愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

金庫の賢い処分方法とは?処分料金や処分の際のポイントを詳しく紹介!

金庫の処分で悩んでいませんか?

最近では自宅で金庫を所有する方も増えてきたように思います。
昔は銀行に預ければ年々増えたお金も、今ではほとんど増えたりしません。金庫で大切な貴重品やお金を管理する方が増えるのも納得ですよね。
金庫と言えば”丈夫”、”簡単に壊れない”と思うかもしれませんが、実は20年ほどで寿命がきます。しかし、いざ処分するとなると頑丈で重たい金庫は動かすのも一苦労ですよね。

 

「金庫を処分したいけれど、重くて運べない・・・。」
「どうやって金庫を処分したら良いのかわからない・・・。」

 

このようなお悩みはありませんか?

 

金庫の処分なら、愛知・名古屋で高い不用品回収実績を誇る出張回収センターにお任せください!

 

出張回収センターならお客様のご自宅にお伺いして対象の不用品を回収、処分いたします!
年中無休対応なので、まずはお気軽にお問い合わせください!

目次

金庫を処分する方法について

下記では金庫を処分する方法を詳しくご紹介していきます。

使わなくなった金庫を処分する方法はさまざまですが、それぞれに長所と短所があります。
運搬や金銭の問題を考慮し、最適な方法を選ぶことが大切です。

金庫を購入したお店に引き取ってもらう

使わなくなった金庫を処分するもっとも一般的な方法が購入したお店への引き取り依頼です。なぜならほとんどの金庫は粗大ゴミを含む、普通の家庭ゴミとして処分することができません。そのため、金庫の扱いに慣れている専門業者に処分をお願いすることになります。金庫の販売店を通して業者に処分をしてもらう形になるので、そのお店で金庫を購入することがお願いする条件になるのが普通です。
特殊な手続きなどが不要な一方、販売店が閉店したために処分を依頼できないケースもあるので注意が必要です。

ネットオークションやフリマアプリを利用する

ネットオークションやフリマアプリは不用品を上手に処分する場として広く知られています。欲しい人に売る形になるので、ゴミとして捨てるのに比べると金銭的に得をするのがメリットです。

 

反面、必ずしも売り物になるとは限らない他、個人間での約束事なので揉める可能性があるのも事実です。また、金庫の運搬についても注意しなければいけません。小型の金庫でも非常に重たいので車両の使用が不可欠になる他、大型の物は屋外に出すことすら困難なので慎重に判断する必要があります。

中古業者に売却する

リサイクルショップなどの中古業者に売却するのは不用品を処分する方法として古くから知られています。個人間のやり取りよりも明確な根拠で売買契約を成立させることができますが、基本的に金庫は持ち主がお店へ運ばなければいけません。また、型式や耐用年数、傷みの程度などの理由によって売却できないこともあります。

自分で解体して処分する

そのまま捨てると粗大ゴミになる家具や家電製品は小さく分解することで普通のゴミとして扱われることがあります。自治体が販売しているゴミ袋に入るサイズなら普通の家庭ゴミと見做されることが多いので、金庫も同様の方法で処分することができると思われるかもしれません。
理屈では可能ですが、非常に頑丈な作りになっている金庫を素人作業で分解するのは現実的な話ではありません。すでに破損しているなど特別な理由を除き、自分で解体するのは不可能と言えるでしょう。

不用品回収業者を利用する

自力で運ぶ手間や時間をかけずに金庫を処分したいのであれば、不用品回収業者がオススメです。
不用品回収業者は、どんな状態の金庫でもスピーディーに処分できるのが利点です。お住いのエリアによって適応されないこともありますが、即日対応が可能な業者なら連絡したその日に回収に来てくれます。年中無休で回収業務を行っている業者が多く、また早朝や夜間の回収など、フレキシブルな対応が可能な業者もあります。さらにまとめて大量の不用品を処分することもできますし、重く運ぶのが困難な金庫であっても運び出し作業はスタッフがしてくれるのは頼もしいですよね。

 

とはいえ、気になるのはその費用。
不用品回収業者の中には買取に力を入れている業者もあり、そういった業者に依頼すれば、買取金額と回収費用を相殺して処分することができるため、思った以上にお得になることも。値段交渉なども可能な場合があるので、納得した金額で買い取ってもらえます。

 

しかし、不用品回収業者のほとんどがこういったメリットがある一方、中には悪徳業者もあるので注意が必要です。
「無料回収」を謳い文句に、出張費用や運搬費用などを後から請求したり、不用品回収後に不法投棄したりするケースも。
不法投棄の場合は、業者だけでなく依頼主も法で裁かれるので他人事ではありません。

 

不用品の回収や処分には、一般廃棄物収集運搬業許可などの資格が必要になります。資格を取得している業者であれば、まず安心して大丈夫です。
必ずホームページに記載されているはずなので、不用品回収業者に依頼を検討する場合、まず資格を持った業者なのか、見積もりはどうか、さまざまな方向から調べましょう。

金庫の処分方法を選ぶポイント

下記では金庫の処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

金庫は粗大ゴミとして捨てることができない

金庫はそのほとんどが普通の家庭ゴミとして捨てることはできません。大きな家具などは粗大ゴミとして扱われる物もありますが、金庫は粗大ゴミにもならず、自治体が処分してくれることはまずあり得ないと言えます。金庫が粗大ゴミにならない理由として処分が非常に困難なことが挙げられます。金庫は用途の性質上、非常に頑丈な作りになっています。強い衝撃を受けたり炎に包まれても内容物が無傷なのは金庫の強度が高いためです。本体と扉を繋ぐ蝶番も丈夫なうえ、ねじも特殊な構造になっているので普通のドライバーでは外すことができません。そのため、処分場の設備では金庫を解体するのは不可能と言えるでしょう。
POINT 2

リサイクルも困難

金庫はすべてが鉄のように見えるため、リサイクルができるように思えます。しかし、金庫は強度や耐火性を高めるために様々な素材を組み合わせて作られているのが普通です。鉄のように見える外装部分も実際は幾つもの素材を混ぜ合わせた特殊な合金です。金属以外にプラスチックや発泡スチロール、石膏なども使われていることから、分解できたとしても素材ごとの選り分けは決して容易ではありません。非常に手間がかかる作業になるため、金庫のリサイクルも現実的な処分方法とは言えないのです。リサイクルもできないならそのまま使い続ける方がお得に思えますが、多くの金庫には20年という有効期限が設けられています。 金庫に使われている耐火材には遮熱性を保つための水分が含まれていますが、密封されている状態でも少しずつ水分が気化して失われています。遂には耐火性能が大きく損なわれてしまいますが、そうなってしまうまでの期限が20年なのです。製造年から20年を超えた金庫は本来の耐火性能を喪失しているので、貴重品を保管するのに適していません。古い金庫が中古業者に売れないのは金庫としての用途を満たすことができないためです。
POINT 3

金庫の処分はお金がかかって当然と考える

不用品回収業者の中にはどのような金庫も無料で引き取ると謳う所があります。数万円以上の出費になる金庫の処分料金が無料になるのは魅力的に思えますが、そのような謳い文句を言う業者は不法投棄などを行う悪質な業者の可能性があります。通常の方法では高額の料金がかかる金庫の処分を無料で行うには、必要な手順を省略しなければ不可能です。適切な方法での分解や素材ごとの選り分けなどの作業費が処分料金の多くを占めることから、無料の金庫処分は殆どの場合において不法投棄と言えるでしょう。不法投棄は実際に行った業者だけではなく、処分を頼んだ者も刑罰の対象になるおそれがあります。金庫の処分はお金を払うのが当たり前と考えることが大切です。
POINT 4

運搬方法の確認も不可欠

金庫を処分する際は運搬方法にも注意しなければいけません。どれほど格安でも自分で金庫を持ち運ぶ方法は誰にでも選択できるわけではありません。成人男性でも金庫を持ち運ぶことは容易ではないため、女性や高齢者ではほぼ不可能と言えるでしょう。また、金庫のサイズによっては自家用車に積むこともできないため、どうしても回収業者に頼ることになります。自宅に来てもらう形になるので業者選びは慎重を期すことが大切です。無料で回収するなどと謳う怪しい業者ではなく、このサイズの金庫はこれだけの処分料金が発生するなど明確に見積もりを提示する誠実な業者を選ぶのが適切に金庫を処分するための心得です。
POINT 5

出張回収を行う業者を選ぶのがお得な理由

不用品回収業者の中でも、事前の申し込みを受けて依頼者の所まで出向く出張回収業者はもっとも信頼できる相手と言えます。事業所を構え、対象地域を決めた家庭ゴミの回収業務を行うには一般廃棄物収集運搬の許可を得る必要があるためです。家庭ゴミの取り扱いに必要な一般廃棄物収集運搬の許可は取得が非常に困難であり、不法投棄などを行う悪質な業者が許可を得るのはまず不可能です。ゴミ収集の実績が豊富であり、事業者としての活動が明確なことが重視されます。地域のゴミ収集に貢献していることも取得の重要な条件になることから、結果として堅実な運営を行っている業者に限られるのです。処分料金の内訳がはっきりしているのが優良業者の証と言えるでしょう。 運搬の手間がかからないのも出張回収がお得な理由です。業者がトラックへの積み込みから運搬まで行ってくれるので、依頼者は何もする必要はありません。自家用車を持っていない人や重たい金庫を持ち運ぶことができない人ほど出張回収の利便性を実感できるでしょう。特に高齢者の場合は自宅から屋外に出すことすら困難なので、出張回収が最適な選択肢と言っても過言ではありません。また、集合住宅の二階以上の階に住んでいる人にも出張回収が適しています。物件によってはエレベーターを使えないことがありますが、そのような場合でも出張回収なら業者が自身の責任で金庫を運搬するので依頼者には何の問題もありません。

金庫の処分料金について

下記では金庫を処分料金について詳しくご紹介していきます。

使わなくなった金庫を専門業者に処分してもらう際は相応の料金を支払うことになります。処分費用は業者によって様々なので一概に言い切ることはできませんが、金庫の大きさと重さが金額を左右するのは共通している事実です。

 

平均的な相場として家庭用の約30kgの耐火金庫が2万円から3万円ほどの料金になります。この金額はあくまで目安であり、金庫の素材やサイズで変わることから事前の見積もりが不可欠です。また、金庫の内容物を取り出す場合は鍵をこじ開ける手間賃も併せて発生します。古い金庫や鍵を紛失した金庫は開錠に手間がかかることから料金も割高です。場合によっては特殊な工具で金庫を壊すことになるので余計に金額が嵩みます。

 

また、金庫の運搬は別料金として請求する業者も少なくありません。家庭用の小型金庫でも成人男性が数人がかりでようやく運べる物は珍しくありませんし、事業所などが使う大型金庫になるとクレーンを使わなければ動かせないこともあります。そのため、金庫の処分とは別に運搬作業の料金が発生するのです。
運搬料金は金庫の処分料金以上に業者ごとの違いが大きいことから業者選びの重要な決め手になります。階段作業や夜間作業など運搬時の特殊な作業も追加料金が発生する要因です。
追加料金を見積もりに記載しない業者は不当に高額な金額を請求している可能性があるので、業者の良し悪しを見分けるためにも見積もりの内訳は細かく確認する必要があります。

金庫の処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまで金庫の処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは金庫を処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

地域に密着し、積み重ねてきた信頼

世の中には不用品回収業者がたくさんある中、当社が多くのお客様から評価も頂いている理由の一つは地域に根ざしたサービスにあります。

 

名古屋市を中心に15年以上に渡ってお客様に満足いただけるサービスを磨いてきた結果、当社の回収実績は名古屋NO.1の33万件以上にのぼります。
地域に密着した効率的な回収によるコストカットにも成功し、ご利用しやすい価格設定も実現しております。
お客様に満足いただけるよう丁寧な業務を続けてきたことにより、数々のメディアでも紹介いただきました。

 

金庫などの自治体で処分できないものや、ご自身で運搬が困難な重い物、大きな家具など、不用品のことで少しでもお悩みがございましたら、遠慮なくご相談ください。

選ばれる理由 2

スタッフは丁寧さと清潔さ重視!

車両には20種類以上の養生が常備されており、搬出作業に使用しています。
お客様の事務所やご自宅をキズ付けたり汚すことなく、安全に金庫を回収できるよう努めています。

 

さらに、身だしなみや言葉遣いなど、スタッフへの教育も徹底してきました。
お客様が安心してお仕事を任せていただけるよう、細心の注意を払っています。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

地域最安値級の価格で回収!

金庫は再販できないため、不用品買取できません。耐火金庫は一見「鉄の塊」のように見えますが、表面以外は熱を遮断するコンクリートでできている為、そのまま鉄スクラップとしても処理できません。重い金庫を解体して運び出し、溶断機器で鉄を剥がし、コンクリートを砕き…と手間もゴミの量も廃棄物なのです。

 

金庫の処分費用は、「1kgいくら」といった業者もあれば、「サイズごとの基本料金+人件費(搬出費+解体費)」などで算出している業者もあります。

 

出張回収センターでは、効率的なトラックの巡回やリサイクルの徹底など、会社の規模を生かしたスケールメリットによって1件ごとの経費を抑えることで、地域最安値級の価格で金庫の回収・処分を行っています。

選ばれる理由 4

車両にGPS機能搭載、ご依頼から最短30分!スピーディで丁寧な仕事

業務用の車両にGPS機能を搭載しているのも当社の特徴です。

 

お客様から急ぎで金庫を処分したい!とご依頼があった場合、すぐに最寄りの車両と連絡をとって現地へと向かわせます。
エリア内の名古屋市近郊でしたら最短30分のスピーディーな対応が可能です。

reason05

金庫についてのお役立ち情報

てすと

金庫の処分に関するよくある質問

A. はい、ございます。 耐火金庫の素材には火災にも耐えられるように、気泡コンクリートという断熱性に優れたコンクリートが使われていますが、このコンクリートの中の水分がおよそ20年ほどで自然に抜けていってしまうため、金庫の寿命はおよそ20年ほどと考えたほうが良いでしょう。 お使いの金庫が寿命かな、と思われたら、中の貴重品の安全のためにも買い替えを検討されることをおすすめします。
A. 回収料金は金庫のサイズ・重量によって変動致します。重たい金庫になればそれだけ、運ぶための人件費が必要となり料金は上がりますし、階段から下ろす作業やエレベーター無しの建物での作業になるかによっても変わってまいります。 お見積りをお出ししますので、まずはご連絡ください。お見積り金額に納得されない場合は、キャンセルしていただいても構いません。キャンセル料もかかりませんのでご安心ください。また、メールやLINEでのお見積りも可能ですので、金庫の画像や製造年、メーカーなどの詳細を送っていただければ折り返し見積り金額を返信致します。
A. はい、金庫の状態に関わらず回収は可能でございます。ただし、中に貴重品が入っている場合は先に金庫屋さんや鍵屋さんに依頼し、重要な書類や現金など入ったままにしないようにしておきましょう。 リユースできる状態の良い品は積極的に買取させて頂いておりますので、コンディションが良好な金庫をお持ちの場合はお申し付けください。
A. 弊社は、アルコール消毒と手洗い、マスクの常時着用を従業員に徹底させております。車両の消毒も実施しておりますので、ご安心ください。運転中も、定期的な車内換気を行っております。もちろん、金庫の回収作業の際はソーシャルディスタンスを守りながら対応させていただきます。
A. もちろん、まとめて回収いたします。ただし、弊社は燃料費削減のために1台のトラックが1日に2軒から3軒まとめて回収しており、積載量ギリギリで回収スケジュールを組んでいることもございます。トラックのスペースによっては、まとめて回収できないことがございますことをご了承ください。
A. はい、早朝の金庫の回収作業にも対応しております。ご予約のご連絡を頂く際に、ご都合の良い時間をお伝え頂ければ手配いたします。また、年中無休で回収作業を行っておりますので、日曜日や祝日の回収にも対応いたします。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。