愛知名古屋の不用品回収なら安くて早い出張回収センター

MENU

余った肥料はどうすればいいの?正しい処分方法や処分料金、注意するポイントなど詳しく解説!

肥料の処分で悩んでいませんか?

農作業だけでなく、ガーデニングや家庭菜園などでも使う機会の多い肥料。
肥料(ひりょう、肥糧)とは、野菜や植物を生育させるための栄養分として土にプラスして使用するもの。土だけでは「肥料の三要素」と呼ばれる窒素・リン酸・カリウムが不足して生育が難しくなるため、それが含まれる肥料が必要不可欠というわけです。

 

最近では、自宅で過ごす時間が多い分、お庭やベランダで野菜や植物を育てる方が多く、同様に肥料に触れる機会も増えたように感じます。そんなガーデニングや家庭菜園に必要不可欠な肥料ですが、余ってしまったときにどう処分していいのか知らない方も多いのではないでしょうか?

 

肥料は、土と同様に、一般的にはゴミとして処分することができません。では、どのように処分したらいいのでしょうか?

 

肥料の処分でお困りの方は、名古屋市を中心に不用品回収・不用品買取などを行っている出張回収センターにご相談ください!

 

この記事では、肥料の処分方法、処分料金、出張回収センターの特長などを解説しています!

目次

肥料を処分する方法について

下記では肥料を処分する方法を詳しくご紹介していきます。

肥料の主な処分方法は次の通りです。
それぞれの特徴を紹介していきますので、参考までにご覧ください。

自治体のルールに従って処分

先程、「肥料はゴミとして処分できない」とお伝えしましたが、中には例外もあります。というのも、お住まいの地域によっては、肥料を可燃ゴミなどとして処分できる場合があるんです。
例えば神戸市は、液状の肥料は新聞紙や布に吸わせる、粉体・顆粒状の肥料は飛散しないように梱包すると、可燃ゴミとして処分できます。なお対象になるのは、家庭で使いきれなかった肥料です。事業用のものなどは、基本的に可燃ゴミなどとして処分できません。

 

しかしながら、神戸市の例は稀なケースと捉えた方が良いかもしれません。
例えば大阪市は、肥料の収集区分を「収集しません」としています。具体的なルールは自治体で異なりますが、一般的には肥料を収集していない自治体のほうが多いといわれています。いずれにせよ、対応状況の確認が必要です。お住まいの地域の自治体が肥料を収集していない場合、他の処分方法を探さなければなりません。

購入した店舗で相談

自治体が肥料を収集していない場合、基本の処分方法といえるのが販売店で相談することです。
例えば大阪市も品目別収集区分一覧表で、販売店などに相談してくださいと記載しています。ただし、すべての店舗が引き取りサービスを実施しているわけではなく、具体的なルールも店舗により異なります。この処分方法も、肥料を持ち込む前に詳細の確認が必要です。

友人・知人に譲る

処分方法に困る場合は、ガーデニングなど、同じ趣味をもつ友人に相談しても良いかもしれません。肥料は植物の生育に欠かせないものであるため、肥料を譲ると喜ばれるケースが多いでしょう。

 

ただし、一部の肥料には使用期限があるため、期限が切れた肥料は譲ることはできませんよね。その場合は他の処分方法を検討し直す必要があります。

専門業者に依頼

専門業者に依頼して肥料を処分することもできます。具体的に言うと、残土処理業者や一部の農園などに依頼することができます。

 

この方法のメリットは、専門業者を見つけられればほぼ確実に処分できることです。しかし、一般的なサービスではないため、専門業者を見つけるのは難しいかもしれません。

ネットオークションやフリマアプリなどで売却

開封前の肥料などは、インターネットオークションやフリマアプリで売却することもできます。ただし、今後も肥料を売却する予定がある、もしくは何度も肥料を売却する場合は、肥料の品質確保等の法律に基づき所在地を管轄する都道府県知事へ届出が必要です。また、個人で販売する場合であっても、同法律に定める様式を用いる必要があります。肥料の種類により、求められる表示などは異なります。

 

詳しい知識がない場合は、農林水産省や都道府県などへの確認が必要です。不要な肥料を現金化できる点は魅力ですが、気軽に利用できる処分方法ではないためお勧めしません。

不用品回収業者に回収を依頼する

面倒な手続きや処分する手間をかけたくないのであれば、不用品回収業者がオススメです。
不用品回収業者のメリットは、肥料の状態を問わず引き取ってくれるケースが多いことです。例えば、通常だと処分しづらい余ってしまった肥料や古い肥料などでも引き取ってくれます。また、専門業者などよりも、簡単に見つけられる点も魅力です。LINEや電話一本で即日回収が可能で、肥料の回収・運搬からその後の清掃まで一括して行ってくれる頼もしい業者です。
とはいえ、気になるのは費用ですよね。
不用品回収業者の中には、買取に力を入れている業者もあり、不用品の買取金額と回収費用を相殺して利用することができるので、結果としてお得に利用することもできます。不用品回収業者の利用を検討する場合は、買取可能な業者を選ぶことをお勧めします。

 

しかし、不用品回収業者のほとんどがこういったメリットがある一方、中には悪徳業者もあるので注意が必要です。
「無料回収」を謳い文句に、出張費用や運搬費用などを後から請求したり、不用品回収後に不法投棄したりするケースも。
不法投棄の場合は、業者だけでなく依頼主も法で裁かれるので他人事ではありません。


 

不用品の回収や処分には、一般廃棄物収集運搬業許可などの資格が必要になります。資格を取得している業者であれば、まず安心して大丈夫です。
必ずホームページに記載されているはずなので、不用品回収業者に依頼を検討する場合、まず資格を持った業者なのか、見積もりはどうか、さまざまな方向から調べましょう。

肥料の処分方法を選ぶポイント

下記では肥料の処分方法を選ぶポイントについて詳しくご紹介していきます。
POINT 1

自治体のルール

最もお手軽な処分方法は、不要な肥料を可燃ゴミなどに出すことです。基本的には、自治体のルールに従い処分する方法が最初の選択肢になるでしょう。ただし、肥料を収集している自治体は少数です。したがって、自治体のルールを確認する必要が出てきます。自治体が肥料を収集していればルールに従い処分、自治体が肥料を収集していなければその他の方法で処分しましょう。
POINT 2

利用しやすさ

自治体以外の方法で肥料を処分する場合、利用しやすい方法を選ぶことがポイントです。選択した方法によっては、処分自体が難しくなることも考えられます。例えば、インターネットオークションを活用すれば不要な肥料を現金化できますが、法律に従い売却しなければなりません。あるいは、専門的な知識がなければ肥料を回収してくれる農園などを見つけることも難しいでしょう。したがって、まずは肥料を確実に処分できる方法を見つけることが重要です。不用品回収業者であれば手軽に処分できます。

肥料の処分料金について

下記では肥料を処分料金について詳しくご紹介していきます。

肥料の処分方法は、処分料金がかかるものと処分料金がかからないものにわかれます。

 

処分料金がかからない方法に分類されるのは、自治体に普通ゴミとして回収してもらう方法、友人・知人に譲る方法です。
その他の方法は、以下の処分料金がかかります。

購入した店舗へ持ち込む場合:0円〜

販売店へ持ち込む場合にかかる処分料金は店舗で異なります。無料で回収しているところや商品購入を条件に回収しているところ、有料で回収しているところなどさまざまです。したがって、処分料金の目安を示すことはできないため、詳しくは店舗での確認が必要です。

専門業者に依頼した場合:100円〜3,000円

専門業者に依頼した場合の処分料金は依頼先で異なります。例えば、肥料の処分に対応している農園であれば、プランター1個あたり100円~300円程度、プランター5個あたり500円~1,500円程度、プランター10個あたり1,000円~3,000円程度で対応してくれるところが多いでしょう。
この方法も、詳しい処分料金は見積もりが必要です。

フリマアプリなどで売却する場合:0円〜販売手数料+配送料

ネットオークションやフリマアプリで肥料を売却する場合、取引が成立すると販売手数料がかかり、この金額と配送料が実質的な処分料金となります。
利用手数料の目安は、売却金額の10.0%程度といえるでしょう。例えばヤフオク!の利用手数料はプレミアム会員8.8%、プレミアム会員以外10.0%、メルカリの利用手数料は10.0%です。

不用品回収業者に回収を依頼した場合:2,500円〜

不用品回収業者の料金体系には、「不用品の回収料金+基本料金+オプション料金」のプランと、「トラック積み放題」のプランがあります。
肥料だけ処分したい場合は、前者の方が安く済みますが、「他にもいろいろな不用品を処分したい」という時には後者のプランの方がお得です。肥料単体の回収料金は、500円~1,500円程度が相場となっています。そこに基本料金などの費用がプラスされると考えてください。
他の処分方法に比べると少々割高ですが、不用品回収業者はさまざまなサービスを受けられるだけでなく、買取で処分料金を相殺できる可能性があるので、意外とお得に利用できるかもしれません。

 

料金が安い方法が必ずしも自分に最適なものであるとは限りません。もし一刻も早く肥料を処分したいという切迫したニーズがあるのであれば、多少費用は掛かるものの即日でも対応できるような不用品回収業者に引き取りを依頼するのがオススメです。逆に、そこまで急ぐ必要がないのであれば、コスト重視でなるべく安い方法を選ぶというのが良いかもしれません。

肥料の処分で出張回収センターが選ばれる理由

これまで肥料の処分方法や処分料金について解説してきました。
ここでは肥料を処分する方法として出張回収センターが選ばれる理由をご紹介します。
reason03
選ばれる理由 1

地域に密着し、積み重ねてきた信頼

世の中には不用品回収業者がたくさんある中、当社が多くのお客様から評価も頂いている理由の一つは地域に根ざしたサービスにあります。

 

名古屋市を中心に15年以上に渡ってお客様に満足いただけるサービスを磨いてきた結果、当社の回収実績は名古屋NO.1の33万件以上にのぼります。
地域に密着した効率的な回収によるコストカットにも成功し、ご利用しやすい価格設定も実現しております。
お客様に満足いただけるよう丁寧な業務を続けてきたことにより、数々のメディアでも紹介いただきました。

 

肥料などの処分が面倒な物や、ご自身で運搬が困難な重い物、大きな家具など、不用品のことで少しでもお悩みがございましたら、遠慮なくご相談ください。

選ばれる理由 2

スタッフは丁寧さと清潔さ重視!

車両には20種類以上の養生が常備されており、搬出作業に使用しています。
お客様のご自宅をキズ付けたり汚すことなく、安全に肥料を回収できるよう努めています。

 

さらに、身だしなみや言葉遣いなど、スタッフへの教育も徹底してきました。
お客様が安心してお仕事を任せていただけるよう、細心の注意を払っています。

reason01
reason06
選ばれる理由 3

大量の不用品も回収可能!同時に買取もOK!

当社では肥料1点から複数まで、数量に制限を設けず回収を行っております。

 

長年培ってきた安心安全のプロの技術を活用し、お客様に余計な負担をおかけしませんのでご安心ください。
幅広い品目の家具・家電を取り扱っているため、住まいの自治体の公共回収では対応してもらえない大量の不用品であっても柔軟に対応いたします。

 

また、知識が豊富なスタッフによる買取サービスも同時にご利用いただくことで、料金のご負担を軽減することも可能です。
お客様の様々なニーズに柔軟に対応させて頂いておりますので、お気軽にご連絡ください。

選ばれる理由 4

車両にGPS機能搭載、ご依頼から最短30分!スピーディで丁寧な仕事

業務用の車両にGPS機能を搭載しているのも当社の特徴です。

 

お客様から急ぎで肥料を処分したい!とご依頼があった場合、すぐに最寄りの車両と連絡をとって現地へと向かわせます。
エリア内の名古屋市近郊でしたら最短30分のスピーディーな対応が可能です。

reason05
22253735_s
選ばれる理由 5

安心して利用できる分かりやすいプラン!

当社がご用意しているプランは、どれもシンプルで分かりやすいものばかりです。

 

お見積料金や大型家具の解体費用など、手数料はすべて料金に含まれております。肥料の処分で不用品回収を利用したいけれど、後から追加費用を請求されそうで怖いというお客様もいらっしゃるかもしれません。当社は複雑な追加料金は一切ございませんので、安心してご利用いただけます。

肥料の処分に関するよくある質問

A. 当社は、アルコール消毒と手洗い、マスクの常時着用を従業員に徹底させております。車両の消毒も実施しておりますので、ご安心ください。運転中も、定期的な車内換気を行っております。もちろん、肥料の回収作業の際はソーシャルディスタンスを守りながら対応させていただきます。
A. はい、可能でございます。一度は不要になった肥料でも、処分する必要がなくなることもあるでしょう。その場合は遠慮なくキャンセルしてください。その際、出張料や見積り料はかかりません。
A. はい、回収させていただきます。肥料だけでなく、土やガーデニング用品など他の不用品もまとめて回収いたしますので遠慮なくご相談ください。量がまとまることで、割安で処分できる場合もございます。当日に量が増えるときは改めてお見積もりしますので、お気軽にご依頼ください。
A. はい、運び出しも当社スタッフにお任せください。作業の前にお客様自身で肥料を運び出していただく必要はございません。なお、屋外に運び出すまでの経路にほかの荷物などが設置してある場合は、運び出しができる程度に荷物を移動しておいていただけると、作業がよりスムーズに進みます。可能であればご協力お願いいたします。
A. お客様にして頂くお手間は何もございません。肥料の回収や運搬、その後の清掃まで当社スタッフが責任を持って行わせていただきます。たとえ肥料の袋などに汚れがあっても問題ございませんので、スタッフがご訪問するまでくつろいでお待ちくださいませ。
A. 肥料の回収・買取のお申し込みはいつでも受け付けております。ご連絡をして頂いた当日でもご訪問が可能です。ただし、急ぎの場合でしたら、他のお客様との兼ね合いもございますので、できるだけお早めにご依頼ください。お客様のご希望にお応えするよう努めさせていただきます。

この記事の監修者

名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

名古屋出張回収センター 編集部

  • 出張回収センターは創業15年、延べ332,400件以上の出張回収・買取実績を持っています。
  • 不用品回収のプロが不用品の回収から解体、リユース・リサイクルに関するお役立ち情報を紹介しています。
対応可能品目数、業界随一!

不用品回収対応品目一例

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、精度の高いお見積もりが可能です!
不明点等はスタッフが丁寧に確認いたしますので、まずは分かる範囲でお気軽にご記入ください。

    ※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。


    画像1

    画像2

    画像3

    回収して欲しい物品や現場の画像をいただけますと、より早く正確な見積もりが可能です。