愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

スチールラックを捨てるにはいくらかかる?処分方法と処分時の料金や注意点!

スチールラックの処分で悩んでいませんか?

こんなお悩みございませんか?

お困りの方は、名古屋市を中心に不用品回収を行っている出張回収センターにご相談ください。この記事では、スチールラックの処分方法、処分費用、当社の強みなどを解説します。

目次

スチールラックを処分する方法について

下記ではスチールラックを処分する方法を詳しくご紹介していきます。

スチールラックは、いくつかの方法で処分できます。主な方法として、以下のものが挙げられます。

粗大ゴミとして処分

定番の処分方法といえるのが、自治体に依頼して粗大ゴミとして処分することです。粗大ゴミの対象は自治体で異なりますが、名古屋市であれば30cm角を超える大型ゴミが対象になります。したがって、ほとんどのスチールラックは粗大ごみの対象と考えてよいでしょう。申し込みの基本的な流れは次の通りです。インターネットまたは電話で予約してから、郵便局・コンビニエンスストアなどで手数料納付シールを購入します。次に、処分するスチールラックに購入した手数料納付シールを貼り付けて、指定日時に指定場所へ運搬します。

 

自治体へ依頼するため安心ですが、収集日が限られているなど不便な面もございます。例えば、名古屋市の収集は月に1回で、地域ごとに収集日が決まっています。また、インターネット予約の場合は収集日の10日前、電話予約の場合は収集日の7日前までに申し込まなければなりません。以上のほかでは、スチールラックを指定場所まで自分で運ばなければならない点にも注意が必要です。大型のスチールラックは、粗大ゴミで処分が難しいケースもあるでしょう。

ゴミ処理施設へ持ち込む

自治体のゴミ処理施設へ持ち込むことでもスチールラックを処分できます。ゴミ処理施設を利用するメリットは、日時の指定がないため都合の良いときに処分できることです。参考に、名古屋市の申し込み方法を紹介します。

スチールラックがある区の環境事業所で相談する

処分するスチールラックを自動車に積んで、1の環境事業所で申し込み手続きを済ませます。所定の時間内にゴミ処理施設へ処分するスチールラックを運搬します。年末年始を除く月曜日から金曜日であれば、祝日でもスチールラックを搬入できます。ただし、可燃ゴミと不燃ゴミ・粗大ゴミを一緒に持ち込むことはできません。スチールラックの搬入先は名古屋市港区の大江破砕工場です。長大なもの(概ね180cmをこえる)は岐阜県多治見区の愛岐処分場へ持ち込むことになります。便利な処分方法ですが、自分で搬入しなければならないため大型のスチールラックは処分が難しいといえるでしょう。

家具量販店に引き取ってもらう

一部の家具量販店は、新しい家具を購入したときに古い家具を引き取るサービスを行っています。このサービスを利用すれば、古いスチールラックを処分できる可能性がございます。引き取りサービスを実施している代表的な家具量販店がニトリと無印良品です。ただし、どちらも無条件で家具を引き取ってくれるわけではございません。ニトリは購入した家具(組み立て家具を除く)と引き取る家具が同数量・同容量、無印良品は購入した家具と同種・同数量の場合に限り引き取りを行っています。新しい家具を購入しなければならない点、所定の条件を満たさなければならない点に注意が必要です。

リサイクルショップで売却する

スチールラックの状態によっては、リサイクルショップで売却して処分することもできます。この方法のメリットは、不要なスチールラックを現金化できることです。ただし、古いスチールラック(目安は5年以上前のもの)やダメージが目立つスチールラックは、買取対象外になることが一般的です。出張買取を利用すれば搬出・運搬の必要はございませんが、出張買取を実施しているリサイクルショップは限られています。また、出張買取を実施しているリサイクルショップの中には、査定を受けるだけで出張費を請求するところもございます。

ネットオークションなどで売却する

不要なスチールラックを現金化したい場合は、ネットオークションやフリマアプリで売却してもよいでしょう。購入者と直接取引をするため、リサイクルショップの買取金額よりも売却金額は高くなるケースが多いといえます。ただし、利用登録・出品作業・出荷作業などが必要になります。スチールラックを梱包、出荷する作業は非常に大変です。リサイクルショップよりも手間はかかるといえるでしょう。送料も高額になるケースが多いため、実際の売却金額は低く抑えられる恐れがございます。スチールラックの処分方法としては、あまり適していません。

不用品回収業者に回収を依頼

以上のほかでは、不用品回収業者に依頼してスチールラックを回収してもらうこともできます。この方法のメリットは、都合の良いときに状態を問わずスチールラックを処分できることです。例えば、古いものであっても、ダメージが目立つものであっても、問題なく処分できます。注意点は、処分料金がかかることです。ただし、不用品回収業者の多くは、不用品買取サービスも実施しています。売却金額で回収料金を相殺できれば、負担はそれほど大きくなりません。手間をかけずに処分したい方におすすめの処分方法です。

スチールラックの処分方法を選ぶポイント

下記ではスチールラックの処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

処分料金を抑えたい

ひとつ目の切り口は処分料金です。この点だけを重視する場合、「粗大ゴミとして処分する」あるいは「ゴミ処理施設へ持ち込む」がおすすめです。ただし、これらの方法は手間が非常にかかります。また、搬出・運搬も必要になるため、ケースによっては軽トラックなどのレンタルが必要になるでしょう。レンタカー代がかかるときは、不用品買取を実施している不用品回収業者を候補に加えてみてはいかがでしょうか。買取金額によっては、自治体に依頼するよりも処分料金を抑えられます。
POINT 2

処分の手間を減らしたい

ふたつ目の切り口は処分の手間です。処分の手間を出来るだけ減らしたいときは、不用品回収業者がおすすめです。搬出・運搬の手間がかからないうえ、ダメージが目立つなどの理由で回収不可になることもございません。手間をかけず確実に処分できるため非常に便利です。
POINT 3

現金化したい

スチールラックを現金化したい場合は、無料出張買取を実施しているリサイクルショップがおすすめです。ただし、リサイクルショップはスチールラックの状態により買取不可になることがございます。この場合、処分方法を選び直さなければなりません。不用品買取を実施している不用品回収業者であれば、このような心配はございません。リスクを評価したうえで、いずれかを選択することをおすすめします。

スチールラックの処分料金について

下記ではスチールラックを処分料金について詳しくご紹介していきます。

スチールラックの処分料金は、処分方法で異なります。リサイクルショップで売却する場合、処分料金は基本的にかかりません。その他の方法の処分料金を紹介します。

粗大ゴミの処分料金

粗大ゴミとして処分するときにかかる料金は、スチールラックのサイズや依頼する自治体で異なります。おおよその目安は300~1200円程度といえるでしょう。例えば、大阪府堺市は最大辺1m未満のものを800円、最大辺1m以上のものを1200円、兵庫県神戸市は高さ90cm以下のものを300円、高さ90cm超のものを600円で処分しています。

ゴミ処理施設の処分料金

ゴミ処理施設へ持ち込むときにかかる料金も、スチールラックの重量や依頼する自治体などで異なります。おおよその目安は、10kgあたり100~200円程度です。例えば、名古屋市は10kgまでごとに200円、伊勢市は10kgにつき130円で処分しています。20kgのスチールラックであれば、260~400円で処分できる計算になります。

引取りサービスの料金

家具量販店が購入した家具と引き換えに古い家具を引き取ってくれるサービスの料金は店舗で異なります。例えば、ニトリは1注文につき4400円(税込)、無印良品は3000円(税込)×個数で古い家具を引き取っています。自治体に比べると処分料金は高いといえるでしょう。

ネットオークションなどの料金

ネットオークションやフリマアプリを利用する場合、売却金額の10%程度の手数料がかかります。ヤフオク!の利用料金は、プレミアムサービス登録ありの場合で売却金額の8.8%、プレミアムサービス登録なしの場合で売却金額の10%です(ともに税込)。メルカリの利用料金は、売却金額の10%となっています。送料は出品者負担と落札者負担の場合がございます。

不用品回収の料金

不用品回収業者に依頼した場合の処分料金は、スチールラックのサイズや店舗などで異なります。おおよその目安は1500~5000円程度といえるでしょう。自治体に依頼する処分方法よりも割高ですが、搬出や運搬などは不要です。また、買取を実施している店舗であれば、買取金額で処分料金を相殺できるケースもございます。

スチールラックの処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまでスチールラックの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここではスチールラックを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

名古屋地域最安値級の処分料金

出張回収センターは、自社工場で修理・分別してリユース・リサイクル率を高めることや日本で需要のない不用品をアジア諸国へ輸出することなどで名古屋地域最安値級の処分料金を実現しています。また、不用品回収と並行して不用品買取も行っています。処分料金を大幅に抑えられる可能性があるため選ばれているのです。

選ばれる理由 2

即日スピード対応

電話相談から不用品回収までのスピードが早い点も選ばれている理由としてあげられます。地域最多級のトラックが名古屋市内を巡回しているため、対応エリア内であれば最短30分で訪問が可能です。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

豊富な実績

出張回収センターは、15年以上の歴史の中で33万件以上の不用品回収・不用品買取を行っています。許認可や法規制とのかかわりが大きい業界で、長期間にわたり実績を積みあげられた点も当社の強みです。多くのお客様に、安心してご依頼いただけます。

スチールラックの処分に関するよくある質問

A. はい、大きなスチールラックでも回収できます。そのままの状態で搬出が難しい場合は、現場へおうかがいしたスタッフがその場で解体して搬出いたします。お客様に解体をお願いすることはございません。安心してご依頼ください。
A. はい、スチールラックの状態によっては買取可能です。基本的には、再販売可能なものが買取の対象になります。実際の判断基準をここで示すことは難しいため、買取の可否が気になる場合は出張無料相談をご利用ください。
A. はい、営業エリア内を地域最多級のトラックが巡回しているため、基本的には当日中の回収が可能です。ただし、混雑状況により対応が遅くなることも考えられます。お急ぎの場合は、できるだけ早くご相談ください。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。