愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

タイルカーペットの処分方法を解説!

タイルカーペットの処分で悩んでいませんか?

オフィスの床材や廊下、ベビーやペットのために一部エリアに敷いて使ったりなど、長年一般的に床材としてもカーペットとしても活躍しているタイルカーペット。丸洗いができたりと使用期間が長く、便利なものですが、消耗品でもあります。そんなタイルカーペットの処分方法をこの記事では、解説していきます。

 

当社では、お時間取らせることなく、処分が可能です。少量多量、どちらでもお任せください!

ご不用になられたタイルカーペットの処分でお悩みの方は、出張回収センターまでお気軽にご相談ください。名古屋市をはじめ愛知県全域で営業中。電話1本でかけつけます!

経験豊富なスタッフがお客様のご都合に合わせて迅速に回収いたします。

目次

タイルカーペットを処分する方法について

下記ではタイルカーペットを処分する方法を詳しくご紹介していきます。

タイルカーペットって何ごみ?

素材を考えよう!

タイルカーペットは、一般的に布っぽい素材をイメージするのではないでしょうか?

そこから安直に、燃えるゴミにつなげないようにしてください。使用されている素材によっては、分別が必要であったり燃えるゴミではない場合が多いです。ちなみに、1枚1辺が30㎝以上のタイルカーペットは、基本、粗大ゴミです。家庭ゴミの可燃ゴミや不燃ゴミで捨てられませんのでご注意ください。

 

粗大ごみとして処分する方法

タイルカーペットを粗大ごみとして処分する場合、自治体が定めたルールに沿って申し込む必要がございます。自治体が販売している粗大ごみ用のシールなどを購入して貼り、役所の窓口に申し込むことで粗大ごみとして処分してもらえますが、1枚のシールでタイルカーペットを何枚まで処分してもらえるかは一概に言い切ることができません。枚数や面積、重量など自治体によって基準が異なるので事前の問い合わせが不可欠でございます。

※はさみやちぎって家庭ゴミとして、捨てると回収してもらえない場合あります。注意しましょう!

サイズによっては自治体で回収してくれないこともある

タイルカーペットはその多くが1辺が30センチを超えるサイズでございます。自治体によって多少の違いはあるものの、30センチを超えるサイズの不用品は自治体の可燃ごみ・不燃ごみ収集に出しても回収してもらえません。そのため、大きいタイルカーペットは他の方法で処分する必要がございます。小さいサイズのタイルカーペットなら材質によって異なりますが、可燃ごみ、不燃ごみのどちらでも回収してもらえます。

 

タイルカーペットを購入したお店に引き取ってもらう

タイルカーペットを買い替えた際、購入したお店に古いタイルカーペットを引き取ってもらう方法もございます。一部のお店では製品の買い替えに伴い、ご不用になった古い製品を引き取るサービスを実施しておりますので、上手に利用することで手間をかけずに不用品を処分することも可能でございます。

中古業者に買い取ってもらう

変色や破れなどの傷みが生じていないタイルカーペットなら中古業者に買い取ってもらう方法もございます。不用品を処分することでお金を得られるのは非常に魅力的ですが、一方で業者ごとに査定基準が異なるので注意が必要でございます。

不用品回収業者に引き取ってもらう

不用品回収業者はお客様のご自宅に伺い、タイルカーペットを運び出してくれるので非常に便利な方法と言えるでしょう。自家用車がないので処分場まで運ぶことができない方やご高齢の方に最適でございます。ブランドものやメーカーによっては、買取可能な場合もあります。

タイルカーペットの処分方法を選ぶポイント

下記ではタイルカーペットの処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

お客様がご自分で運べるかどうかがポイント

ご不用のタイルカーペットを処分する場合、お客様がご自分で処分場まで運べるかどうかが大きなポイントになっております。ごみの処分料金には処分場までの運搬料金も含まれているので、ご自分による持ち込みであれば運搬料金の節約が可能でございます。一方で大量のタイルカーペットは嵩張るうえに重量もあることから、持ち運びが難しい事実も否定できません。処分場まで持ち込む時間もかかることから、多忙な方や運搬手段を持たない方には不向きと言えるでしょう。そのような方は自治体や不用品回収業者などに処分してもらう方法を選ぶことになります。
POINT 2

カーペットを燃やして処分することはできない

タイルカーペットの多くは化学繊維と天然繊維の混紡製でございます。防炎加工が施されている製品も少なくありませんが、細かく切り刻めば燃やすことは可能でございます。しかし、不用品の野焼きは一部の例外を除いて法律で禁止されております。手間をかけたくない、お金を払いたくないなどの理由でタイルカーペットを燃やすことはできません。
POINT 3

引き取りサービスには制限がある

タイルカーペットを販売するお店によっては買い替えに伴う不用品の下取りサービスを行っている所もございます。製品を購入したことに対するサービスの一環なので基本的には無料で引き取ってもらえますが、使わなくなったカーペットのすべてを処分できるわけではございません。処分できるタイルカーペットの数量や金額などに制限が設けられているケースもございますので注意しなければいけません。
POINT 4

中古業者に買い取ってもらう際の注意点

状態が良好なタイルカーペットは中古業者に買い取ってもらえる可能性がございますが、査定基準は業者ごとに異なるので必ず買い取ってもらえるとは限りません。また、買取可能でもその金額は決して高額ではないことも併せて注意する必要がございます。
POINT 5

不用品回収業者の選び方について

不用品回収業者は基本的に枚数やサイズを問わず引き取ってくれるので非常に便利な方法です。電話やメールで申し込むだけなので手間がかかりませんが、処分料金はやや割高になるのも事実でございます。同じタイルカーペットでも業者ごとに処分料金が異なるので事前の確認は必須と言えるでしょう。また、街中をトラックで走りながら無料回収を謳う業者やお客様のご自宅にチラシを投函する業者は不当に高額な料金を請求する可能性が高いので関わらないのが賢明と言えるでしょう。このような業者は不用品の回収そのものは無料でもトラックまで運ぶ手間賃などの名目で高額な費用を請求したり、回収した不用品を不法投棄するなど悪質な行為が特徴になっております。

出張回収センターの定額パックなら、他社だと費用が掛かってしまう内容も

出張回収センターでは、他社では別途料金になる車両費+出張費+梱包作業費+分別作業費+スタッフ追加が全て込みの料金です。
お見積り後の追加料金も一切ございません。お客様の状況にあった最適なプランをご提案させて頂きます。

お見積・基本料金・出張費 通常かかる費用がすべてコミコミ!

コミコミ定額載せ放題プラン

当サービスは、11,000円(税込)~が最安金額となります。
一度にまとめて多く回収する事で結果的にお得になる料金設定です。 この機会にご自宅にある不用品をまとめて断捨離しませんか?

買い替えや故障などでご不要になった家電から、大型の家具や粗大ゴミ、重量物まで、ほぼ何でも回収いたします。 お住いの地域では回収を行っていない「家電リサイクル法」「パソコンリサイクル法」の対象家電の回収も行っています。

お引っ越し、生前整理や遺品整理、ゴミ屋敷の片付け、一軒家丸ごとの家財一式処分、事務所の移転など、 大量の不用品がある場合はこちらのプラン。全て丸ごと迅速・丁寧に出張回収、引き取りさせて頂きます。

さらにここからお安く!

買取可能なものがあれば、費用が相殺されてお支払い金額0円!むしろプラスになることも!?
不用品買取の専門部署も持っている、出張回収センターだからできるお得なシステムです!
一般的な 不用品回収業者や遺品整理業者と比べて、買取可能なものの種類が圧倒的多数!15ジャンル、100以上のカテゴリにも及びます。

タイルカーペットの処分料金は方法によって異なります。

自治体の可燃ごみや不燃ごみとして出す方法:サイズが小さい物であれば自治体が販売している専用のごみ袋に入れることができるので、ごみ袋の販売価格がそのまま処分料金となります。自治体によって違いはございますが、45リットルサイズの袋の場合は10枚入りで500円から1000円ほどが平均的な金額になっております。

粗大ごみの処分料金:ごみ袋と同様に自治体ごとに異なりますが、数百円から数千円ほどが一般的でございます。タイルカーペットの場合、枚数や面積、重量など計算方法が自治体によって異なるので事前の問い合わせを忘れてはいけません。

不用品回収業者の処分料金:基本的に自治体の粗大ごみ料金へ業者の手数料を加算した金額になっております。業者ごとに設定金額は異なりますが、1回の回収作業につき1000円から2000円ほどが平均的な料金になっております。

買い替えの際にお店が古いタイルカーペットを引き取るサービス:基本的に処分料金が発生しないのでお客様が金銭をご負担することはありません。

タイルカーペットの処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまでタイルカーペットの処分方法や処分料金について解説してきました。
ここではタイルカーペットを処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

年中無休でいつでもどこまでも!

出張回収センターは年中無休で営業しております。そのため、平日はご多忙なお客様が土日や祝日に不用品回収をご依頼することが可能になっております。また、夜間の回収作業にも対応している点が多くのお客様に支持されている理由と言えるでしょう。

選ばれる理由 2

最短30分でのお伺いが可能!

名古屋市やその近隣地域にお住いのお客様からのご依頼であれば、最短で30分のお伺いが可能でございます。常に複数のトラックを巡回させ、お客様がお住まいの地域にもっとも近い位置にいるスタッフを向かわせます。迅速に短時間での対応を心がけております。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

無料見積でご安心ください!

不用品回収業者の中には見積もりを行っておきながら様々な理由を付けて追加料金を発生させる悪質な所がございますが、出張回収センターではそのようなことは一切あり得ません。事前の見積もり金額のまま、品質の高い回収作業を行っているのでお客様は安心してご利用いただけます。

選ばれる理由 4

枚数を問わず回収可能

タイルカーペットが1枚だけ、あるいは数百枚以上ある場合でも回収可能でございます。業者によっては回収する数量に制限を設けている所もございますが、出張回収センターは原則としてお客様がご希望する数量をそのまま回収いたします。ご自分では運べないほどの枚数はもちろん、1枚だけでもご依頼を受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。また、作業当日に回収する枚数を増やすことも可能でございますが、場合によっては作業料金が増額するのでご注意ください。

reason05
22253735_s
選ばれる理由 5

リーズナブルな料金設定

出張回収センターでは長年の営業経験を活かし、コスト削減を目的とした回収作業の効率化に力を入れております。コストの削減により実現したリーズナブルな料金設定は出費を抑えたいお客様から高く支持されております。

タイルカーペットの処分に関するよくある質問

A. 出張回収センターでは原則、回収する量に制限を設けておりません。お客様がご自分で運べないほど枚数が多いタイルカーペットでも残さず回収させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。また、数枚ほどの少量でもご依頼を受け付けております。
A. マンションの上層階にお住まいでも対応可能でございます。エレベーターの使用の可否やカーペットの枚数によっては作業に従事するスタッフを増員することになりますが、事前の見積もりの際に詳細を提示させていただきますのでご安心ください。
A. 出張回収センターはお客様のご都合に合わせて作業スケジュールを組んでおります。夜間の回収作業にも対応しておりますのでご安心ください。ご近所の迷惑にならないよう、静かで迅速な作業を心がけております。土日や祝日の回収作業も可能でございますのでお問い合わせの際にご確認ください。
A. 出張回収センターはお客様のご希望に沿う形での回収作業を心がけております。ご近所に知られたくない場合は会社名が入っていない車両や制服を用いて回収作業を行うのでご安心ください。なお、絶対に周りに知られずに済むとは断言できないのでその点はご了承ください。
A. タイルカーペットが汚れていても回収可能でございます。事前に養生を施してから作業を行いますので、お客様のご自宅が汚れたり壁や床が傷む心配はございません。片付け後の掃除も別途受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。