愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

カーテンは何ごみ?処分方法と料金などを詳しく解説!

カーテンの処分で悩んでいませんか?

引っ越しや買い替えで不要になったカーテンの処分方法に困ってしまう方も多いようです。

カーテンは布でできていますが、大きいものだとかなり重量があるために、可燃ごみなのか粗大ごみなのか、それとも別の方法なのか迷いますよね。

また、家庭ごみとして袋に入れて捨てようと思っても、大きいカーテンだと袋に入りきらなかったりして、結局捨てれずにいるという方もいらっしゃいます。

カーテンは意外に場所を取るため、不要なものは早く処分してお部屋をスッキリさせたいですよね。

 

ここではカーテンの処分方法と、かかる料金、処分のポイントを紹介していきます。
参考にしてみてください。

目次

カーテンを処分する方法について

下記ではカーテンを処分する方法を詳しくご紹介していきます。

カーテンの主な処分方法を6つ紹介します。

自治体でごみとして処分する

布でできたカーテンは可燃ごみで処分するイメージがありますが、実際には自治体によって様々です。

 

たとえば、名古屋市の場合は資源ごみやリサイクルで回収することができます。
子ども会や町内などの集団資源回収や、スーパーの駐車場などで定期的に行っているリサイクルステーションにて、カーテンも古着と同じように布製品として回収をしてもらえます。

 

リサイクルへ回せば使っていないカーテンも資源として再利用できるため、可燃ごみで捨てるより環境にも優しい方法になるのがうれしいですよね。
ただし、濡れていたり汚れや傷みのひどいカーテンはリサイクルができないため、こうした方法で手放すことができません。

 

資源に回すのが難しいカーテンは可燃ごみで処分することになります。
袋に入るサイズにまで細かく裁断する必要があったり、自治体によってルールが異なりますので事前によく確認しておきましょう。

 

遮光カーテンや防音カーテンなど、布に特殊加工を施してあるようなカーテンは不燃ごみとして処分しなくてはいけない場合もあります。

 

もし、可燃ごみや不燃ごみの袋に入るサイズまで裁断したり折りたたんだとしても、最初からカーテンは粗大ごみとなっている自治体もあるので注意が必要です。
アコーディオンカーテンやロールスクリーン(ロールカーテン)、ブラインドなどは、サイズによらず粗大ごみと指定されていることもありますのでこちらも確認をしておきましょう。

 

こうしたカーテンを粗大ごみで出す場合は、

 

1.指定された額面のチケットやシールを購入する

2.購入したシールをカーテンに貼って、指定された日時に回収場所に出す

 

注意しなくてはならないのが、粗大ごみの回収は月に1回程度しか行われていないという点です。
申し込むタイミングが悪いと、回収まで1か月ほど待たなくてはいけないケースもありますので、急いでいる方や引っ越しなどで期日が決まっている方などは計画的に処分するようにしましょう。

 

詳しい内容は各市町村のホームページなどで、実施日や回収方法の確認ができます。

カーテンをリメイクして活用する

お気に入りの柄のカーテンだったり、まだキレイなカーテンの場合、リメイクして再利用する方法があります。

 

例えば、別の窓のカーテン用にサイズを作り替えたり、テーブルクロスやクッションカバーなどにリメイクする方法もあります。
ただし、古いものは加工が劣化していることもあるため、機能性はあまり期待しないほうが良いです。

リサイクルショップで売る

カーテンは中古家具の中でも、需要が低いアイテムのため、買い取ってくれるリサイクルショップはあまりありません。
今では安価で機能性のあるカーテンが充実しているため、わざわざ中古のカーテンを探す人が少ないためです。

 

それでも、人気メーカーのものや状態がよいものだと売れる可能性もあります。
中でも売れやすいのは「リリカラ」と「サンゲツ」です。
この二つは高機能、高品質のため買い取ってもらえる可能性があります。

ただし、買い取りを依頼する前にクリーニングして汚れや臭いを落としておく必要があります。

慈善団体へ寄付をする

日本には、災害復興が必要な国や発展途上国へ、物品の寄付活動をおこなっている慈善団体がいくつかあります。
自分はもう使わないけれど、何かに役立ててほしいという思う方には、こういった団体に寄付するという方法もあります。
多少お金がかかりますが、ごみを減らせて環境にも優しい方法です。

フリマアプリやネットオークションで売る

フリマアプリやネットオークションを利用してカーテンを処分するというのも一つの方法です。ただし、リサイクルショップと同じで、中古のカーテンの需要はあまりありません。
また、カーテンは実際に見て選びたい方が多いため、ネット上で売ることでさらに難しくなります。

 

状態がよく、どうしても捨てたくない方は一度出品してみても良いでしょう。
出品するときは対応する窓の大きさを正確に表示し、素材やメーカーなどを正確に表示しましょう。

不用品回収業者で処分する

手間をかけずに早く処分したい場合、カーテン以外にも不用品がある場合は不用品回収業者への依頼がおすすめです。
不用品をまとめて処分してくれるほか、土日や夜間など都合に合わせて対応してもらえるため、引っ越しなどで時間がないというときにも便利です。

 

また、状態がよくメーカー品や機能性に優れたカーテンであれば、買い取ってもらえる場合があります。
買い取ってもらえるものがあれば、カーテンのみの処分より、まとめて処分するほうが処分費用がお得になります。

カーテンの処分方法を選ぶポイント

下記ではカーテンの処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

とにかく安く処分したい

とにかく費用をかけずに処分をしたいという方は、自治体での処分がおすすめです。 ほとんどの自治体では、家庭ごみとして処分する場合は無料で処分ができます。 各自治体の回収ルールを調べ、可燃か不燃か確認してからごみ袋に入れて処分します。 ただし、自治体によってカーテンは粗大ごみであったり、カーテンレールなどの付属品は粗大ごみになる場合があります。 粗大ごみの場合は数百円の手数料がかかるほか、決められた日時でしか処分できないので注意しましょう。
POINT 2

手間をかけずに楽に処分したい

手間をかけずに楽に処分したい場合は不用品回収業者がおすすめです。 自治体でカーテンを処分する場合、事前に地域のゴミの捨て方のルールを調べ、細かい規定に沿って正しく処分しなくてはなりません。 また、自治体の処分方法により、カーテンやパーツをゴミの種類で分けることや、切ったり折りたたんだりといった作業が面倒になることも多いです。 そして、袋詰めにしたカーテンが複数個あれば、持ち運ぶのも大変で労力もかかります。 不用品回収業者は、カーテンと付属品のゴミの分別が不要というところや、細かく折りたたまなくても、そのままの状態で回収してくれる業者が多いです。 不用品の運び出しも業者の従業員が代行してくれるため、身体の負担もなく楽に片付けられます。 引っ越しなどで不要になるカーテンの量が多い場合も、不用品回収業者ならまとめて楽に処分できます。
POINT 3

できるだけ早く処分したい

引越し日が迫っているときなど、カーテンを早期に処分してしまいたい場合は不用品回収業者を利用するのがおすすめです。 依頼してすぐに対応してもらえるため、その日のうちに各部屋のカーテンをまとめて回収してもらえます。 また、土日や早朝、夜間なども対応してもらえます。 袋詰めや運び出しなどの処分の手間もかからず、いつでも処分することが可能です。

カーテンの処分料金について

下記ではカーテンを処分料金について詳しくご紹介していきます。

カーテンを処分したときの一般的な処分費用をまとめました。

自治体を利用してカーテンを処分した場合

自治体での処分費用は一般的には無料になります。

 

ただし、量が多いときや大きいカーテンだと粗大ごみになる場合もあります。
また、ロールアップカーテンやアコーディオンカーテンは、いずれの自治体も粗大ごみとして回収しています。
粗大ごみとして回収してもらう場合は、数百円程度の手数料がかかります。
例えば、名古屋市では幅90cm以上180cm未満のアコーディオンカーテンの手数料は500円かかります。

 

お住まいの自治体の回収ルールを確認してください。

慈善団体へ寄付をした場合

古いカーテンを慈善団体へ寄付する場合は、送料がかかる場合がほとんどです。
また、同時に寄付金がかかる場合もあります。
寄付をした場合は、海外の発展途上国へ輸送することが多いため、このような寄付金を含め多少お金がかかります。

 

段ボール箱に不用品を詰めて送る場合、数千円程度の費用がかかります。
ただし、カーテン以外の不用品も同時に寄付して処分することもできます。
送料を節約しようと、直接持ち込みをしたいと考える方もいますが、持ち込みは断られる場合もありますので、事前に団体へ確認しましょう。

フリマアプリやネットオークションで売った場合

フリマアプリやネットオークションのネットサービスを利用すれば、売れた時は処分費用がかからず、収入になる場合もあります。
ただし、商品の取り引き価格に対して、8%から10%の手数料がかかります。
また、送料を出品者が負担するケースであれば、配送する地域によって1,000円~2,000円程度の送料がかかります。

 

処分方法でも記載したとおり、中古のカーテンの需要はあまりありません。
手数料や送料など、かかる費用を確認して損にならないように注意しましょう。

リサイクルショップへ買取した場合

リサイクルショップでは中古のカーテンを買い取ってくれる業者は少ないです。
中古のカーテンは日本では需要が少なく、買い取り自体難しいと言えます。
ただし、カーテンの状態やメーカー、機能によっては買い取ってもらえるお店もあり、その場合は1,000円~3,000円程度の収入になります。

不用品回収業者に依頼した場合

不用品回収業者でカーテンの処分を依頼した場合、4,000円前後のところが一般的です。
他の処分方法より費用が高めですが、これには出張料金も含まれていることがあり、面倒な持ち運びや手間が省けるのがメリットです。

 

また、カーテン1点よりも他の不用品とまとめて依頼するほうがお得になるので引っ越しなどで不用品がたくさんある方におすすめです。

カーテンの処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまでカーテンの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここではカーテンを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

不用品回収の実績が豊富で信頼性が高い

出張回収センターは業歴15年以上、不用品回収及び買取実績は33万件以上を超えています。
様々な現場で回収や買取実績を積み重ねてきた経験が、利用客に大きな信頼感や安心感を与えていることでしょう。
また、不用品回収事業をおこなうには本来行政からの許認可が必要になりますが、無許可で営業する悪質な業者も存在します。
しかし、出張回収センターは、「一般廃棄物収集運搬業」や「家電リサイクル券の取扱」の許可を得て営業しているため、カーテンの処分依頼時はトラブルなく安心して利用できます。

選ばれる理由 2

満足のいく価格のご提案

徹底したコスト削減で地域最安値級の価格を実現している、という点も当社が選ばれる理由の一つです。
出張回収センターは、効率的な配車により、トラックやスタッフの稼働率を高める努力をしています。
そして、回収したカーテンなどの品物を徹底的にリサイクルすることや、再販で海外輸出をするなど、廃棄処分のコストを抑えることで、利用客に満足のいく価格を提案することができています。

reason01

カーテンの処分に関するよくある質問

A. もちろんカーテン以外の品物の回収もおこなっています。当社は様々な品目の不用品回収に対応しているので、複数点のアイテムをまとめて引き取ることも可能です。
A. 当社は最短で即日回収も相談できます。名古屋市内の地域にお住まいであれば、依頼してから最短で30分で回収に訪問できるケースもございますので、まずは気軽にご相談ください。
A. カーテン1点だけでも対応しています。当社では少量の依頼に最適なプランも用意していて、費用面も安心です。
A. 当社は年中無休で営業していますので、土日及び祝日の回収も訪問可能です。平日は仕事で忙しくて都合が取れないという方でも、安心して依頼できます。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。