愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

ホワイトボードの処分はどうする?正しい処分方法と処分料金や注意点を詳しく紹介!

ホワイトボードの処分で悩んでいませんか?

このように、ホワイトボードの処分でお困りの方はいませんか?
ここでは、ホワイトボードの処分方法を詳しく紹介していきます。

家庭以外にも、オフィスなどで使われているホワイトボード。
馴染みのある方も多いと思います。
日常的に使うホワイトボードですが、劣化や在宅ワークが主流となった影響で不要になってしまうことも多いと思います。

サイズの大きいホワイトボードも多く、処分するには意外と手間がかかるものです。
そんなホワイトボードでも、処分方法次第で手間をかけずに処分することができたり、
お得に処分することもできます。

ぜひ、ここでの情報を有効活用して、賢くホワイトボードを処分しましょう。

目次

ホワイトボードを処分する方法について

下記ではホワイトボードを処分する方法を詳しくご紹介していきます。

それでは、ホワイトボードの処分方法として考えられる主なものを紹介します。

不燃ごみとして処分する

不燃ごみとして処分する方法です。
この方法は、小さなサイズのホワイトボードを処分するときに活用できます。

各地域の自治体によって変動しますが、不燃ごみは各辺30cm以内までのことが多いためです。
手持ちできる小さなホワイトボードであれば、この方法で処分することができます。
大きなホワイトボードを処分したい場合は、別の方法を選ぶか、小さく裁断しましょう。

各地域の自治体が指定する不燃ごみの袋に不要なホワイトボードを入れ、指定日に回収場所に持っていけば完了です。

この方法は、一般的な方法であり処分しやすく、費用を抑えることができます。
しかし、ホワイトボードは大きいものが多いため、活用できない場合も多いため注意が必要です。

粗大ごみとして自治体に収集依頼する

ホワイトボードはサイズが大きく、定期収集に普通ごみとして出すことはできません。
そのため、自治体に処分してもらうなら粗大ごみとして収集して依頼する方法になります。

自治体の粗大ごみ受付に電話などで申込み、指定の収集日までにコンビニなどで回収シールを購入しましょう。そして収集日の朝に玄関前や近所のゴミ収集場所などにホワイトボードを出しておくという流れです。

この方法は費用を抑えてホワイトボードを処分することができます。
ですが、ホワイトボードは大きいものが多いため指定場所に運び出すのは手間がかかるというデメリットも。
また、収集日は自治体から提示されることが多く、自分の希望通りのタイミングでの処分は難しいです。
収集の混雑状況により、収集日が数週間後になる場合もあるため、急いで処分したい方は別の方法を選びましょう。

粗大ごみ回収センターに持ち込む

不要なホワイトボードを自治体の粗大ごみ回収センターに持ち込む方法です。
この方法は、各自治体の粗大ごみ回収センターに持ち込むだけという簡単な手順で処分することができます。
また、回収してもらう方法と比べ、自分の都合の良い日時に処分することができるというメリットも。

しかし、大きいホワイトボードの場合は運ぶ手間がかかるため注意が必要です。
各地域の自治体によって価格や必要なものが変わるため、ホームページや電話で事前に確認しましょう。

欲しい人に譲る

もし身の周りにホワイトボードが欲しいという人がいるなら、譲るという方法も。
必要な人に有効活用してもらえるので、捨てるのは勿体ないと感じる方にはおすすめの方法です。
ただし、ホワイトボードは家庭で使うようなアイテムではないため、欲しい人はなかなか見つからないかもしれません。
また、もし欲しい人がいたとしても、サイズが大きい場合は持ち歩きは困難なので、受け渡しをどうするか考える必要があります。

手間をかけたくない・急いで処分したい方は別の方法をおすすめします。

施設・団体・企業などに寄付する

不要なホワイトボードを施設・団体・企業などに寄付する方法です。
ホワイトボードは施設・団体・企業など事業などを行っている場所で使われていることが多いアイテムです。
新品を購入するとなると安くても10,000~15,000円ほどはするので、使える状態なら中古のものでも譲って欲しいというところはあるかもしれません。

ただし、そのような寄付を大々的に募集しているところばかりではないので、寄付先を自分で探す手間がかかります。
また、寄付ができることになった場合にも、ホワイトボードをどのように寄付先に運ぶ手間や送料といった費用が掛かる場合も。

このようなデメリットはありますが、困っている人たちやリサイクル活動として貢献することができるため、おすすめの方法です。

リサイクルショップに売る

リサイクルショップに売るのも処分方法の1つです。
リサイクルショップでは家具・家電からこまごまとした雑貨まで、幅広いアイテムの買取を行っている店舗が多く、ホワイトボードも売れる可能性があります。
ただし、サイズが大きいホワイトボードはスペースを取るため買取を断られる場合もあるでしょう。

フリマサイト・ネットオークションで売る

メルカリやヤフージャパンといった、フリマサイトやネットオークションを利用して自分でホワイトボードを出品し売る方法です。
フリマサイトやネットオークションのメリットは、インターネットを経由して買い手を募れること、自分で売値を設定できるので買取相場以上の価格で売れる可能性があるという点です。

ただし、フリマサイトに出品してもずっと買い手が現れない場合も。
また、買い手が見つかった場合ホワイトボードを相手に送らなければいけませんが、かなりサイズも重さもあるため、送料がかさみます。

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者はさまざまな不用品の回収を専門的に行っている業者です。
不用品のプロである不用品回収業者を利用し、ホワイトボードを処分するのも1つです。

不用品回収業者を利用するメリットは、自分の希望する日時に回収を依頼できる点、回収にかかる作業を全て任せられる点です。
また、1点から数の制限なく処分することができます。大量に処分したい方は科の方法がおすすめです。
全てホワイトボードでなくても、椅子やテレビといった家具家電も一緒に回収することができます。

料金はかかりますが、事前に無料見積もりを行っている業者も多いため、料金を確認してから処分することができ安心できる方法です。

ホワイトボードの処分方法を選ぶポイント

下記ではホワイトボードの処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

排出元によって選べない処分方法がある

ホワイトボードの処分方法を選ぶ際に気を付けたいのは、排出元によっては選べない処分方法があるということです。具体的に言うと、企業や事業所などから不用品として排出するホワイトボードを、自治体に処分してもらうことはできません。ほとんどの自治体では事業系ごみはどのようなものであっても処分しないというルールを設けています。つまり、会社の業務など事業で使用されていたホワイトボードは、自治体に収集依頼したり、自治体の処分施設に持込んだりする方法を選べないということです。
POINT 2

処分料金がかからなくてもほかの費用がかかる処分方法もある

処分料金はかからない方法はお得に見えますが、ほかの費用がかかる場合もあるので注意が必要です。例えばフリマサイトで売る方法は、売れればお金が入ってきますが、買い手に品物を届けるための送料はかかります。欲しい人に譲る方法や寄付する方法なども、もし自分がホワイトボードを譲り先まで届けなくてはならないなら、送料や運搬車両関係の料金(車を有していない場合のレンタカー料金や燃料代など)などが発生します。処分に必要な諸経費や手間の多さなど、トータルで考えながら、どの処分方法が最もコスパが良いか判断することが大切です。

ホワイトボードの処分料金について

下記ではホワイトボードを処分料金について詳しくご紹介していきます。

次にホワイトボードの処分料金について、各処分方法ごとの料金相場を見ていきましょう。

欲しい人に譲る・寄付する・リサイクルショップに売る・フリマサイトで売るなどの方法は、処分料金は発生しません。それ以外の方法は費用がかかります。

粗大ごみとして自治体に収集依頼する方法:300~400円
自治体の粗大ごみセンターに持ち込む方法:10㎏ 400円~
不用品回収業者を利用する方法:2,000~5,000円

売る処分方法はお金も得られます(どのくらいの金額を得られるかはホワイトボードの状態やメーカーなど条件によります)。

粗大ごみとして自治体に収集依頼する方法は、300~400円ほどが料金の相場です。
ただし、自治体の中には粗大ごみとして処分できるホワイトボードのサイズが決まっている場合もあるため事前に確認しましょう。また、自治体の粗大ごみセンターに持ち込む方法は重さや個数で料金が変動する場合がほとんどです。
これらの方法は各地域の自治体によって料金が変動します。
ホームページや電話などで事前に確認しましょう。

不用品回収業者を利用する方法は、2,000~5,000円ほどが料金の目安です。
この方法を利用する場合は、まとめて回収パックなどお得なプランもあります。ホワイトボード以外にも、

ホワイトボードの処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまでホワイトボードの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここではホワイトボードを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

最短30分で回収可能なスピーディーさ

当社の大きな強みの1つはご依頼いただいてから回収に伺うまでのスピーディーさです。名古屋エリアであれば、ご依頼いただいてから最短30分で回収に伺うことが可能です。社内の回収スケジュールなどにもよりますが、ご依頼いただいた当日には回収に伺えるよう努めております。できる限り早く不用品を処分したいという多くのお客様にご依頼をいただいております。

選ばれる理由 2

経験豊富なスタッフの丁寧かつスムーズな作業

当社には不用品回収の経験豊富なスタッフが多数在籍しております。不用品回収のプロとも言える当社自慢のスタッフがお客様の不用品を丁寧かつスムーズに回収いたします。お客様に作業をしていただくことはございません。不用品の運び出しから積み込みまで全てスタッフが行い、お客様にお手間はとらせませんのでご安心ください。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

少量でも多量でも回収可能

当社は1回の不用品回収に関し、個数のルールは特にございません。1品でも数十品でも何品でも回収可能です。他社様では1品のみの不用品回収は対応していないところもありますが、当社では不用品が少ないからと回収をお断りすることはございません。不用品が発生したら個数を気にせずご依頼いただける気軽さも、当社が大勢のお客様に選ばれる理由の1つと考えます。

ホワイトボードの処分に関するよくある質問

A. 当社には、回収作業が不可能な日はございません。土日祝日などの休日も平日と同じように対応が可能です。「急遽今日ホワイトボードを処分しなければいけない」「できる限り早くホワイトボードを処分したい」このようなお客様はぜひお気軽に当社にご連絡ください。また、時間帯につきましても、日中以外に夜間などの作業も可能です。お客様のご希望にできる限り沿えるよう努めますのでご相談ください。
A. はい、作業可能です。当社スタッフはさまざまな場所においてある不用品を多数運び出してきた経験・ノウハウを持っています。2階以上の高い場所に置いてあるホワイトボードも、スタッフでスムーズに運び出しますのでご安心ください。なお、スムーズな運び出しを行えるよう必要な人数などの調整を行いますので、可能であればご依頼の際にホワイトボードがどこに設置されているかお知らせください。
A. 当社では電話・メール・LINEなどでご依頼を受け付けております。電話は9:00~19:00、年中無休でオペレーターが待機しておりお客様のご連絡に対応しております。メールの場合は当社サイトのお問合せフォームに必要事項をご入力の上、送信ください。LINEは当社のアカウントを友達登録いただければ、メッセージからご依頼いただけます。ぜひ、お客様のご都合の良い方法でご用命ください。なお、見積りは無料でお出ししております。
A. はい。 壊れていたり汚れているホワイトボードでも回収いたします。 壊れている場合は、ケガをしやすくなっている場合もあるため、お客様は触らずそのまま保管していてください。 不用品回収のプロとも言える当社自慢のスタッフが回収いたします。
A. はい。可能です。 当社では1点から数の制限なく回収いたします。 オフィスなどであっても回収することが可能です。 無料見積もり時にお申しつけください。
A. はい。可能です。 当社ではホワイトボード以外にも机や家具、TVなどの家電など様々な品目を回収しております。 また、まとめて回収することでお得に処分できるプランもありますので、ぜひ無料見積もり時にお申しつけください。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。