愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

ふすまの処分料金はいくら?!賢い処分方法や注意点など詳しく紹介!

ふすまの処分で悩んでいませんか?

ふすまなどの建具は、お住まいの地域によっては簡単に捨てられない場合がございます。ふすまの処分でお困りの際には、名古屋・愛知で圧倒的な不用品回収実績を誇る出張回収センターにお任せください。ふすま1枚からでも、年中無休でスピーディーに対応させていただきます。

目次

ふすまを処分する方法について

下記ではふすまを処分する方法を詳しくご紹介していきます。

間仕切りや押し入れで使っているふすまを取り外して、空間を有効活用したいという方が多くいらっしゃいます。
そこで、いらなくなったふすまの具体的な処分方法を、5つご紹介いたします。

粗大ゴミとして処分する

粗大ゴミの回収ルールは、お住まいの市区町村ごとに大きく異なります。通常、粗大ゴミを依頼する際には、市区町村のホームページや電話などで申込みをすることが可能でございます。ただし、ふすまを粗大ゴミとして処分できる自治体の中にも、自己搬入施設への持ち込み限定で回収を行っている場合がございます。そのほか、ふすまの一辺を90センチ以下に切断すること、取っ手の金属部分を取り外すことを条件としていることもございますので、ご注意ください。

また、ふすまは建具の一種であることから、自治体によっては家の構造物に該当する産業廃棄物に分類することがございます。その場合には一般の粗大ゴミとしては回収してもらうことができませんので、産業廃棄物収集運搬業の免許がある不用品回収業者に依頼されるなど、別の処分方法をお考えいただかないといけません。自治体での処分をご検討されている場合には、ふすまの処分に関するルールについて、よく確認をなさってください。

一般ゴミとして処分する

自治体の中には、ふすまを1辺が30センチ以下になるように解体して、指定のゴミ袋に詰めれば一般ゴミで回収してくれるというケースもございます。一般ゴミであれば無料で処分をすることができますが、ふすまの解体はノコギリなどを用いて切断をする必要があり、かなり大掛かりで大変な作業でございます。また、ふすまには多くの釘が使われているので、手や指を怪我しないように気を付けて作業をされないといけません。手間をかけずに簡単に処分をされたいという方は別の処分方法を検討された方がよいでしょう。

お店に引き取りをお願いする

新しいふすまへの買い替えをされる方であれば、ふすまを購入するお店が古いふすまを引き取ってくれる場合がございます。引き取りをしてくれるかどうか、いくらかかるのかを購入する前にお店に確認されるとよいでしょう。どのお店も新しいふすまの購入が条件となるため、押し入れを有効活用したり、間仕切りをなくして空間を広くしたいなど、ふすまの撤去だけが目的の場合にはお選びいただけない方法です。

オークションサイトやフリマアプリに出品する

オークションサイトやフリマサイトにお使いにならなくなったふすまを出品して、引き取り手を探す方法もございます。しかし、ふすまのような大きなものは通常出品者が負担する送料がかさんでしまうことから、あまり多くは出品されていません。一方で、ふすまの取っ手の部分は、リメイクなどの需要から頻繁に出品されています。取っ手の部分だけ傷が付かないように丁寧に取り外し、一度出品なさってみる価値はあるでしょう。ただし、その場合には、取っ手以外の部分は別の方法で処分する必要がございます。

不用品回収業者に依頼して処分する

ふすまを処分されたい時には、自宅まで回収に来てもらうことができる不用品回収業者に依頼する方法がございます。処分されたいふすまが何枚もあったり、ふすま以外の不用品がある場合にも、柔軟に対応してもらえるので便利でございます。費用がご心配な場合には、見積もりをとってから、依頼をするかどうかをお決めになるとよいでしょう。

業者を選ばれる時にお気を付けいただきたいのは、不用品回収サービスを行う業者の中には、必要な免許を持たずに違法で営業をしている業者も含まれているという点でございます。中には、見積もりで提示された金額よりも高い料金を追加で請求してきたり、回収した不用品を正しく廃棄せずに不法投棄するような悪質な業者もございます。ホームページで会社情報をしっかりと確認していただいたり、利用者の口コミなどを参考にされて、信頼できる不用品回収業者を正しく見極めてから、依頼をなさってください。

ふすまの処分方法を選ぶポイント

下記ではふすまの処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

お金をかけずに処分したい場合

処分するための費用が1番かからないのは、自治体に依頼する方法でございます。しかし、持ち込みや切断などの条件が設定されていたり、自治体のルールで粗大ゴミとして取り扱っていないケースも考えられます。自治体よりもコストは高くなりますが、サービスが充実していてメリットも多い不用品回収業者をご検討いただくとよいでしょう。
POINT 2

持ち運びや解体の手間をかけたくない場合

ふすまを運ばれたり、解体されるのは大変な手間がかかり、かなりの重労働でございます。特に、女性や高齢の方にはご負担が大きく、腰を痛めたり、怪我をするリスクもございますのであまりおすすめできません。不用品回収業者であれば、ふすまを移動させずに、そのままの状態で自宅まで回収に来てもらうことが可能です。とにかく楽な方法で処分をされたいという場合には、最適な方法かと存じます。
POINT 3

急いでふすまを処分したい場合

自治体に粗大ゴミの問い合わせをされた場合、予約が混み合っていて1カ月以上先の回収日を指定されてしまったなどということも少なくはございません。使わないふすまを家の中に置いておかれるのは、場所をとって邪魔になり、日々の生活でご不便を感じることでしょう。そのような時には、ご希望に合わせて日程を調整してくれる不用品回収業者に依頼をされるのがおすすめでございます。早ければ当日中の回収に応じてもらえるケースもございますので、家の中をすぐにでもすっきりと片付けることができるかと存じます。

出張回収センターの定額パックなら、他社だと費用が掛かってしまう内容も

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費+出張費+梱包作業費+分別作業費+スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況にあった最適なプランをご提案させて頂きます。

お見積・基本料金・出張費 通常かかる費用がすべてコミコミ!

コミコミ定額載せ放題プラン

当サービスは、11,000円(税込)~が最安金額となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買い替えや故障などでご不要になった家電から、大型の家具や粗大ゴミ、重量物まで、ほぼ何でも回収いたします。 お住いの地域では回収を行っていない「家電リサイクル法」「パソコンリサイクル法」の対象家電の回収も行っています。

お引っ越し、生前整理や遺品整理、ゴミ屋敷の片付け、一軒家丸ごとの家財一式処分、事務所の移転など、 大量の不用品がある場合はこちらのプラン。全て丸ごと迅速・丁寧に出張回収、引き取りさせて頂きます。

さらにここからお安く!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

ふすまを処分されたいのに、処分する時の費用が気にかかるという方も多いかと存じます。処分方法ごとのコストについて、順番にご紹介させていただきます。

粗大ゴミとしてふすまの処分を行っている自治体の手数料:東京都大田区ではふすま1枚400円、神奈川県川崎市ではふすま5枚までで1,000円です。市区町村ごとに異なりますが、1枚あたり200円から1,000円程の間で設定されていることが多いようです。手数料の支払いには、申し込みの際に具体的な料金を確認していただいてから、回収日までにコンビニなどで手数料分の粗大ゴミシールを購入していただく必要がございます。手数料の支払い確認は粗大ゴミシールで行われるため、回収するふすまに貼るのをお忘れにならないようにしてください。

ご自分でふすまを解体して一般ゴミとして出される場合:基本的に処分費用はかかりません。粗大ゴミとして出したり、解体して一般ゴミとして出す方法は費用は安くなりますが、ふすまを運ばれたり、切断する手間が必要となり、回収してもらえない場合もあるなどデメリットもございます。事前によく確認をなさってから、処分にかかる負担と費用の両面からご検討いただくとよいでしょう。

ふすまを販売するお店に回収してもらう場合:古いふすまの引き取りは有料となっていて、1枚2,500円ほどの処分費がかかる場合もございます。また、引き取りのサービスは、あくまでも新しいふすまを購入した人に限定されているので、処分費用以外に新しいふすまの購入費がかかることをお忘れにならないでください。

ネットオークションやフリマアプリ:出品には手数料がかからないところが多くございます。ふすまが売れた時には、売却価格の5%から10%程度の手数料がかかることになりますが、それよりも大きくのしかかってくるのが送料の負担でございます。大手宅配業者では、ふすま程度の大きさの家具を配送するのに、10,000円前後かかる場合もございます。送料が売却額を超えて利益が出ないことも考えられますので、お気を付けください。

不用品回収業者の回収料金:ふすまの枚数や業者によって異なりますが、2,000円から10,000程度が相場でございます。不用品会社では、大量の不用品を回収する場合のパック料金が設定されていることが多く、大量のふすまを廃棄したり、他の不用品と合わせて依頼をしていただくと、ふすま1枚あたりの料金が安くなる場合もございます。依頼をされる時には、事前に見積もりをとられてから料金を確認していただくことをおすすめいたします。

ふすまの処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまでふすまの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここではふすまを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

年中無休!最短30分のスピード訪問

出張回収センターでは、名古屋市周辺に地域最多級のトラックと人員を巡回させて、急なご依頼にも対応する独自のシステムを導入しております。土日祝日も休まず営業していて、近郊であれば、ご依頼いただいてから最短30分で即日に回収に伺うことも可能でございます。

選ばれる理由 2

地球にも優しい!豊富な実績が信頼の証

出張回収センターは、愛知エリアで最大級の不用品回収実績を誇り、多くのお客様からのご支持をいただいております。産業廃棄物収集運搬業をはじめ、不用品回収に必要なさまざまな免許を取得しており、安心してご利用いただける質の高いサービスを提供しているのが特徴でございます。回収した不用品は全て廃棄するのではなく、可能な限りのリユースやリサイクルにつなげていて、地球環境にも優しい事業を目指しております。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

適正価格で安心の料金プラン

処分するふすまの枚数が多い場合や、ふすま以外の不用品の回収を希望される場合でも、ご自宅からの搬出、解体、処分を全てお任せいただけます。適正価格でわかりやすいシンプルな料金設定を心掛けていて、不用品の量に合わせたお得な料金プランもございます。できる限りお客さまに満足していただけるよう努力しておりますので、是非一度お見積もりをご依頼ください。

ふすまの処分に関するよくある質問

A. もちろん可能でございます。不用品1品からでもスピーディーで丁寧な回収サービスを行っておりますので、是非ご連絡ください。
A. はい、大丈夫でございます。名古屋市周辺であれば、ご連絡いただいた時点ですぐにスタッフを手配してご自宅に向かわせていただきます。ただし、先にご予約のあるお客様との兼ね合いがございますので、まずは、当社までお早めにお問い合わせください。
A. はい、当社は年中無休で土日祝日の対応も可能でございます。夜間の回収をご希望の場合には、スタッフのスケジュールを調整して伺いますので、お早めのご相談をいただければ幸いです。
A. お見積りだけでのご依頼も大歓迎です。お見積もりは無料で行っていてキャンセル料金は一切かかりませんので、安心してご依頼ください。
A. ふすまは移動させずに、そのままの状態でお待ちいただいて結構です。経験豊富な当社のスタッフが、お家を傷付けることなく、丁寧に搬出いたしますので、全てお任せください。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。