愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

遺品を処分する手順とは?遺品整理・処分料金など詳しく紹介!

遺品の処分で悩んでいませんか?

故人が普段使用していた愛用品や生活用品全般、趣味で集めていたものなどのことを遺品と言います。
遺品整理とはいわゆる「故人の持ち物の整理」のことですが、故人とご遺族の思いが詰まった品物を整理する繊細な作業です。

 

2世帯、3世帯が同居する家庭も珍しくなかった時代は、テレビや洗濯機、冷蔵庫などの家電製品は家族で共有して使用していたため、故人の所有物はあまり多くありませんでした。
しかし、現在では高齢者世帯と子世帯の同居生活自体が珍しく、生活用品から家電製品、自家用車まで所有物が2倍以上必要になっているため、遺品の量が一軒分と非常に多くなっているんだそうです。

 

故人が遺書を残している場合はその内容に沿って遺品を整理する必要があります。反対に遺書がない場合も同様に、手元に残すもの、形見分けするもの、処分するものに分別していきます。しかし、処分することに罪悪感を感じたり、処分方法がわからなかったりして遺品の取り扱いに悩んでいる方は多くいます。
大切な故人の所有物とはいえ、遺品を処分することは決して後ろめたいことではありません。ご遺族の方が心を痛める必要はないのです。辛い思いをするよりも、プロの手を借りるのも一つの手段です。

 

遺品整理でお悩みなら、出張回収センターへご相談ください。

 

出張回収センターでは、遺品整理だけでなくハウスクリーニングや特殊清掃の経験も豊富であり、故人の死後の手続きでお忙しいご遺族の負担を軽くすることができます。年中無休でいつでも営業しておりますので、お気軽にご相談ください。

目次

遺品を処分する方法について

下記では遺品を処分する方法を詳しくご紹介していきます。

遺品の処分方法には様々な方法があります。まずは処分方法にはどんな方法があるのかを把握し、遺品整理の依頼先を決める際の参考にしてください。

遺品整理業者に依頼する

遺品整理の代行を考えている際に多くの人が利用しているのが遺品整理業者です。遺品整理業を専門としており、遺品整理士をはじめとする専門の資格を持ったスタッフがいることもよくありますので、安心して作業を任せられるでしょう。
遺品整理業者は遺品の取り扱いやご遺族への対応に慣れており、ご気分が落ち込まれている中でも、気を遣った対応を期待できます。また、遺品整理業者の場合もお寺などと提携していて、故人が生前に愛用されていた物を供養したうえで処分してくれるところもあります。

葬儀社に依頼する

葬儀・火葬を行う葬儀社でも、遺品整理に対応しているところが増えてます。葬儀から遺品整理まで一通りの手続きを一つの業者にまとめて依頼できるので、とても便利です。ただ、行っている業者の数はまだそれほど多いわけではないので、まずはお住まいの地域に遺品整理ができる葬儀社があるかどうか調べてみましょう。

売れる物と相続するものを分別して売れるものだけリサイクルショップなどに売る

故人の思い入れのあるものを、ご遺族自身で処分されたい場合、ご遺族がある程度自分たちで部屋を片付けて形見分けを行い、売れる物だけリサイクルショップなどに売るという方法もあります。
故人とご遺族の関係が良好かつ、ご遺族が故人の家の近くに住んでいるケースであれば、この対応が多いです。ご遺族自身で片付けを行うメリットは、ゆっくり故人との思い出に浸りながら片付けができること。外部の人間が家に入ることも無いので、遺品を傷つけてしまったなどのトラブルも防げます。

不用品回収業者に依頼する

遺品整理の業務範囲は不用品回収の業務と共通している部分が多いため、遺品整理を取り扱っている不用品回収業者もあります。不用品回収業者の場合、処分されたい遺品のうち売れるものは買い取り対応できることもありますので、高額になってしまいがちな遺品整理料金を少しでも安く抑えられるのがメリット。
加えて、不用品回収業者であればゴミ屋敷状態になっている家の片付けの依頼も多く、慣れていることから大量の遺品もスムーズに処分可能なうえ、ハウスクリーニング業も行っていることがよくあります。特に故人の家が広かった場合、家のお掃除はご遺族にとって大きな負担となってしまうので、遺品の処分だけでなく家の掃除も任せられる点はとても便利でしょう。

 

しかし、不用品回収業者のほとんどがこういったメリットがある一方、中には悪徳業者もあるので注意が必要です。
「無料回収」を謳い文句に、出張費用や運搬費用などを後から請求したり、不用品回収後に不法投棄したりするケースも。
不法投棄の場合は、業者だけでなく依頼主も法で裁かれるので他人事ではありません。


 

不用品の回収や処分には、一般廃棄物収集運搬業許可などの資格が必要になります。資格を取得している業者であれば、まず安心して大丈夫です。
必ずホームページに記載されているはずなので、不用品回収業者に依頼を検討する場合、まず必要な資格を持った業者なのか、見積もりはどうか、さまざまな方向から調べましょう。

遺品の処分方法を選ぶポイント

下記では遺品の処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

時間があるかどうか

現代の日本は核家族化や大都市圏への人口集中のこともあり、ご遺族がそれぞれ遠方に住んでいて、遺品整理の時間どころか、葬儀でご遺族全員が集まれるタイミングを作ることすら難しいことも少なくないでしょう。また、故人が集合住宅にお住まいになっていた場合だと、当月末もしくは翌月末に解約する必要がでてきますので、それまでに遺品整理や家の片付けを済ませなければならないケースもよくあります。そんなときは、葬儀社に葬儀だけでなく遺品整理も依頼する方法があります。特にお仕事をされている方が葬儀や遺品整理を取り仕切ることになった場合、同じ葬儀社に遺品整理もまとめて依頼することで打ち合わせにかかる時間を短縮できます。場合によっては葬儀と遺品整理を一緒に契約することで割引を受けられるケースもあります。
POINT 2

特殊清掃や掃除が必要かどうか

故人がお亡くなりになってから時間が経過していたり、家が片付けられていなくてゴミ屋敷状態になっていたりする場合は、清掃・特殊清掃を取り扱っている不用品回収業者をおすすめします。この場合、ご遺族だけでは原状回復が難しい可能性が高いです。特に、特殊清掃が必要な場合だと臭いが強烈で部屋に入ることすら難しかったり、掃除をしても市販の掃除用品では臭いや汚れが取れなかったりすることがあります。そのため、掃除のプロに仕事を任せて家を元のきれいな状態に戻しましょう。
POINT 3

予算に余裕があるか

予算に余裕が無く、とにかく安く遺品を処分されたいという場合は、不用品回収業者がおすすめです。不用品回収業者ではトラック積み放題プランが用意されており、業者のスタッフが家の中にある大量の不用品をトラックに積めるだけ積んで処分いたします。また、多くの不用品回収業者は古物商許可を取得していて、電化製品や家具の買い取りにも対応してます。そのため、買い取りを利用することでさらに処分費用を安く抑えることが可能です。遺品整理を取り扱っている不用品回収業者も年々増えております。万が一遺品の取り扱いに関して心配な部分があるのであれば、遺品整理士資格を取得したスタッフがいる不用品回収業者のご利用をおすすめします。
POINT 4

思い入れのあるものがどれくらいあるか

遺品整理や不用品回収で外部の者に遺品の処分を依頼した場合、回収するかどうかを一つ一つ確認しながら作業を進めるのが基本ですが、ご遺族の思い入れのあるものがたくさんある場合、間違って思い入れのあるものとわからずに処分してしまう可能性も。そのため、生まれ育った実家を処分する場合など、思い入れのある物がたくさんある場合や、大切なものに触れてほしくない場合は、時間がかかってもご遺族の皆様で作業をされた方が無難でしょう。時間があまり無い場合は、ご遺族だけで形見分けするものをある程度避けておいてから、不用品回収業者に任せるのもおすすめです。

遺品の処分料金について

下記では遺品を処分料金について詳しくご紹介していきます。

遺品整理に関しては、故人が住んでいた家の広さに応じて価格が変動するのが一般的です。

 

間取りごとの料金相場は、まず一人暮らし(ワンルーム〜1K)で5万円前後でしょう。少し広い家で一人暮らしをされていた場合(1DK〜1LDK)は、人手や作業時間が増える分、5万円〜20万円と高額になることもあります。また、一軒家に関しては20万円〜60万円と相場の幅が広めです。2階以上の高さに重い物があるか、階段で運び出せないものがあるかなどの条件によって費用が大きく変動しますので、複数の業者の見積もりをご確認いただいたうえで、依頼される業者を決めてください。

 

加えて、ゴミ屋敷状態になっていたり、死後、ご遺体の時間が経過していて、特殊清掃が必要だったりする場合でも、費用は大きく変動してきます。
特に、特殊清掃は条件によって費用の変動が大きいため、料金が公表されていないことがよくあります。業者の見積もり内容をよくご確認いただいたうえで、ご依頼ください。

遺品の処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまで遺品の処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは遺品を処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

不動産の売却までワンストップで対応可能

特に故人のご自宅が分譲マンションや一軒家だった場合、遺品整理後の売却を検討している方もいらっしゃるでしょう。

 

当社では不用品回収・遺品整理だけでなく、ご自宅の清掃や不動産の売却事業も行っております。ワンストップで不動産の売却までのお取引が可能なので、お忙しい方でも最小限の時間と手間でスムーズに不動産の売却が可能です。

選ばれる理由 2

遺品整理士在籍なので遺品の取り扱いも安心

当社では遺品整理部門として「ウィルケア」というサービスを運営しており、遺品整理のご依頼があった際にはウィルケアに所属する遺品整理士がお伺いします。遺品の取り扱いについて専門的な知識を持ったスタッフが作業いたしますので、価値のある骨董品などの取り扱いもご安心ください。

 

また、故人が愛用していたものに関しては、大須の寺院と提携しているため、精抜きや遺品の合同供養サービスもご利用いただけます。必要に応じては僧侶をご自宅まで呼ぶことも可能ですのでご相談ください。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

幅広いジャンルの遺品を買取可能

当社は不用品回収事業をメインに行っております。様々な分野における専門知識を持ったスタッフが在籍しており、どんな分野の遺品でも適正価格での買い取りが可能です。
また、国内だけでなく海外にも販路を確保していたり、家電・家具のレンタルサービスを運営していたりするため、他社では買い取り対象にならなかった遺品も買い取れることがございます。

遺品の処分に関するよくある質問

A. お客様が遠方にお住まいなどの理由で立ち会いできない場合の遺品の処分も対応しております。実際に立ち会い無しでのご依頼も多く引き受けております。この場合は事前にお客様と電話やメール、LINEで打ち合わせを行ったうえで作業に取り掛かります。万が一処分すべきかわからないものがございましたら、保留ボックスに入れてお客様のご自宅にお送りしてお客様ご自身に処分するか判断していただいております。万が一お客様からのご希望があれば、作業中の映像配信や作業後の画像の送付にも対応しておりますのでお気軽にお申し付けください。
A. もちろん可能でございます。簞笥など大きくて運ぶのが難しいものを処分せずに保管する場合、大切な遺品に傷がつかないように梱包したうえでお客様のご自宅にお送りいたします。
A. 当社は特殊清掃にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。実際に当社では他社に依頼しても臭いが取れなかったケースも多数引き受けております。臭気測定器を用いて徹底的に臭いの原因を突き止め、原状回復いたします。
A. はい、もちろん遺品であっても買取は可能でございます。遺品整理の際に、不要なもので売ってしまいたいものがございましたら、お気軽にお申し付けください。
A. はい、遺品整理後の清掃も承っております。当社は、遺品整理だけでなくハウスクリーニングも行なっておりますので、安心して当社スタッフにお任せください。
A. はい、ご希望であれば遺品の供養も行なっております。当社は大須の寺院と提携しているため、精抜きや遺品の合同供養サービスもご利用いただけます。必要に応じては僧侶をご自宅まで呼ぶことも可能ですので、ご希望でしたらお問い合わせの際にお気軽にご相談ください。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。