼の締め切りはございません。例えばご依頼いただいた当日の回収なども可能です。年中無休で毎日9:00~19:00までご連絡いただけますので、ぜひお気軽にご依頼ください。
A. はい、お任せください。当社では1回のご依頼で回収可能なアイテム数に上限がございません。クーラーボックスとともにご自宅の不用品を一気に処分されたいというご依頼なども大歓迎です。アイテムの数量やサイズによって回収作業に必要な人員・トラックなどの調整が必要ですので、ご依頼の際に回収ご希望の品目をお知らせください。
A. はい、運び出しは当社のスタッフが行います。高所の収納スペースなどに置いている不用品は、お客様ご自身で降ろすのが難しい場合もございます。当社のスタッフはさまざまな場所にある不用品を回収してきた経験があり、スムーズに運び出しができます。無理せずスタッフにお任せください。
A. はい、夜間の回収にも対応しております。通常は作業は19時までですが、お客様のご希望を伺い善処いたします。まずはお気軽にご相談ください。
A. ご依頼いただいた後、回収作業までにお客様ご自身にしていただくことは特にございません。作業完了後にお支払いをお願いしますので、お支払いの準備だけお願いいたします(現金のほか、クレジットカードでのお支払いも可能です)。なお、作業当日はお客様に立ち会っていただきますが、もし立ち会いが難しければ状況によって当社スタッフのみで作業することも可能です。ご希望の場合は事前にご相談ください。
A. はい、お見積もり後のキャンセルも承っております。お客様にご納得いただけなかった場合のキャンセルはいたしかたありません。その場合、キャンセル料なども一切発生いたしませんので、ご不満などがありましたらお気軽にお申し付けくださいませ。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。